1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2005年09月10日

インナー

テーマ:ブログ

*友達が働いてる下着屋さんの宣伝*

ぜひぜひおためしあれ~

une nana cool

http://www.une-nana-cool.com/news/cgi/index2.cgi



女の人の体は本当に美しいともう

昔から女性の裸体が画家の被写体になったように

どの角度からもその曲線はすごく美しいとおもう


一番美しいのは妊婦さんだとおもう



AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2005年09月09日

あーしあわせ

テーマ:ブログ

kibune

久しぶりに一日おもいっきりあそんだ。


イエモンの場所に行きたいって彼女が言ったから。


今日はM兄の車に乗って、京都は貴船へ。


二十歳を超えた男女四人は、川にはいって若返りました。


マイナスイオンに包まれて、心がきれいになりました。


充電。


たまには充電してまた明日からピリッと頑張るでし!!



あーしあわせ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年09月08日

ふつうであることのしあわせ

テーマ:ブログ

普通の状態って

ほんとはすごく幸せであることがわかりました


私は贅沢すぎる




AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005年09月08日

わたしのかのじょ1

テーマ:ブログ

わたしのかのじょは近くにいる友の一人

すごくすごーくまいぺーす

みんなはじゅうだんとばしでかいだんをのぼっていく

けれどかのじょは

いちだんずつのぼるんだ

みんなは50メートル走をまっすぐに全力ではしっていく

けれどかのじょは

よこむきにあるいたりときにはばっくをして全力ですすむんだ

そんなかのじょが

りんごを食べるためにほうちょうをかってきた

たっくさんのりんごもかってきた

ほうちょうのもちかたをまずべんきょうだ

ネット、本、ビデオまでかりて。

ほうちょうがもてるようになったかのじょは

ようやくりんごをもった

つぎはかわのむきかたのべんきょうだ

みんなはかわごとりんごをまるかじりしておなかがいっぱいだ

けれどかのじょは

いまようやくかわをちょっとむきはじめた

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年09月08日

お久しぶりに再開の兆し??

テーマ:ブログ

気まぐれな私は再開するのでしょうか!?

どうなんでしょか。

きっとでだしだけ順調なんやろな。。。。

まーええわ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年06月29日

あしたから

テーマ:ブログ

温泉に行ってくるでい

車でいくでい

8人乗りで行くでい

天気悪そうやでい

でも

楽しみすぎるでいでい

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年06月28日

卒業設計1

テーマ:ブログ

気付けば4回生

気付けば明日卒業設計の一回目の発表

なーんにも具体的なものはない

私のこれまでの作品はコンセプトなんてほとんどない造形物

まれにコンセプトがぽつんとでてきたりでてこなかったり

いいなーっと思う空間をただただ作ってきた

はてはて卒業設計はどうするだろう

客観的に自分を見る余裕なんてキット後にはないだろな

今は、これから自分がどんなものを作るのかが楽しみ。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005年06月27日

おてがら?

テーマ:ブログ

家庭教師のお宅から帰宅途中、

花壇の向こう側に横たわっている人の足が二本見えた。

酔っ払いかなーホームレスかなー

相手しないで通り過ぎよー

っとおもったら、

スーツを来たおにーさんがよこたわっていた。

え?

まさかなーきっと酔っ払って寝ちゃったんだろなーあいてせんとこ。

けど、全然動かない。

え?

もしかして、しんでる?

私第一発見者??

え?

え?

どうしよう。

くらいし、人影ないし、え?え?私警察呼んだ方がいいのかな?

けど、変に事件にかかわらない方がいいよーな。

むし?無視しよう。それがいい。見なかったことにしよ。


気にしながらも5分ほどあるいた。

けど、とにかくきになりだした。

明日の朝まで誰にも気付かれずに.....つめたくなって。。。私はむししました???悪人・・・私????ダメ!


よし、もどろう!


小走りで戻りながらいろんなことを考えた。

救急車は119、それから今の時間はえー9時半、それから、ここの住所は・・・あ、名前も名のらないと・・・・

だいたい30代前半の男性・・・あ、人工呼吸とかするの?わたし???あばらのちょっとしたらへんだったっけ・・10回だったっけ???え・・・・できるかな・・・どうしよう。。。事故後30分が生死の分かれ目ってよく言うしな・・・やるしかないのかな・・・・私。。。。。。。。死んだら終わりや!!!やってやる。。。おじちゃん頑張って!!!!

なんて考えた。

小走りからさらに加速してさっきの場所に到着。

おじちゃん!!!今助けてあげるから!!!

ん?

おじちゃん?


いない。。。。。。。。。


おじちゃんはいなかった。

最近危ないデカとかの見すぎかな・・・・私。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年06月26日

23歳

テーマ:ブログ

わたしは四年制大学に通う4回生23歳。

卒業したら就職して、結婚は20代後半かな。

子供は2人で、20代後半に1人、30代前半に一人かな。

結婚しても働きたいかな。でも、子育てはしっかりやりたいな。

子供にはあまり干渉せず、遠くからしっかり見守る母親でいたいな。

自分の時間、自分の趣味をしっかりもって、子供が大きくなったら海外に移住しようかな。

パートナーといつまでも幸せにゆっくり時間を過ごしたいな。

なんて。

そんな将来の像を描いたりする。

私の周りに居る大学の友達も結構そんな感じだろう。

大学の友達にもできちゃった結婚なんかで、親、妻になってる人はいる。

けれど、私の周囲にはこの歳で結婚なんてマレ。特別。異種。って考え。


一昨日スタバにいった。

ボケーっと本を読んだり、絵を描いたり、文章を書いたり。スタバで軽く3,4時間はつぶせる。

そろそろかえろかなーっと思ったら、女の子5人組が隣の席に座り、立ち聞きしたくなるような話をしてたので、ついつい耳をダンボに。

話から推測すると、彼女たちは高卒か短大卒で現在働いている21歳くらいで、久しぶりに再会した仲良し5人組。

「最近、どうよ~。」

「べつに~なんもないかな~。」

「仕事なれてきたしね。」

「よかったじゃん。」

「あ、私、報告。」

「ん?なんかあった?」

「できちゃった」

「なにが~」

「こども」


「はぁ~~~~~~~~~~????!!!!」


「おめでとう」

「うちら、ベビーブームだね~~~おめでとう!!!!」

「すげ~~~~~~!!!」

「で、いつわかったん?何週目?親にはゆってるの?」

「あ、さっき産婦人科でわかったんだ。2週間みたい。まだ彼氏にも連絡してない。親になんて、付き合ってることも言ってない。」

「はぁ~~~~~~~~~~~~???????????」

「まーよかったやん!!」

「うんうんよかったよかった。また、ベビー服作らないとね。一気に忙しくなったわ!!ね、ハッサクのは今こんな感じなんだけどどーかな?」

「あーいいかんじ!洋子ありがとね。ハッサクよかったね~!!ハッサクの服、もうすぐ完成だし、ハッサク、今日友達ができたね~~~!!!ほんとにうれしいよ~~~。」

「洋子も続きなよ~~~!!ベビー服担当は次わたしするからさ。」

「いいよー私だけは順番守るしね。二人は、結婚式いつやるの?たったとやっちゃいなよー二人は3ヶ月と二週間なんだから。私は、ベビー服係りでいいよ~~~」

「もう自転車とか乗ったらあかんよ!絶対。」

「乳腺症には気をつけなよ!!」


こんなかんじ。

できちゃったことには驚かないし、もうなんとも思わなくなった。

けど、21歳なのに子供を産んで育てることに対してすごく落ち着いていること、子供の食べ物のこと、女性の病気のこと等など、親になるための知識がすごくあること、母性的であること。

これにすごくショックを受けた。私が今身ごもったらこんな落ち着きは絶対無い。知識も何もなくて、ただただ不安に打ちのめされるだけだろうな。すごいな、彼女たちは。


4年制大学っていう環境にいる23歳の女と、既に社会に出ている21歳の女とではこんなにもギャップがあるのかって思った。おもしろい。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年06月25日

農業

テーマ:ブログ

朝から母を助手席に乗せ車で約30分。

農作業を手伝いに服部緑地の山へ。


竹林に覆われたその土地は250メートルトラックぐらいはある。

芋畑7割と残りの3割でトマト、なすび、きゅうり、すいか、ねぎ、まめ、おくら、だいこん、きゃべつ、ジャガイモ、たけのこ、びわ、はっさく、かき等が収穫できる。ザリガニやカメ、カエルがすむ池もある。

私は幼い頃からよく山につれてきてもらってた。

ザリガニつり、弓矢、芋掘り、竹の子掘り、おじいちゃんに竹とんぼを作ってもらったり・・・・

農作業なんてそっちのけで、山には遊びに行ってた。


年月が経って

鬱蒼と竹林に覆われていたその土地は徐々に周囲の宅地開発が進み

今では竹林の向こうにマンションや整地された土地がのぞいている。

おじいちゃんもなくなり、おじちゃんもいい年になって、いよいよ山を維持するのが大変になってきた最近。


今日はそんな山の農作業を手伝いに行った。

すぐそばでは整地された土地にD和ハウスが3棟一戸建てを建設中だった。

とび職のおっちゃんたちが炎天下の中コンコン金槌を打つ音を聞きながら、

長袖、長ズボン、タオルを頭に載せ、その上に帽子を装着、手には軍手、腰には蚊取り線香。

少し動くだけで汗が止まらない。

ものすっごい格好で桑を持ち畑を耕した。同じ作業を何度も繰り返す。今度は耕した尾根に黒豆の苗を一つ一つ手で植えていく。丁度70センチ感覚で。土をスコップで掘り、さらに手で掘り、底にか弱い苗を入れ、土を手でそっとかぶせる。一つ一つ丁寧に。その後、池からホースを繋いで、水を撒く。

たったこれだけのこと。今日は黒豆の苗を植えただけ。半日ひたすら働いてやれたことがたったこれだけ。しかも、この苗がしっかり根を張るかは、気候や土の状態などの影響によって確実ではない。値がつかなかったり、収穫前に腐りだしたり、労働がゼロになることだって多々ある。農作業ってほんとに過酷で難しいもんなんだ。

苗を植えた後は収穫作業。農業をやる人にとってこれほど楽しいことはないだろうと感じた。

トマト、きゅうり、なすび、ねぎ。かんかんでりの太陽をしっかり浴びて、野菜は見事に成長している。そんな野菜をはさみで一つずつもいでいくのはたまらない。山の野菜は、スーパーや八百屋で売ってるものとは本当に味が違う。取れたてだからだろうか。とにかく幸せのひと時。

農作業でくたくたになって帰ると、すぐに収穫した野菜を氷水で冷やし、丸かじり。うまーーーーい!!!


お金を払えばなんでも手に入る便利な世の中にはなったけれど、きっと汗水たらして、時間をかけて自分で育てた野菜のおいしさは、農業をやってる人たちだけにしか手に入れられない。絶品です。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。