69

テーマ:
69(シクスティナイン)/村上 龍
¥460
Amazon.co.jp

映画化されてる作品ということで

読んでみた。


村上龍の自伝的小説ということであるが

実は 村上龍の本を何も読んだことがないことに気がついた。


はちゃめちゃな ライトな感じの小説で 読みやすかったけど

73年生まれのちえりんにしてみれば

ちょっと わかりにくい 時代背景。

村上龍と 同年代の人には 共感を得られるのかな?


村上春樹と勘違いもしてたけど

村上春樹も読んだことなんだよね・・・・・・。

ちょっと イマイチだったので 開拓失敗。

今度 別の本で チャレンジしてみます。


村上龍といえば

こちらが有名↓


13歳のハローワーク/村上 龍
¥2,730
Amazon.co.jp

一度 これを 読んでみたい。


AD
せんろはつづく/鈴木 まもる
¥1,260
Amazon.co.jp

子供達が線路をつないで行きます。

山があったらトンネルを掘り

川があったら鉄橋をかけ・・・・・

そして ぐるっと 一周。


文字の数も少なく 読み聞かせもしやすいです。

野原の緑が きれいな 絵本


ピン・ポン・バスと同じ人が絵を描いています。


ピン・ポン・バス/鈴木 まもる
¥1,050
Amazon.co.jp



AD
でんしゃでいこうでんしゃでかえろう/間瀬 なおかた
¥1,050
Amazon.co.jp

前から読んでも

後ろから読んでも読める本。


雪の積もる山の村から

トンネルをくぐって

野原を通って

菜の花畑を通って

海の駅まで行きます。


反対からも読めちゃいます。


絵もかわいい系です♪

AD

スローグッドバイ

テーマ:
スローグッドバイ/石田 衣良
¥480
Amazon.co.jp

全10編の短編集。

フリフリ、ローマンホリディが好き。

特に ローマンホリディは 実際にありそうなそんな話。


ネットを介した出会いが多いのが今風。

こんなドラマみたいな出会いがあるんだ

って 思ったのが線のよろこび


でも どの話も 情熱的ってわけでなく

淡々とした ストーリーが あっさりしてるなって

思う。


ながいよるのおつきさま

テーマ:
ながいよるのおつきさま/マーク シーゲル
¥1,680
Amazon.co.jp
素敵なイラストの絵本。
月に毎月 名前がついてるのです。
3歳の子Rには ちょっと難しかったかも・・・・・・・・

でも イラストがほんと素敵なので

大人向けにもいいかもしれない。

詩的な文章なので 原文もみてみたいなと 

思ってしまいました。

響きがよさそうです。




オラウーちゃんとまほうのやかた/工藤 ノリコ
¥1,260
Amazon.co.jp

子Rのお気に入り、オラウーちゃんの本です。

今度は 捉えられた鳥を 助けに行くのだけど

オラウーちゃん 大活躍・・・・・?!

ってか 大活躍してるのは ケロケロセブンなんだけどね♪


この本も いつもの  

「おはなし絵本クラブ」 にあります☆
キャベツくん/長 新太
¥1,365
Amazon.co.jp

キャベツくんとブタヤマさんが会った話。

ブタヤマさんはキャベツくんを食べたいんだけど

キャベツくんを食べたら こうなるよー

って いうと 「ブキャ」って なってしまうって話。


ノリノリな本だから 

言葉では説明しにくいけど

子Rが 喜ぶ ノリノリな本。


 


しゅっぱつ しんこう!/三田村 信行
¥1,029
Amazon.co.jp

簡単に言えば 夢の中で

自分のおもちゃの電車に乗って運転をするという本。

文字は 多めですが

電車好きな 子Rには たまらない一冊。


お客さんは 動物園の動物達。

途中で おしっこのために 電車を止めるエピソードもかわいい。


しかし 最近借りる この手の電車系本。

出版社 小峰書店 が多いです。

小峰書店 おそるべし。

子Rの心を がっちりつかむ。



文房具で包む

テーマ:
文房具で包む/井上 由季子
¥1,365
Amazon.co.jp

その名の通り、文房具でつつんじゃう本です。

それは輪ゴムであったり、付箋であったり、ホッチキスであったり、付箋であったり。


え こんなもので 包んじゃうの?

と 思えるようなことまで しています。

見ていて 楽しいのだけど

これ ちえりんが やると 絶対変だよなぁ 

と 思ってしまう。

こういうのって センスがいるよなぁ って 思ってしまう。


なんとか マネできそうなのも いくつかあります。


文房具が好きならば、けっこう 楽しめる一冊かも☆