AD

三峯神社の道中

 

奥秩父で「おそば」の看板を見かけました。

 

店名:紺屋

 

最初通過した時、気になって爆  笑

 

最初ってことはここ二度通過したんです。

 

その理由は後にして。

 

 

ループ橋方面で見た様子

 

 

秩父市方面に向くと目にする様子

 

 

 

Googleマップのポイントおかしいです。

 

二つあります。

 

そば処紺屋が座標上、正しいです。

 

オーナーさん直した方がいいですよ。

 

 

 

 

築120年か140年の古民家です。

 

 
 
奥へ進みます。
 
古風?な〜作りがいいです。
 
 
郷土のそば処 紺屋の縦暖簾が日焼けしてます。
あじが沁みてます。
 
 
 
入店した時刻は15時、セーフでした(#⌒∇⌒#)ゞ
 
 
 
囲炉裏
いいですね〜
 
 
 
見るだけよ。ってことね。
 
何を見るのか、空間を見るってことでしょうかナゾ
 
 
掘りごたつ
 
ここで食べることにしました。
 
 
最初は縁側方面に着いたけど、落ち着かないので、掘りごたつに陣をとることにしました。
 
 
 
もりそば
 
これしかありません。
 
オプションは
大盛りだけ、
 
 
昼は三峯神社の山麓亭の出店で「いもでんがく」を食べただけです。
 
大盛り頼みました。
 
 
そばつゆ
 
完食
 
 
 
 
 
足りず、
 
もう一皿大盛り頼んで、完食
 
 
 
 
何でしょう
 
ここのオヤジさんのお父上。
 
何かもらったのでしょうか。
 
 
 
腹ごしらえ済ませて
 
ループ橋まできました。
 
 
滝沢ダムです。
 
 
 
ループ橋から見る滝沢ダム
 
 
 
 
トンネル抜けると、ダム管あるダム貯水池に到着
 
 
 
 
車を止めて、
ダム鑑賞
 
 
井川ダムと同じ作りの重力式ダムみたいですね。
 
左手に見えるのはダム管ですが時間がないので寄らないで去ります。
 
 
フロート式ガイドワイヤー濁度計のようです。
 
船二隻
 
 
人が見当たらない
 
 
波浪で船が痛むから?雨降ったら沈没するじゃんね。
 
変わった管理しますね。
 
 
 
ここは、二瀬ダム
 
そうです。
 
このダムの堰堤道路を渡ると三峯神社へ行けるのです。
 
 
 
ここ、また来たのです。
 
 
察しの良い方は、もーお分かりですね( ̄_ ̄ i)
 
 
 
三峯神社へ最初のルート
 
 
 
三峯神社へ参拝終わって、そば屋見つけたけど、寄らず、通り過ぎ去って
 
 
 
 
 
栃山関所跡を見て帰るつもりが、
 
 
場所わからず通り過ぎて、
 
 
 
 
また、三峯神社の入り口の信号機に来てしまい
 
 
再び、ループ橋と滝沢ダムを通過することになり
 
 
そば屋によることになったのでした。
 
 
ちゃんちゃん♪(/ω\)
 
 
 
 
笛吹バイパス〜西東京道路で帰路へ
 
 
 
ルートはR52
がいいですね。
 
 
感想〜
朝霧ルートは900mの峠越えがあるし富士市内の縦断も避けたいです。
 
 
甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)
ここは長野県、埼玉県、山梨県、の境界線に位置しております。
 
 
 
荒川の源流は奥秩父の入川渓流です。ここの麓です。
 
 
 
 
長野県に流れる千曲川〜新潟県に入ると信濃川と河川名が変わります。この河川は日本最長の川です。源流は西沢という麓は甲武信ヶ岳です。
 
 
 
 
 
富士川は笛吹川と合流します。富士川の源流は南アルプスです。個人的に笛吹川とした方がしっくりします。笛吹川の源流は甲武信ヶ岳です。
 
 
日本の中間に位置する大きな川が奥秩父から流れていることを感じることができます。
 
 
 
もし(^_^)v
 
三峯神社表参道鳥居からのルートを考えている方がいたら。
三峰神社まで3時間。
奥宮はさらに2時間となりそうです。
 
 
 
 
江戸時代は彩甲斐街道を歩いて、一泊して早朝に登って、午前中に奥宮まで参拝して、本殿拝殿へ向かい、お昼を済ませて、ゆっくり下山したのでしょうか。
 
 
 
 
以上〜 三峯神社 道中記
おしまいo(〃^▽^〃)o
 
 

 

 
  • 三峰神社に龍の模様が現れてます。
  • 樹齢800年の杉の神木があります。
  • 龍の飴は赤い目のが売れてます。
  • 興雲閣で温泉いいですよ。
  • 博物館の資料は必見ですね。
  • 東北方面での三峯神社の分布は不思議です。

 

三峰神社青銅鳥居をくぐって、

 

 

左手に手水舎が現れます。

 

 

右手が手水舎、

中央の神木は樹齢800年の杉の木です。

左手が拝殿です。

この拝殿の石敷きに龍が現れてます。

 

 

 

赤い目をした龍の模様が見えます。

 

 

 

石が乾いたら水を撒くとよく現れます。

 

 

 

神木に再度目を向けます。

 

 

多くの人に触られて木の皮の色が変色してます。

 

 

女性が両手で触っているのは気をいただこうということのようです。

 

 

 

気は触って得られるものなんでしょうか?謎です。

 

 

 

 

 

二本の杉が印象的です。

 

 

 

 

社務所の隣に興雲閣という建物があります。宿泊、休憩、宴会ができるそうです。

 

一泊2食付き:10畳で11,000円と25畳10,000円と利用案内に書いてありました。 これって大部屋ってことかな?

 

カラオケできるそうです。舞台付きが15,000円で、広間が10,000円と使用料があります。団体さんが利用する感じですね。

 

 

 

 
宴会できるって、すごいね。
拝殿に上がっていた方は、宿泊されていた可能性が高いですね。

 

 

食堂もあり、参道にあるお店と食べ比べしてもいいですね。温泉に入りたいですが、日帰りも可能でしょうけど、帰りのことを考えると眠くなったりして大変かなーってことで入浴は断念しました。

 

 

 なんと喫茶店があります。

お昼で帰るつもりが既に2時間もいます。

 

 

 
お札は今回は手にしませんで、飴を買っちゃた。

 

 

奥宮へ行かれる方は一泊して翌日に行かれるか、先に奥宮に行かれてから一泊してゆっくりするのもいいかもです。

 

 

 
狼の札は東北秋田県角館の商家で多く見かけるんだそうです。
三峰信仰が信じられているそうです。
 
 
三峰神社、三峯神社があります。
 
どなたが広めたのでしょうか。謎ですね。
 
三峯神社は天台宗が絡んで山伏の修行の場だったそうです。
 
 
 
 
 
 
 
江戸時代の街道で重ねあわせて読み解くと、
 
 
 
 
 

 

江戸時代の藩で重ねあわせると、

 

 

 

ん〜〜〜(;・`ω・´)(´ε`;)ウーン…

 

 

(°Д°;≡°Д°;)

私には、わかりません(^▽^;)

 

 

 
秩父宮記念三峰山博物館
入館料300円
 
オススメです。
ニホンオオカミについての資料があります。
 
 
 
三峰神社
郵便番号369-1902
埼玉県秩父市三峰298-1
 
 
 
ちなみに静岡県内で探したら三峯神社5つありました。
 
 
 
 
この5社は創建はいつなんでしょ。武田の勢力とかあったりして(謎)
 
 
 
 
 
続く〜〜(・・。)ゞ

 

 
拝殿には大勢の人が座ってました。
 
本殿の扉を開いて食べ物など奉納しながらの儀式が1時間ほど行われる場面に遭遇しました。
 

 
以前、諏訪大社上社前宮と本宮と下社秋宮と春宮に参拝した時に、春宮で禰宜が夕刻に儀式をしてる場面に遭遇したことがあります。こういう場面に出くわすこと多いです。
 
 
 
 
動画、ご覧下さい。
 
 
 
集まっている方々は会社関係なのか不明です。
 
 

 

禰宜さんが拝殿へ入っていきます。

 

 

昭和天皇という名称が聞こえました。

 

 

 
終えたらぞろぞろと社務所へ戻りました。
 
 
 
続く〜〜〜(^人^)(o^-')b
 
 
 
 
 

 

三峰神社三ツ鳥居

 

大神神社は三ツ鳥居で岡部の神神社も三ツ鳥居です。

 

三ツ鳥居っていいですねー

 

 

鳥居前の石碑になぜか10円が、

どうしたんでしょうね。

 

 

 

ゆるい上り坂の参道の脇は大きな石碑が並んでます。

 

 

品川講とか◯◯講ってなんでしょう?

 

 

 

綺麗に並んでます。

 

 

 

 

見えますか、日本武尊の像〜

 

 

 

 

 

バッチリ逆光です(`∀´)

 

 

 

 

 

大山倍達の石碑がありました。

 

 

 

 

奥宮遥拝殿

奥宮へ行かなくても参拝が出来るっていうところです。

 

 

 

三峰口から登山者が上がっていました。三時間とか言ってました。キツイって言ってました。すごいね。

 

 

 

勾配が険しい三峰山ですね。

 

 

 

あの山が奥宮

 

 

 

左に少し目を向けると眼下に秩父市

 

 

 

 

奥宮遥拝殿から正面が随身門

 

 

 

日本武尊がこの地に来たときのお使いの神が狼だったそうです。

 

 

 

狛犬でなく、狼です。

 

進行方向、右手、口を開けてます。

 

 

 

左側、口を閉じてます。

 

これは狛犬と同じですね。

なぜ口を開けたのと閉じてるのがあるのかはここではご紹介しません。

 

 

 

随身門をくぐると

また狼がお迎してくれます。

 

 

 

参道を進みますと、石段を上がり青銅鳥居です。

 

 

 

 

 

続く。。。。

(人´∀`*).。:*+゜゜+*:.。.*:+☆

 

 

 

 

 

 

 

三峰神社駐車場

テーマ:

平成29年4月29日昭和の日

時刻:午前10時25分

三峰神社駐車場到着

 

静岡市自宅出発:午前6時30分

 

到着までに要した時間:3時間55分

 

途中トイレ休憩して、少し迷いましたが無理なく到着。

 

 

初めて来て、着いてわかること。

 

 

すでに満車( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚

 

 

あと5分遅かったら(  ゚ ▽ ゚ ;)

並んでた

 

並んだら30分は待つ感じでした。

セーフでした。

 

私運がいいので、ツイてますo(〃^▽^〃)o

 

 

 

階段登ると参道になるんですね。まだ三ツ鳥居は見えません。雲取山を目指していると思われる登山者が多いことに驚きます。ここ三峰神社駐車場を利用する方は参拝者だけではないのですね。バスで来てる方々は登山者が多かったようです。

 

 

 

 

奥宮は雲取山を目指すようです。

 

初めてで様子がさっぱりわかりません。

 

 

 

参道を進むと、奥宮への参道入口が見えました。

 

 

 

三峰神社奥宮がある妙法ヶ岳(標高1332m)に行けるようです。

三峰神社ビジターセンターの標高は1100mです。

 

標高差232m

 

2時間30分くらいは歩くようです。

 

 

 

参道を進むと山麓亭

 

 

 

里芋の田楽

これ美味しいです

 

 

 

 
もー少し、いやもっと熱々で食べたかったσ(^_^;)

 

 

先に進むと大島屋

 

 

ここは、わらじカツ丼、これがライダーにも人気のようです。

 

私は今回たくさん食べると眠くなるから止めときました。

 

 

 

祭神:イザナギノミコト

 

伊邪那岐尊は字体の違いで意味合いがあるらしいです。

 

 

 

ようやく、三ツ鳥居をくぐることができます。

 

拝礼