白血球が増えちゃった 白血病(CML急性転化)→骨髄移植

慢性骨髄性白血病(CML)闘病記
グリベック→スプリセル→タシグナ→ボシュリフ服用。
2015年 骨髄性急性転化。骨髄移植しました。


テーマ:
初マルク。

記念日でもしましょうか。

白血球が増えちゃった-200812241423000.jpg

呼ばれた時には
はぁぁーついにきたー

と処置室(開いてなく診察室貸切)へ。


目の前で挨拶した先生。


若くてイケメンっす。
ヽ(´▽`)/


そしたら先生に
早速はじめてみよう!ジーンズ下ろして!と


いきなり尻を見せるとは…


麻酔の前に
先生に、そして二人の看護婦さんに正直な気持ちを言いました


“私はマルクが未経験です。”

“だから痛いときは痛いと言ってもいいですか?”


そしてベッドへ。


痛い麻酔が体の中に。


この時は『痛い!』ではなく
どよーんとする感覚に


『オゥ~』


と言ってました(照


んで麻酔後は注射は感覚ないけど最初が痛くて


いたーい!


これ、いたーい!



2連続です。

看護婦さんが髪を撫でてくれて声をかけてくれました。

看護婦さんの優しさが嬉しくて


『私は頑張るっ』

『頑張るっ』

『頑張るー』


と無意識に連呼し続けてました。


採取二回目から痛みはなくなり、


『あ、痛くなくなった』


『看護婦さん、さっきはありがとうございます』


『先生、あと何回痛いの?』


普通の会話に戻り


しかーし


マルクの注射?とやらを計六回。


『こんなに骨がしっかりしてるとは…大変だったよ』

と先生がぐったりしてまして、


途中から私と先生の会話を聞いていた担当医が笑っていて


『見ているうちに、終了したら○○さんを誉めるより先生誉めたほうがいいかな?』


だって。


なんて冗談を
Σ( ̄□ ̄;)


たしかに私はレントゲン写真で誉められた過去を持つ骨太です。


イケメン先生に
『次来たら嫌な顔しないでまた検査してくださいよ!』

と頼んだら  


『嫌かも~』


と笑いながら最後に処置してくれて終了。


最後はきちんとお礼を言いました。



白血球が増えちゃった-200812241355000.jpg


終わったら一時間の安静。
この時も先生が様子を見に。嬉しいです。


そして解放。


解放後は母と一緒に


白血球が増えちゃった-200812241547000.jpg


マルク克服?記念に
ヒレカツサンド Byモスバーガー


帰宅です。



商店街はクリスマスケーキやチキンの店頭販売で盛り上がってたけど購入はしませんでした。


チキンは胃が膨れそうで~♪


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。