クマいらっしゃいませクマ

いつもありがとうございます!!好き勝手に書いていますが、どうぞ楽しんでいってくださいラブラブオバケ音譜イラスト付きで平日更新していますアップ文も絵も上手ではありませんが、映画愛が伝われば嬉しいですドキドキ




  • 09 Dec
    • 血の夫人「血の伯爵夫人」

      ある時、気づいたら手が真っ赤。なんで?と、不思議に思っていると知らない間に手を切っていた。けがをした覚えが全くない。最近、そういうことが増えた。もう、年をとると痛みを感じなくなるってことなんだろうか。「血の伯爵夫人」みたいに血で自分が美しくなっているなんて思いこむほどの元気もないですしねぇ。 作品情報 こういう話は大好物。吸血鬼伝説のモデルにもなった実在の連続殺人者バートリ・エルジェーベト(エリザベート・バートリー)の映画。フランス出身の女優・ジュリー・デルピーが、監督・脚本・製作・音楽・主演。この作品は、ホラーかと思いきや意外と恋愛路線。なぜ、バートリが連続殺人者になってしまったのか。彼女の運命の恋人との物語が筋になっている。やっぱり...なんでもそうですけれど、年相応の恋愛が一番です。特に女性は、若すぎる男子にハマってしまうとこうなってしまうかもしれない。愛されたくて、愛を永遠の形にしたくて...ずっと若ければ、美しければすべてを自分のものにできるのではと思ってしまうのです。それは、女の性かもしれませんよね。だから、女性としてはこの話はとても痛い。よく理解してしまえるような女の切なさが描かれているのです。ただ、殺人者としては全く悪びれるところがなく。最後まで偉そうでプライドが高いので共感はしにくい。主演のジュリー・ベルピーの地味で静かな演技は嫌いではないので最後まで楽しめましたけどね。なんか、色々と考えちゃう物語でした。私は、若さを求めず自分らしさを求めて生きていきたいと思いますよ。ちぶ~的血液度2全体的にそんなに血は飛ばない。残酷シーンもわずか。ホラーが苦手でもこの作品なら見れるはず。恋愛映画としてみてもいいと思うんです。 人気ブログランキングへ にほんブログ村

      16
      2
      テーマ:
  • 08 Dec
    • 拾い物は貰い物「ファインダーズ・キーパーズ」

      道端で拾ったものを、自分のものにしちゃう人っているんでしょうか。たとえ、財布でも私はなんだか気持ちが悪いので交番に届けると思います。なんか人のものって念がこもってそうじゃないですか。だから、この「ファインダーズ・キーパーズ」もきったない人形を自分のものにしちゃう子供に注意しない母親にびっくりでしたよ。  作品情報 大好きなお人形ホラー。今まで見た中でもダントツに汚らしいお人形。人形っていうか海外版のワラ人形にしか見えなかった。まぁ、可愛がる時点で人形の魔力にヤラれているってことかもしれませんけど。色々と無理やりだったなぁ。でも、人形に憑りつかれる女の子がかわいかったので内容は許します。なんでもそうだけど、悪魔ってのは人間が一番弱っているときに忍び寄るものだ。弱い心にロックオンされたら、人間は簡単に崩れてしまう。それにしたってかわい子ちゃん(子供)の変貌ぶりが凄まじかった。この作品の中で、一番の演技派だったのだ。大人顔負けの演技に、おばちゃんは感動してしまいましたよ。さっさとそのきったねぇ人形捨てろと思ってしまいましたけどねぇ。…お疲れ様でした。ちぶ~的お人形ホラー度3作品としては至って普通。女の子の演技が素晴らしいかったことに救われている。この作品、ヤフー映画でも紹介されていないのだから驚きだ。 人気ブログランキングへ にほんブログ村

      17
      2
      テーマ:
  • 07 Dec
    • クソすばらしくないこの世界「クソすばらしいこの世界」

      なんだよ、これ。なんだよ、ここ。そんなことを思う職場。この世界は腐っているのに、当り前のように日々が過ぎる。もう、慣れるとどうでもよくなるんですよね。が、この「クソすばらしいこの世界」は全く慣れませんでしたけど…  作品情報 本作で長編デビューした朝倉加葉子が監督と脚本をこなしているらしい。『息もできない』のキム・コッピがヒロイン。私は二人とも知らない。どうやら有名らしい。が。予備知識なしで見たら、ひどい目にあった....もう、モロスプラッターなのだけど。こういう雰囲気のスプラッターはどうも苦手で。無駄に音量を上げて、ぐちゃとかビジョと血みどろにされても.....生理的に気持ち悪かった。ただ、ストーリーは普通のスプラッタームービーと違って変化球がある。そこは嫌いじゃない。だけど、どうしてもあの映像づくりと異常に執着しているスプラッター攻撃にげんなりとしてしまいました。そして、何よりも...アメリカかぶれな感じが私には理解不能でございました。はい、すいません。ちぶ~的グロテスク度5えぐいし、キモイし、グロイ。そう考えると洋画のスプラッターってまだ爽快感があるような気がします。 人気ブログランキングへ  にほんブログ村  

      17
      2
      テーマ:
  • 06 Dec
    • 結婚前と後「秋刀魚の味」

      私は、結婚してから思うんですが。結婚する前も、した後も寂しいと思わなかったんですよね。今までありがとうみたいなしんみりした感じもなく。ま、行ってくるわ的な感じで嫁入りしたという....だから、映画でそういうのを見ると「そうなんだぁ」と思ってしまう。「秋刀魚の味」は、見ただけでも相当寂しくなりました。  作品情報 言ってしまえば、「秋日和」は嫁入り前後の母と娘の話。↓(過去記事はこちら)で、この「秋刀魚の味」は父と娘の話である。2回目の小津映画。みんな真正面を見てセリフを言い、どこか棒読み。慣れてくると、そのほうが長いセリフを読み取るのにちょうどよくなってくる。が、少々眠気を誘うところが難である。キャスト陣は、ほぼ「秋日和」と同じ。また、おっさん3人組が飲みながら話す。いつもながらゲスい。似たようなことをしているようなんだけど、「秋日和」とまったく違ったのは"父親"と"母親"の違いなんだろう。母、強しとよく言うがその通りではないか。こんな時、男親というのは弱い。この時代だからということもあるだろうが、家事も自分ではできず娘に頼りっきり。実は、自立できていないのは父親のほうだったりする。亡くなった自分の妻の面影を求めて飲みに行く姿など痛々しくて見ていられない。男って本当に弱い。父親の背中ってこんなに小さいのかと思ってしまうのだ。あのラストシーンと「秋日和」のラストシーン。同じようで全然違う。そういう見方も面白いんじゃないかと思うんです。ちぶ~的ほろ苦度5なぜ、タイトルが秋刀魚の味なのかを考えた。身はおいしいけれど、ちょっと端を食べてしまうと苦い部分があるからとか?特に意味はないようだけど考えると面白い! 人気ブログランキングへ にほんブログ村

      22
      4
      テーマ:
  • 05 Dec
    • 遥かなる叫び声「遙かなる山の呼び声」

      最近、ストレスで体調不良ってことが増えた。クレーム対応の仕事だからというよりは、会社のやり方に対して不満しかないのでそのせいかもしれない。だから、ちょっと疲れたら遠慮なく有休をとることにしている。遠くから聞こえるのだ、「休んでしまえ!」と。私とは全然違って「遙かなる山の呼び声」の"声"は、感動しかないんですけどね。  作品情報 高倉健×山田洋次コラボ作品で一番有名なのは、きっと「幸福の黄色いハンカチ」。見ようと思ってまだ見ておらず。週末名画座シネマパレで上映したのでこちらを先に見てみた。タイトルもあまり聞いたことがなかったし、気軽な気持ちで見たら...健さ~~~ん。と、なって号泣でした。大スター高倉健。これぞ、名優である。セリフが少なくてもただ、そこにいるだけで映える。それが高倉健だ。力仕事に汗を流す健さん。やはり、不器用だから感情や事情は全く分からない。そんな男に出会った倍賞千恵子がなんとも色っぽい。"女"を感じさせる役を今まで見たことがなかったのであのセリフには胸キュンであった。ベタと言えばベタかもしれない展開。でも、その古風なところがぐっときてしまう。最後の電車のシーンでのハナ肇なんてたまらないじゃんかっ。しかも、それだけじゃない。随所にちりばめられたファンサービス。差し出すハンカチはあの色。行先はあそこへ。あの健さんの涙に真の男を感じた。北海道の広大な景色がさらに涙をさそう。人情ってやつ....ほんと、素晴らしいですね。ちぶ~的健さん度5寒い中、夕飯を食べるシーンが好きだ。どれもうまそうに食べる。感謝の気持ちが出ているシーンでしたねぇ。 人気ブログランキングへ にほんブログ村

      23
      13
      テーマ:
  • 04 Dec
    • クリスマスに欲しいものってなんだろう?

      もう、クリスマスの季節ですねぇ 一年ってあっという間だなぁ で。 私、今月は毎週飲み会ばかり。 早くも、今週ですでに疲れております こんな感じで…(モデルはちゃとらん) 年末っていつもこんな感じで終わってしまう なんだか、プレゼント配りで忙しいサンタさんに申し訳ない🎅 でも、厚かましく考えてみた。 熟考の結果..... 今、私が一番ほしいものはApple Watchでしょう 体調も良くなってきたし、運動しなきゃ~ クリスマスに向けて、街はにぎやか 最近のマイブームは、週末にネイルアートしてささやかな自己満足を楽しむことです💅 にゃんこネイル~~ では、また来週から映画ブログも引き続きよろしくお願いします ちぶ~でした あなたの欲しいプレゼントは・・・? ▼欲しいものをブログに書くと本当にもらえる あなたも欲しいものをお願いしよう

      18
      6
      テーマ:
  • 03 Dec
    • シネマパレ大忘年会!”シネマパレ大賞2016”決定!

      今年も行って参りました、シネマパレ大忘年会 週末名画座シネマパレ で10本以上鑑賞した方が参加対象。私は、今年34本の作品を鑑賞しました一時期、体調が悪くて見に行けなかった作品があり非常に残念本当は、40本以上見たかったんですが映画を見るにもタイミングや、体調も関係あるので仕方がないですね私が、今年週末名画座シネマパレ で鑑賞した作品リストはこちら。(順不同)※リンクは面倒なので、省きましたがすべてこのブログで記事を紹介しております。蒲田行進曲/スーパーの女/夜は嘘つき/黒の札束/宇宙人東京に現わる/サラリーマンどんと節 /宿無し犬/青べか物語/孫悟空/雪の断章 –情熱- /ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌 /インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア/喜劇役者たち 九八とゲイブル/乱れる/秋日和/運が良けりゃ/マタンゴ/春だドリフだ全員集合!/名もなく貧しく美しく/ルパン三世 念力珍作戦/雲の上団五郎一座/吸血鬼ゴケミドロ/流れる/病院坂の首縊りの家/張込み/コララインとボタンの魔女/無法松の一生/狂った野獣/進め!ジャガーズ 敵前上陸/女が階段を上る時/海底軍艦/子連れ狼 冥府魔道/吼えろ鉄拳/ファースト・ミッション/ 娘・妻・母以上、35作品。週末名画座シネマパレ で見れなかった作品はこちら。(順不同)プレステージきみに読む物語/喧嘩犬/ごろつき犬/鉄砲犬/パフューム ある人殺しの物語/男はつらいよ 寅次郎恋歌/善き人のためのソナタ/爆裂都市 BURST CITY/忘れえぬ慕情/映画に愛をこめて アメリカの夜/桐島、部活やめるってよ/たまこちゃんとコックボー EVERYTHING POINT /空飛ぶゆうれい船/銀河鉄道999/千年女優/エターナル・サンシャイン以上17作品。私は30本以上見たのでベスト10を発表しましたよ。以前、DVDで鑑賞したものを週末名画座シネマパレ で再鑑賞した作品もあるのですが初見のみを対象としてランキングをつくりました。ちぶ~的週末名画座シネマパレ 2016年のベスト10はこちら。※こちらは、リンク貼っております。10位カルトな!「さくらももこワールド ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌」  9位マンダの生贄にせよ!が、私の中で流行語になってしまった「海底軍艦」8位人生は「流れる」んすよ7位主婦になったからこそ大共感の「スーパーの女」6位結婚したら染みる「娘・妻・母」5位手作り宇宙人に萌える「宇宙人東京に現わる」4位嫁入り前を経験したら余計にじんわりくる「秋日和」3位売れる奴と売れない奴。男の友情と劣等感の対比が面白い「喜劇役者たち 九八とゲイブル」2位あのオチにヤラれた!「蒲田行進曲」1位当たり前すぎるマイベスト!「子連れ狼 冥府魔道」で、シネマパレランキングは…(パレ男さんのツイッター発表から貼り付けました)1.千年女優2.映画に愛をこめて/アメリカの夜3.狂った野獣4.青べか物語5.子連れ狼 冥府魔道6.銀河鉄道9997.蒲田行進曲8.女が階段を上る時9.乱れる9.桐島、部活やめるってよ最後の大賞受賞作品は「千年女優」に決定!と、なりました。上位はまだ見てませんので早く観なくては今回もマニアックで楽しい会となりましたパレさん、ありがとうございました最後まで応援させていただきますスタンプシートもコンプリートするぞっ  ちぶ〜でした 

      19
      8
      テーマ:
  • 02 Dec
    • 嘆きの冷え「嘆きのピエタ」

      冷え性が半端ない。ひどすぎて病気レベル。最近、買ったヨガの本についていたDVDでヨガに挑戦。が、あまりに体が硬すぎて10分で限界。確かに体は温まるんですが...なんせ、体が硬すぎて痛い。このままだと、骨が逝っちゃいますわ。「嘆きのピエタ」は、ある意味頭がイっちゃってる親子の話ですわね。 作品情報  キム・ギドク監督の作品って本当に気持ち悪い。クリスチャンなのかどうかは知らないが、この作品も聖書からきているテーマだ。韓国映画は、恨みつらみ・復讐・愛憎系が面白い。そういう観点から、この作品を読み解くと新鮮な視点だったと言えるかもしれない。極悪非道な借金の取り立てをする男の前に、突然現れた「母」。愛を知らずに生きてきた男は、その母によって変わっていく。そして、この世界は金で命を簡単に捨ててしまうくらい困窮している。え?ってびっくりするくらいに暗闇に生きているのだ。描き方が極端すぎて、正直誰にも感情移入ができない。何が正解で何か間違いなのか。結局、憎しみから生まれるものは何一つないということだろうけど。本当に、気持ちが悪い描写の数々に胃もたれ。そもそも「愛」っていうのもグロテスクってことだったんでしょうね。ちぶ~的ピエタ度5果たしてその解釈は合っているのか。衝撃の結末にはなんだか韓国らしさを感じてしまうのでした。 人気ブログランキングへ にほんブログ村

      15
      4
      テーマ:
  • 01 Dec
    • アイアムジャパニーズ「アイアムアヒーロー」

      私、アメリカかぶれな奴って本当に気に入らないんですよね。意味わからんカタカナ用語を並べてきたりとか。下手なくせに英語ができますってだけでえらそうな態度をとってたり。ココ、日本だからね。(大声)で。あんたは、なんだかんだで生粋の日本人だからね。(怒り)血ってのは一生変えられないのです。言語が発達しても、その人自身が別物になるってことはないんですよ。「アイアムアヒーロー」もそういうこところがきちんと描かれていましたね。 作品情報  みなさんが、劇場ですでに見てしまっているような映画を今更鑑賞してすいません。私だって映画館に行きたかったんですよ。でも、シネコンは非常に遠い。つまり、面倒なんですよね。でも、これはやはり劇場でみるべきだったかなぁ。ま、十分自宅でも楽しめましたけどね。大泉洋って俳優としてはあまり好きじゃなかった。妙にコメディアンすぎたり、オーバーすぎたりして。見てて疲れるし、共感できないんですよ。とか思ってたのに。この大泉洋は最高でした。普通な感じが一番似合う。人間らしさのある情けなさを自然に演じられる人って少ないじゃないないですか。彼は、さらっと演じれている。いやぁ~、見直しちゃいましたね。で、有村架純のキャラに萌えました。途中、カートで移動するシーンは子連れ狼みたいなビジュアルでかっこよくて。大泉洋との相性も意外に良くてハマっちゃいました。そして、吉沢悠のゾキュン化には爆笑。マジ、キモかった(笑)人間って見た目は変わっても中身は一切変わらない。映画だけじゃなくて実際もそうですよね。その皮肉が効いているからこそこの映画は成功したんでしょうねぇ。普通の人ってのは普通じゃないってこと。この映画を見て、急に元気になってしまったちぶ~でした。ちぶ~的ゾキュン度5きっとゾキュン映像は、漫画を忠実に再現しているんだろうなって思うくらい凝っていた。きちんと作っててなんだかとても感動しましたよ。 人気ブログランキングへ にほんブログ村

      17
      10
      テーマ:
  • 30 Nov
    • 初めての任務「ファースト・ミッション」

      うちの夫婦は趣味が全く違います。だからと言ってお互いに無理して合わせることはありません。私は、元々必要以上に干渉されるのが苦手なのでそれはとってもありがたいです。映画には興味がない旦那氏ですが、ジャッキー・チェンやトム・クルーズの映画は好きです。だからたま~に一緒に見に行くんですが。今回は、初めて週末名画座シネマパレ に連れて行きました。閉館する前に一度は連れてきたかったんです。一緒に見た映画は、ジャッキー主演の「ファースト・ミッション」。 作品情報  サモ・ハンとの共演作ということで、バリバリのアクション映画を想像してみたんですが...全然違っててびっくり。が、旦那氏も私も楽しめたので満足でしたけどね。まず、兄役のサモ・ハンちゃんの出オチ感がハンパない。瞬殺されました。むしろ、兄弟愛のお話でございまして。私、この手の話に非常に弱い。予想以上に泣いてしまい、自分でもドン引きでしたわよ。兄の面倒を一生懸命しているジャッキー。そりゃ、時には苦しくすべてを掘り投げ出したくなるわけで。だって、ジャッキーだって人間だから。サモ・ハンちゃんだって迷惑かけたくないと思っていても自分の限界があるわけで。ちょっと最後の流れでなんでそうなるかはよくわからなかったんですけども。感動の嵐でございました。コテコテすぎてちょっとおかしいんですけども。非常によろしかったです。もちろん、いつも通りのジャッキーアクションは最高です。いつもと違うサモ・ハンちゃんに会いたい方はこれを見るべき。ジャッキーが歌うテーマ曲もオツでございました。ちぶ~的サモちゃん度5何回見てもあの風貌は強烈すぎる。NG集みたいなのがエンドロールで流れるんだけど、二人が本当に仲がいいのが分かっていやされました。 人気ブログランキングへ にほんブログ村

      16
      8
      テーマ:
  • 29 Nov
    • 私的勧誘撃退法「DOOR」

      一人暮らしの時に一番困ったのは変な訪問販売とか勧誘ですね。はっきり断ると脅されたりとかして。かといってケチだから買う気も入会する気もないので。非常に困りました。一番効果的だったのは、悩んでいるふりをして特典だけもらうという作戦です。米とかお菓子を散々もらって、最終的にはハッキリ断る。そうすると、もう来ません(笑)今思うとひどいなぁと思いますけど。こっちだって生活があるのでね。そんなことを思い出したりしたので、「DOOR」もそんなに面白くないんだけど楽しめました。 作品情報  一応スプラッター・ホラーとなっていますが、大したことはありません。ただ、時代が時代だけに当時はすごかったのかなぁ?一番の見所である古めかしさを堪能できる作品になっとります。1988年の作品ということがあって主人公の高橋恵子の肩パットが気になって仕方がない。バブリーな雰囲気を感じずにはいられません。そして、一番気になったのがよくわからないBGM。めっちゃ切断中なのに穏やかな音楽が流れる。意味がプー。なぜ、今その音楽を流すのか。当時の風潮なのか。というかその風潮は一体....謎が謎を呼ぶ演出にお口はあんぐり。ただ、こういう身近に起きそうな恐怖という題材はとてもいい。ま、それだけなのですが。とにかく.....なぜ肩パットって流行ったのか理由が知りたくてたまらなくなった私でした。ちぶ~的お古ホラー度5色々古い。おしゃれは回ってくるというけれど、日本のおしゃれはダサいものは回ってこないってことですな。 人気ブログランキングへ   にほんブログ村

      15
      4
      テーマ:
  • 28 Nov
    • 本編も気になってしまった!「ミュージアム-序章-」

      11月12日に全国公開された、「ミュージアム」 の公開に先駆け、新たなスタッフ・キャストで製作されたアナザーストーリーがこの「ミュージアム-序章-」。監督は、私の大好きな白石晃士監督ということで鑑賞。全く「ミュージアム」 に興味はなかったけれど、白石監督の序章が見ごたえがあったので見たくなってきました。ただ、小栗さん主演映画が最近私の中でハズれまくりなので...まだ見に行くかは迷っておりますの。ただ、一つだけ言えるのは...「ミュージアム-序章-」は、白石監督らしさがあって面白かったです。作品情報 ※ドラマ版の方なので、イラストはお休みします。たまたま、ブロガーさんから教えていただき無料で視聴できました。今はどうやら無料期間は終わってしまったっぽい。GYAO! さんは、結構いい作品を放送してくれるし無料なので本当にありがたい。だから定期的にチェックしないといけませんね。そしてこの「ミュージアム-序章-」は、冒頭から白石監督のPOVってことでテンションあげあげ。あのどこか冷ややかな感じがするカメラワークはさすがです。ハッキリ言ってこれを好きだというと異常者みたいだからあまり大きい声では言えません。あくまでも作品として素晴らしいということです。残酷さや痛々しい問いかけの数々。どんどん追い込まれていく父親に最後まで残るものは何か。これは、容赦がないからこそ出てくる答えでしょうね。きっと、劇場版はここまではできないでしょう。それは分かっていますが。監督も違いますが。本編は一体どういう仕上がりなのか。気になるところであります。ちぶ~的残酷非道度5カエルさんを生で見ましたが、劇中のカエルさんはもっと艶やかだったような。こんなことならもっとよくみておくんだった。 人気ブログランキングへ にほんブログ村

      17
      4
      テーマ:
  • 27 Nov
    • お気に入りにゃんこさん、クラッチを激写!&プチ贅沢な週末の夜。

      みなさん、おはようございます秋田は、最近寒くて雪がチラホラと例年より冬が来るのが早く、嫌な予感…頼むから豪雪にはならないでおくれこんな寒い日が続くと旦那氏の実家のにゃんこもお家から出ませんね。実家には、飼い猫が6匹いるのですけどね一番、人見知りでいつも逃げちゃうのがクラッチちゃんなんですもう、一年も通ってるんだけどなかなか慣れてくれませんでも、この前は寒かったせいか…外に出たくなかったのか…ちょっと近づけたのでハッピーでしたとっても男前横顔がさらにカワユイ長老猫のちゃとらんは、誰でもウェルカムだからありがたいです来年こそ仲良くなりたいなぁきっと、外が暖かかったら逃げられてたでしょう(笑)寒いってのもたまにはいいもんですいつもの100円ネイルシールのネイルアートも豪雪の予感を表現夜は、二千円というお得なコース料理をいただきましたよ安いのにおいしくてゴージャスたまたまチラシで発見できてラッキーですそういうことは見逃さない私です(笑)あはは〜〜では、皆様 よい週末をちぶ〜でした🐷

      19
      4
      テーマ:
  • 25 Nov
    • もう、ガンガン「モーガン・ブラザーズ」

      完全に運動不足。頭痛がひどいのは、仕事中一切動かないからだろう。目も疲れており、腰も痛い。体がボロボロ。ということで、ストレッチ用のチューブスリマー買っちゃった。腹筋をパキパキに割ってみます(嘘)「モーガン・ブラザーズ」の兄ちゃんみたいにブヨブヨにはなりたくないしぃ~。  作品情報 キョウダイって同じようで違うわけで。仲のいいキョウダイって当たり前にいそうだけど、いなかったりもするわけで。これは、ブラックコメディな感じでちょと笑えるけれど。意外とやっていることはえげつない。こんなキョウダイの形はどうでしょう?私なら....御免だわ。ヒロインのビッチ感が安っぽくていい。巨乳だけど、全然かわいくない。なんだろう...こう~、いい感じのブスです。(小声)あれくらい身近な感じのほうがリアリティがあっていいですけどね。途中からラブコメみたいな感じがさらにオツ。弟はいい感じにバカなんですけどね。問題は兄ちゃんの方。いい感じの変態野郎。見た目からして最高に狂っている。スプラッタには向いている。意外とグロくて容赦がないので好印象。パッケージがあんなに明るいので、きっと安易に見てしまってびっくりした人も多いでしょう。まぁ、それくらいじゃないとホラー見てくれる人が増えないからいいんです。これが、きっかけになってくれればね。って...そういう話じゃないか。だはは。では、明るめのスプラッタを見たい人はぜひご覧くださいませ。ちぶ~的ブラザー度2結局、キョウダイよりも自分なんですよ。みんなそんなものでしょうけどね。 人気ブログランキングへ   にほんブログ村

      18
      2
      テーマ:
  • 24 Nov
    • 家族ってやつ「娘・妻・母」

      家族って色々な形がありますけれど。近くにいたら鬱陶しかったり、遠くにいたら急に会いたくなったり。なんだか面倒くさかったりするんですけど。言うまでもなく、なくてはならないつながりですよね。でも、自分以外は実は他人。血がつながっていても自分以外の人ってことになるんですよね、よく考えると。「娘・妻・母」を見て、改めて家族について考えさせられてしまいましたよ。 作品情報 成瀬巳喜男監督作品は、週末名画座 シネマパレで上映があれば必ず見に行くと決めている。ホーム・ドラマであり、小津安二郎監督作品風。でも、思ったより笑えない。というか、かなりシビア。今、こんな問題が現代では当たり前にある。そう考えると、この時代にこの内容はかなり先進的だったように思う。出戻りの娘が帰ってくる。姑と同居している嫁にとっては、さらに憂鬱なこと。それが、たとえ微笑みの女王 原節子であっても嫌なものはイヤなのだ。でも、そんなことは一言も言えないその兄の嫁・高峰秀子。あの反抗的な視線と口元だけが、それを物語っている。あぁ、こういうのよくあるんだろうなぁとずっと見入ってしまった。この切り取られたリアル家族模様は2時間もあったのに、ちっとも退屈しなかった。家族が一番揉める事件は、なんでもそうだが金である。次に嫁姑問題。次は、子供....だろうか。完全に勝手な予想だけど。この映画で映した問題は、どこの家庭でも共感できる部分が一つはあるだろうと思う。問題解決は、絆や情が解決してくれると思いきや...そうはいかないものだ。"自分"の生活がそれぞれある。言い分もある。誰だって損はしなくない。言いたいことが言える関係だからこそ、時に残酷な存在になり得るのだ。ラストの問いかけに私は答えを出せないでいる。自分だったらどうだろうかと考える。う~ん,,,,,もう、ポックリ逝かせてくるってわけにはいかないんでしょうかね。ちぶ~的ファミリー度5まぁ、こんなに還暦祝いで家族が集まるってだけでもまだマシかと思いますよね。現代ではこんなことさえない気がしますからね。  人気ブログランキングへ にほんブログ村

      19
      10
      テーマ:
  • 22 Nov
    • 燃えるカラダ!「スポンティニアス・コンバッション/人体自然発火」

      最近、ファンデーションをしていないので体温が上がるとすぐ顔に出る。休日はそんなことはないのに、仕事中は熱中するとどうやら熱くなるらしく...気が付けば顔が赤い。集中力って体温を高めるんだろうか。「スポンティニアス・コンバッション/人体自然発火」みたいに、火を噴くことはないけどさ。 作品情報  トビー・フーバー監督の人体自然発火。昔からある世界の七不思議らしいが...本当にそんなことあるんだろうか。その胡散臭さが好きだったりするんですけども。人が燃える系は、やっぱり萌えました~。人体実験。放射能。薬。そして、出生の秘密。ごくごく普通の男が、それを知った時....怒りという発熱に侵される。体温が普段から高めの人は注意していただきたいところ。人を燃やす感情。愛が。欲が。怒りが。その炎を呼び覚ます。もしかしたら、私にも眠っている火が体内にあるかもしれない。誰にでもあるダークな部分。この前は顔に出たけれど...今後、発火しないように気を付けたいと思います。ちぶ~的ファイヤー度5特殊メイク?効果?がやはり素敵!どんどん狂っていく主人公に共感してしまった私です。 人気ブログランキングへ   にほんブログ村

      19
      6
      テーマ:
  • 21 Nov
    • パスで「36 PASOS」

      私の仕事には、休みの人の代わりに対応しないといけない「休務」という係りがある。今まではその休務をやらないといけない週は、比較的楽だった。それなのに、組織改革をして休務をしながらほかの人とまったく同じ量の仕事をこなさないといけなくなった。休務は、当番制で1,2か月に1回は回ってくるのだが...私は、先週その順番だったので休務だったのだ。はっきり言って面倒なのでパスさせてほしい...「36 PASOS」のほうがパスしたい出来事だろうけどさ。 作品情報 アドリアン・ガルシア・ボグリアーノ監督の作品ってやっぱり独特すぎる。やっていることはありがちな設定なんだけど。個性的すぎる味付けのせいで本質が見えない。結局、なんだったのかちょっとしかわかりませんでした.....集められた6人の美女。ルールを破れば殺される。絶対に楽しくないはずのパーティー。なんだかイケイケなギャルが頑張っている。なんのことやら意味不明。いきなりスプラッタが始まり、この世界は崩壊する。誰にも感情移入できない。オシャレ感だけが最後まで印象的。これは、この監督の作風が好きな人じゃないとハマれないかもしれません。ちぶ~的36度4ステップが36って長すぎ。それまでに飽きるし逃げるでしょうよ。生き残るってここまで面倒ってことでしょうか。 人気ブログランキングへ   にほんブログ村

      18
      2
      テーマ:
  • 18 Nov
    • 何回でも「100FEET ワンハンドレッドフィート」

      最近、仕事で覚えることが多すぎてなかなか新しいことが頭にインプットされない。むしろ、古い情報を思い出せないこともある。まぁ、懲りずに何回でも上司に聞いちゃいますけどね。最近、やる気が出ないことも要因…かな。この「100FEET ワンハンドレッドフィート」みたいに一回死んだらいいのか…いや、きっと治りませんな 作品情報 これ、ひねりゼロなんだけど設定がいい。 ワケあり女のお家ホラー。元旦那との因縁対決。この題材は女性としてはちょっとぐっときちゃうはずです。詳細を言ってしまうと楽しめない気がするのであまり触れません。この角度からのホラーは新鮮だったので私はよかったと思うんですけど。他のところではあまり評価が高くない。ま、分かる気もしますが。キーワードは「バカは死んでも治らない」。悲劇はまた繰り返す。それは、まるで.....治しても治しても出てくるニキビのようですわ。ちぶ~的ファムケ度5怖がっている姿が余計に怖い。骨格がいつも気になってしょうがない。そして、おさげがここまで似合わない女優はほかにいない気がします。 人気ブログランキングへ   にほんブログ村

      25
      2
      テーマ:
  • 17 Nov
    • 耐える眠気「吼えろ鉄拳」

      悲しいお知らせが、この前ありました。週末名画座 シネマ・パレ が閉館するのです。まだショックから立ち直れてません。とにかく寂しいの一言。31年も続いたことは、本当に素晴らしいことです。閉館は来年の2月26日なので、それまでは、なるべく通い続けたいと思います。「吼えろ鉄拳」みたいな作品も、これからは劇場で見れなくなりますからね… 作品情報 と、思って見に行ったわけですが… あれ真田広之の正統派アクション映画かと思いきや…違ったよねぇ。ふざけてるよねぇ。という、楽しげなアクション映画でした。絶対に真面目に撮っていたら、ジャッキー・チェン並みの作品になっていたはず。だって、ヒロユキのアクションは不自然なくらいにキレっキレだもの。なのに…全体的にヒロユキがアイドル扱いで、演出が下手なコメディ仕立て。ヒロユキが髪をかきあげるシーンは、ヒッと声が出た。それくらいの衝撃。しかも、意味不明なアメリカ帰り設定。…ウケる(笑)と、結局おかしかったので楽しんでしまったワタクシやっぱり、シネマ・パレチョイスは侮れないわ。ちぶ〜的影の主役度5やっぱり千葉ちゃんがいると、最終的にパックンチョしちゃうよねぇ。無駄なかっこよさが素敵です。 人気ブログランキングへ      にほんブログ村  

      21
      16
      テーマ:
  • 16 Nov
    • ちぶゾンビ紀行「ロンドンゾンビ紀行」

      最近、やっと顔が落ち着いてきてゾンビ度は低くなりました。ずっとこの調子が続けばいいんですが。ゾンビ化しないために、まだアレルギー剤と漢方薬を飲んでおります。まるで、重病人のようです。発症当時に比べたら全然気にならない程度になってきたので、買い物に行ったりおいしいご飯を食べに行けるようになってきました。「ロンドンゾンビ紀行」は、もちろんロンドンが舞台ですが、またロンドンに行ってみたいと思うくらい気持ちは落ち着いてきましたよ。作品情報  あれ?これって「ショーン・オブ・ザ・デッド」に似ているなぁと思ったら...どうやら元々、この作品へのオマージュだったらしい。だから、ゆるゆるゾンビ映画。そして、クスリと笑っちゃう。じぃさん、最高だったわ。ロンドンの老人ホームが襲われる。助けようとする孫たち。その前にいろいろあるんだけど。ホラー苦手な人でもほのぼのしているので、きっと見やすい。ま、血みどろではありますけども。一番ウケたのは老人VSゾンビ。旧式のゾンビなのでスピードがのろい。老人と同じくらい。その対比がまた今見るとブラックジョークって感じで素敵。一番いいのはこのタイトルですけどね。ゾンビ映画には完全に飽きていますけれど、ロンドンゾンビには癒されました。ちぶ~的ロンドン度5ロンドンバスで逃げるってのがいいわ。確かにたくさん乗れるしね。観光にいってゾンビがたくさんいたら困るので、旅行はちょっと考えます(笑) 人気ブログランキングへ   にほんブログ村

      6
      2
      テーマ:

プロフィール

ちぶ~

お住まいの地域:
秋田県

読者になる

AD

テーマ

一覧を見る

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ランキング

総合ランキング
110000 位
総合月間
108738 位
イラスト
377 位
映画
425 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。