近藤 典子
近藤典子の暮らしのアイデア100ファイル

写真ではなく、文章で紹介。

口語で書かれているので、個人差はあると思いますが

私は 一時間くらいで読みきれました。

「なるほど」 と 思う部分と

「実践してまーす」と 思う部分と

「めんどくさいなー」と 思う部分とがあり

読み物としても 楽しめます。

ちなみに ちえりんが 一番 「こりゃええわ!」と思ったのは

ファイル20 掃除セット。

よくある掃除道具を一まとめにしていくということ。

当たり前のことなんだけど してなかった。

これは ぜひ実践あるのみ と 思いました。

古歯ブラシ、割り箸、竹串、ハケ、エタノール、水、ぼろ布。

確かに これさえあれば!と 思います。

詳細は ぜひ 本を読んでたしかめてください!!

AD
辻 真先
宇宙戦艦富岳殺人事件

1981年に刊行された作品。
主人公が作家で、その作家が犯人探しを兼ねているパターンが、

最近読む中で結構多いような気がする。
この作品は、推理小説のいろんなパターンが含まれているようにも思えた。

『時刻表』が出てくるのは、やっぱり昔の作品だからだろうか?
今回、この本に手を伸ばしたのは、舞台が神戸、しかも六甲だというから。

六甲にある「六甲大学」(神戸大学)がモデルとなっている。

地形の描写はリアルでないけれども、身近な分、頭に浮かぶ。
そして、1981年だけあって、「ポートピアカーニバル」(ポートピア81)まで出てくるのは、いやはや懐かしい。
しか~し!やっぱり登場人物は関西弁をしゃべっている。

神戸の言葉は、微妙に違うのになぁ。


以前に読んでここに残しておきたかった作品です

AD
マシュー・ストーヴァー, ジョージ・ルーカス, 富永 和子
STAR WARSエピソード3シスの復讐

★★★★★(ちえりんの主観的評価です)


ネタバレ です。

だけど、みんな 結論は知ってるか・・・。

知らない人って いるのかなぁ・・・。


理由は「愛」でした。

字幕のせいか、くさい台詞で 表現はいまいちだったけども

(英語で聞いたら違うのだろうなぁ・・・・)

でも 愛のために 暗黒面に落ちて行く アナキンは

だんだんと だんだんと だんだんと 怖くなっていった。

特に 目が・・・。

(よくある CMやポスターの赤い目です)


映像も 迫力満点。

前から三列目ということもあったけれども、

最初の映像なんて、

3Dみたいに 飛んで出てくるかと思いました。


さて アナキン。

自分が認められないことへの 悔しさと

パドメへの愛情。

力だけを求めて ダークサイドにいったと言うなら 納得できないなぁと

思っていたから 映画を見て 納得。

必ずしも 強さだけを 求めているわけではなかった。

ホントに 内容も 映像も ピカ一でした。


オビ=ワン も 渋く そして 最後 とっても 悲しそうで そして 辛そうだったのも印象に残り

エピソード2で テキパキ動けるところを見せてくれた ヨーダは 今回は

ちっこい体で 暗黒卿と戦い 狭いところを 這いまくり

そして 昔のエピソード4、5、6へと つながっていく内容・・・・・。

ルークのおじさんとおばさんの家も 妙に懐かしかった・・・。


これで終わってしまうのが 本当に 悲しい。


あー もう一回見たい・・・・。



AD
山田 南平
紅茶王子 (24)

前半:★★★★☆(ちえりんの主観的評価です)

後半:★★☆☆☆(ちえりんの主観的評価です)


絵が なかなか 「少女マンガ」していて 私は好きです。

紅茶の淹れ方なども いろいろ 詳しく書いてますが

その辺は あまりじっくり読んでませんので 

正しいとか 正しくないとかの 意見は ありませんので

あしからず・・・・・。


さて なぜ 前半と後半で 評価が違うのかというと、

学園ラブコメ・ファンタジーのつもりで 読んでいたのに

途中から 紅茶の国の話が多くなったったのが ちょいと不満でした・・・。


ファンタジー好きなので ファンタジー貫くなら

最初から その路線 突っ走ってほしかったし

そうでなくて 学園もの貫くなら それで いってほしかったな

というのが 正直な感想です。


運動会のシーンなんかは 昔はまった 


ここはグリーン・ウッド (2) を 思い出して なんとなく 懐かしくなりました♪
那州 雪絵

紅茶王子の中では 王女だけど ペコーが好きですね♪

朝からピカピカ [少女向け:コミックセット] kut
山口美由紀

まんが。

1巻は連載ではなく、短編だったが、いつの間にか連載開始。

男の子三人の三つ子ひろし&拾われっ子真朝が繰り広げる

ラブストーリーです。


さすが少女まんが!という設定が 随所にちりばめられて

なかなか 楽しめます。


きらきら☆ふわふわ☆な 少女まんが 大好きな方に おすすめです!


100yen Interior House

テーマ:
著者: TBS『はなまるマーケット』制作スタッフ編, 板垣 康子,上島 佳代子 監修/菅原 由美子
タイトル: [はなまる]100yen Interior House

表紙を見るだけでも100円グッズだと思えない おしゃれな感じ。

内容も 複雑なものよりも 簡単なものが多く、

すぐに生かせそう。

ちえりんも88ページのつっぱり棒を使って 吊り下げ収納 

やってみました。

簡単です。