雨が降るから虹も出る♪AAPで乗り切ろう

*骨髄異形成症候群(MDS)と戦う女子の日記*


テーマ:
わたしは移植をきっかけに、転院をしました。

移植後、元の病院に行けてなくて

今日、移植病院からのお手紙を持って

元の病院に行ってきました♪

ここの主治医先生とのおつきあいは長く

なんと、16歳からなので。。

ざっと20年?( ̄□ ̄;)

お互い歳を取りましたwww

このブログの移植前の記事に登場する先生。

ちょうど、わたしの父親世代。

初診時高校生だった私。

その日に人生初マルクして、泣かなかったので

『強い!』と誉めてくれたの覚えてるw

修学旅行行きたいーっ!行かせてー!と

お願いしたの覚えてるw

初診後日マルクの結果聞きに行ったら

『骨髄異形成症候群』て紙に書いてくれて

『は?なにそれ?』だったの覚えてるw

あの頃は、電子カルテもなかったから

検査の結果用紙を紙のカルテに糊で貼付けてて

行くたびにペラペラめくって(;^ω^A

大学生になり社会人になり・・移植する事になり

そんな、わたしの人生の大転換期を知っている

その主治医先生がついに定年と言う引退。

ううううううううう(T_T)

あたしの良い時も悪い時も全部知ってる頼れる存在。。

移植しよう~バンク登録しよう~と100回くらい言われて

200回くらい、嫌だ~~~と言う攻防をしてきた先生w

データーや投薬状況なんかを移植病院からの手紙を見て

「輸血がいらなくなってよかった!

   けど、まだ第一段階突破しただけ」

て厳しぃぃぃぃ事言うねぇぇ~(/ω\)

けど、これはものすごい、愛だと思う。

慢性GVHDの事とか感染の事とか。

特に感染は免疫抑制剤がきれてないうちは

可能性が高いんだから

『気を抜くな』と(;^ω^A

いろんな患者さんをみてきた先生から出る言葉は重い。

移植はやって終わりじゃなく

そこから始まるものもあるよね。

ドナーさんの細胞は完全にわたしのモノになるワケじゃなく

共存していくことになるのだから。

これは、生涯付いてくるものだと。

20年分のお礼をしてきました。

photo:01

また、どこかで会えるかな~。

メル友でもあるので、いつでも連絡は出来るし♪

(写真:生クリームはどけました・・泣)


iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。