シンガポール発・海外でたくましく生きるご案内

シンガポールでの生活からいろいろ

前回の記事の続きです。

タイのデベロッパーに喧嘩を売ったら



私たちは怒っていました。

なぜって、



<その1> フツフツと煮え立った怒り



購入後のホテルルームを

「連絡やら謝罪一切なく」

勝手に転売しておきながら、

今まで払った人様(我が家)のお金について

「こちらからの連絡を一切無視し」

2ヶ月も返金を遅らせたこと。




<その2> 火に油を注がれる



全然今回のケースと合ってない

「契約書8.3.1に基づいて」とか偉そうに

書いて、年利5%を何を根拠にしてるか

ちっとも
分からないちょー短い日割りで計算して、

平気な顔して
返金金額を

送りつけてきたこと!!!!!




旦那は、(私もですが)怒り狂っていました。

英語のネイティブですから、英語でタイの法律に

ついて(外人がタイの企業を訴えたい場合の

サイトなんかですね)調べて、




「こんな適当な対応しておいて、

外人相手に通用すると思うなよ!


偉そう、、、

でも、本当ですよ、

東南アジアは「これで普通!」だったら誰も東南アジアの

不動産を買わなくなるし、

そうなったら困るのは東南アジア各国

でしょう?!





ということで、

デベロッパー、シンガポールのエージェント、

偉い人から担当者から関係者全員CCにして、

旦那がメールしました。



■ 契約書を確認したが、8.3.1は建設が終わらなかった場合の計算で

あって、
今回の件とは当てはまらないうえに、日割り計算の方法は

全く意味をなさない。


今まで2ヶ月間、返金すべきお金を返金しなかっことの賠償については

一切触れないつもり
か?

■ シンガポールのエージェントから、転売された、という事実だけ

を伝えられ、
「5%の利息つきで返金」と口頭で聞いた。

謝罪の「フラットレート5%」と信じたうえで返金を決めたこと。

(デベロッパーがこの件について一切連絡してこなかったこと、

エージェントも電話連絡だけで契約書などの紙の契約がなかったことを

いいことにいちゃもんつけてみました。

相手の身から出た錆でしょう。)


■ 今まで、自分たちやエージェントがたびたび連絡を催促しても一切

連絡がないなど一連のひどいサービスによって自己資産保全の不安

をあおられ、
精神的な苦痛を強いられられた。



ついては、賠償として、

無理難題を押し付けました。



■ 支払い金額に対し5%ではなく、10%

(年利では
なくフラットで10%)の返金をすること。

■ ホテルの下見に旅行券とホテル代を負担してもらえるはずだった

ので、
サービスすること。




御社と自分たちの間だけで、法律を介せず

この問題の早期の解決を信じているが、

そうならない場合、

一連のPoor Serviceと自分たちの精神的な苦痛を

考えれば、今まで受けた苦痛について、

法的な手段を取るべきであると考えている。




極めつけは、こんな無理難題を押し付けて

おきながら、

「この件について、今日中に返信をすること」

はっきり言って、旦那は相当楽しんでました






シンガポールのエージェントが

焦って、前回のメールの後から、

「何かできることがある?

どうしたらいい?」

とたくさん連絡してきましたが、

(もちろんデベロッパーから、

「お前のクライアントを何とかしろーー!」

というプッシュが
あったんでしょう)




どちらかと言えば優しい私のほうは

一切メールを無視、旦那は、

「これ以外の条件はのまない

と強気の対応をしました。




私は、今までのあまりの対応のひどさに、

「このメールを普通に無視して、

自分勝手な計算方式の金額を

返金してくるんじゃないの?!





と思いましたが、旦那は

絶対そんなことない

と強気でした。





1日後、(当日にはメールが返って

きませんでした。)

メール添付で、偉い人のサインがついた

レターヘッドつきの謝罪文が届きました。

やっと、こっちが「普通」と思う対応を

してきました





押し付けた無理難題はどうなったのか?!と

続くんですが、





いろいろ書きたいことがあって、

続きます。長ったらしくてすみません。




↓応援のぽち!して頂けると嬉しいです!
 m(_ _ )m  いつもありがとうございます!
  


↓こちらも参加しています^^
 
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

チビママ子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。