せかいのこっきずかん

テーマ:
せかいのこっきずかん
¥1,680
Amazon.co.jp

実家で買ってもらった本。

オハナシの本は 図書館で借りるから

買う本は どうしても この手の図鑑系の本になってしまう。


国旗の本が流行ということで

並んでいたので この本選択。

決め手は かわいいイラストでした。


そうそう この イラストに関する

ちょっとしたデキゴトは こちら をごらんください。


この本は ちえりん自身が読んでも楽しいです。

子Rに 日本みたいな 旗 はどこかわかる?と聞かれ

「バングラデシュ」でしょ。

と答えました。

でも もう一つある と言われて えーと 思って探したら

パラオが 青地に黄色の丸でした。

中近東に ☆と三日月がついた 国旗が多いのは

なんとなくわかってたけど それが イスラムのシンボルだと知ったり

知らなかったと思うことが たくさんありました。


そうそう 日本が一番驚き。

赤は『ひろい愛と生きる力』 白は『けがれなく清らかなこと』 だそうです。

昔 白い布に 血で丸を描いて

それが 国旗になったって どこかで 習ったような 気がして

えーなんて 思ってたけど 

ちゃんとした意味があったのですね。

よかった よかった。

AD

『開業40年新幹線のすべて』

テーマ:
広田 尚敬, 坂 正博, 広田 泉
開業40年 新幹線のすべて

これが重い本 です。

0系からリニアモーターカーまで

ありとあらゆる新幹線が これでもか とばかりに 載っています。


0系は 懐かしいなぁと しみじみ感じます。

0系の頃が 一番よく乗ったからかなぁ。

小学生だった上に 自由席の一号車にばかり乗ってたから

(禁煙だから)

いつも 『顔』見に行ってたような気がします。


今は新幹線と言っても 「こだま」と「ひかり」だけでなくて

「やまびこ」だの「MAX」だの「つばめ」だのいろいろあるし

のぞみだって「300系」だの「700系」だの いろいろあるので

教えるほうも 覚えるほうも 大変です。

だから 聞かないでください・・・・・・。


でも この本のせいで 親の知識も さらに増えたかもしれない。





ブログのランキングに登録しています
参考になったら クリックお願いします。
ブログ
AD

学研の図鑑4『水の生き物』

テーマ:
武田 正倫
ポケット版 学研の図鑑〈4〉水の生き物

水族館の年間パスポートを購入したので

魚の勉強も兼ねて購入。

購入にあたりいくつかの本と比較したが、

この本の魚が写真であったのが 決め手の一つ。

イラストの本も多かった。

■科名■大きさ■分布■特徴が簡潔にまとまっている。


魚類、両生類、無脊椎動物という大きな区分で

魚、カニ、くらげなど 水族館にいる主な水の生物が

網羅されてるんではないかと 思う。


水の生物・・・・・

水族館にペンギンやアシカもいる。

それらはなくてもいいにしても

せめて 亀は載せてほしかったかなぁ と 思う。


ブログのランキングに登録しています
参考になったら クリックお願いします。
ブログ