『気まずい二人』

テーマ:
気まずい二人/三谷 幸喜
¥1,260
Amazon.co.jp

いやぁ おもしろかった。

出てくるのは

八木亜希子/十朱幸代/西田ひかる/日笠雅水/桃井かおり/鈴木蘭々
林家パー子/緒川たまき/平野レミ/森口博子/加藤紀子/安達祐美/石田ゆり子

こんな人たちとの対談だけど

何かを聞くとか 何かの話題があるわけでなく、

話につまったら 枝豆と大豆の話をし・・・・・・


話しやすく 笑える対談集でした。

昔の本なんだけど 今でも 笑える!!

AD

『やわらかガーゼでつくる』

テーマ:
やわらかガーゼでつくる/伊藤 尚美
¥1,050
Amazon.co.jp

ぜんそくのある子R。

そして 何故か マスク大好きな子R。

咳をすると すぐに マスクをします。


以前に 手持ちのガーゼでマスクを作ったけれども




やっぱりちゃんとしたガーゼで作りたいと思い、

見つけたのが この本。


(できたら 写真を アップします!)


他にも 色々ガーゼの雑貨や洋服が載っています。

でも ちえりんは マスク!



AD
マイケル グレイニエツ, Michael Grejniec, ほその あやこ
どうしてかなしいの?・どこにいるの?

これは ほんとに すごい本だなぁ!

って 思った!!

なぜかというと 

こちら側は 『どうしてかなしいの?』

そして 裏を向けると『どこにいるの?』

タイトルに対する主語は この くまさん。


何がすごいかっていうと どちらから読み始めても

真ん中で 一つになるのだ!!

パラレルな本とか 読んだことがあるけど

でも 一つの本で しかも 絵本で そんなオハナシ初めてでした。


3歳の子Rも 興奮してたけど

33歳のちえりんも 興奮してしまいました。


ブログのランキングに登録しています
参考になったら クリックお願いします。
ブログ
AD
おばけのてんぷら/せな けいこ
¥1,260
Amazon.co.jp

メジャーなイメージが強かったこの本だけど

つい先日 初めて出会いました。


このうさぎ 実は 近眼。

メガネかけてます。

それが原因で おばけのてんぷらなるものができあがるのだけど

ほんとに おばけのてんぷらなんだー と 親もびっくり。


貼り絵風な絵も かわいいなって 思う。

昔から 愛されてるのが わかるような気がするなぁ。

今まで 読まなかったのが 不思議。


DVDまでありますわ!

おばけのてんぷら
¥2,940
Amazon.co.jp




ブログのランキングに登録しています
参考になったら クリックお願いします。
ブログ

『からだであそぼう て』

テーマ:
からだであそぼう て/小沢 るしや
¥1,260
Amazon.co.jp

以前に借りた からだであそぼう『あし』のシリーズ。

手を組んだり のばしたり。

親も一緒に ストレッチ♪

イラストもかわいくて 気づくと 子Rが1人でやってることも!


[参考]

からだであそうぼう かた―ゆうたくんきんちょうしすぎ!の巻/小沢 るしや

¥1,260
Amazon.co.jp


からだであそぼう あし―かいじん“これできるか”とうじょうの巻/小沢 るしや

¥1,260
Amazon.co.jp



ブログのランキングに登録しています
参考になったら クリックお願いします。
ブログ

『あのね、サンタの国ではね』

テーマ:
あのね、サンタの国ではね…/松本 智年
¥1,260
Amazon.co.jp

この絵本のサンタの国にはたくさんのサンタがいます。

そして そのサンタの国のサンタの一年間の様子を描いた絵本です。


サンタも普通の人のように

年始の挨拶をし、体力測定をします。夏休みだってあります。

プレゼント作りをしたり、よい子探しをしたり、サンタの会議だってします。


そして 12月。

みんなにプレゼントを配るのです。


絵は 黒井健さん。

大人も気に入りそうなステキな絵本です。


最後のページ とっても 幻想的。

2007年カレンダー★黒井健☆
¥1,554
リアルシンパシー


ブログのランキングに登録しています
参考になったら クリックお願いします。
ブログ
たっくん ひろちゃんの ちょうちょう とっきゅう/かこ さとし
¥1,050
Amazon.co.jp

電車で遊んでた たっくん。

家中のものが電車になり、

電車に乗り、

そんな 男の子ハートをぐいっとつかむ本。

そして 最後は 夢オチ。

でも それは 絵本だから 許される・・・・!


2~3歳児(1人4歳)のサークルで読んで聞かせましたが

かなり くいついてました。



ブログのランキングに登録しています
参考になったら クリックお願いします。
ブログ

小川洋子『博士の愛した数式』

テーマ:
博士の愛した数式/小川 洋子
¥1,575
Amazon.co.jp

何かのテレビで見たことがある。

事故で 記憶が長時間持たない人の話。


この物語は そんな 80分しか記憶を持たない博士と

博士の家政婦である 「私」と

その息子 ルート の話。

物語自体は淡々と進む。

「私」自身が そういう性格だから 

そんな 「私」から見た 話だから

淡々と進んでいく。


博士が出す問題に 思わず 「私」と一緒に答えを探してしまうのは

ひきこまれている 証拠か?

あまりに 淡々と進むストーリーなのに 

なんで 入り込めるのか?


「私」自身の主観の物語であるので 

「私」を客観的に述べている場面はないのだけど

この 「私」という人は ほんとうに あたたか な 人 なんだろうなぁ

と 思われる。


突然訪れた急展開に 

あっと 驚き その先の展開が気になる。

決して HAPPY ENDでは ないのだけど、

この物語らしい 終わり方だなぁ と 思う。


映画 どうなんだろう。

一度 みてみたい気はする。

博士の愛した数式/寺尾聰
¥3,640
Amazon.co.jp



天国までの百マイル

テーマ:
天国までの百マイル/浅田 次郎
¥1,575
Amazon.co.jp

あぁ 浅田次郎だって 思える本。

(ほんと 最近 浅田次郎にはまってるなぁ)


男はほんと ダメすぎで、

女はほんと かっこよすぎ。


ものごとはっきり言わない上に、

頑固で 一度決めたら譲らない

でも ダメオトコな主人公に 

こんな 男 最悪だって 思ってしまうけど


その回りの女たちが、

とってもカッコイイ。

見栄えがというのではなく、

やってることが。

離婚したのに 秘密で 義母の世話をする妻や

妻への気持ちをわかっていて 憎まれ役を買っていく 愛人(?)

そして 男のことを一番よくわかってて 信じている 母。


そして ファンタジックな 千葉の病院の存在。

そこの 信じられない ブラックジャックみたいな 医者。


ほんと おもしろいトコばっかりついてくるなぁ と 思える

ジーンと来る 本でした。




ブログのランキングに登録しています
参考になったら クリックお願いします。
ブログ

さらわれたりゅう

テーマ:

タイトルにひかれて 借りました。

なんせ 龍がさらわれる話なのです。


今昔物語です。

神様である龍をねたんで 天狗が蛇に変身している龍をさらうというお話。

ちょっと怖い絵ですが 

めずらしく 子R びびりませんでした。


さらわれないでね、子R。

ちなみに 子Rは 「さらわれた」がうまく発音できず

「さわられたりゅう」と 発音。


絶版のようです。



ブログのランキングに登録しています
参考になったら クリックお願いします。
ブログ