森 絵都『宇宙のみなしご』

テーマ:
宇宙のみなしご/森 絵都
¥1,365
Amazon.co.jp

この本は 中高生の夏休みの宿題の定番

読書感想文によいかも

と 思う本でした。


帯を見て

ほったらかされた姉弟が屋根にのぼる

という 変なイメージを持って読み始めたのだけど


それには 理由があり

加わる仲間にも それぞれ さまざまな中学生らしい 理由があり、

ヒトと ヒトのかかわりを感じる本でした。


ザ・児童書!という感じがします。

ほんと 中高生にオススメかも!


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
AD
涼宮ハルヒの退屈 (角川スニーカー文庫)/谷川 流
¥540
Amazon.co.jp

一冊めほどの 衝撃はなかったけど

エンターテイメントとして 面白かったかな。


短編がいくつかあるのだけど、

みくるさんの話のところは 意外性があって

おぉぉ!!って 感じ。

変な設定 生かしきってる~!って 思ったのでした。


一作目の感想はこちら


AD
地下鉄(メトロ)に乗って―特別版/浅田 次郎
¥1,680
Amazon.co.jp

映画を見て 

いいハナシだ!と 思い 早速借りてみました。


映画は 多少はしょられていたけれど 

でも 原作にほぼ忠実で

なかなかよかったし

原作は 原作で 映画よりもずっと深くて よかった。


映画→原作の順に見て よかったかもしれない。


憎んでいる父と同じように愛人を持っていることに対して

なんで おんなじようなことするんだよーと 映画を見たときは思ったのだけど、

(しかも 映画では あまりよくわからなかったけど 妻はすごくいい人だと思う)

父への憎しみは その部分だけではない と 思える原作でした。


どこまでもどこまでも 父の人生をさかのぼっていく。


地下鉄・鉄道・・・・

そういう つながりってわけでもないのだろうけど

ファンタスティックな面を見て 浅田次郎の『鉄道員』も思い出された



鉄道員(ぽっぽや)/浅田 次郎
¥1,575
Amazon.co.jp
地下鉄(メトロ)に乗って THXスタンダード・エディション/堤真一
¥2,480
Amazon.co.jp
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
AD

山田 悠介『リアル鬼ごっこ』

テーマ:
リアル鬼ごっこ/山田 悠介
¥1,050
Amazon.co.jp


うーん。

あまり 後味のいい本ではありませんでした。


昔 バトルロワイヤルを読んだ時のことを思い出しました。


映画化された本ということで 期待してたんだけど


うーん・・・・・。


リアル鬼ごっこ プレミアム・エディション
¥4,788
Amazon.co.jp

涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)/谷川 流
¥540
Amazon.co.jp

ザ・ライトノベル って 感じ。


ちえりんが 昔読んでたライトノベルよりも

もっと ずっと ライトノベルって感じ。


噂を聞いてから ちょっと 読みたいなぁと 思ってて

ようやく 読みました。


独特の世界があって、

ちょっと『もえ』系なんだけど、エンターテイメントとして

ハチャメチャに読めました。


事前情報として 作者が うちの弟と同じ高校ってことで

舞台が 西宮だってこと(そういう表現は全くナシ)

地区の描写が とても わかりやすいのです。

そいうのもあって ちょっと 読んでみたいなぁと 思ってました。

ウィキペディアによると そんな 舞台の西宮を訪れることは 

「オタクの聖地巡礼」と 呼ばれているそうです。

ほんとか~?


カフーを待ちわびて/原田 マハ
¥1,470
Amazon.co.jp

日本ラブストーリー大賞の受賞作だそうです。


前 読んだ 同じ賞の受賞作『守護天使』が ちえりん的に

うーん・・・というものだったので 期待はまったくせずに読み始めました。

舞台も沖縄の小さな島で 

そこに 女の子がやってきて 恋に落ちる。


そういうストーリーではあるのだけど

詳細はもっと深く そして ちえりんのダイスキな純愛でした。


リゾート開発の件が ちょっとなぁ・・・と思っていたのだけど

やっぱり 不可欠な エピソードなのかなぁ・・・・・。

それがなくても いい話だと 思うんだけどなぁ・・・・。


映画化されるそうです。

複雑なエピソードがあるわけではないので

ほぼすべてのエピソードを盛り込んでも 十分原作通りにできるんじゃないかなぁと思います


玉山鉄二が 演じるみたいだし

けっこう 期待♪



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ