1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-07-20 17:30:18

防衛装備庁とイスラエルの共同研究

テーマ:日本
以前にも書いたが、防衛装備移転三原則により、日本はイスラエルと武器の共同研究・開発を進めることになった。
この「新三原則」は以下のとおり。

①国連安保理の決議などに違反する国や紛争当事国には輸出しない
②輸出を認める場合を限定し、厳格審査する
③輸出は目的外使用や第三国移転について適正管理が確保される場合に限る

イスラエルとの共同研究・開発は、イスラエルが国連安保理決議を1967年の第三次中東戦争以来ずっと無視し続けるゆえに①に抵触しているはずだか、それを野党も問題にはしない。ゆえに、イスラエルとの武器の共同研究・開発に異議を唱えようとはしない。

また、③については、イスラエルは世界有数の武器輸出国であり、数々の紛争当事国にも武器を送っている。そこで武器がどのように「適正な管理」がされているかなど、日本政府がコントロールできるわけもなく、ゆえにこれも「新三原則」にも反している。

②についても、一旦国外に出た武器や防衛装備品、または共同開発した武器を、日本が厳格審査など出来るわけがなく、いかような解釈・運用も可能であり、この条文は全く意味をなさない。

この「新三原則」は安倍政権下で閣議決定されたものだ。兵器ビジネスはこの「新三原則」で武器ではなく「防衛装備品」と言うように武器だけでなく、軍事転用可能なあらゆる民生用機器を含み、日本企業にとっては莫大なビジネスチャンスとなる。

また、これまでは海外との共同研究・開発ができず、輸出もできなかったために自衛隊の兵器は膨大な価格となり、自衛隊はそのコスト高に喘いでいた。
「国産兵器」が誰かを殺すことになりかねない「新三原則」は国家と企業双方にとって、いわばウィンウィンなのだ。

しかし、この「新三原則」を規定し、閣議決定したのは安倍政権ではあるが、この道筋を作ったのは2011年の民主党の野田内閣であることを忘れてはならない。
民主党(民進党)には安倍政権の積極的平和主義に異議を唱える資格は実はない。ゆえに、イスラエルとの武器の共同研究・開発に異議を唱えることをしない。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-07-04 10:35:07

アスリートのドーピング問題

テーマ:その他コラム
ロシア選手の組織的なドーピングによる、リオ五輪出場停止がいま話題にされている。
しかし、スポーツ選手にとって問題なのは、ドーピングという問題が、あたかも薬物摂取による反社会的行為や違法行為だという、誤った認識や報道がなされていることだ。
体力回復のため、健康維持のため、体力向上のため、風邪や頭痛の投薬やサプリやドリンク剤摂取、医学的施術…。

例えば、アスリートではない一般人であっても、日常的にそれらの「行為」をしない「健康な人」が世の中のどこにいるだろうか。ほとんどの現代人は「ドーピング」を行っているのだ。
ドーピング問題がおきるのは、「薬物摂取をしているからアウト」ということではなく、「ここまでは大丈夫だが、これ以上はアウト」という基準のグレイゾーンがあまりにも広く、それが頻繁に改定されるからに過ぎない。

つまり、許容範囲内の「ドーピング」はずっとスポーツ界では認められてきており、ドーピング行為自体が「悪」ではないのだ。
すべての投薬や医学的施術が「悪」だというなら、風邪をひいてもインフルエンザにかかっても、胃腸を壊しても、薬一粒も飲んではいけない状況でマラソンを走り、競泳を泳ぎ、格闘技を戦い抜かなければ全部アウト、ということだ。

かつて、日本のスキーのジャンプやノルディック複合が世界を席巻していたころ、ことごとく日本人選手に不利なルールに改定されたことがあった。ドーピング問題というのはそれと同じく、これまで認めてきたことが「今日ルールが変わった(明日変わる、ではない)」ということで勝者をおとしめる「政治的行為」である。

「ここまではOK」と言われていた範囲内で、純粋に肉体を鍛え抜いたアスリートへの裏切り行為が、「ドーピング違反」でしかない。
「ドーピングがダメだ」というのであれば、すべてのアスリートを中世の生活に戻して一切の人工的なものを口にせず、動物の一種としての人間の極限を競うアテネの奴隷競技時代、に戻すのならそれも成り立つ。

しかし、それはものすごく退屈で、「平凡」な記録しか生まれない、広告代理店やスポンサーがどこも見向きもしないごく基本的な肉体競技だけの戦いになるだろう。
それでも見るほうはエキサイトするし、興行的に主催者やスポンサーがそれでよければ、いくらでも先祖返りすればいいだけのことだ。よほどの天才でも出ない限り、記録は今の基準からみれば「平凡」であり続けるだろう。

だが私は、「許されたルール内」でもっと上の極限を極めようとするアスリートに敬意を感じるし、同時にそれを「政治」で貶めようとする「権威者」を醜いとしか思えない。
と、ドーピングの罠に堕とされて叩かれ「自殺」に追い込まれた、イタリア人の自転車界の英雄、マルコ・パンターニを思いながらいらんことを言う。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-05-26 00:48:46

日米首脳会談を見て

テーマ:安倍政権
日米首脳会談を見て。

安倍さん、ある意味とても真面目だと思うし真摯と思う。
「自分は国民のために一生懸命」と真面目に思っているのだと思う。
でも、一方的に「お前のために一生懸命やったってる」と言い続けられたら気持ち悪い。

その押しつけがましい真面目さや誠意って、それこそ「こんなにお前のこと愛してやってるのになんでわかってくれへんの?」と憤るストーカーの心理と同じ気持ち悪さを、安倍氏の性格に感じてしまう。

しかし、かつては自民でもいい政治家はいた。近年なら青木幹雄氏や野中広務氏。特に野中広務氏は清濁併せた政策、交渉ができる柔軟な政治家だったと思う。
それに比べ、今夜の安倍さん。真珠湾についてのオバマ氏の問いに対する余りのセンスのなさ…。

まあ単に自分が、そんな安倍さんの押しつけがましさが生理的に好きでないだけかもしれないが。
構わんといて、ほっといてもらいたい。
AD
2016-05-23 23:17:09

ガザの空の下

テーマ:パレスチナ/イスラエル
5月23日現在、全国の紀伊國屋書店で拙著「ガザの空の下 それでも明日は来るし人は生きる」(dZERO刊)の在庫がある店舗を全部調べてみた。
お近くにお住まいの方、宜しくお願い致します(笑)。

札幌本店、厚別店、仙台店、新宿本店、大手町ビル店、北千住マルイ店、セブンパークアリオ柏店、横浜店、横浜みなとみらい店、武蔵小杉店、そごう川口店、川越店、富山店、福井店、梅田本店、グランフロント大阪店、本町店、広島店、福岡本店、久留米店、長崎店、熊本光の森店、アミュプラザおおいた店、大分店、鹿児島店。

ついでに、旭屋書店で在庫のある店舗も調べてみた。
船橋店、イオンモール浦和美園店、新越谷店、志木店。

大阪の老舗書店・旭屋、なんばCITY店も梅田店も、天王寺Mio店もイオンモールりんくう泉南店も置いてくれてないか…。大阪はおろか、旭屋は関西圏で一店舗も取り扱いなし(泣)。旭屋書店、散々子供の頃から通ったのに。地元つれないな~。

しつこいですが、三省堂ではこちら。
池袋本店、大宮店、名古屋高島屋店、大垣店、京都駅店、札幌店。

有隣堂は藤沢店に在庫が。

ちなみに私はまだ、書店に並んでいる自分の本を見たことがない……。
‪#‎ガザの空の下‬ ‪#‎ガザ‬ ‪#‎パレスチナ‬ ‪#‎在日‬ ‪#‎ジャーナリスト‬ ‪#‎紀伊國屋‬ ‪#‎旭屋書店‬ ‪#‎三省堂‬ ‪#‎有隣堂‬ ‪#‎鶴橋‬ ‪#‎生野‬

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-04-22 11:06:32

一ノ瀬泰造の母、信子さんへ

テーマ:ジャーナリズム関連
本の見本が届いた。私が感謝しなければいけない人たちはたくさんいるが、この仕事を始めるきっかけを与えてくださった、カンボジアで命を落としたカメラマン・一ノ瀬泰造氏の母である一之瀬信子さんに、何よりも感謝を申し上げたい。

以下、「ガザの空の下」まえがきより
------------------------------
私はその夜、高速バスを乗り継いで一ノ瀬泰造の故郷である佐賀県武雄市に向かった。突然やってきた見知らぬ男をご両親は居間に通してくださり、泰造が撮った写真やネガ、使っていた器材などを半日ほどもかけて見せてくれた。
食事までご馳走になり、そのときいただいた母の信子さんお手製の豚の角煮がとてもおいしかった。その夜、武雄温泉に泊まった私は、まるで子どもが知恵熱を出すかのように、大熱を出した。
しばらくして、一ノ瀬信子さんから手紙をいただいた。
藤原さんが御自分の将来への道を厳しく選択なさって決められたのが、ジャーナリストへの道です。あの日、お話を聞いていても迷いのないのを感じていました。
好きな仕事を存分にできる人は、この世に生まれてきた甲斐があると羨ましく思います。
藤原さんが信じる、独特のルポルタージュの世界を開発していって下さい。
一九九七年十二月二十三日
一ノ瀬信子
-----------------------------ガザの空の下
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。