◇ ミセスカルボのマイペース育児日記 ◇

2011年8月と2013年12月生まれの2人の娘と夫との日常☆
旅行やおでかけ、趣味に、ベジごはんやヨガのこと、そして節約。日々てきとーに、気ままに、更新中...
現在、3人目妊娠中です!


テーマ:

アイコンママブロネタ「お産の痛みを軽くするテク教えて」からの投稿


おもしろいお題なので、私も^^

「お産の痛みを軽くするテク」とは。
これまたすごいネタですね~

長女出産のときは、微弱陣痛で促進で出産となり
次女の出産前に、
「今度は促進にならないように、自然な陣痛で、お腹の赤ちゃんと私の力だけで出産したい」と思っていました。

そのために、一体何をすればいいだろう?って
結構ない頭で考えて出した答えが、「痛みを受け入れる」ってことでした。

ブログにも書きましたが、長女の手前陣痛が来たら(その前の恥骨痛とかも含めて)「痛いって言わない!」を目標にしました。

長女の時には身を小さくして体を固くして痛みをこらえていたけど
いざ、次女の陣痛が始まってからは
「痛みを軽くしよう」ではなくて
「痛みが強くなるにはどうしたらいいか」を全力で考えて
ヤンキー座りとかスクワットとか陣痛が強まるような姿勢を取って、下腹部の力を抜くようにして
「もっと痛くなれ~もっと痛くなれ~」って思いながら耐えました。
おなかの赤ちゃんに「おいでーおいでー、一緒にこの波に乗ろうー」って心の中で言いながら。

産院についてから5時間弱でぐっと痛みが強まって、最後の方は結局痛いー!!って叫んでいたけど、二人目の出産は促進にもならず、赤ちゃんの出て来たい波にうまいこと乗って出産となったと思います。


最終的に、強まらないと生まれない、生まれないとずっと痛いまま、なのでお産の痛みを軽くするテクではないですが結局痛い時間を短くするテクとして、「お産の痛みを軽くしようとしない」に尽きるかな、と思いました。


母子手帳に書かれた出産時間
長女は16時間
次女は半分の8時間でした。


早く会いたいよ

陣痛の時はこの気持ちですよねみんな。

だとしたら、ぜひ、痛みを受け入れて、痛みが強まるようにしたらいいと思います♥
とかえらそうなことを言いつつ、次女の出産でも最後の方は白目むいてぎょえーーーー!!!!って叫んでましたが。笑



最後にマタニティヨガのクラスで配られた詩をご紹介します☆
ご存知の方も多いのでは。
とてもすてきな詩です~♥

=====================

【私は子宮】

『私は子宮です。私の唯一の働きは収縮です。
 収縮はエネルギーです。私は今妊娠し、ベビーを抱えています。
 きれいな羊水をいっぱいに満たし、その中にベビーを浮かべて育てています。
 時々は可愛くてたまらず、やさしく収縮して抱きしめてしまいます。
 しかし、やがてそのベビーとの悲しい別れの日が来ます。
 
 予定日が来ると私はベビーを世の中に送り出すために、
 収縮して子宮口を開 きます。
 そしていよいよベビーが生まれる時は、世の中に出て呼吸するのに困らないように、
 収縮するたびに胸を圧迫して呼吸運動を教えます。

 私の不満は、私の主人である貴女が、私に「陣痛」というあだ名をつけて、
 いやな目で見ていることです。
 私は何も貴女を苦しめているわけではありません。
 むしろ私と一緒になって、ベビー誕生に力を貸してください。
 いえ、何も力を貸すといっても、そんなに難しいことではありません。
 私がエネルギーを出して力いっぱい収縮したら「あら、お願い。ご苦労さん」と言って、
 心と体をリラックスしてくれれば、それでいいんですよ。
 
 そしてゆっくり息を吐いたり、動きたいよう動いてみてください。
 そ れだけで私の仕事ははかどります。
 
 まあ、妊娠中も時々は私に話しかけてください。
 そして私が抱いているベビーともお話してくださいね。
 私達はよい仲間なのですから。
 触ったり、なでたりしていただくと私、本当にうれしいのです。
 それではお産の時にまた会いましょう。サヨウナラ』

「自然出産とマタニティ・ヨーガ」(九島璋二、森田俊一、森佐知子 著)より抜粋。

AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。