◇ 三姉妹育児日記 ◇

2016.6〜3姉妹の母ちゃんになりました☆
子どもたちの成長記録やおでかけ、年中長女のお弁当記録をメインに、日々てきとーに、気ままに、更新中...


テーマ:
週に一度になった妊婦健診、37週の健診に行きました。

最後の超音波検査を終えて、赤ちゃんも気持ち小さめだけど、元気。

うん、順調♪と、助産師外来のお部屋に入った途端

助産師さんに「今回は助産師外来じゃなくて、医師外来にこのままご案内します」と・・・

どうやら、超音波で見た羊水の量を測るAFIという値が、5.0という入院ギリギリのラインだそう。

上2人の妊娠でも、羊水量についてトラブルが起きたことなど無かったので

不安になりつつ、よくわからないまま、医師外来に回されて

お医者様に再度エコーで見てもらいましたが

やっぱりAFI値は5.8


お産に近づくにつれ、段々と羊水は減るそうなんですが、この時期の量としてはやっぱり少ないそうで。

羊水が少ないと、胎動や体勢によって、へその緒など圧迫されやすく

赤ちゃんが苦しくなってしまう危険があるとのことで

赤ちゃんがまず元気か見るために、NSTをすることになりました。

しかも、NSTの結果赤ちゃんが元気なければ、即入院と・・・Σ(゚д゚;)



NSTの結果、赤ちゃんは元気。

心音も、胎動も元気だそうで、よかった。


再度、先生とお話で、3日後に再度診察をして、羊水の量がさらに減っているようなら

誘発分娩で赤ちゃん出しますと。

羊水キープで赤ちゃんも元気なら、また週末に健診、という流れになると。

先生いわく、空気読んで赤ちゃん自ら出てきてくれるといいね~なんて言われて

えーまだエコーじゃ2550gくらいだったのに?とか思いつつ。


そんなわけで、明日の再診をドキドキしながら、待っています。


確かに言われてみると、今まで2人産んだときより、お腹の柔らかさは無いような。

かといって張ってるわけでもなく、ああ、お水が少ないのか~と納得。

水分を摂るように言われたので、なるべく摂るよう心がけています。


とはいえ、飲めば増えるってものでもないようですが。


いろいろと病院の中を、超音波から、助産師外来から、診察室から、NST室へと移動も待ち時間も多くて

こどもたちはお昼が近づくにつれ、限界になり

夫と車で待機しててもらったんですが

診察待ちをしながら、このまま入院→出産?といろいろ案じてくれてたようで。

誘発になれば、仕事も休みやすいし、動きはとりやすくなるから

それはそれでいいのかなあ、なんて言われたんですが

誘発といっても、すればすぐに産まれるってものでもないだろうし
(よくわからないですが、陣痛来ても子宮口開かなきゃ産めないだろうし)

誘発してもなかなか生まれなきゃ、それこそ赤ちゃん弱って帝王切開になる可能性だってあるだろうし

なんて考えたら、やっぱり自然に陣痛が来て産まれてくれるのが

なんにせよ一番なのかな~と思いました。

赤ちゃんが危ないとなったら、迷わずにお医者様に全てお任せしますけど

明日の診察で、羊水が少しでも増えていて、赤ちゃんのタイミングを待てるといいな~と思います。


本当にお産っていろいろですね。

人それぞれなのはもちろん、同じ両親から生まれてくる子たちでも

上二人とはまた違った展開になりそうで、私も夫もヒヤヒヤです。

絶対大丈夫なんてことは、ありえないものでもありますし

自分の体と赤ちゃんの様子をよく観察して

無事に赤ちゃんを抱けるように、過ごして行きたいと思います。

入院準備も万端にしておかなくては!!!

そんな37週のびっくり健診でした~




ペタしてね読者登録してね
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。