マイクロアドの社長のアメブロ

株式会社マイクロアド社長の渡辺健太郎のブログです。
広告プラットフォーム・アドテクノロジーの会社をやっています。




テーマ:

先日7/2でマイクロアドは設立10周年を迎えました。

 

 

毎年のことなのですが設立日を過ぎてから誰かのFacebookをみて

そうかこの間は設立記念日だったのかと思い出すのですが

今回は10周年ということでブログを書こうと思ったのに

当日またもや忘れてしまい7/3の夜にこのエントリーを書いています。

 

 

 

過去10年を振り返ってもその時その時生き残るのに必死で、

その時の節目・目標に到達したらゆっくりしようと思ってやってきました。

10年経ったいまでも生き残るのに必死でもう少し落ち着いたらゆっくりしようと

今でも全く同じことを考えています。

 

 

それは成長してないということではなく10年間いつでも目指すべき

次があったからなのかもしれません。

それは幸せな事なのか、そうではないのか正直わかりませんし

いつか目指すべき次がなくなりゆっくりできるときに

答えがわかるのかもしれません。

 

 

ただ自分の人生を振り返った時にどんな時期が一番辛かったかと言うと、

もちろん仕事上での辛い事、私生活での辛い事などいくつかありますが

一番は”目指すべき何か”がない時だったと思います。

 

 

行き場の無い焦燥感だけが膨らんでいくあの感じは、

若い時特有の現象かもしれませんが

いま思い出しても戻りたくないしその時のことを考えると、

仮にどんな困難があろうとも

何かを目指す途上にいる限りは

決して最悪の状態にはなり得ないのではと思っています。

焦燥感の塊だった時の自分から見たら

目指すべき次があると言うのはどんな時であっても

とても羨ましい事なのだと思います。

 

 

多分未来はこうなるだろう。

そんな未来を創れたら面白いだろう。

 

 

それだけの事に多くの仲間が集まって

くれました。

 

 

もちろんきれいごとだけでは語れないですが

それも含めてこれからもやり続けていこうと思っています。

 

 

いつか

自分たちはやったよね。

ほんの少しでも良いから

世の中にインパクトを残せたよね

新しい何かを残せたよね

と思える時が来れば良いなと思います。

 

 

 

最後に株主の皆様

取引先の皆様

社員のみんな

 

この10年本当にありがとうございました。

そしてこれからもよろしくお願いします。

まだまだこれからです。

 

 

survive!

 

 

渡辺 健太郎

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週金曜日にマイクロアドの社員総会がありました。

毎回冒頭に僕からこの半年の振り返りと今後の戦略について

のプレゼンを行います。

 

 

今回は個人的に特別な思いを持ってプレゼンに臨みました。

マイクロアドは今年設立10周年。

 

 

色々なことがありましたがそれぞれの時期で必死にもがき

その次をなんとか創ってきました。

 

 

今までの10年を振り返りながら未来について話しましたが

今も昔も未来は常に不確定であり確実なものはなにもありません。

だからこそ大きなVISIONと高い目標を掲げてその熱量を

多くの社員に伝えたいと思っています。

 

 

プレゼンの最後に色々な想いが交錯して言葉を続けられない

時間がありました。

20秒くらいでしょうか。

僕にはとても長くとても静かで不思議な時間でした。

ただそのあと身体中にエネルギーが漲るのを感じました。

そのあとは思っていた言葉が力を持って自然と出て行きました。

今までにない不思議な感覚でしたが気負いなどが抜け落ち

自然体で話すことができました。

 

 

 

今回初めて全社のスローガンを発表しました。

今こそわかりやすいメッセージが必要だと考えたからです。

 

スローガンは

 

REBORN

 

です。

 

マイクロアドはデータプラットフォームの会社に生まれ変わる。

そのためにはまず僕自身が生まれ変わろうと思います。

 

 

社員の皆さん

素晴らしい会社へマイクロアドをREBORNして行きましょう。

これからもよろしくお願いします!

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

脳にストレスを与えないと達成感は得られない。

これは昨年ヨガインストラクターの方に聞いた話です。

 

ヨガのポーズで前屈して足の間から後ろを見ると当たり前ですが

風景は逆さに見えます。

そうするとほとんどの大人はその風景が新鮮に見えるようです。

 

 

一方子供はよく鉄棒で逆さまにぶら下がって逆さまの風景を見ています。

なぜ大人になるとやらなくなるのか?

それは脳が危険だとわかっているからです。

子供が平気で危ないことをすることが多いのは脳はまだなにが

危険なのかを学習していないからです。

 

 

それは生き延びるためにはもちろん大切なことなのですが、

あえてその危険(脳へのストレス)を与えることで新鮮な発見

やその先にある達成感を獲得できるといった興味深い話でした。

 

 

脳にストレスを与えないと達成感を得られないというのは

人間がチャレンジを好む動物として設計されているのかもしれません。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。