ちえみのブログ

ちえみのお気に入り通販を紹介しています・


テーマ:
地元「鞆渕」のがんこ農家さんのつくった<黒豆>がタップリ入った黒豆大福♪

地元「鞆渕」のがんこ農家さんのつくった<黒豆>がタップリ入った黒豆大福♪

レビュー評価:4.75(5点満点) レビュー数:4


価格:790円


商品詳細とお届け方法 内 容 ・黒豆大福 65g×5 【生産地】和歌山県 ※原材料はこちらで確認できます 【ご注文から発送まで】 ●ご注文からおよそ営業日3日間以内に発送 ※ご注文が混み合っている場合は多少遅れる場合が御座いますが、何卒ご理解とご協力をお願い致します。



【解凍方法】 お召し上がりになる1時間位前に冷凍庫から出してお部屋の温度で解凍してください。

賞味期限 冷凍保存30日間 保存方法 冷凍 解凍後は3日以内にお召し上がりください 配送方法 クール便(冷凍) 送 料 650円 ※但し、北海道・沖縄地域は上記送料プラス800円 合計5,000円以上ご購入頂いてる場合はかかりません。

⇒ご注文前にご確認下さい 同 梱 送料無料の商品と同梱して頂きますと、「全て送料無料」でお届けさせて頂きます。

⇒同梱発送についての注意事項  <大枠キーワード>年内出荷・年内発送・年内・ねんない・年始・年始出荷・お得 お徳 徳用・福袋・送料無料 送料込み 送料込・お試しセット・業務用・訳あり 訳アリ・わけあり・リピーター・人気・お試し・試食・緊急・追加・良質・決算・期間限定・贈答用・ギフト・グルメ・業務用・家庭用・送料無料・激安・楽天最安値・最安値・特価・セール・円・OFF・OFF・オフ・割引・【】・期間限定・早い者勝ち・特売・破格・卸値・専門店・業者・セット・その他・冷蔵便・冷凍便・メール便・歳暮・中元・赤字・和歌山・わかやま・ワカヤマ・ワカヤマ・楽天ランキング・ランキング・ranking・ranking・麺屋・めんや・製麺所・讃岐・さぬき・サヌキ・サヌキ・sanuki・sanuki・コシ・こし<商品キーワード>黒豆・くろまめ・クロマメ・kuromame・kuromame・大福・だいふく・ダイフク・daihuku・daihuku・黒豆大福・黒豆だいふく・黒豆ダイフク・くろまめ大福・くろまめだいふく・くろまめ大福・クロマメダイフク<商品説明>黒豆(くろまめ)は、ダイズの品種のひとつ。

黒大豆(くろだいず)とも呼ぶ。

代表的な品種として、兵庫県篠山市が原産の「丹波黒」、京都府京丹波町の「和知黒」、京都府亀岡市・南丹市等の「紫ずきん」、岡山勝英地域の「作州黒」、北海道の「早成光黒」「中成光黒」「晩成光黒」などがある。

8月ごろに薄桃色の花を咲かせ、10月ごろにさやに実をつける。

だんだんと実が黒く色づき11月中旬から12月上旬に収穫される。

最近では、実が黒く色づく手前の10月ごろに収穫される枝豆に人気がある。

加工食品煮豆 黒豆きな粉 黒豆ココア 黒豆コーヒー 黒豆茶(茶外茶の一種) 黒豆うどん 黒豆パン 黒豆ジャム(餡) 黒豆煎餅 黒豆のタルト 黒豆のプリン 黒豆豆腐 黒豆納豆 大福(だいふく)は、小豆でできた餡を餅で包んだ和菓子の一種。

大福餅(だいふくもち)とも。

種類(一例) 豆大福 大福(紅白)豆大福 - 餅に赤エンドウや大豆を混ぜ込んだ大福。

草大福 - ヨモギを入れてついた餅を皮にしている大福。

ヨモギのために皮が緑がかる。

塩大福 - 皮や餡が塩味の大福。

元々は砂糖ではなく塩を味付けに使っていたが現在は砂糖の中に適量の塩を加えている。

塩豆大福-塩大福と豆大福が合わさったもの。

いちご大福 - 小豆餡の中にイチゴが入っている大福。

その他イチゴのみ、イチゴと生クリーム、イチゴと白餡などがある。

発祥は諸説あり、東京都新宿区住吉町、群馬県前橋市、三重県津市、三重県伊賀市、滋賀県大津市、岡山県倉敷市の和菓子屋がある。

住吉町の店は、都営地下鉄新宿線曙橋駅で下車し、フジテレビ『夕やけニャンニャン』の収録に参加した女子高生が口コミで広めた(当時フジテレビ新宿区河田町にあった)。

また、果物を使った大福としては、他にも栗大福、オレンジ大福、ピーチ大福、メロン大福、ブルーベリー大福等がある。

梅大福 小豆餡の代わりに梅の甘露煮が入っている大福。

餅に梅の果汁とシソを混ぜ込んだ大福。

コーヒー大福、カフェオレ大福 - 小豆餡にコーヒーの風味を付けたもの。

生クリームが入っているもの等がある モンブラン大福 - 小豆餡の代わりにマロン・クリームが入っている大福。

プリン大福 - 小豆餡の代わりにプリンのクリームが入っている大福。

ティラミス大福 - ティラミスのクリームをコーヒー味の餅でくるんだ大福 塩あんびん - 砂糖を用いず塩で味付けした大福。

埼玉県北部で古くから食べられている。

カスタード大福 - 小豆餡の代わりにカスタードクリームが入っている大福。

餅は中国・朝鮮半島地域・東南アジアなどに多くの種類がある。

古くは主に小麦を粉にして平たく固めてから加熱した粉食のことを指していたが、大麦、粟、トウモロコシなど他の食材を用いた粉食のことをも含めるようになった。

ここでいう餅は、主にもち米を粉にしてから湯を加えて練る方法で作るものを指し、日本の羽二重餅などの求肥餅や白玉や粽、中国の「水磨年糕」(シュイモーニエンガオ shuǐmó niángāo)、韓国の「トック」(떡)などが挙げられる。

これらの穀物の粉から作った餅の味付けには、甘味を利かせるものが主体、プラス塩味を加減(時に塩辛いものもある)。

酸味は、日本の「すあま」にやや見られるものの例としては稀な部類に入る。

中華料理由来の月餅や饅頭は、小麦粉から作った「餅」が発達・改良されてきたものであり、麺類もその派生であるともいわれている。

和菓子の中にも、「そば餅」などと、日本で一般的に饅頭と呼ぶ物を「餅」と呼んでいる例がある。

つき餅(搗き餅)日本ではもち米を用いて作る餅がより一般的である。

製法は、まずもち米を磨いでから十分に水に浸しておいた後に、水気を切り、蒸し布で包んで蒸篭等で蒸す。

次に、蒸したもち米を杵と臼で米粒の形がなくなるまで搗き、下記の「おもな餅の種類」に記載される形状に成形する。

最後に、それらを味付けしたり、餡や黄粉をつけて食べる。

中国にも、蒸したもち米を固めたものがあるが、製法はもち米を底の浅い器に敷き込み押し固めるというもので、日本のつき餅とは異なる。

また、「餅」という字を用いず、「糯米糕」(ヌオミーガオ nuòmǐgāo)、「糯米糍」(ヌオミーツー nuòmǐcí)などと呼んでいる。

餅(もち)とは、穀物、特にもち米に水分と熱を加えた後に、外力を加えて練り合わせ、成形した食品の一種。

餅つき(もちつき)は、日本独特の「つき餅」(搗き餅)の生成方法である。

つき餅はロータリーカーン式の石臼がなくとも作ることができる。

また、餅つきは神事としての側面を持つ。

厳密にいえば、中華文明圏などでは穀物の粉から作った「菓子に代表される餅」しか存在しないが、日本には「菓子の餅」と「つき餅」という製法も材料も違う2種類の餅が存在する。

のしもち(延し餅・伸し餅)、切り餅 搗いた餅を1cm内外の厚さに手で延ばし板状にした餅。

包丁で好みの大きさに切断して食べる。

切り餅と呼ばれるのは延し餅を切ったもの。

なまこ餅 搗いた餅を海に棲むナマコ状の半楕円形に伸ばした餅。

包丁等で適当な厚さに切って食べる。

焼いたり、油で揚げて食べる。

海苔なまこ餅 餅に青海苔を加えて搗き、なまこ餅にしたもの。

豆なまこ餅 餅に黒豆や大豆を加えて搗き、なまこ餅にしたもの。

丸餅 搗いた餅を丸く成形したもの。

大きさや厚みによってそのまま食べたり板状に切断して食べる。

鏡餅 お供えとして大小の丸餅を二段に置いたもの。

正月の間は食べず鏡開きのときに固くなったものを包丁を用いず、木槌等で砕き割る。

適当な大きさになったものは焼いたり煮て食べる。

水に漬けてから蒸し、搗き直して食べる場合もある。

あぶり餅 竹串にさして炭火であぶった餅。

鳥の子餅 鳥の子供の姿に似せてずん胴のひょうたん型に成形した餅。

子供の一生に擬えて一升餅で作る。

餅を二分して食紅(しょくべに)で赤く着色したものを紅白餅として祝う風習があるが、一生を二分するのは不遜として紅白に分けない場合もある。

磯辺餅(いそべもち) 切り餅を焼き、熱いうちに醤油を付けて海苔を巻いたもの。

からみ餅 大根おろしにからませて食べる。

きなこ餅(安倍川もち) 焼いた餅または煮た餅に大豆を臼で引いて粉状にしたきな粉に砂糖を若干加えたものをまぶして(混ぜて)食べる。

ずんだ餅 茹でた枝豆を擂り鉢等を用いて潰したものに搦めて食べる。

揚げ餅 七味味の揚げ餅餅を 1cm 内外のサイコロ状に切断、または前記鏡餅で砕いた破片等を油で揚げた餅。

揚げた際に醤油・薬味などをまぶして食べる。

かんころ餅 さつまいもを輪切りにし湯がいて天日で干した物ともち米を一緒に蒸して、混ぜてついた黄色の餅(甘古呂餅)。

草餅 ヨモギを混ぜてついた緑色の餅(ヨモギ餅)。

栃餅 栃の実を混ぜてついた茶色の餅。

菱餅 雛祭りの際に雛壇に飾る餅。

あんころ餅・ぼたもち 小豆でつつんだ餅。

あん餅 中にあんこが入った餅。

花びら餅 牛蒡を餅でつつんだもの。

かき餅(かきもち) 「おかき」。

餅を薄く切断したものを天日で乾燥させ、焼いたもの。

醤油等を塗る場合もある。

柏餅 塩漬けした柏の葉でくるんだ餡入りの餅 あらかね餅 餅米の中に普通の米を混ぜてついた餅。

もち米を使うが搗かないもの桜餅(道明寺) もち米を蒸してから乾燥し、軽く砕いた道明寺粉で作る餡入りの餅で、塩漬けした桜の葉で包む。

羽二重餅、走井餅 砂糖や水飴を加えて練った柔らかい餅。

ムーチー(鬼餅) 水で練ったもち粉を月桃(さんにん)の葉で包んで蒸した沖縄の餅。

日本の粽 ササの葉で巻かれた餅(中国の粽はおこわの一種)。

トック 韓国の餅の一種。

もち米粉を練って、押し出し方式で作る。

煎餅(せんべい、いりもち) 練って作った餅を薄く成形して天日で乾燥させ、焼いて醤油等を塗ったもの。

白玉 ふところ餅 うるち米を使うもの五平餅(五兵衛餅、御幣餅、吾平餅) うるち米の餅を板に付け火であぶり、味噌が塗られている餅。

月見団子 ピンポン玉程度の大きさの丸餅をピラミッド状の三角錐に積み、月に供えてから食べる。

串団子 一口で食べられる大きさの団子状に成形した丸餅数個を串に刺したものを食べる。

生のまま又は焼いたものに醤油・砂糖・片栗粉で作った甘辛いタレを搦めたみたらし団子(御手洗串団子)や小豆・枝豆などのつぶ餡や漉し餡を付けて食べる。

醤油を塗って焼いた串団子に海苔を巻いたものを磯辺団子と言う。

牛蒡餅 うるち米の餅と黒砂糖などを混ぜて芥子をまぶした餅。

でん粉を用いるもの葛餅 クズのでん粉や、代用品としての馬鈴薯でん粉などを用いる。

蕨餅 ワラビのでん粉を用いる。

蘇鉄餅 ソテツのでん粉を用いる。

小麦粉を用いるもの焼皮桜餅(長命寺) 小麦粉に寒梅粉(もち米の加工品)を加えて、鉄板で焼いた皮(煎餅の一種)で餡を挟み、塩漬けした桜の葉で包む。

その他の材料のもの木の実などの灰汁(あく)を抜くために数日間から一週間程度水に晒した後、粉状にして蒸して搗いたものなど。

栃餅(とちもち)・藁餅など。

おもなつき餅料理 焼き餅焼き餅 雑煮 汁粉・おしるこ 小豆を煮た汁の中に餅を入れたもの。

前記の鏡開きのときに食べる。

大福餅・餡餅(あん餅) 餅の中に具として餡を入れて包んだもの。

餅を搗く時に豆を入れたものは豆大福餅と呼ぶ。

餅が柔らかいうちはそのまま、固くなった場合は焼いたり油で揚げて食べる。

啜り餅(すすりもち) 水気を多く入れて柔らかく搗いた餅を水を張った盥(たらい)等に入れて、手で細長く紐状にしてすすりながら食べるが、慣れないと危険




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

ちえみさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。