2010年最初に読んだ本が コレ だって いうのが、
なんともまぁ・・・・と 思うのですが 
実家から帰ってきて 予約本をとりにいったら コレだったのだから
しかたがないですね。

この本のタイトルである 35歳っていうのは

2009年4月1日現在 200万人いるそうである。

ちなみに 今はもう 36歳になってしまった ちえりんも

そのときは 35歳でした。

この世代は いわゆる 団塊ジュニア(1971年~1974年生まれ)というやつ。

この本では 1万人にアンケートをとったそうである。

1973年3月~1974年2月生まれの 満35歳。

・・・・ちえりんじゃん。


バブル世代の話を聞くと(ママ友に多いのだ) なんだか 夢の話のような気がするけれど

こういう本を読むと 私は まだ 恵まれてるほうだよなって 思う。

就職活動は超氷河期と言われたけれど

大学を四年で卒業したあと 無事に就職できたし。

多分 結婚してなかったら 今も 同じ会社で働いてたと思うし。

リストラにも 多分 あってなかったと思うし(リストラをしたという話を聞かない)

働きすぎで体を壊すことは あったとしても 

35歳になる今までは なんとか 会社に 食いついていけたんじゃないかなぁと思う。


大学時代の女友達は

ほとんどみんな就職したし、ほとんどみんな結婚した。

ほとんどみんな今は主婦だけど、転職して いい方に転がった子もいる。

男友達も全部が全部はわからないけれど

まぁ 比較的 この本の35歳ほど 大変なことにはなってないんじゃないかなぁ

と 思う。


でも 少しでも つまづいてしまったとき

今の時代は 取り返しのつかない社会システムになってしまっているんじゃないかなぁ

と 思ってしまう。


私達より上の世代は 終身雇用が当たり前の世代。

そういう時代ではなくなってしまっているのに

(なくしてしまったのは そういう世代だと思うのに)

そういう考えが闊歩している限り、

35歳が ここで つまずいてしまったら 元の生活を取り戻すのは

容易なことでは ないんだろうなぁ と 思う。


36歳になった今 社会から7年も離れてしまって

7年前と全く同じ給与水準で働くことは 不可能に近いだろう。

そもそも 半分だって 難しいだろう。

←そういう世の中でなければよかったのになと 思う。


子どもに対する支援。

共働きに対する支援。

子どもを育てるための支援。

そういったものを 私達がまだ 中学生や高校生だったころ

バブルに踊っていた世代が 

踊るだけでなく 将来的なことも考えて 

政策をとっていたら 

ここまで ひどくなっていなかったんじゃないかな、と思う。


昔の人間のせいにするわけではないけれど、

今の私には 何ができるってわけではない。

今決めて 今始めて、それが 結果的にどう出るか。

そういうのがわかるのって ずっとずっと先のことだと思うから

(ゆとり教育だってそうだった。

 失敗してしまったんだよね?

 だから 今 また 授業を増やそうとしてるんだよね?)

常に先のことを 誰かが 考えていかなくては ならないんじゃないかなと思う。


若い世代は 上の世代が決めたことを享受するしかない。

私達の時代がおかしいと思うなら 次の世代のために 

なんとかしなきゃいけないんだとは思うんだけど

どうしたらいいんだろうね。


誰が考えるんだろうね。


そして 最後に。

この本では 全く触れられていなかったのだけど、

1973年3月~1974年2月生まれの 満35歳。

(厳密に言うと1973年4月~1974年3月生まれ)

現役で関西の大学に入り 4年で卒業した私。

関西企業は 阪神淡路大震災の影響で 超・超・超氷河期だったんじゃないかな

と 思う。


“35歳”を救え
¥1,575
楽天

※モバイル非対応


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
AD
日本人の知らない日本語/蛇蔵&海野凪子
¥924
Amazon.co.jp


日本って、不思議だ、

と 日本人なのに 思ってしまった本


子Rに読んであげると かなり オオウケ。

子Rには理解できない部分もたくさんあるんだけどね


かたかなとか ひらがなとか 言葉とか

そういう成り立ちを考えると すごく奥深くて 面白いんだなーって

思う。


国によって 考え方も全然違うんだなぁって

わかっちゃいるけど こうやって読むと面白い!!


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
AD

万城目学『ザ・万歩計』

テーマ:
ザ・万歩計/万城目 学
¥1,260
Amazon.co.jp
笑えるエッセイ。
電車で読んじゃダメですね!
『鹿男』や『ホルモー』
ああいう 発想ができるだけあって、
エッセイも おもしろい!!
そして 面白い人生 歩んでるんだなぁ・・・って 思うのです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
AD
ワタシは最高にツイている/小林 聡美
¥1,470
Amazon.co.jp

軽く読めて 合間に楽しめる本です☆

なかなか 笑える エッセイでした♪


三谷幸喜のエッセイに出てくるトビも出演。


ちえりん的に 一番面白かったのは 『エクソシスト』のネタのものです。



三谷幸喜のありふれた生活6 役者気取り/三谷 幸喜
¥1,155
Amazon.co.jp

まいにちトースト (Rucola books)/たかはし みき
¥1,029
Amazon.co.jp

イラスト満載のエッセイみたいな本です。

絵を見てるだけでも 楽しい!


料理レシピ本というより

トーストにこんなののっけたらおいしいよ!

みたいな本。


えー それは やだなぁみたいな 組み合わせもあれば 

それそれ やってみたい!!と思うような 組み合わせもあり☆

めんどくさそうなのもあれば

ちょー簡単そうなのもあります。

やっぱ トーストは簡単に限るというのが信条なので

『粉チーズ+バター』と『とろけるチーズ+バナナ』が 気になる ちえりんです。





勇気凛凛ルリの色―福音について/浅田 次郎
¥600
Amazon.co.jp

毎度ながら はまってる 浅田次郎のシリーズである。


だんだん売れっ子小説家になってきたんだなぁと いうのが 

読んでいると あちらこちらから わかってくる。

それでも だけど 浅田さんの 信じられないような生活っぷりは 相変わらずで

やっぱり この本も笑えます。


どうやら 次が 最終巻らしい・・・・


次は これです↓


勇気凛凛ルリの色 満天の星/浅田 次郎
¥580
Amazon.co.jp




『気まずい二人』

テーマ:
気まずい二人/三谷 幸喜
¥1,260
Amazon.co.jp

いやぁ おもしろかった。

出てくるのは

八木亜希子/十朱幸代/西田ひかる/日笠雅水/桃井かおり/鈴木蘭々
林家パー子/緒川たまき/平野レミ/森口博子/加藤紀子/安達祐美/石田ゆり子

こんな人たちとの対談だけど

何かを聞くとか 何かの話題があるわけでなく、

話につまったら 枝豆と大豆の話をし・・・・・・


話しやすく 笑える対談集でした。

昔の本なんだけど 今でも 笑える!!

勇気凛凛ルリの色 四十肩と恋愛
¥533
株式会社 ビーケーワン

勇気凛々ルリの色 の その後・・・・である。
(ってか そのままか。)
浅田次郎で読んだことがあるのは

『プリンズンホテル』
『椿山課長の七日間』だけである

でも『鉄道員』や『壬生義士伝』と言った映画化された作品を考えると

なんだか すごく マジメな人だと思ってた。

あぁ もちろん 前作でその考え方は 覆されました。


そして さらに 輪をかけて おもしろく

小説だけで ジ~ンとしたいのなら

この人の この本 読んじゃだめだな

と 思ってしまったのでした。


読んじゃったから 続きも読みます。

小説も よーもうっと。


ブログのランキングに登録しています
参考になったら クリックお願いします。
ブログ
浅田 次郎
勇気凛凛ルリの色

あさぎうさぎさんのブログに このシリーズのことが書いてあったので読んでみた。

浅田次郎の小説は いくつか読んだことがあるのだけど、

只者じゃあないんだろうなぁ と 思ってはいたけど

ほんとに 只者じゃなかった・・・・・・。


只者じゃないってのは、

小説読んでて この人は どっかの大学の文学サークル出身って感じだろうなぁとか

この人は きっと SEかじってたんだろうなぁ とか 

金融系出身なんだろうなぁ とか 

そんなふうに 感じることが たまにある。

この人の本見てたら すっげーいろんなこと知ってる人なんだなぁ と 思ってた。

あ ちなみに 宮部みゆきとかもそう思う。

詳しいプロフィールは 全く知らないのだけど・・・・・。


そしたら ほんとに 浅田次郎は 只者じゃなかった・・・・。

とっても 色んなことをやってきた 経歴の持ち主。

だから 色んな小説書けるんだろうなぁ と 思った。


で このエッセイ 笑える。

子Rの喘息の病院の待ち時間に読んでいたのだけど

笑うたびに トトロのDVDを見ていた 子Rが 不審な顔でちえりんを見ていた。


自衛隊ネタ ハゲネタ そんなことが多いかなぁ。

ちょうど 阪神大震災やオウム事件のあった頃の連載。

だから そんな時事ネタも多く おもしろい本だった。

次も 読みます。


・・・・ってか、小説 久しぶりに読みたくなった。



ブログのランキングに登録しています
参考になったら クリックお願いします。
ブログ

西原理恵子『サイバラ式』

テーマ:
西原 理恵子
サイバラ式

西原理恵子は多分漫画家だと思う。
清水義範の本に、よく挿絵が載ってるので知ってた。
清水義範の本に出会わなければ、彼女にも決して出会うことはなかっただろう。

だって、ちえりんが好き系の絵とは全然違う・・・。
でも気づいてみると、いろんなところにちょこちょこ出てくる西原理恵子。
そんな西原理恵子の変わった生活ぶりが楽しめる本デス。
30分くらいで読んじゃった。


(以前に読んだ本。昔の読書記録から こちらへうつしました)



ブログのランキングに登録しています
参考になったら クリックお願いします。
ブログ