体に良い食べ物の料理法そして人生の料理法を教えます。野菜と雑穀のおいしい料理教室~ちえ~るクッキングハウス~

野菜と雑穀で、びっくりするほどおいしいメニューを日々生みだしています。その数は約1000メニュー。その美味しさは食べた人を虜にするほど…♥食・料理・食べ方・生き方の4つの知恵を熱くお伝えしています。

ちえ~るクッキングは、ベジ・無添加・有機にこだわった野菜と雑穀を使う料理法です。
今までの自然食にはない、現代食のテイストを表現しているので、永続的に楽しんで続けられます。

こんな方におすすめします。
ドキドキ 体に良くておいしいものをお腹いっぱい食べたい方
ドキドキ これから先ずっと健康でいたい方
ドキドキ ラクにダイエットしたい方
ドキドキ 病気を治したい方
ドキドキ 赤ちゃんを授かりたい方
ドキドキ 自分らしい人生を楽しみたい方

初めていらっしゃる方は、スタートクラスかベーシッククラスがおすすめです。

お申込み等についてはこちら をご覧ください。
NEW !
テーマ:

6月のスキルアップクラスは、粉の火入れのスキルを教えます。

 

6月11日(日)12日(月)

粉の火入れスキルアップクラス

これがうまくできないと料理やスイーツが台無しになってしまう、とても重要な粉ものの火入れ方法。
ちえ~る独自の技術なんです。だから会員さん限定です。
このクラスでしっかりとスキルを伝授します。

今回のメニューは、新作のそうめんです。

リトルツインヒエーズ

つやつやしています。

冷たいそうめんの上にかけるソース。
このソースは、冷たくても常温でもどちらでもOKです。
粒のひえと粉のひえ、2つのひえを使っているので、
リトルツインヒエーズ
粉のひえ、つまりひえ粉の火入れが、今回のスキルになります。

なんでなのか、この味、乳製品が入っているかのようなんです。
よくまあ、こういう味を出せたなあと感心します。
決して、粉っぽくないです。
特に女性は好きだと思いますよ。
もちろん、私は大好き~❤
ぜひ、召し上がってみてくださいね。
ああ、また食べたい。

それに、粒と粉の両方を使うレシピってなかなかありません。
というか、今までありましたっけ?
なかなかに斬新なメニューです。

翌日に残しても、冷たいものって、冷蔵庫から出してすぐに食べられるのが嬉しいですね。

そうめん以外に、パスタでもごはんでもいけちゃいます。
どれで食べてもお腹がいっぱいになるのは、まちがいなし。

これ食べていて、夏バテになることはまずないでしょう。
いくらそうめんでもね。


ちえ~るマヨマヨのサラダ

また、ちえ~るマヨマヨも作ります。
これは、粉の火入れとしては基本的なメニューです。

じょうずに火入れができると、このマヨマヨだけ食べても(なめても)すっごくおいしい!
どのくらい火入れしたらいいのか分からない~とお悩みの方も、このクラスでその加減をつかむことができます。

ちなみに、ごはんにマヨマヨを乗せ、しょう油をかけて食べるとおいしいらしいです。
娘が大好きです。


デザートは
フルーチエ オレンジ味

あのなつかしいフルーチェによく似た冷たいスイーツです。

簡単に作れちゃいますが、これも粉の火入れを必要とします。
スキルが上達すれば、粉の火入れをおっくうに思ったり、苦手と思ったりすることもなくなりますよ。

1度受講すればOKというわけでないのが、このスキルアップクラスです。
今、ご自分がやっている火入れが、確実にできているかどうかを確かめるためにも、2度3度と受講して確かめる機会にしてくださいね。

そのために、マヨマヨ以外のメニューを変えています。
(マヨマヨは基本なので、おそらくこの先も変えないと思います。)


そして、このクラスは、粉の火入れの他に
おいしいお茶の淹れ方と、病人用おかゆの作り方をお教えします。

ほうじ番茶

紅茶

玄米コーヒー


普段の飲み物としては、水かほうじ番茶が良いでしょう。
お楽しみとして、紅茶と玄米コーヒーがおすすめ。

コーヒーは、農薬と体を冷やす作用があるのでできれば避けましょう。
インスタントコーヒー、缶コーヒーは添加物も使用しています。

カフェインレスコーヒーも最近は出回っているようですが、危険な化学薬品を用いてカフェインを除去している場合があります。よく調べましょう。

カフェインを気にするのなら、最初からノンカフェインの飲み物を選択したいもの。
玄米コーヒーはノンカフェインですし、体を温める効果抜群です。なんといっても玄米を黒炒りしたものですから。

ちなみに、コーヒー党だった夫は、食事を変えてからもしばらくはコーヒーだけはやめられませんでしたが、玄米コーヒーを作っていつも冷蔵庫に入れておくようにしたらパタリとコーヒーをやめることができました。

アイスコーヒーとして冷蔵庫にいつも入れておくと、好きなときに飲めます。ブラックだときつい方はライスドリンクでわるのがおすすめ。甘味も加わっておいしくいただけます。

玄米コーヒーの作り方を聞くと面倒に思う人もいるかもしれませんが、意外とやってみると簡単です。大した手間は要りません。ずぼらな私がずっと続けていられる程度のものです。



病人用おかゆ

病人用おかゆ.jpg

病気のときは何も食べないのが一番。そのほうが回復が早いです。
その後、治りかけに食べるといいのが、この病人用おかゆ。

健康な人が食べるには味が薄いので、しょう油か塩を加えてください。
そうすれば、家族みんなで食べられます。
だしが効いていておいしいおかゆです。


以上、1つのクラスで盛りだくさんの内容です。

特に、粉の火入れはちえ~るクッキングにおいて欠かせない料理法の1つです。
ぜひこのスキルアップクラスでマスターしてくださいね。

自分ではできていると思っていても、意外にそうでなかったりすることもあるのです。
私が作っているところを繰り返し見たり、他の方に見られてちょっと緊張する中で作ってみたりすることも大事ですよ。


明日はベーシッククラスです。
明後日の方に移動していただき、日曜日のみの開催となりました。
急に参加できるようになられた方は、ぜひ日曜日にいらしてくださいね。

 

5月28日(日)
パープルタウン・初夏のブルース・ボーイング炒め・ピンクのモーツァルト・ゴーフレット


パープルタウン

パープルタウン.jpg

きれいな紫色のカクテル。
味もいいですよ~。

アルコールは弱めです。
どなたでも楽しんで頂けるように作りました。

美味しくて、あやうくゴクゴク飲んでしまうところでした。


初夏のブルース 豆腐版

初夏のブルース 豆腐版.jpg

アマランサスとまいたけをトマト味にして、常温または冷やして食べます。
豆腐はよく水切りして使います。
単なる冷奴とは違う元気になるおいしさです。


初夏のブルース 素麺版

初夏のブルース 素麺版.jpg

同じものを素麺と一緒に食べてもおいしいです。
一口食べ始めたら止まらない。初夏に限らず真夏にもよさそうです。


ボーイング炒め

ボーイング炒め.jpg

マッハのスピードで作れるくらいの簡単さ、ということでボーイング炒めになりました。

もちろん、簡単でも味の手抜きはありません。



ピンクのモーツァルト

ピンクのモーツァルト.jpg

ほんのりピンクのスープです。
女性好みの優しい味。
がぶのみしたくなっちゃいますけど、いえいえ、上品にいきましょう。


ゴーフレット

ゴーフレット.jpg

ゴーフレットが家で作れるなんて嬉しいですよね。

1枚ずつ手焼きするのですが、この焼く作業がとてもおもしろいんです。
夢中になってしまう焼きの時間。
こういうのは大人の遊びです。

この遊びのよいところは、おいしく食べられることです。
もちろんお子さんもできると思いますので、ご家族でお楽しみくださいね。

ちなみにゴーフレットは、洋菓子の材料を取り入れた和菓子なんだそうですよ。
せんべいを焼く技術を取り入れているということで。

確かに、噛むとせんべいを食べているような音がする・・・。

いや、そういうことではないと思いますが、噛んだときに音がするくらいに焼いた方がおいしいです。



サクサク。
バリバリ。

音が響くのはおいしい証です。

サクサクのゴーフレットにいちごとチョコのクリームをサンドします。



このクリームが超おいしい。
しかもジャンクな味。
使っている材料は高級なんですけどね。


昨日のメニュー、スイーツはいつもビックリしますが、やっぱりビックリしました。

いつもの材料の組み合わせでまたまたすごいものができる。
ちえ~るマジックですね。


今日は、もう食べることはないと思っていたゴーフレッドが美味しくて感動でした。
サンドしてあったクリームが、ゴーフレッドの皮の部分とマッチしていて美味しい…。
昔を懐かしんで、食べさせていただきました。
いつか習えるといいなぁと本当に思います。

 

ゴーフレットは味はもちろんのこと、パリッとした食感がとても気に入りました。
いつか教えていただいて家でも一枚ずつ焼いて楽しんでみたいです。

 

 

夏クラスのメニューを写真でご案内しています。

ちえ~るのおいしい夏メニューをぜひ楽しみにいらしてくださいね。

 

スタートクラス

 

シーズニングクラス

 

ベーシッククラス

 

レギュラークラス

 

スペシャルクラス

 

スキルアップクラス 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
浴衣でGO!
~日本女性の体に合った和服を楽しもう♪~
6月17日(土)10:30~15:30
会員 10,000円

まったく新しい初めてのイベントです!

先日、ずっと欲しいと思っていたキキララの浴衣を、アウトレットにて発見しました。
なんと半額!
欲しいと思っていたのに買わなかったのは、ネットの写真でしか見られなかったことと、お値段がかなりお高かったこと。
実物がよく分からないので購入に至らなかったのでした。

でもでも、アウトレット店舗にて、実物を見てすぐに
「私、これ買う♪」
と宣言。

一緒に、マイメロディの浴衣もあり、娘と二人でテンションが上がりました。

なんてかわいいのでしょう❤

家に帰って早速着ようとしたところ・・・
あれ?
どうやって着るんだっけ?
ずいぶんと着ていなかったので、すっかり忘れてしまったのでした。
とりあえず何とか帯で押さえつけてみた写真
   ↓

あまりにもひどい着付けで、恥ずかしい・・・。
これはぜひとも着付けの先生であるYさんに教えていただきたい。
そう、かねてから考えていたイベントをぜひこの夏はやりたいと思ったのです。

女性の体をつくるのはロングスカートであり、さらに良いのは和装であると、私たちは常に提案しています。

その和装を実際に体感していただきたい!
体をつくる、身のこなしが違うって、こういうことなのねと実際に体感していただきたい!
との思いが詰まったイベントです。

和装ってすばらしいのです、ほんとに。
歩くときの足の運び方がまるで変わります。
だから歩いてみましょうね。

袖があることで、手や腕の運び方も変わります。
お弁当を食べるときに分かると思います。

体の動かし方が変わると、心まで変わるということも、きっと感じて頂けると思います。
腹がしっかりするといったらいいのかな。
なんか自分の中心が決まる、そんな感じです。

そして、できましたら下着(パンツ)をつけずに着ると、さらにその良さが実感できます。
和式で用を足すのも、なんとなく納得していただけるのではないかと思います。

浴衣は着付けのお免状をお持ちのYさんに教えて頂きます。
「大歓迎です♪」と、快く応じていただきました。
些少ですが講習費は受講料からお支払します。

当日の流れは―ーー
教室にておにぎり作りの後、浴衣を着て、氷川神社に繰り出しておにぎり弁当を楽しみます。
 
おにぎりは基本の握り方から、ちえ~るのおにぎりの具2種類をお教えします。

おにぎりの具は、2種類とも新作です。

ヒエラルピー


ひえに味をつけました。
単に味をつけただけじゃないような、添加物が入っているような・・・なんかコンビニのおにぎりの味がするのです。


これ、おいしすぎます!!
もちろん添加物は入っていないのでご安心ください。

ひえを半カップ炊いておけば、あとは調味料とスパイスを入れて、火入れするだけ。
ごはんに雑穀を入れる、穀物100%のすばらしいおにぎりです。


菜っ葉飯握り

菜っ葉は小松菜ですので、通年作れます。
これもなんだかコンビニ風。
昔ながらのしょう油味とかではありません。
平成の菜っ葉飯ですよ~~~。


もちろん、おにぎりでなくても、混ぜごはんとしても召し上がれます。
でも、おにぎりって特別なんですよね。

ああ、このおいしさは、食べてもらわないと分からなーーい!
最高のおにぎりです!!

握り方をレクチャーしながら、ご自分の分を握って頂きます。
おにぎりだけでも十分ご満足いただけると思いますが、他におかずもこちらでご用意しておきますね。
お弁当の時間が楽しみですね♪

浴衣がない方にはお貸しすることもできます(クリーニング代が別途必要になります。1000円~2500円くらい)。
でも、私が持っているのは、とっても地味なんです。
エンジや紫など。昔はこういう色が好きだったので。

できましたら、お好きな柄で着た方がテンションが上がりますので、ご自分の浴衣をご用意ください。
今はお安いセットが通販で手に入りますよー。

その際は、手結びできる帯をお求めくださいね。
Yさんが、簡単にできる結び方を教えてくれるそうです!
嬉しい♪
 
この機会に着方をマスターして、今年の夏は浴衣でお出かけしてみてはいかがでしょう?
きっと楽しい体験になりますよ。
ぜひふるってお申し込みください♪


 

今度のベーシッククラスにお申込みされる方は、できるだけ早めにお願いいたします。

どのメニューも胸を張っておいしいと言える秀逸レシピです。

 

 

5月28日(日)29日(月)
パープルタウン・初夏のブルース・ボーイング炒め・ピンクのモーツァルト・ゴーフレット


パープルタウン

パープルタウン.jpg

きれいな紫色のカクテル。
味もいいですよ~。

アルコールは弱めです。
どなたでも楽しんで頂けるように作りました。

美味しくて、あやうくゴクゴク飲んでしまうところでした。


初夏のブルース 豆腐版

初夏のブルース 豆腐版.jpg

アマランサスとまいたけをトマト味にして、常温または冷やして食べます。
豆腐はよく水切りして使います。
単なる冷奴とは違う元気になるおいしさです。


初夏のブルース 素麺版

初夏のブルース 素麺版.jpg

同じものを素麺と一緒に食べてもおいしいです。
一口食べ始めたら止まらない。初夏に限らず真夏にもよさそうです。


ボーイング炒め

ボーイング炒め.jpg

マッハのスピードで作れるくらいの簡単さ、ということでボーイング炒めになりました。

もちろん、簡単でも味の手抜きはありません。



ピンクのモーツァルト

ピンクのモーツァルト.jpg

ほんのりピンクのスープです。
女性好みの優しい味。
がぶのみしたくなっちゃいますけど、いえいえ、上品にいきましょう。


ゴーフレット

ゴーフレット.jpg

ゴーフレットが家で作れるなんて嬉しいですよね。

1枚ずつ手焼きするのですが、この焼く作業がとてもおもしろいんです。
夢中になってしまう焼きの時間。
こういうのは大人の遊びです。

この遊びのよいところは、おいしく食べられることです。
もちろんお子さんもできると思いますので、ご家族でお楽しみくださいね。

ちなみにゴーフレットは、洋菓子の材料を取り入れた和菓子なんだそうですよ。
せんべいを焼く技術を取り入れているということで。

確かに、噛むとせんべいを食べているような音がする・・・。

いや、そういうことではないと思いますが、噛んだときに音がするくらいに焼いた方がおいしいです。



サクサク。
バリバリ。

音が響くのはおいしい証です。

サクサクのゴーフレットにいちごとチョコのクリームをサンドします。



このクリームが超おいしい。
しかもジャンクな味。
使っている材料は高級なんですけどね。


昨日のメニュー、スイーツはいつもビックリしますが、やっぱりビックリしました。

いつもの材料の組み合わせでまたまたすごいものができる。
ちえ~るマジックですね。


今日は、もう食べることはないと思っていたゴーフレッドが美味しくて感動でした。
サンドしてあったクリームが、ゴーフレッドの皮の部分とマッチしていて美味しい…。
昔を懐かしんで、食べさせていただきました。
いつか習えるといいなぁと本当に思います。

 

ゴーフレットは味はもちろんのこと、パリッとした食感がとても気に入りました。
いつか教えていただいて家でも一枚ずつ焼いて楽しんでみたいです。

 

 

夏クラスのメニューを写真でご案内しています。

ちえ~るのおいしい夏メニューをぜひ楽しみにいらしてくださいね。

 

スタートクラス

 

シーズニングクラス

 

ベーシッククラス

 

レギュラークラス

 

スペシャルクラス

 

スキルアップクラス 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Sさんが「明日は初めてのラーメン弁当です。」とおっしゃるので、それは面白いと思って、いったいどんな風にお弁当の時間を迎えるのか詳しく教えて頂きました。

 

もちろん、ラーメンスープと麺です。

ラーメンスープにご飯、の組み合わせは、今までによくやっていたそうですが、麺は初めてだそうです。

 

 

ラーメン弁当
無事においしくいただきました。

ラーメンどんぶりをリュックにつめて・・・・

ラーメンスープはタッパーにいれて、しっかりふたして、職場の温蔵庫で温めておきます。
麺は家でゆでてタッパーにいれて、常温でお昼まで保存。
食べるときにポットのお湯でしばらく浸して、ほぐして、温めて(多少のびているのは目をつむり)どんぶりに入れてスープを入れます。

良い香りがただよい、テンションがあがります。

ラーメンどんぶりもポットのお湯であたためて・・・・
麺をもりつけ、スープをいれて、チェーシュー(これはトースターで温めて)トッピング!!!!

ラーメン弁当、これ、はまります。

どんぶりはロッカーの中にしまいました。

(これでいつでもラーメン弁当が食べられます。)

工夫次第で、ラーメンだって職場で食べられる!

お弁当がますます楽しくなりました。

毎日暑いですが、ラーメンで元気をチャージしました。

情熱こめてお料理に励みます。

 

すごいでしょ!?

職場で「ラーメンが食べたい!」という熱い思いがあれば、実現できちゃうのですね。

 

今までにお聞きした話では、素麺もお弁当としていただいているそうです。

 

あと、他の方で、「職場で鍋が食べたい!」と思い、カセットコンロと鍋を持って行き、無事に職場で鍋をお昼にいただいたそうです。

 

私には無理、ではなく、どうしたら食べられるか!? に意識をしぼり、工夫して実現してしまう、そのすばらしさ。

 

 

私も昔、学校に勤めていた頃に、給食を食べずにお弁当を持参していました。

これ、普通ではないですよ。

学校給食は教員も食べなければいけないと、みんなが思っていますから。

 

あと、同じく教員時代に、着物を着て授業をしていました。

これも、全然普通ではないです。

おそらく日本中探しても、卒業式以外で普段着の着物を着ている教員はいないでしょう。

しかも、着物の上に袴をはいて体育もした人なんて、私ぐらいなものだと思います。

 

「千絵子先生だから、できたんでしょ。」

そう思われると、がっかりします。

お弁当を持って行っても、着物を着て行っても、それでクレームを受けないように、自分なりに工夫をして実行したのです。

 

職場で、家から持っていったラーメンを食べるなんて、すっごくわくわくしますよね。

お昼の時間が待ち遠しいに違いありません。

 

できないと思い込んでいたものも、もしかしたらできるかも・・・。

自分で自分の枠を外して、できることをやってみる。

こういう日常の大冒険が、自分の価値観を変え、自由になる一歩なのです。

 

 

今度のベーシッククラスでは、ゴーフレットを作ります。

 

 

昔よく食べたゴーフレット、大好きでした。

自分で作ってみて気づいたのですが、中にクリームをはさんでいながら、外側がパリパリサクサクのままって、おかしいのです。

しっとりしてくるのが普通ではありませんか?

 

市販のゴーフレットは、化学物質の力を使っているからサクサクのままです。

ちえ~るでは、こういうものは使わずに作ります。

だから、時間が経つとしっとりしていまいますので、食べるときにクリームをはさんで食べるスタイルです。

 

ゴーフレットの皮は、とてもサクサクしています。

噛むと音が響きます。

この秘密は、レシピにあります❤

皮部分だけでもおいしいので、そのまま食べてもいいくらいです。

 

こういう型をご用意してくださいね。

 

この型があれば、つくるのは簡単です。

1枚ずつ手焼きするのが、本当に楽しい時間です。

 

 

ゴーフレットは味はもちろんのこと、パリッとした食感がとても気に入りました。
いつか教えていただいて家でも一枚ずつ焼いて楽しんでみたいです。
(ご感想より)

 

クリームはちえ~るらしいクリーム。

これをはさんで食べると、もうほんとに幸せ~❤

 

 

ちえ~るクッキングが、市販のスイーツと大きく違うのは、
砂糖も卵も乳製品も、そしてベーキングパウダーや重曹を使わず、さらに添加物を使わないところです。

言うのは簡単ですが、
市販のスイーツのように色鮮やかだったり、
ものすごく甘かったり、
ふわふわ柔らかかったり、
いつまでも味が変わらなかったり、
というのがとても難しいです。

自分で作ってみると、市販のスイーツのようになるのは
添加物が入っているからだというのがよく分かります。

市販のスイーツを食べ続けていると
体も心も味覚も感覚もどんどん壊れます。

本当ですよ。

でも、甘いものは食べたい。
そう思うのでしたら、
自分で作るしかないのです。

 

せっかく作るのなら、最高級に良い材料で、楽しくおいしく幸せを感じながら作りませんか?

 

 

今度のベーシッククラスにお申込みされる方は、できるだけ早めにお願いいたします。

どのメニューも胸を張っておいしいと言える秀逸レシピです。

 

 

5月28日(日)29日(月)
パープルタウン・初夏のブルース・ボーイング炒め・ピンクのモーツァルト・ゴーフレット


パープルタウン

パープルタウン.jpg

きれいな紫色のカクテル。
味もいいですよ~。

アルコールは弱めです。
どなたでも楽しんで頂けるように作りました。

美味しくて、あやうくゴクゴク飲んでしまうところでした。


初夏のブルース 豆腐版

初夏のブルース 豆腐版.jpg

アマランサスとまいたけをトマト味にして、常温または冷やして食べます。
豆腐はよく水切りして使います。
単なる冷奴とは違う元気になるおいしさです。


初夏のブルース 素麺版

初夏のブルース 素麺版.jpg

同じものを素麺と一緒に食べてもおいしいです。
一口食べ始めたら止まらない。初夏に限らず真夏にもよさそうです。


ボーイング炒め

ボーイング炒め.jpg

マッハのスピードで作れるくらいの簡単さ、ということでボーイング炒めになりました。

もちろん、簡単でも味の手抜きはありません。



ピンクのモーツァルト

ピンクのモーツァルト.jpg

ほんのりピンクのスープです。
女性好みの優しい味。
がぶのみしたくなっちゃいますけど、いえいえ、上品にいきましょう。


ゴーフレット

ゴーフレット.jpg

ゴーフレットが家で作れるなんて嬉しいですよね。

1枚ずつ手焼きするのですが、この焼く作業がとてもおもしろいんです。
夢中になってしまう焼きの時間。
こういうのは大人の遊びです。

この遊びのよいところは、おいしく食べられることです。
もちろんお子さんもできると思いますので、ご家族でお楽しみくださいね。

ちなみにゴーフレットは、洋菓子の材料を取り入れた和菓子なんだそうですよ。
せんべいを焼く技術を取り入れているということで。

確かに、噛むとせんべいを食べているような音がする・・・。

いや、そういうことではないと思いますが、噛んだときに音がするくらいに焼いた方がおいしいです。



サクサク。
バリバリ。

音が響くのはおいしい証です。

サクサクのゴーフレットにいちごとチョコのクリームをサンドします。



このクリームが超おいしい。
しかもジャンクな味。
使っている材料は高級なんですけどね。


昨日のメニュー、スイーツはいつもビックリしますが、やっぱりビックリしました。

いつもの材料の組み合わせでまたまたすごいものができる。
ちえ~るマジックですね。


今日は、もう食べることはないと思っていたゴーフレッドが美味しくて感動でした。
サンドしてあったクリームが、ゴーフレッドの皮の部分とマッチしていて美味しい…。
昔を懐かしんで、食べさせていただきました。
いつか習えるといいなぁと本当に思います。

 

ゴーフレットは味はもちろんのこと、パリッとした食感がとても気に入りました。
いつか教えていただいて家でも一枚ずつ焼いて楽しんでみたいです。

 

 

夏クラスのメニューを写真でご案内しています。

ちえ~るのおいしい夏メニューをぜひ楽しみにいらしてくださいね。

 

スタートクラス

 

シーズニングクラス

 

ベーシッククラス

 

レギュラークラス

 

スペシャルクラス

 

スキルアップクラス 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)