『おりがみでごっこ遊び』

テーマ:
おりがみでごっこ遊び―どうぶつ&ままごとおもちゃ

一工程 一工程 写真で説明されているので

初めてのものも すぐに作れました。


やっこさん&カメラのような 

私でも知っているようなもの

指人形やおはなし人形のように

二歳児でも使って遊べるようなもの

そんなもの 満載です。


一冊あったら かなり 遊べる!!



ブログのランキングに登録しています
参考になったら クリックお願いします。
ブログ
AD
三宮 真智子, ミキハウス子育て総研
ミキハウス 心を育てるおやこあそびのえほん 1~5歳

MIKIHOUSEで購入。

手遊び歌

ことば遊び

昔遊び

自然に親しむ遊び

体を使う遊び

行事の遊び


そういったさまざまな遊びがイラストで紹介されています。

付録のCDもついているので

もし知らない歌があっても大丈夫!

(と 言っても 歌はよく知っているような歌ばかりです)


子Rがこれを寝る前に読めと言った日は大変。

最初から最後まで一通り 読んだり歌ったりしないといけないので

かなり 疲れます・・・。

飛ばすと最近 怒るしさ・・・・



ブログのランキングに登録しています
参考になったら クリックお願いします。
ブログ
AD

学研の図鑑4『水の生き物』

テーマ:
武田 正倫
ポケット版 学研の図鑑〈4〉水の生き物

水族館の年間パスポートを購入したので

魚の勉強も兼ねて購入。

購入にあたりいくつかの本と比較したが、

この本の魚が写真であったのが 決め手の一つ。

イラストの本も多かった。

■科名■大きさ■分布■特徴が簡潔にまとまっている。


魚類、両生類、無脊椎動物という大きな区分で

魚、カニ、くらげなど 水族館にいる主な水の生物が

網羅されてるんではないかと 思う。


水の生物・・・・・

水族館にペンギンやアシカもいる。

それらはなくてもいいにしても

せめて 亀は載せてほしかったかなぁ と 思う。


ブログのランキングに登録しています
参考になったら クリックお願いします。
ブログ
AD

『cafe Style photographer 』

テーマ:
吉川 智子
cafe Style photographer デジカメでステキなポストカードができる本

自分で撮った写真をおしゃれに加工して

素敵なポストカードを作ろうという本。

photoshop Elementを利用しています。


この本を参考にして 

昔撮った犬の写真を 加工してみました。


犬

ブログのランキングに登録しています
参考になったら クリックお願いします。
ブログ

『どうよううたのえほん』

テーマ:
笹沼 香
どうよううたのえほん―お手本のうた付き!

2005年のお正月に夫Mの兄夫婦にお年玉にいただきました。

収録曲は

■かたつむり

■ぞうさん

■はと

■かもめのすいへいさん

■うさぎとかめ

■おおきなくりのきのしたで

■はるがきた

■ももたろう

■むすんでひらいて

■いとまき

■つき

■げんこうつやまのたぬきさん

■ゆき

■ゆりかごのうた

■ドラえもんのうた

■さんぽ


歌モードとカラオケモードと

ボタン一つで変更できます。

絵本の部分と見比べて 「これー」と 歌を選んだり

歌にあわせて 歌ったり

載っている歌が流れると 絵本を取り出して 歌を流したり

使い方はさまざまのようで・・・。


子R お気に入りの一品。

「ぞうの本」と呼んでいます。




ブログのランキングに登録しています
参考になったら クリックお願いします。
ブログ
あまん きみこ
車のいろは空のいろ

空色のタクシーの運転手、松井さんのオハナシ。

小学校時代の教科書に出てきた「夏みかんの香り」でオナジミ(?)の

もんしろちょうのお話もでてきます。

松井さんが主人公の短編集なんだけれども、

お客さんは不思議がいっぱいで、意外性があって面白い。


以前に読んで ここに記録しておきたかった本です。


ブログのランキングに登録しています
参考になったら クリックお願いします。
ブログ
佐藤 さとる
随筆集 だれも知らない小さな話

以前に読んで記録しておきたかった本


「だれも知らない小さな国」を書いた佐藤さとるの随筆集。

佐藤さんの子供の頃の話などが描かれていてなかなか興味深く面白い。
佐藤さんが横浜に住んでいることを知って、

舞台はひょっとして横浜?って思ったこともあったけれども、

これを読んでると、うーん、生まれ育った横須賀かも~と 思ったり、

なんでアイヌ語に詳しいのか(ご両親が北海道のヒト)なんとなくわかったり、

戦前の田舎の風景が目の前に浮かんだり、なかなか 楽しめた。

ブログのランキングに登録しています
参考になったら クリックお願いします。
ブログ

『ハウルの動く城』

テーマ:
ハウルの動く城

一度見ただけではすべてを理解できない。

『もののけ姫』と同じ。

きっと いろんなことが 組み込まれてる。

見れば見るほど なるほどーと 思うと思う。

(まだ 一回目だから なんとも言えないけど…)

だけど もう一度みたいと思ったのは確か。

もっと 深く見たいと思った。


絵は相変わらず美しい。

大画面で見たかった。

「街」のシーンも 「湖」のシーンも 美しい・・・・・・。


ただ ハウルがどうして ソフィーにそんなに惹かれるのかが

一度では 全く わからなかった。

なんでかなぁ。

ソフィーの年齢が若返ったりするタイミングとかさぁ・・・・・
ほんと 一回じゃぁ わかりません・・・・

マルクルはかわいく カルシファーと荒地の魔女の声はぴったりで

サブキャラたちは GOODでした。

ソフィーのお母さんが イマイチ理解できなかったけど・・・・・・。


最後にキムタク。

映画上映中に「いまいちだー」って 話を聞いていたけど

それほど 違和感を感じなかった。

キムタクって知らなかったら わからないままだったと思う。

ただ 特に「キムタク」である必要性はなかったのかなぁ。

ブログのランキングに登録しています
参考になったら クリックお願いします。
ブログ

『牛乳パックの便利小物』

テーマ:
作ってみよう!!リサイクル牛乳パックの便利小物―初めての人でもすぐに作れる!基本からプロセス写真でわかりやすく説明

子供用の洗面所の台が欲しかった。

だけど そういうものって いつかはいらなくなるもの。

牛乳パックで作ることにしました。


よく牛乳パックで作った!と 話には聞くけど

実際にはどういうふうに作ればいいのか わからなかった。

二つのパックを組み合わせ中に広告を入れて補強する

といったことは この本を見て 初めて知りました。


台小


ブログのランキングに登録しています

参考になったら クリックお願いします。

ブログ

ウィルバート・オードリー, ジョン・ケニー, 桑原 三郎
機関車トーマスのしっぱい

■トーマスのだいしっぱい

■しんけいしつなデイジー

■牛の目だまは もうたくさん

■貨車にのりあげたパーシー


◇主な登場人物(?)

トーマス、トービー、パーシー、デイジー


トーマスシリーズはこの本のシリーズを読んでいるだけが

トーマスというのは かなり 「好き放題し放題」なイメージがある。

今回も、機関士がいなくても走れると思い

結局 駅長の家につっこんで大変なことになる。


そこで 修理中のトーマスのかわりにやってきたのが

ディーゼル機関車デイジー。

こりゃまた 気位が高いって感じの ちょっと鼻につく機関車。


タイトルはトーマスのしっぱいだけど

トーマスの失敗のせいで トーマスがいなくて デイジーが来て

パーシーとトービーが大変だったって 話が多いかな。


子Rは なぜかパーシーが好きなので ○。