福井晴敏『戦国自衛隊1549』

テーマ:
福井 晴敏, 寺田 克也
戦国自衛隊1549

戦国自衛隊と聞いて思い出すのは

小学生くらいのとき テレビで『戦国自衛隊』を見ているお母さん。

それをこっそり ふすまの影から見つめるちえりんである。


子供の時は 早寝早起きがモットーだったので

映画の時間は寝る時間。

トイレに起きたのか そのあたりは 定かでないのだけど

ちえりんは ふらふらと テレビのついている部屋に行きました。

すると お母さんが これを見てたのです。

こっそり ふすまの陰から見つめる ちえりんを見た母M

「座って見れば?」そういいました。


で、映画を見たのは 多分それっきり。

でも いやに印象に残っている映画でした。

戦国武将 対 自衛隊だったような記憶があります。


さて そのつもりで読んだ 『戦国自衛隊1549』

全然違います。全然違う話でした。

あとで 知りました。


自衛隊の武器とか戦車とか そういうのの 詳しい描写は 

ナナメ読みしてしまいました。

いやに 細かいんだもん・・・・・・。

ちえりん向けでないんだもん・・・・・・・。


映画化もされたらしいのだけど、

こんな原作持ってこられたら

昔のように ただのアクション映画ってわけでは ないのかなぁ

と 思ってしまう。


大雑把な内容は とってもわかりやすい内容。

名前とか『猿』とか見て あぁ これは あいつになるんだなぁとか

濃姫との関係見て あぁ これが きっとアレを倒して あいつになるんだなぁとか。

そういうことは すごく推察しやすかったです。


鹿島の「残酷なことをしちまったのかな」という言葉を読んで

ごもっともです・・・・ と 思ったのでした。


神崎怜が 好かんです。


一回読んだら もう いいかなぁ と 思う本でした。

高校の頃 はまった アサヒソノラマたち みたいな感じ?





ブログのランキングに登録しています
参考になったら クリックお願いします。
ブログ
AD

映画『約三十の嘘』

テーマ:
角川エンタテインメント
約三十の嘘 特別版

予備知識なく(全員が詐欺師だってこと以外)見たので

全編何が起こるか 謎なまま 過ぎて行きました。


夫Mが「なに?この電車。カシオペアみたいなもん?」と言ってたけど

トワイライトエクスプレスって 大阪-札幌 しかも 日本海側通過

だったのですね。

そりゃ 神奈川県民には なじみ薄いかも。


6人のキャラクター達は

たった2時間の映画なのに

それぞれキャラあるなぁ って 感じで、

よかったです。

CKBもあってた。


最後のオチが 意外でした。

もともと舞台だったから こういう感じになっちゃうのかな?


何回も見たい映画ってわけでもないし

映画館で見るぞーって 気合入れるほどでもないし

夜9時から11時ごろまでの 空白の時間に

洗濯物たたみながら 見るような 映画 って感じでした。



ブログのランキングに登録しています
参考になったら クリックお願いします。
ブログ
AD
竹下 文子, 鈴木 まもる
ピン・ポン・バス

えほんのあるせいかつ ☆ プチトラン 』さんのページで 

紹介されていたのを見て 図書館で借りました。


「かわいい絵」というわけでも

「写実的な絵」というわけでもありません。

こういう絵はなんといったらいいのかなぁ・・・・・。

でも 町の様子が とても よくわかるのです。


「ピンポーン」というときは

子Rも ピンポーンといっしょに口をそろえます。

1人で読んでいるときは 

描かれている数々の車を 自分なりに解説しています。


工事をしている ほんの小さな部分が

気に入ってる模様。


文字数もそれほど多くなく

(かといって少なくもないし)

親も読みやすいし

子R(2歳9ヶ月)が1人で見てても 楽しめるし

お気に入りの一冊になりました。


AD

NIN×NIN

テーマ:
ジェネオン エンタテインメント
NIN × NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE プレミアム・エディション

何がよかったかといえば、

やっぱ しつこいくらいの 東幹久。


それ以外は「・・・・・・・・・」

小学生には受けるのかなあ?


なんとなく 『ゼブラーマン』を思い出してしまったのは ちえりんだけでしょうか?


升毅は ほんと なんでもやるんだなぁ と いうイメージです。

何やっても あってるのが うまいところなんでしょうかねぇ。


特に それ以上の コメントが 見出せません・・・・・・・。


『宇宙戦争』

テーマ:
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
宇宙戦争

予備知識なく見たため 

劇中の トム・クルーズ同様 何がなんだか さっぱりわからない展開。

息子と娘は どうでもよかったんじゃないか

と 思ったりもするが

息子と娘がいたから がんばっちゃったのかな。


なんで車が動かないのにビデオが動くねん!

と 思ったりもしたけれど まぁ それもよしとしよう。


なんで 『日本が倒した』って 情報が入ってくるのかも

けっこう なぞ。

そして 日本がってことが すごいわ、ほんと。

なにゆえ 日本?


映像的には 燃えながら走る電車が 印象的。

(踏み切りで待つ群衆があえて 驚いてないところも 

あぁ みんな それどころじゃないんだ って 思えて・・・・)


そして 娘。叫びすぎ。

セリフの印象より 叫びの印象の方が強かった。

映画館で見たら それで 恐怖が増すのだろうけど

家で見ると あ また 叫んでるって感じだったのが 残念でした。

(映画館で見ろって?!)


で 結局 誰もが なんで 宇宙人死んじゃったのか わからなかった。

そういうことなんですよね?

アメリカ軍も、トムクルーズも。そして 私たちも・・・・・・・。

最後に ナレーションが 入るまでは。


あ 細菌か・・・・・・・。

そうだったのか・・・・・・。

インディペンデンスデーとか アルマゲドンみたいに

みんなで がんばって やっつけちゃうって 話じゃなかったんだ・・・・

そういう感じでした。

(がったりしたってわけではないんです。

そういうのもアリです。

そう思ってます。)

何より怖かったのが、恐怖の中の人間さんでした。

PS 

なんで 大阪だけそんなにすぐ倒れたんだろうって しつこく言ってたら

夫Mが「大阪の微生物が濃すぎるんだ」と 言ってました。

アリかも・・・・・


ブログのランキングに登録しています
参考になったら クリックお願いします。
ブログ

『ドット絵講座』

テーマ:
R研究所
ドット絵講座

32×32に描かれる小さな絵が

ドット絵。

どうやったら あんな ちょこちょこしたイラストが

かわいらしい絵になるのだろうかと思って

手にとった本。


大きいイラストを縮小するのでは決してない。


小さいキャンバスにチョコチョコチョコチョコ描いていく

というのが はまる人ははまるんだろうなぁ と 思った。


で ちえりんも参考に描いてみた。


新幹線

これは 見本とまったく同じではないけれども、

まぁ それなりに 見えるのが 自分でもすごいなぁ と 思ったりする。





ブログのランキングに登録しています
参考になったら クリックお願いします。
ブログ
長谷川 摂子, 降矢 なな
きょだいな きょだいな

こちらのページにコメントをくださる

新歌さん のページに紹介があり とても興味がわき

図書館で 借りました。


決して かわいいとは言えない絵。

福音館書店 のページにイラストがあります。
だけど ほんとに 不思議なことに
子Rはまりました。

読んでるほうも 「あったとさ あったとさ♪」と

ノリノリで読んでしまいます。

そして 子Rが 気になるのは「きつね」

どのページでも きつねを探しています。

ちえりんも きつね 気になります。 

なんでしょう あのきつねは・・・・?


読み終えたあとも 子R 「あったとさ あったとさ」と

言っています。


ノリノリです。



ブログのランキングに登録しています
参考になったら クリックお願いします。
ブログ
佐藤 さとる, 村上 勉
そりにのったトコちゃん

コロボックルの絵本。

あの有名なコロボックルのお話です。


ちえりんは コロボックルが大好きです。

佐藤 さとる, 村上 勉
だれも知らない小さな国

佐藤 さとる, 村上 勉
星からおちた小さな人

この本は 絵本なので かわいいコロボックルが

カラーで 本いっぱいに 飛び回っているのです。

ほんと かわいいです。


ブログのランキングに登録しています
参考になったら クリックお願いします。
ブログ

『開業40年新幹線のすべて』

テーマ:
広田 尚敬, 坂 正博, 広田 泉
開業40年 新幹線のすべて

これが重い本 です。

0系からリニアモーターカーまで

ありとあらゆる新幹線が これでもか とばかりに 載っています。


0系は 懐かしいなぁと しみじみ感じます。

0系の頃が 一番よく乗ったからかなぁ。

小学生だった上に 自由席の一号車にばかり乗ってたから

(禁煙だから)

いつも 『顔』見に行ってたような気がします。


今は新幹線と言っても 「こだま」と「ひかり」だけでなくて

「やまびこ」だの「MAX」だの「つばめ」だのいろいろあるし

のぞみだって「300系」だの「700系」だの いろいろあるので

教えるほうも 覚えるほうも 大変です。

だから 聞かないでください・・・・・・。


でも この本のせいで 親の知識も さらに増えたかもしれない。





ブログのランキングに登録しています
参考になったら クリックお願いします。
ブログ
なかえ よしを, 上野 紀子
それいけ!ねずみくんのチョッキ

寝る前に読んだけれども 無反応な子R。

「つまんない?」と聞くと

「うん」との答え。

ねずみくんのシリーズはよく聞くから借りてみたものの

彼には あわなかったか と 思っていたところ

翌朝

「これ読んで。」


どうやら おもしろかったらしいです。


実はちえりんも初めて このねずみくんの本を読みました。

絵本というと 色鮮やかなものを想像するのだけれども

この本の色といえば ねずみくんのチョッキの赤を含め

少しだけ。

あとは 黒なのです。

鉛筆で描いたような(実際は何で描いてるんだろう?)イラストが

人気の秘密なのかなぁ。


ブログのランキングに登録しています
参考になったら クリックお願いします。
ブログ