『銀色のシーズン』

テーマ:
銀色のシーズン スタンダード・エディション
¥3,591

テレビでやっていたのを見ました。

次の週の ミッドナイトイーグルと 多少勘違いしてました。


こちらは 思いっきり 恋愛です。

結論がわかりそうな ベタな恋愛モノなのだけど

久々に こういう恋愛モノ見て

なんだか 心が こそばゆくなりました。


玉山鉄二の頭が 上地雄輔に見えたのは ちえりんだけかな??

うちのテレビ 昔のブラウン管の上に 上下切られちゃうから

すっごく画面が小さくて

最初は 上地雄輔かと 思っちゃったのだ。





銀色のシーズン オフィシャルマガジン (ブルーガイド・グラフィック)

¥1,200
Amazon.co.jp

AD

『グスコーブドリの伝記』

テーマ:
グスコーブドリの伝記 (宮沢賢治絵童話集)/宮沢 賢治
¥2,039
Amazon.co.jp

ママ友が 紙芝居でこの話を読んで感動したと言っていたので

なんだか 懐かしくなって 図書館で借りてみました。


読んでと言われたけど 字が多くて・・・・・

途中まで 読んで ふと気がつくと 横で子Rは 眠っていました。


児童文学に区分しましたが

農家・時代・気候 そんな 背景が とても 重い物語だと思います。

昔 ラジオの朗読で聞いた時に 初めてこの物語を知りました。


幼稚園児にはなかなか難しい話だと思うのだけど

小学生になったら 読んでもらいたいなぁ と 思ったのでした。



にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
AD

本多孝好『正義のミカタ』

テーマ:
正義のミカタ―I’m a loser/本多 孝好
¥1,575
Amazon.co.jp
大学内にはびこる悪を 一網打尽!
・・・・・と まで は いかないんだけど
でも、こういう組織は ある意味必要なのかもしれない
と 思ってしまった。

高校生までは ある程度 親や教師の締め付けが

あるのだろうけど

大学生になったら そのタガが 一気に外れる。

問題行動 勃発。


ちょっと マンガチックな お話でした。



AD
ママの友達/新津 きよみ
¥1,680
Amazon.co.jp

ミステリーなのかな と 思いきや・・・・・・ 


ミステリーかなぁ やっぱ。


中学時代の交換日記がいきなり送られてきて

そこから 物語は始まっていくのです


「ママって友達いるの?」

その 言葉が かなーり ずっしり来ちゃったのは

ちえりんが それなりの年齢になっちゃったからかなぁ。


ひきこまれ 一気読み。

わにわにのごちそう

テーマ:
わにわにのごちそう (幼児絵本シリーズ)/小風 さち
¥780
Amazon.co.jp


5歳の息子には 簡単すぎたかな?

話の内容は 簡単で単純なんだけど

絵が すごいの!

何が すごいかって。

それは 版画なの!


わにが ごはんを食べる話なんだけど

わにが 怖いのは 多分 版画だからかなぁ??


絵が はっきりわかりやすいので

よみきかせにも よいかもー