からだであそぼう あし―かいじん“これできるか”とうじょうの巻/小沢 るしや
¥1,260
Amazon.co.jp

子R かなり 気に入った一冊。

この手の本は 初めてで ちえりんも気に入りました。


イラストもかわいい。

「からだであそ」のほぐし遊びを指導している 小澤直子さんが文を

その長女の 小澤るしやさんが絵を描いている 親子合作です。


さて 内容は、

足を触るというもの。

足の指を広げたり、

足首を回したり、

足の指でじゃんけんをするのだけど、

子R 以外に 広げられないのに 驚き。


ちえりん 肩こりなので お風呂でよく ほぐしているのだけど

子Rにやったり してもらったりするのも いいんだ

って 思えました。


遊んであげるのめんどくさいな と 思ってるときに

これ読みながら 足を ほぐして 遊ぼー なんてのは 

ちえりんの ためになって いいかもって 思ったのでした。




ブログのランキングに登録しています
参考になったら クリックお願いします。
ブログ
AD
くもりのちはれせんたくかあちゃん
¥800
株式会社 ビーケーワン

「せんたくかあちゃん」の続編です。

今日は ちょっぴり天気が悪い。

そういうわけで 雲の上に干すために

大凧を持ち出して、お洗濯。


子R お気に入りの 一冊。

サークルでも読んだら みんな 見入ってました。

読み聞かせにも よいのかな。


ブログのランキングに登録しています
参考になったら クリックお願いします。
ブログ >
AD

浅田次郎『鉄道員』

テーマ:

鉄道員(ぽっぽや)

¥1,500
株式会社 ビーケーワン

読みました。『鉄道員』

ぢーんとくるような話ばかり集めた短編集です。


いろんな分野の小説を書いている浅田次郎を見ていると

ほんと 「小説家」なんだなぁと 思う。

父親が不在とか、落ちぶれた家とか、やくざネタとか、

エッセイ見ていると 経験からきているように思えるけれど

その経験に基づいて こんなに書けるんだから

やっぱ 小説家に 想像力だけでなく 経験も大切なんだろうなぁ と 

思えてしまう。


映画化された『鉄道員』はもちろん

『角筈にて』も『うらぼんえ』も家族が描かれている。

そして 非現実・・・・・・。

現実的な話でありながら そこにファンタジーが組み込まれ、

ああ ちえりん 大好きだわー という 話たちでした。


こういうふうに ファンタジックにしてしまうのがイヤという書評も見かけますが

ちえりんは こういうふうに ファンタジックであってほしいと 思います。


でも 『鉄道員』の映画化って、

この短編をどう2時間 引っ張ったのだろうか・・・・・


鉄道員(ぽっぽや)/高倉健
¥4,385
Amazon.co.jp








AD

荻原浩『僕たちの戦争』

テーマ:
僕たちの戦争
¥781
株式会社 ビーケーワン

先日ドラマで森山未来がやっていました。

どうしても 最後の場面が理解できなくて

本を借りたのだけど

やっぱり わかりませんでした。


白黒はっきりしてほしい!と思ったのだけど

これは こういう小説として 割り切るしかないのかなぁとも思います。


内容としては ドラマがほぼ原作に忠実だったと思います。

多少 はしょられている部分もあるけれど

二時間ドラマだから しかたないでしょう。

過去に行ってしまった健太は 

戦争を通じて 成長していき、

未来に来てしまった吾一は

未来という現実を 受け入れていく。

受け入れて行く中で、

戦争の犠牲はこんな世界にするためだったのか・・・・と 

感じていく。

実際 日常生活を送っていて なんでもないことも

吾一から見た 現代世界の描写を読むと、

確かにそうだな って 冷静な目で見てしまう。


健太が居酒屋のバイトと軍隊を同じように見たてています。

もしかしたら 人間は本質的に変わっていなくて

回りの状況がかわっただけで

すべてのことが 変わってしまうのかも なんて風にも思いました。


先にドラマ見ちゃったかなぁ。

健太も吾一も 森山未来の顔が浮かびます。

はまってたってことかな?


僕たちの戦争 完全版/森山未來

¥4,568
Amazon.co.jp





せんたくかあちゃん/さとう わきこ
¥840
Amazon.co.jp

子Rが最近はまってる1冊。

主人公はその名の通り 洗濯するおかあさん。

洗濯が大好きで 家中のもんを洗濯するって話。

あぁ ちえりんとは えらい違いだわ~。

山ほどの洗濯物が干しているページでは 

もちろん子Rチェックが入ります。


テンポもよく なかなか読み聞かせしやすい本です。


ブログのランキングに登録しています
参考になったら クリックお願いします。
ブログ
パトカーのピーすけ/柳生 弦一郎
¥1,155
Amazon.co.jp

パトカーのピーすけはおもちゃである。

そのおもちゃが 自宅に帰ろうとする物語。


赤ちゃんの頃のおもちゃが

どうでもよくなってきた子Rくらいの年頃(3歳半)かなって思う。


最後に本物のおまわりさんが出てくるのもいいね。

文字数は 多めです。


ブログのランキングに登録しています
参考になったら クリックお願いします。
ブログ

浅田次郎『姫椿』

テーマ:
姫椿
¥514
株式会社 ビーケーワン

8つの短編集。
最近読んでる 浅田次郎のエッセイを読んでなかったら、

この人 いろんなこと 考えるなぁ と 思っただろうけど

エッセイのおかげ(?)で 

なんだか 浅田次郎の人生経験からできたような

話ばかりに思えてならなかった。


一番よかったのは 『マダムの喉仏』

狐につままれたような 雰囲気の中で

でも あっと 驚くような オハナシ。

『トラブル・メーカー』もオチが読めたけど

ありそうで(「サラリーマンNEO」のコントあたりで・・・)

まとまってて おもしろかった。


イマイチ、ん・・・?と 思えるのもあったけど。


エッセイで 短編に気合入れた(多分「鉄道員」)コト書いてあったから

今度は ぜひとも 『鉄道員』も読みたいと思います。


ブログのランキングに登録しています
参考になったら クリックお願いします。
ブログ


<参考>

鉄道員(ぽっぽや)/浅田 次郎
¥500
Amazon.co.jp
鉄道員(ぽっぽや)/高倉健
¥5,040
Amazon.co.jp


はやい‐おそい、たかい‐ひくい―はんたいのほん/ピーター スピア

¥1,575
Amazon.co.jp

イラストがリアルで そして とってもいっぱい載っているので
それに惹かれて 借りたと思われる本。

反対語がたくさん載っていて

それに対する絵がいっぱい載っているのです。

そういう本だから なかなか 読み聞かせには向かないかも。


一度目は 反対語を読むと パラパラーっと 見ていました。

二度目は 反対語を読みながら 絵の解説を自分でしていました。

絵の意味がわからないときは ちえりんに聞きます。


反対語自体 ちょっとむずかしめの言葉もあり、

もう少し大きめ(子Rは3歳6ヶ月)の子向けではないかと

思います。



うらしまたろう/時田 史郎
¥945
Amazon.co.jp

今回 この 時田史郎さんの 『うらしまたろう』を借りました。

プロフィールに 「民俗学に造詣が深く」とあり、

言葉遣いや 内容も 「昔話」チックなものでした。

そういう雰囲気に慣れていない 子Rは まだ ?という感じ。


また もう少し 大きくなったら 読んであげようかと 思います。


ブログのランキングに登録しています
参考になったら クリックお願いします。
ブログ

『しゅっぱつしんこう!』

テーマ:
しゅっぱつ しんこう!/山本 忠敬
¥780
Amazon.co.jp
そのタイトルの通り電車の本です。
対象年齢が 2歳~4歳と書いてある通り 
ちょっと 小さい子向け。
3歳の子Rが すぐ終わっちゃった と 言いました。

旅するのは 女の子。

女の子ってのが 珍しい。


絵は とてもリアル。

そして

12時34分に改札に入って 特急のはつかりに乗り

15時に 急行列車に乗り換えて

その後 普通列車に乗り換えます

18時7分 おじいちゃんの家の駅の改札を出る。

そんなところまで リアルです。



ブログのランキングに登録しています
参考になったら クリックお願いします。
ブログ