マイクロアドの社長のアメブロ

株式会社マイクロアド社長の渡辺健太郎のブログです。
広告プラットフォーム・アドテクノロジーの会社をやっています。




テーマ:
以前テスラのアメリカ工場を見学したことがある。
オーナーは工場見学ができるのだ。
もちろん写真撮影は禁止。


写真がないのでその様子を伝えるのが難しいのだけど
ロボットが人間のような動きをして車を組み立てている様は衝撃的で
小さい頃にみたSF映画の未来の世界がすでに現実になったんだと思った。
ロボットがロボットを作っているのでブルーワーカーな感じの工場ではない。
オイルの滲みもないしとてもクリーンでむしろデータセンターに近い。
そして一台一台のロボットに名前が付いていた。
すでにロボット社会は僕たちが目にしないところで進んでいるのだ。


B2BやB2Cという言葉がある。
例えばマイクロアドは基本法人に広告を販売している会社なのでB2B。
AmazonなどのEC会社は消費者にモノを販売しているのでB2C。
なのだけどAmazonはかなりの自動化が進んでいる。
例えば商品をリコメンドするのもAIだし倉庫も人間がいるけど
どんどん自動化は進んでいる。
配送部分は人間がやっているけど、この部分もやがてはドローンなどで
ロボットが運ぶようになるだろう。


そういう時代になるとB2CというよりM2C(Machine to Consumer)
といったほうがいいのかもしれない。
僕たちは会社からモノを買うのではなくロボットからモノを買うのだ。


さらに時代が進むとAmazonにモノを注文するのも僕たちではなく
ロボットがやるようになると思っている。
例えば今後冷蔵庫もインターネットに繋がることになる。
冷蔵庫がインターネットに繋がるなんて意味ないと思う人も多いと思うけど
冷蔵庫に入ってるものをロボットが把握して
ビールが切れていたらロボットが勝手に発注してくれているのだ。
夏の暑い日に家に帰って冷蔵庫を開けたらビールがない。。
なんてことはこれからきっと無くなるのだ。
AIは暑いににはビールを飲む量が増えるのわかっているので事前に
発注してくれる。
気が利かない人間よりもよっぽどいいかもしれない。


そうなるともやはM2M(Machine to Machine)の時代だと思う。
ロボットがロボットにビールを発注する時代は好みをあらかじめ
入力しておけばいいし、勝手にAIが僕たち一人一人の好みを把握したり
リコメンドしてくれるようにロボットにお任せしても良い。
商取引においても人間が介在することはかなり少なくなっていくと思う。


イカれた話だと思うかもしれないけどこれも遠くない未来で
その時にはきっと僕たちはロボットに対して広告配信している
ようになると思う。


そんな話を少し今週金曜日のソフトバンクワールドで少し話したいと思います。

満席のようですが。。
7/22(金)17:40~18:20
アドテクノロジーの先の新しい広告の世界とは?
というテーマで登壇させていただきます。
https://softbankworld.com/sess/?waad=5hSByQPG
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
少し前だけどMixiの元CEOの朝倉さんが以前講演で
成功の復讐
という話している記事を読んで強く共感した。
昔から思っていたことを解りやすく強い言葉で表現していたからだ。


成功から慢心がうまれるとか
強いプロダクトがあると人は育たないとか
いろいろなことが言われていてそれは全て正しいと思う。
失敗は成功の元というけどむしろ成功は失敗の元なのかもしれない。


このことについてもう少し僕が思うことがある。
それは成功はそれ以前の準備期間の時の成果であって
その時やっていることとは関係ない。
つまり時差があるということだ。


成果を出して周りから褒められても僕はあまり嬉しくないことが多い。
それは天然だからでもストイックだからでもなく時差があるからなのだ。
成功は昔取り組んだ過去の出来事で成功していると周りに思われるときは
既に未来のことに取り組んでるのであんまりピンとこない。
むしろ未来の課題を発見して憂鬱だったりするのだけど
そういうときにかぎって褒められる。


逆に未来に確かな手応えがあるときに褒められることはほとんどない。
何故ならまだ成果が世にでていないので誰もわからないからだ。
そういうときにかぎって業績がイマイチだったりすると
むしろお叱りを受けたりする笑


憂鬱な時に褒められ、
未来の手応えがある時に批判されるのは
成功にも失敗にもつねに周りの評価には時差があるからなのだ。


近所にある保育園のフェンスに幼児が書いたと思われる標語が貼っている。
「勝って奢らず、負けて腐らず」
何故幼児がこんなこと書いてるんだろうと前を通るたびに不思議な
気持ちになっていたのだけど
このブログを書いていたらだんだん深い言葉のような気がしてきた。
きっとこれを書いた幼児は平常心が大事だと言いたいのだ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:
今は新卒の面接シーズン真っ盛り。
面接の際に学生の皆さんから色々な質問を受けるのですがたまに聞かれる
どんな本を読んでいるのかについて。


正直にいうとおすすめの本や影響を受けた本を聞かれても直ぐに出てこないことが多いのです。
何故ならあまりに多くの本を読んで多くの本に影響を受けているから。
どれくらいの数を読んでいるか数えたことは無いけど多分月に20冊以上は読むので
(漫画を入れたら30冊以上)年間250-300冊くらい。
どんな本を読んでいるのかというとこれもジャンルがバラバラで純文学から宇宙論まで様々です。


ただ読み方には特徴がある。
興味を持つジャンルがあったら最低5冊はそのジャンルの本を読む。
例えば腸内環境に興味を持ったらそのジャンルの本を読み漁るし
イーロンマスクが気になりだしたら関連書籍を全部買う。
で大体一週間くらいで読み尽くす。
それが僕の読書スタイルです。


なのでもう少し具体的に聞いてもらえれば直ぐに
オススメ本を紹介できるのです。
南の島でよむおすすめの3冊はとか
失恋した時に読む本とか

先日未来を見通す力がつく本はと聞かれてたので
僕の考える未来を見通している本5冊を紹介します。
これらの本は2014~2015年に読んだものですが
今の僕の未来感、ビジネスの方向性に大きく影響を与えました。
これらの本を読むと21世紀はまさに魔法の世紀なんだと理解できます。


NEXT WORLD 未来を生きるためのハンドブック/NHK出版
¥価格不明
Amazon.co.jp


お正月に放送したNHKスペシャルの書籍版。
番組を見て衝撃を受けた人も多いと思います。
テレビよりも書籍がより深く掘り下げています。
未来を大きく変える最先端テクノロジーの今がわかります。
僕たちが思ってるより今とんでもない変化が起こってます。



2035年の世界/PHP研究所
¥1,512
Amazon.co.jp


MicroadMagicのクリエイティブディレクターで僕が最も尊敬する人の1人
高城剛さんの2035年の未来予測。
僕たちは死ななくなるかもしれません。


2052 今後40年のグローバル予測/日経BP社
¥2,376
Amazon.co.jp


2052年までの地球のロードマップが書かれている本。
内容はシナリオ分析という手法を使い気候変動、エネルギー・食料事情、
政治経済学、テクノロジーから時代精神までを予測。
気候変動には抗え無いしこれが全ての変化を促すという事がよくわかる。
イーロンマスクが火星を目指すのもこれを読むと納得。


2100年の科学ライフ/NHK出版
¥2,808
Amazon.co.jp
さらにその先の2100年の世界がかかれているので
2052年の先に興味がある人は良いと思います。
今世紀の終わりには心でコンピュータを直に制御できるようです。


ザ・セカンド・マシン・エイジ/日経BP社
¥価格不明
Amazon.co.jp


ロボットが普及した未来はどう変わるのか?
AIやロボットの普及に不安を感じている人は読むべき。
それをビジネスにしている人はもっと読むべき。




読む順番としてはNEXTWORLDと2035年の世界を最初み読むのが良いかと。
読みやすのと今や近未来を書いているのでここで興味を持ったカテゴリーを
掘り下げていくのがオススメです。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。