矢崎存美『ぶたぶた』

テーマ:
矢崎 存美, 安武 わたる
ぶたぶた

最初に読んだのは友達に借りたまんが「ぶたぶた」
彼女の家には「ぶたぶた」のぬいぐるみもあり…。
そのぶたぶたが主人公のお話。
彼はなんでもできてしまうのだ。
ベビーシッター 刑事 シェフ タクシー運転手。
かわいいぶたぶたに拍手!

AD
チョコレート工場(ジョニー・デップ) 2006年度 カレンダー
ロアルド・ダール, 田村 隆一, J.シンデルマン, Roald Dahl
チョコレート工場の秘密

あまり予備知識無く行ったのがよかったのかとっても笑えた!
児童書原作だからストーリーはいたって単純。

感動や、ストーリー性はあまり求めないほうがよいかも!

娯楽映画だなぁって感じ。
ディズニーランドみたいな 雰囲気とジョニーデップの変な顔。
そして ウンパルンパ。

いやぁ笑えた。

帰ってきて ネットで 公式HP を見ました。
ウンパルンパもっと載っててほしかったってのが希望。

どうやらはじめての映画化ではなかった模様。

ウンパルンパ 前のがよかったっていうブログ見て
こ、これは ぜひとも 前のもみなければ
と 思ってしまった。


ワーナー・ホーム・ビデオ
夢のチョコレート工場
AD
ダレン・シャン, 田口 智子, 橋本 恵
ダレンシャン 外伝

結構 ドキドキしながら読んだ 外伝。

だけど 思ったよりも がっかり・・・・。

写真がふんだんに使われているのだけれども

ロンドンの風景なら ○なのだけれども

作者が写っているのです・・・・・・・・・。

そして それぞれの短編に対する

作者のコメントが掲載されていて

これも少し がっかりでした・・・


装丁は凝ってるんだけどね。


なんか 作者とは別の人が書いた話・・・・

みたいな感じでした。

AD
まつい なつき
まついさんちの「遊んじゃう家庭生活」

イラストと写真でつづられたエッセイ。

男の子を二人持つ まついさん。

子供を育ててるっていうより

子供といっしょに生活してる って 雰囲気が

すっごく出てる本で とっても 楽しい。




ダレン・シャン, 田口 智子, 橋本 恵
ダレン・シャン 10 精霊の湖

今回のダレンシャンは普通(?)のファンタジーって感じ。

どこが普通かというと、ダレンシャンとハーキャットの冒険の旅だったから。

ひとつひとつなぞを解きながら、

森の中へ進んでいく。

途中には協力してくれる人 敵 次から次へと現れる。

これまでの展開とは違い あ よくあるファンタジーだって感じ。

だけど それは ハーキャットの正体を知るために必要な旅。


この巻でハーキャットの正体がわかり、

それと共に 想像以上にミスター・タイニーが

想像以上にすごいパワーを持っているということがわかり、

きっと 次への 更なる飛躍の巻なんだろうなぁ と 感じた。


あと 二冊。

さて どうなるか・・・