バッテリー (角川文庫)/あさの あつこ
¥540
Amazon.co.jp

有名だなぁ これ。

一度読んでみたかった 本。

映画化もされてますが まだ 見てません。


野球の話だと思ってた。

うん 確かに 野球の話。

だけど 小学校から中学校に上がるまでの春休みという短い期間の話で

主人公の原田巧が 

リアルでいいなぁと 思う。

リアルすぎて すごく いやなヤツに思えてもしまうんだけど。


まだ 続きもあるとのこと。

読んでみたいと 思う。


バッテリー 特別編 (初回生産限定版) (あさのあつこ書き下ろし小説付)
¥3,032
Amazon.co.jp



AD

島田荘司『異邦の騎士』

テーマ:
異邦の騎士 改訂完全版/島田 荘司
¥730
Amazon.co.jp

最近 ゆっるーいミステリーばかり読んでたから

完全に してやられました。

・・・・・そして 前に 一度読んだことがあった・・・・・。


夫Mの書棚にある 島田荘司。

そして 御手洗潔のシリーズ。

といっても 御手洗潔がメインなわけじゃないんだけど。


ほんっと 騙されました。

騙されすぎかなぁ・・・・・。


御手洗潔攻略本/島田 荘司
¥1,785
Amazon.co.jp

・・・・・攻略本って いったいなんだろう・・・・・。
AD
インディゴの夜 チョコレートビースト (ミステリ・フロンティア)/加藤 実秋
¥1,575
Amazon.co.jp

ミステリーと呼んではいけないかなぁと 思う ミステリー。

多少 謎解き部分があるので ミステリーかもしれないけど

ちえりんでもわかるような謎解きだから 

かなり簡単です。


一作目の『インディゴの夜』を読み

続きがあるなら なぞの男 憂夜さんのことがわかるか?

って 思ったけど 結局なぞは なぞのままでした。

AD
リサとガスパールのであい/ゲオルグ ハレンスレーベン
¥1,260
Amazon.co.jp

子Rのいうところの ペネロペの友達。

ま 絵は同じ人なんだけどね。


リサとガスパールについては 絵だけ知っていましたが

本は 初めて読みました。

図書館で かなり 待ちました。半年以上かも?


確かに リサとガスパールの出会いの話です。

絵が好きなら オススメですね。

でも 半年待つほどでもなかったかなぁ・・・・・・・・。

子Rも イマイチでした。

絵では 喜んでたけどね。


ちえりんとしては 文字の字体が ちょっと 苦手です

おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん/長谷川 義史
¥1,470
Amazon.co.jp

子R大爆笑。


ぼく5歳。

お父さんの紹介から始まって

次は お父さんのお父さん。

その次は おじいちゃんのお父さん。

そうやって ドンドン ドンドン ドンドン ドンドン

さかのぼっていくのです。


おじいちゃんたちの扮装と背景が

時代を語っていて 親も楽しんでしまいました。


昭和 大正 明治 江戸 縄文?!原始??! そして猿!!


なんで 猿なの~!って ショック受けるかと思ったけど

まだ そこまでは わかんないみたい・・・・?


さあ みんなで 一緒に ひぃひぃ 言いましょ☆



もっとここちいい ! 節約ライフ ハー・ストーリィ流 LOHASのすすめ
¥1,260
Amazon.co.jp

『ロハス』のすすめっていう サブタイトルがついてます。

最近 よく 耳にする 「ロハス」ですが

ちえりんには よくわかりません。


この本を読んだけど イマイチよくわかりません。

でも こんなふうに 優雅に暮らせたら いいなぁ と 

思ってしまいます


そう 節約の本かと 思いきや、

ここちよくすごそうという 本なのです。

そういう 過ごし方をする中で 自然と節約になっていく・・・・みたいな。


自家製オーガニック野菜を作ろうとしたり

手作り家具を作ろうとしたり

そういう とても 難しい・・・・・と 思うことも 載っているのだけど

食材を使い切るための方法や

簡単なソースのレシピなどの掲載もあり

手作りお菓子を作ろうというお話も載っています。


文字ばかりの本なのだけど

言葉がとても優しくて

節約の本というより ゆったり余裕のある生活をする本 のような 感じがします


インディゴの夜/加藤 実秋
¥1,575
Amazon.co.jp

推理小説ってことですが、推理的なところは 結構弱いかも?

エンターテイメントとして 楽しめます。

短編が4編なので 家事の合間に 読みやすい!


ホストクラブという 普段 ドラマでしかお目にかかれないようなところが舞台なので

それも エンターテイメントって感じがします。

最近 原作付きドラマが多いけど

この本も ドラマになりやすそう・・・・って 思いました。


メインキャストが主役の晶(女)とイケメンホストたちと、あと その他。


最後まで よくわからなかった 憂夜さん。

彼は いったいナニモノだ?と 思ったら

続編もあるみたい。

読んでみなければ と 思ったのでした。


インディゴの夜 チョコレートビースト (ミステリ・フロンティア)/加藤 実秋
¥1,575
Amazon.co.jp



いもとようこ『しゅくだい』

テーマ:
しゅくだい (えほんのマーチ)/宗正 美子
¥1,365
Amazon.co.jp

4歳5ヶ月の子Rの第一声。

「しゅくだいって 何?」

うーん そうきたか。


この絵本の宿題は 「だっこ」

そんな宿題を出された もぐらのもぐくん。

みんなの前では 恥ずかしがってたのに

家に帰る途中は 大喜び。

でも 忙しいお母さんを前にすると 

なかなか 言い出せません。


翌日 宿題をやってきた子達が みんないつもより元気そう!

っていうのが いいなぁ!!って 思いました☆

まてまてー! (こどものくに傑作絵本)/宮西 達也
¥1,155
Amazon.co.jp

目の前に エサが!

くらいつこうとしたら 

大きな魚が まてまてーと 止めにきて

結局 食べられない。

でもって その 大きな魚が食べようとしたら

さらに 大きな魚がやってくる。


そんな お話。


しかも オチありです。

ホオジロざめの 情けない顔が かわいい。




私の「塗り絵」

テーマ:
パソコンで作る私の「塗り絵」―思い出の写真で自分だけの塗り絵を楽しもう/土屋 徳子
¥2,394
Amazon.co.jp

パソコンで 塗り絵 ということで

パソコンで下絵作って パソコンで色まで塗るのかなぁ

と 思っていたけれど

そうではなくて 

パソコンで下絵を作って 印刷して 色を塗りましょうっていう本。


一つだけ塗り方の例もありました。


ぬりえを実際に作リたい方には十分役に立つと思うし

パソコンで色まで 塗ってしまいたいちえりんにも 役に立ちました☆







灯台