マイクロアドの社長のアメブロ

株式会社マイクロアド社長の渡辺健太郎のブログです。
広告プラットフォーム・アドテクノロジーの会社をやっています。




テーマ:

DSP、SSPを中心としたアドテク事業のその先のビジョンとして数年かけて

準備していたUNIVERSEプロジェクトが少しずつ形になり始めています。

 

 

多次元データベースというコンセプトで数年前から社内では話をしていましたが

サービス名もUNIVERSEと決まりそれに必要な要素も少しづつ集まり始めています。

 

 

いままでのアドテクと言われているものはWebの行動履歴を中心にターゲティングの

精度を上げていくというものでした。

その中で広告効果は向上していきましたが当然そこにも限界があります。

 

 

何故なら人間はWebだけで生活しているわけではなく多くの消費は

Webの外側で行われておりその規模はWebでの消費の10倍以上あります。

 

 

いろいろな提携により少しづつリアルな購買データや

位置情報データなどを組み合わせることができるようになりました。

単純に言ってしまうと複数の異なるデータを組み合わせてみることで

いままでわからなかった顧客像が明らかにする。

そういうことが可能になるものがUNIVERSEです。

 

 

数年前にプラットフォームの会社というエントリーで、

例えばラーメン屋さんのような小規模な事業主でも使えるような

広告プラットフォームを目指すと書きました。

しかし残念ながら未だ実現できていません。

Webだけのデータではまだたどり着けないというのがいま時点での結論です。

 

 

しかしこれからはそういう領域に到達できるのではないかと思っています。

例えばより詳細なジオデータがあればもっと狭い商圏での

ターゲティングが可能になります。

さらに過去の履歴や購買データがあれば精度はより高まっていくことでしょう。

 

 

飲食店の出店計画に使えるようになるかもしれません。

例えばメキシコ料理屋をどのエリアに出店してどういう顧客ターゲットにすると

成功確度が高いのかそのヒントを探せるようなサービス。

 

 

あるいは既存の商品の本当の顧客層がだれかというのを

ファクトベースで発見できるようになるかもしれません。

未知の顧客像をつかめることができればその商品の売り上げを

爆発的に伸ばすことが可能になります。

 

 

昔のように20代の都内で働くOLみたいなセグメントはもはや消滅しており

顧客像を掴むのが難しくなっています。

だからこそこのようなことが可能になればマーケティング世界に

革新を起こせると考えています。

 

 

完成することがないという意味も含めて永遠に拡張し続ける

UNIVERSEというサービス名をつけました。

いままでのネット広告が苦手にしていた領域にUNIVERSEによって

たどり着きたいと思っています。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
以前テスラのアメリカ工場を見学したことがある。
オーナーは工場見学ができるのだ。
もちろん写真撮影は禁止。


写真がないのでその様子を伝えるのが難しいのだけど
ロボットが人間のような動きをして車を組み立てている様は衝撃的で
小さい頃にみたSF映画の未来の世界がすでに現実になったんだと思った。
ロボットがロボットを作っているのでブルーワーカーな感じの工場ではない。
オイルの滲みもないしとてもクリーンでむしろデータセンターに近い。
そして一台一台のロボットに名前が付いていた。
すでにロボット社会は僕たちが目にしないところで進んでいるのだ。


B2BやB2Cという言葉がある。
例えばマイクロアドは基本法人に広告を販売している会社なのでB2B。
AmazonなどのEC会社は消費者にモノを販売しているのでB2C。
なのだけどAmazonはかなりの自動化が進んでいる。
例えば商品をリコメンドするのもAIだし倉庫も人間がいるけど
どんどん自動化は進んでいる。
配送部分は人間がやっているけど、この部分もやがてはドローンなどで
ロボットが運ぶようになるだろう。


そういう時代になるとB2CというよりM2C(Machine to Consumer)
といったほうがいいのかもしれない。
僕たちは会社からモノを買うのではなくロボットからモノを買うのだ。


さらに時代が進むとAmazonにモノを注文するのも僕たちではなく
ロボットがやるようになると思っている。
例えば今後冷蔵庫もインターネットに繋がることになる。
冷蔵庫がインターネットに繋がるなんて意味ないと思う人も多いと思うけど
冷蔵庫に入ってるものをロボットが把握して
ビールが切れていたらロボットが勝手に発注してくれているのだ。
夏の暑い日に家に帰って冷蔵庫を開けたらビールがない。。
なんてことはこれからきっと無くなるのだ。
AIは暑いににはビールを飲む量が増えるのわかっているので事前に
発注してくれる。
気が利かない人間よりもよっぽどいいかもしれない。


そうなるともやはM2M(Machine to Machine)の時代だと思う。
ロボットがロボットにビールを発注する時代は好みをあらかじめ
入力しておけばいいし、勝手にAIが僕たち一人一人の好みを把握したり
リコメンドしてくれるようにロボットにお任せしても良い。
商取引においても人間が介在することはかなり少なくなっていくと思う。


イカれた話だと思うかもしれないけどこれも遠くない未来で
その時にはきっと僕たちはロボットに対して広告配信している
ようになると思う。


そんな話を少し今週金曜日のソフトバンクワールドで少し話したいと思います。

満席のようですが。。
7/22(金)17:40~18:20
アドテクノロジーの先の新しい広告の世界とは?
というテーマで登壇させていただきます。
https://softbankworld.com/sess/?waad=5hSByQPG
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
少し前だけどMixiの元CEOの朝倉さんが以前講演で
成功の復讐
という話している記事を読んで強く共感した。
昔から思っていたことを解りやすく強い言葉で表現していたからだ。


成功から慢心がうまれるとか
強いプロダクトがあると人は育たないとか
いろいろなことが言われていてそれは全て正しいと思う。
失敗は成功の元というけどむしろ成功は失敗の元なのかもしれない。


このことについてもう少し僕が思うことがある。
それは成功はそれ以前の準備期間の時の成果であって
その時やっていることとは関係ない。
つまり時差があるということだ。


成果を出して周りから褒められても僕はあまり嬉しくないことが多い。
それは天然だからでもストイックだからでもなく時差があるからなのだ。
成功は昔取り組んだ過去の出来事で成功していると周りに思われるときは
既に未来のことに取り組んでるのであんまりピンとこない。
むしろ未来の課題を発見して憂鬱だったりするのだけど
そういうときにかぎって褒められる。


逆に未来に確かな手応えがあるときに褒められることはほとんどない。
何故ならまだ成果が世にでていないので誰もわからないからだ。
そういうときにかぎって業績がイマイチだったりすると
むしろお叱りを受けたりする笑


憂鬱な時に褒められ、
未来の手応えがある時に批判されるのは
成功にも失敗にもつねに周りの評価には時差があるからなのだ。


近所にある保育園のフェンスに幼児が書いたと思われる標語が貼っている。
「勝って奢らず、負けて腐らず」
何故幼児がこんなこと書いてるんだろうと前を通るたびに不思議な
気持ちになっていたのだけど
このブログを書いていたらだんだん深い言葉のような気がしてきた。
きっとこれを書いた幼児は平常心が大事だと言いたいのだ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。