森絵都『カラフル』

テーマ:
カラフル/森 絵都
¥1,575
Amazon.co.jp

死んでしまったヒトの魂。

その魂が 抽選に当たったら。


そんなところから 物語が始まる。

読み進めているうちに 予測がつく話ではあるが、

でも その展開が いかにも 『中学生』で

テンポよく 進んでいく。


中学生なりの 悩み。

中学生なりの 感情。

見えていなかったものが 見えてきたり、

やっぱり 聞かなければ わからなかったことがあったり、

中学生の目線だなぁ って 思える作品でした。


他のも読んでみたい。






AD

浅田次郎『王妃の館』

テーマ:


王妃の館〈上〉/浅田 次郎
¥1,680
Amazon.co.jp

王妃の館〈下〉/浅田 次郎

¥1,680
Amazon.co.jp

想像に反してた~。

コメディだった~!!


シリアスな歴史モノを想像していました。

ところがどっこい。

合間合間に差し込まれる ルイ14世の話はシリアスなんだけど

でも 話の本筋はそうじゃない。


倒産寸前の旅行会社が、

豪華なツアーと 格安ツアーをダブルブッキングさせる話。

出てくる人も 多い多い・・・・・。

しかも 浅田次郎の作品の中で どこかで見たようなキャラクターが 多い多い。

それでも おもしろくて 最後はハッピーエンドなので まったくもって よしとします。


「勇気凛凛ルリの色」のどこかで パリの話があったような気がする。

それがこれか~。

作家の話は ≒ 浅田次郎本人 なのかなぁ って 感じです。


オヤジギャグ満載。

フランス語って オヤジギャグになりやすいのかな??







AD
ホーム・スイーツ・クチュリエ〈3〉
¥1,365
Amazon.co.jp

読んでみたいなーって 思ってた本。

読んでて とても 素敵でした。

素敵過ぎて ちょっと マネできない・・・・・。


素人向けでは ないと 思います・・・・・・。

でも 目の保養になります☆


AD

ありがとうのカタチ

テーマ:
ありがとうのカタチ―Thank you card 170/井上 由季子
¥1,365
Amazon.co.jp

いただいた包装紙や 紙袋を利用するのもよし!

せんべいに目をつけてみるのもよし!

ショップカードをちぎってみるのもよし!


感謝を伝えるには

何をしても よし!なんだなぁ って 思ってしまいます。


でも 自分でやって センスよくできるかなぁ

って かなり 心配☆

真保裕一『奇跡の人』

テーマ:

奇跡の人/真保 裕一

¥780
Amazon.co.jp

『ホワイトアウト』を書いた 真保裕一の作品。

ネットで昔のドラマのページを見ていて

不意に思い出した 山崎まさよしが主演していた『奇跡の人』

そしたら 原作があるってことで 

読んでみた。


ドラマと原作の細かなところは全く違うけれど

コンセプトは同じ。

過去の記憶をなくした克己が 自分を探していく。


いろんなことがパズルのように 

少しずつ 組合わさって 完成していく。


ドラマを見ていて 結論はわかっていたけれども

読み応えありました。


奇跡の人 DVD-BOX/山崎まさよし
¥39,900
Amazon.co.jp
バムとケロのにちようび/島田 ゆか
¥1,575
Amazon.co.jp

雨の日曜日に ドーナツをつくるお話。

とぼけた顔のバムが おやじくさくて かわいい。

かきこまれた絵が 人気の秘密なのかなぁ?


とぼけた表情に癒しを感じる 一冊です。


バムとケロのシリーズ。

こんなにあります☆




バムとケロのそらのたび/島田 ゆか
¥1,575
Amazon.co.jp


バムとケロのおかいもの/島田 ゆか
¥1,575
Amazon.co.jp


バムとケロのさむいあさ/島田 ゆか
¥1,575
Amazon.co.jp


絵本を探したい方はこちらが便利です!

だいすき!ラッピングとカード

テーマ:
だいすき!ラッピングとカード/武田 真理恵
¥1,155
Amazon.co.jp

子供向けの ちょっと 簡単なラッピングとカードの本。

でも 子供向けとはいえ やってることは 本格的。

いろんな ラッピングや いろんなカードが載っているので

子供でなくても 初めての人にもよいかも!





はしれ!たくはいびん/竹下 文子
¥1,050
Amazon.co.jp

緑とクリーム色の宅配車。

そう それは クロネコヤマトの宅急便。

表紙イラストを見て やっぱ それは まねっこしすぎでしょう

と 思ってたら きちんと 協力=ヤマト運輸になっていました。


おじいちゃんが孫に送るりんご。

そのりんごがどのように旅していくのかが

よくわかる絵本です。


配達しているページに細かく描きこまれたイラスト。

なんだか あまり見ないようなものまで描きこまれてて

ん??なんて 思ってたら、

この本の絵を描いている鈴木まもるさん

鳥の巣研究をされてるらしいです。


子R お気に入りの一冊。



暮らしを楽しむ実用折り紙

テーマ:
暮らしを楽しむ実用折り紙―楽しい!かわいい!すぐに作れる手作り雑貨/山口 真
¥1,260
Amazon.co.jp

折り紙の本って、どんな本がいいか ほんと 悩みます。

この本は 使えるグッズが作れる本だなぁ と いうのが 

第一印象。


飾れそうな お花や、器、ラッピングなど、

とっても 役立つ本です。


ちえりんは だいすき!!





チューリップ作ってみました。

5センチ×5センチの包装紙で作っています。

器は 15センチ角の折り紙です。

げんきにおよげ こいのぼり

テーマ:
げんきにおよげこいのぼり/今関 信子
¥1,260
Amazon.co.jp

こいのぼりの由来の本です。

3歳児には ちょっと 難しい内容かと思いましたが

ちえりんは 知らないことばかりだったので びっくりです。


最後に解説もあり、

そこには 端午の節句はもともと女性の節句とされていたことや

法律で「こどもの日」=「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する日」

となっていることが書いており、

実際に 法律を調べてみる と ほんとにそうでした!


だったら 母の日いらないじゃん と 思ってしまったのでした。