イベント損「イベント・ホライゾン」

テーマ:

どうも人がたくさん集まるイベントは苦手である。


参加しておけば、楽しいことや得することも多いだろうが....


基本、あまり人に会いたくない私にとっては苦痛だったりする。


社交的になりたいと思いつづけて32年。


仕事のおかげでマシにはなっているものの、いまだにどうにもならない部分もある。


なんでもそういうことに積極的に参加できる人ってうらやましい。



「イベント・ホライゾン」のウェアー博士と違い私は特別参加枠でも断ってしまう性格なんですよね。



作品情報
 


どこかで見た筋書が盛りだくさん。


あの映画とあの映画とあの映画の融合だなって探すのも楽しい。


で、あのワープの理論はドラえもんでもやっていたらしい。


元ネタは一体どこか気になるところ。

パクリというよりこの映画は、オマージュなんでしょう。


やっぱり、サム・ニールがいればホラー味になるので嬉ピー。




もはや筋書はどうでもいい。


7年前に消息を絶った超深度宇宙探査船イベント・ホライゾン号。


極秘で救出する極秘任務。


それだけで萌える。


しかも、ワープしたのかもしんないみたいな。


特別参加のウェアー博士(サム・ニール)が冒頭から超怪しい。


胡散臭さ満載で大興奮。


やっぱり~。


と、思いながらの展開にウハウハでウホウホ。


そして、なにより....


残酷描写が美しい。


飛ぶわ、飛ぶわの血吹雪。


不必要なくらいの勢い。


このグロさがカルト化しているのかもしれない。


私みたいな奴が好きなんだなという納得。


最後まで、サムさんが私を裏切らない。


いつもどおりのいい仕事。


紹介してくださった映画先輩 さんありがとうございました恋の矢







ちぶ~的ズバっと度5メラメラメラメラメラメラメラメラメラメラ

予想以上のグロ描写に萌えました。ありがとうございます。結構凝っているところも意外でした。

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村 

blogramによるブログ分析 


人気ブログランキングへ 




AD