ロバの耳~!

「おーいでてこーい」的な。


テーマ:
こんにちは。千葉です。

トーナメントになるとさすがに私も見ちゃいます、サッカー。っていうかね、首位だった時にも代表に一人も呼ばれなかった頃に完全に引いちゃったんです、この国の代表には。もちろん、本選で戦った選手たちが軸になるチームなのはわかってる、でも過程において可能性を広げなかったじゃないですか。プランは常にAに固定、だと、ねえ…いやこの話はよしましょうか。

先日来ようやく書けるようになってきたところで、次のお題はやっぱり集団的自衛権かなあ。って言ってはみましたけど、この件は一回で書けるなら誰も苦労しないし、そもそも問題にもならない。だからこれまでもあまり言及してきませんでしたが、明日にも閣議決定とかそんな事態になってしまっては仕方ない、何か書くとします。

この件について書くことがどうめんどくさいか、の例を一つ挙げましょうか。
「正義」をなすために、積極的に平和をもたらすために!といえば他者をぶん殴ってもいいという理屈には、「殴りに行った我々は殴り返されることがある」という裏面がある。こんな単純な事実を書くにもそれなりの手がかかります、そしてその問題があるからと「正義」をなさなくてよいのか!との反論も即座に想定され、それに対して「だからさ、まず君の言う「正義」ってなにさ」というまぜっかえしをしなければいけないこともわかっている。わかっているのに細部を全部切り捨ててご高説を垂れるのは趣味じゃないし、かといってそうそう総括的に取り上げられるもんじゃない。それこそ、最終的には「正義」ってのはなんなんだろうね、ってところに一定の答えを持ち合わせていないといけないわけですし。言い訳はこのへんにしましょうか…

*************

政治家が「戦争は我々が起こさない、責任をもって外交的に対応し、平和裏に解決してみせる!」と彼を選んだ市民に対して宣言するようなフィクション、これまでにいくつも見てきました。厳密にはフィクションとも言いがたいけれどキューバ危機を題材としたものなんかもその範疇に入るでしょうね。現実を見据えてぎりぎりの判断としてそう言っているだけのものから、本当は戦争をすること前提で(それによって利益を得るつもりで)動きつつも口先では民衆の支持を得るために、本来は戦争をしたくて仕方ないけどそれこそ表向きの小芝居をしてるものまで、いろいろと。

そういった描写をする作品に玉石あろうと、基本的に政治家は戦争を回避する、少なくともその方向で努力するものです。そりゃそうですよ、だって外交的解決こそが彼らの仕事なのだから。よく胸を張って仰るじゃないですか、「外交は国の専権事項だ」つって。それに武力による紛争はどうしたって国民を毀損する。それでもその犠牲に見合う何かが得られるのだ、正義がなされるのだ、と言い出すのは衝突がどうやっても回避できなくなった、まさにその時ですよ。

である以上、作中で彼らは当然武力衝突の可能性ではなく、外交によるトラブルの解消、つまり「戦争に依らない問題解決の可能性」を語る。当然ですよね、それが彼らの職分だもの。言い換えるなら、「戦争が回避できない=彼らの職業上の失敗」、なのだもの。もちろん、可能性がある以上備えはすべきです、千葉は別に誤解された「無抵抗主義」を奉じているわけではないですし。でも何よりもまず、外交、交渉、調整ですよ。敵対的な状態にある国があるとして、その国だってまずは武力で、なんて考えるわけがないのだもの。それこそ「13デイズ」でもご覧くださいませな、あれはあれでアイルランドのファミリー意識が気になりますが(というかエスタブリッシュメント層の帰属意識が民族なのかあ、ってこと、かな)。

では本題に戻りますか。日本国は戦争をしない国だ、と国を規定する憲法に謳っているわけですが、その状況を現政権は変えようとしているわけです。その謂はおそらく皆さんもニュースなんかでご覧になっていらっしゃるかと。さてその物言いを、いま考えてきた事柄を踏まえて考えますに彼らは「俺達はこれから失敗するから、その埋め合わせはお前たちの命でやるわ」って言っていることになります。そんな奴が、まともだと思われますか?まさか。

*************

と書いてしまう千葉のことは、あれですかね、世に言うお花畑とか平和ボケとか思われちゃうんですかね。もしくは「現実と虚構の区別がついてない」とか。
でもさ、言いたかないんだけど、今ここで書いたような、「戦争が回避できない=彼らの失敗」であることを見ずに「(偶発的に、またはあるとして敵対国によって)起きてしまう武力衝突の可能性」をテコに、「同盟の信義」とやらを名目に、自衛以外の武力行使の可能性を探る人たちのほうがよっぽど脳天気じゃないですかね。国民の命を賭け金にして遊んでいるようにしか見えない彼ら、あれこそお花畑なんじゃないっすかね。彼らは現実に起こりうる可能性をちゃんと考慮していない、夢のような武力の行使に、その可能性に酔っている、まるで子供のように。自分たちだけがなしうる仕事であるはずの外交には手を付けずに。

*************

手続き(というよりもはや手口だ、あいつら)とかいくらでも問題は指摘できるだろう、でも根本にある問題は彼らが武力行使の夢を見てる、ということだ。それも、その「戦争」でけっして自分は死なないだろう場所で、他人に死の可能性を強制しようとしておきながら。これが卑怯者でなくてなんですか、クズでなくて何ですか。

むしろ本当に思いますよ、これが虚構だったらどんなにいいかと。フィクションでなら何をしても現実に人が死ぬことはほぼない(ドイツロマン派の昔なら、本に影響されて自殺した人たちがいた事はいたから、絶対にない、とは申しません)、それに不出来なフィクションなら小バカにされておしまいだ。しかし、残念ながらこれは現実だ。まさか、憲法改正が無理そうだから解釈変えちゃって実質的に改憲しようぜ、なんてナチスの手口に学ぶ人間のクズがいようとは、ね。でも、と繰り返しておきましょ、これが現実だ。

どうも申し訳ない、この件では想像でボケている場合ではない、と考えます故こういう中身になっちゃいました。それも、これは一回ではほんのさわりにもならない。明日の閣議で人間のクズが、じゃなかったエイブしんぞうくんが何を決めようとも、解釈次第で何でもできる国になるような手口には反対していきます。ならず者国家への道ですもん、これ。そんなん、認められるわけないですよ、バカバカしい。

ということで今晩はこれにて。まったくご機嫌よろしくはないのですが…


13デイズ [DVD]/ポニーキャニオン
¥2,700
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。千葉です。

世界蹴球大会の話は特にありません。去年だったらね、「だからリーグ首位のチームから代表を選べというのだ」とかとぼけることもできたのですが…

まあいいんですよ、もう終わったことだし。あと「大規模世界運動会スルー月間」なので(2020年まで続く予定)。
それはさておいて、です。「想像だから!虚構だから!」と言っておけば意外に書けるもんだなあ、ということでもういっちょ最近のお題で書いておくよ!今日のは「トラブルシューティングにおける大人の知恵」の巻、スタートだよ!

*************

「あのヤジがそんな問題かね?(一同大笑)まあよい、既にことは起きてしまいそれは問題として広まりすぎた、その流れに正面から逆らうのは難しい、であれば奴ひとりの犠牲でことを収めよう。(参加者一斉に頷く、「異議なし!」の声も)

「そもそもあれのパフォーマンス色の強い活動は諸刃だったのだ、これはいい切り時だとみなすべきだ。あいつらと違って我々は別に隣国と敵対したいわけじゃない、その方向で支持を集めすぎるのも問題なんだよ(場内大笑、一部からはまぜっかえし)。いっときは票を集める役にたてたんだ、奴も本望だろ。(あくまで表情は冷たく、先ほどの軽口、まぜっかえしはここではなし)

「幸いほら、あいつ向きの受け皿になりそうなところもできるみたいじゃないか、昔のご縁で口くらいならきいてやれるんじゃないか?きっと大歓迎されるぞあいつ(場内一斉にヒソヒソ声)。ウチの会派じゃなければ美味しい思いはできないにせよ、思想的お仲間と組めるんだ、よかったじゃないか(悪い微笑みを浮かべながら)。

「他のヤジの発言者?いないよそんなもの。そういうことにしなくてなんの幕引きだ?奴ひとりが、議会において言うべきでないことを言って”議事進行に迷惑をかけた”から謝罪する、その筋書きしかないよ。何?問題はそういうことじゃない?言わせておけ、そのうち飽きるから。それに近々向こうの足元が崩れるから、こんな問題、気がつけば有耶無耶になるだろ(一同安堵したような笑い、少し意地悪い感じで)。

「ただなあ、他の発言をごまかすためとは言え(場内から笑いとまぜっかえし)、これはさすがにオリンピック開催地としてかなり不味いシナリオだなあ…その分と言ってはなんだがお国には便宜を図ってもらわんとな。そのあたり、取りまとめと根回しは頼んだよ、よろしく(一斉にヒソヒソ話)。

「他に何かあるかな?なければそういうことで解散にします。なお、この数日は有権者を名乗る市民さま(ここでいくつかヤジ、というか口汚いまぜっかえし)からの突き上げも多いだろうから、各々事務所での電話や対面での応答には十分に注意するように。うかつな発言をして火に油を注がないこと、流れが変わるまで頭を下げておくこと、これだけはくれぐれも守ってください。対応について意見や提案などあれば個別にお願いします、では以上で、お疲れ様でした。

*************

とかなんとか、本筋の話をしないで打合せをするとああいう対応になるよねえ、という想像でした。問題はそんなとこにあるんじゃないよ、ということがわからないからお外でネアンデルタール人とか言われちゃうんだけど、それも問題にしなければ流せると思っているのでしょう、あはは、バッカだなあ。

この件、発声しちゃったがっかりさんたち(一人ということにしたいようですけど)だけじゃなくて、彼らを許容している我が国への視線をも厳しくするものにならなかったら吃驚ですよあたしゃ。昨日書いたような足元狙いの恫喝的スキャンダルなどが今後出るようなことになれば、それこそ自爆行為になるのですが、さてどうなりますか。

本筋を見ないことにするばかりに支離滅裂な反応になる、しかし「これまではそうだったから」で押し通せるところまでは押し通す。それが最悪の形で露見したのが原発事故とその後の対応だったんじゃないっすかね、と最後は想像ではないご意見で〆てみました。さあどうなりますやら。ともあれ本日はこのへんで、おやすみなさいませ。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。千葉です。

主に政治家を中心とする、アホらしい話の絨毯爆撃に辟易して黙ってしまいましたが(人様を素朴に阿呆だ莫迦だとただ罵るの、書いてても全然面白くありませんから)、せっかくタイトルからして高らかに「想像で書いている」としてるんだもん、もうこういうのは思いついちゃったら即書いちゃおうそうしましょ。ってことで。

*************

タレント出身の議員ってさ、その公私含めた知名度が目的で擁立されるものだと思ってきたんだけど(それこそ宮田輝の昔から)。多かれ少なかれ過去のあれやこれやを握っているから、何かあったら簡単に貶められるようになってる、という実に卑怯な狙いもあったんかなあ…

最近は全然見もしないけど、トーク番組ってやたらぶっちゃけた話をしていたしさせたがってたじゃないですか。そこでついうっかり後々悪く使えるような話をしちゃっていたりすれば、それはどこかのタイミングで切れるジョーカーとしてストックされちゃってんの。それはもう、文脈もへったくれもない最悪の手段なんだけど、とりあえず「新しいスキャンダルの暴露」ということで話題はそっちに移るからさ、敵対者を貶める目的はいちおう達成できるし、それで話題の軸が移ればそもそもの問題についてもそれ以前ほどは言及されなくなるよね、っていう。

きっと、こういうことができる思考様式の持ち主の皆さんが、「性的サーヴィスを受けた後にお説教をかます」ことができるんだろうな、と、半ばは金銭的事情で(笑)そういった接遇を受けたことがまるでない千葉は想像するのですわ、あはははは。

*************

とまあ、この数日の動きに対する「反撃」として本筋じゃない部分での、足元狙いの攻撃として現れるだろうスキャンダルについてはこんな想像が簡単にできるわけだけれど、もうちょっと踏み込んで、もっと厭な想像をしてあげると。

ときどきいらっしゃるじゃないですか、「新奇な提案で目立つけど内部でさえ賛否が割れそう」だったり、「どう見ても無理筋に近いけど数押しならなんとか」みたいな政策について、先頭に立って活躍するのがタレント出身の人だったりするケース。
これもね、知名度を活かして争点化をスムースに進めて法案化への地ならしを速やかに行おう、という見方をしていたんだけど。それがないとは言わないけれど。

上記の想像が少しでもあたっていたら、この人たちって情報を握っている人たちには逆らえないよね、いつそのカードを切られちゃうかわかんないんだもん。であれば選択の余地などなく鉄砲玉をやらされることもあろうし、その意がどうであろうとその芝居を続けるのが役目になっていくこともあるのかもしれぬ。その芝居ルート以外はすべて予め絶たれていて、それでも代議士として在り続けるのはもはや自己目的化した空虚な在りようだとは思うけれど、生活のためだからありなんですよねきっと(投げやりな結論)。

*************

ま、あくまで想像だからね、きっと怪しげなワクチンを推進したり、変な教育に関する意見具申をするのは本心なんだよね、だから真意なんて忖度してあげないんだからねっ!(なぜそう落とすか)

ということで本日の想像はここまで。ではまた。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。