清水玲子「輝夜姫」

テーマ:
清水 玲子
輝夜姫 (27)
ちえりんが よく まんがを見ていたころは
少女まんがは 少年マンガほど だらだらと長く続かないものが 多かったと思う。

それが この輝夜姫は27巻。

きっと 始まったころは こんなに 長くなるなんて

想像もつかなかった。


清水玲子の前作の「月の子」だって 

長く続いたなぁ と 思っても 13巻。

少女まんがは 少女でもおこづかいで買える

巻数であって ほしかったのに。


内容。

きっと もっと すっきりできたんじゃないかなぁ

なんて 思ったりもする。

最後のシーンは 最初から 思い描いていたと作者が言うとおりなのだろうけど、

途中は はしょれるところが きっと たくさん。

HAPPY ENDって いえるようなものでは きっと ないだろうけど、

でも おさまるところには おさまったって感じ。

最初から 思い描いていたものだから 「おさまった」っていえるんだろうな

って 思う。


ちえりんの場合は 清水玲子は買うのは初めて。


大学生のころ 月刊誌「LaLa」で連載が始まった。

高校生のころは 毎月買ってる友達に借りて読んでたけど

そのころには もう 立ち読み状態。

成田美名子 とか ひかわきょうこ とか 樹なつみ とか

そういった まだまだ ちえりんが 読みたいなぁと 思う 漫画家が

キラキラと輝いてた 80年代後半から 90年代前半。

そして 世の中は バブリー。

そんな時代に始まった 「輝夜姫」でした。


まったく 感想になってません。



ブログのランキングに登録しています
参考になったら クリックお願いします。
ブログ
AD

ブラック・ジャック

テーマ:
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
ブラックジャック VOL.1

ブラック・ジャックを見ています。

月曜日の19時という お子様タイムなので

HDDに撮って見ていますが、

なかなか おもしろい。


最近は ブラックジャック21 となっています。

原作をすべて完璧に読んだというわけではないので

なんともいえないのだけど、

原作の一話一話を うまくつないで

一つのストーリーにしていっているところにも

すごいなぁ と 思います。


続きが 楽しみな 毎週です。

(時々コナンや野球でなくなるんだよね・・・・・・)



ブログのランキングに登録しています
参考になったら クリックお願いします。
ブログ
AD

笑う招き猫

テーマ:
山本 幸久
笑う招き猫

前回読んだ 幸福ロケットがあまりによかったので

期待しすぎたのが だめだったのか・・・・・・。

期待が膨らみすぎていました。


幸福ロケットのあと、この人の本を読みたいと思い

ブログをあちこち見たら 

どこでも絶賛されていた 『笑う招き猫』


それぞれの人物がとっても特徴的だった。

そして わかりやすい話だった。

そういうのは とっても いいんだけど、

ちえりんは どうしてものめりこめませんでした。


それは 何故?

多分 ちえりん お笑いがキライだからだと思う。

お笑いをめざす 主人公たちに

どうしても 同化できなかったからだと思う。


これが お笑いでなければ(まぁ そうなると 話も全然違うものになるんだろうけども)

すごくよかったと 書けたのかもしれない。


そう 思います。


ちえりんの 感想は 特殊だと思います。

いいという人の方が 多いと思うので、

もしよかったら 読んでみてください



ブログのランキングに登録しています
参考になったら クリックお願いします。
ブログ
AD