ロバの耳~!

「おーいでてこーい」的な。


テーマ:
一昨日から報じられている事件は、あまりにも酷くて「酷い」以外に言えることが何もない、と思っていました。だから亡くなられた方に手を合わせ、負傷された方の快癒を祈り、おそらくは関係各位の精神的苦痛のケアも多く必要であろうから、遺漏なきよう対応されたし、などと思っていたんです。

ところが、ですよ。あの事件は被疑者の言によれば彼なりの確信を元にした行為であるらしい。だが、それは明らかに反社会的な犯罪を裏打ちするだけのもの、その詳細を伝える必要はない。
考えてみてください、ハッキングもされていないのにテロリストの犯行声明を喜々として放送し、剰えごていねいに価値判断抜きで解説までしてくれる番組があったとしたら、それはそうとう反社会的なものではありませんか?

まずは酷い事件があったこと、それは人倫に悖るものであることを明確に示して否定して、その上で要素として抽出した上で、いわば毒抜きをした上でようやく俎上に載せることができるはずの毒物を、いまマスメディアはもてあそんでいる。その意味も影響もわからずに。
痛ましく、酷い事件だ。その根底にあるものが何かを探ろうとするのはいい、でもその際に気をつけるべき事柄はある。その程度の配慮をしないのは、もはや被疑者への共犯行為になりかねない、と自戒して無用な憶測や被疑者の主張の拡散を避けなければならない。そのくらいの注意深さがあって初めて取り扱える、下手をすると時代を画してしまいかねない危険な事件だとわからないのだろうか、といささか心配になる。

*************

メディアについてはそういう番組を無批判にご覧になっている人はそろそろチャンネルを変えて、名画でも見られることをお薦めしますよ。昼の時間帯ならBSプレミアムが平日には毎日映画を流していますし。「相棒」の再放送しか他に選べないなら、お散歩でも読書でも、音楽を聴くのでも演奏するのでもいい、とにかく無神経で危うい報道から離れたほうがよろしいかと。何故かといって、それはひとえに被疑者が素朴に信憑しているフシがある優生思想に影響されかねないから、です。あの素朴さは、”思想”と称してあげられるようなものではなさそうだけれど。

優生学は自分個人の視線を離れたある水準から社会、もうちょっと言うと人間という「群」を俯瞰して、恣意的な線引きを行うことで人を選別します。こういう文字どおりの上から目線(誤用)は、何が怖いって自分を例外視してしまうことですね。自分は線で引かれて不利益を被ることはない、だから冷静に「神の視線」で社会を、組織を、制度を見ることができる、そう思い込める。

こんなことを言うと「学問とか完全にそれっすよねwwwww」とか、なんというかコメントの語彙が数段低劣になるような反論が想定されますが、だから学問は慎重に根拠を、論拠を探って共有可能な認識をつくり上げるんですよ。思いついた事柄が論駁に耐えうるような、相応の強度のあるものとみなされるまで鍛えあげることが求められるわけですよ。相対性理論を思いつくだけなら他の人にもできたかもしれないけど、論証に足るだけの強度を持たせることができたのはアルバート大おじさまだったわけで(違)。

本題に戻りましょうか。なぜ優生学的なものはもはや認められないかといえば、その線引きにおける恣意の存在が許容されないから、です。誰がその線を、どのように引くかを考えたとき、あなたはどのように感じますか?線を引かれる側として考えるか、線を引く側として考えるかでその判断は変わり得るでしょうね、きっと。

「線を引く側」に自分がいる、という想定がすでにそうとう傲慢で脆弱なものなのですが、思考の中ではその弱さに気づくことは難しい。だってそこには他者からの反論がないのだから。自分に不同意の人さえも納得させうる議論を展開できなければならない、ではその納得の水準はどこまで高められる必要があるだろうか。不断の努力、繰り返される検討、それでも得られないかもしれない妥当を目指して研究とか議論は行われるわけですよ。どちらか腕っ節の強い方が勝つと白黒つけるためでは、けっしてない。もちろん、そこで殺意など抱いたらおしまいだ、その人の言も研究もすべて考慮に値しないものとなりましょうよ。

*************

どこかに線を引いて区別/差別を行うことに対して、この国は相当鈍感になってきているように思います。この線を引く場所を被疑者は障害の有無に置いた、そして犯罪者として裁かれることになるだろう。

では「憲法に基本的人権などいらない」という政治家はどうか?人間一般として生存権を保証する憲法を否定するとき、彼ら彼女らは人間上/中/下の線を引いているのに、そこは問題ないように扱われている現今、こういう短絡的な発想に基づく事件も起きましょうよ。せめて、それを助長しないように配慮していただくことは望めないのだろうか、と暗い気持ちで考える日々は始まったばかりですよ。

(なお、「憲法を変えることが党是=現体制を転覆することがモットー」の連中について何も考えたり願ったりしないのは、あの連中の発想を変えることは無理だからです。あしからず)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
地方自治の話は前にもしたから、正直食傷している。それに、根本的にその地域の人が考えることだと思っているのだけれど、さすがにここまでメディアを使って騒いでこれか、という話くらいはしておきたい。ちなみに前の話はこういうの(前も都知事選でしたね)

あのう、舛添要一氏を降ろした理由は「違法ではないが不適切」な支出などが主な理由でしたよね、セコいとか散々に言われて。では、その次の人を選ぶ際にはまず厳密な”舛添基準”の身体検査が必要なのではありませんか?最初の争点はそこで、その基準をクリアできない人を選んだら何のために彼を降ろして選挙をしているのかわからない、そういう選挙だったのでは?
だから残念なことに、もし舛添要一氏を降ろしたことに意味があったと思うすべての人は、まず金銭疑惑のある方を外すことから支持する候補選びをはじめなければならない。もの凄く素朴な論理ですよねこれ。同じ過ちは避けなければ、選挙をわざわざする意味がない、でしょう?

しかし現実には、その疑惑がある人については深く追求せず、その人がいま現在勝ち馬になる可能性があるような報道が多くある。これは何を意味するか、といえば「あの候補者について疑惑は不問にする」という取り決めでもあらかじめあるものと疑わざるをえない。そうでなければセコく政治資金を掠めているかもしれない疑惑は、舛添氏同様の扱いをメディアから受けるはずでしょう?これまた書いていて嫌になるくらい素朴な論理です。

*************

ここからもう一歩踏み込んだ推測をするならば「彼女は何か、言及していない争点を持っていて、その一点において他の疑惑や不同意点は許されている」可能性を考えることができます。割と場当たりに、他の候補者を落とすためならなんでも使う候補者(おそらくあの人が所属している政党(応援したら除名されるらしいのに、本人はまだ除名されていない不思議はおいておきます)は喜ばないだろう築地移転問題とか、実際に着手するかどうかはさておきよく言うなと思ってみています。空手形、って言葉を意識しないわけには行きませんが)が、それでも触れない何か。
舛添氏同様の疑惑さえ不問になるのだから、いったい少し前にメディアがあれだけ騒いだことの意味がなんだったか、と普通の記憶力があれば思いますもの。何かの理由で、本丸以外は手を付けてもいいことになっている。そうでもなければ、党に反旗を翻しながら除名もされずに選挙戦をまともに戦えるはずがない。
陰謀論って言葉は方法的懐疑すること自体を否定するものなので、ここでは採用しません。単純に「舛添基準をクリアできない可能性が高い候補が当選しそうだ」という状況を説明するための検討です、これは。

イメージで当選させて、何かあったらまた追い落として選挙やりますか?それともきちんと身体検査しますか?前者を選べない状況を、つい先日までのマスメディアは作ってしまった、しかし現実はそうなっていない。この世間の忘れっぽさが有利になる人がいるならば、そこは疑ってみよう。その程度の懐疑的なスタンスまで陰謀論にされてしまうなら、私たちは思考しないで生きていくしかないですね、あはは。二重思考どころじゃない、まったくの無思考(さいしょ虫鋼って変換された)。

*************

昨日放送されていた「ロッキード事件の本丸は民間機じゃなくて軍用のP3C購入の件、騒いでいる間にそっちは触れもされず数多くのP3Cが納入されてきて今に至る」という目眩ましの実例を見たばかりなので、つい考えてしまうのですよ。きっと、当時大人だった皆さまもどこかのタイミングで”事件”の本筋が変わったことには気づかれたのではないかと思う、でも当時は情報も拾えないし個々人が発信することも難しかった。でも今はそうじゃないですから、「それ変じゃない?」という引っ掛かりは気がついた時に書いておかないとあとで後悔してしまいそう。そんなふうに考えるのでこれからもちょこちょこ書きますね。

ということでまとめると、「少し前の問題と現在をきちんと付き合わせる程度の簡単な整合性、それくらいは持ちましょうぜ」ってなお話でした。では。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
争点がどうのこうの、と各政党や立候補者たちが言うけれど、そんなものは誰かに決めてもらうものじゃない。投票する個々人がそれぞれに持つ価値観や利害、思考や信念に基づいて自由に決めればいい。そうしなければ、投票行動が「自分の代議をする人を選ぶもの」ではなくなってしまうじゃない。考えるための補助線になるとしても、その補助線のとおりに考えるかどうかも含めて投票は自由だ。これは一般的なメディアが言うこととは逆になるけれど、ここをスタートにして考える方がいいと思うよ。

根本から考えるなら、そもそも選挙では先ほどもさらっと書いたとおり代わりに議論する人を、自分の意見を託す対象として選ぶものだ。そこで信頼できる人がいるならその人を選べばいい。簡単な話だ。もしその人が政治的に考えが近かったら考えるまでもない、決定。
むしろそう簡単に考えられないケースがほとんどで、だから皆さん迷ったり困ったりするわけです。すみませんね、わかってるのに回りくどく書いちゃって。

*************

投票する個々人の優先順位で、まずは現在に対する判断をするのが最初の検討です。現状がいいと考えるならこれも簡単、現政権を支持を投票で示せばいい、終了。
現状に不満がある、問題があると考えるなら、ここからが考えどころですよ。争点は何か、なんてメディアは言うけれど、根本的に「現状に対する責任者である政府に対してどう考えるのか」が最初の、そしてメインの争点です。与党に票を投じる人は、根っこのところで現状に不満がない、彼ら彼女らに預けることを選ぶはず、なので。

であれば、現状の「何が」問題だと考えるかでこの先は分岐すると考えましょう。
たとえば経済。現在の不況(政府は認めませんが)は、あきらかに内需の縮小がもたらしている。その問題は私見するところ消費増税に起因する。金融緩和と消費増税はアクセルとブレーキを同時にベタ踏みするようなもの、その状態の解消なしに景気が回復するわけもない。その考えに近い方向で政党、候補者を探すのがよろしいかと。もちろん違う考えの人はご自身の理路でお考えくださいな。
経済、とざっくり言うと景気がどうのこうの、とか株価がどうの為替レートが云々言い始める人も多いでしょうけど、自分のおさいふと相談するところからはじめていいと思いますよ、私は。そこからは逃げられない、自分にとっての経済の現場はそこですから。もう少し広く、自分の仕事や業界を考えたっていいけれど、自分起点で考えることをお勧めします。

たとえば外交。広義の外交ということで武力行使的なものまで視野に入れてもいいでしょう。個人的な見解では、自国を戦場にするような戦争をするのはそもそも外交の大失敗なので、そういう政策は愚かです。それをしないことを大前提に考える、であれば。その先は自分で考えましょうね。個人的には対話を大前提にしないと、不用意な衝突が事故的に発生する危険が否めない、と考えますが如何。これも自分起点で捉えれば、我々個々人は戦場に行く可能性も低いけど、攻撃されたときに抵抗できる立場にもなれなさそう、というのを前提にすべきでしょうね。

基本的な考え方はこういうことです。

*************

他にもそれぞれに争点はあるでしょうけれど、根本的なところで私がお勧めする判断基準は「現職が嘘つきではないかどうか」を確認することです。嘘つきはまた嘘をつく、かつて選挙の時とは異なる行動をして恥じないタイプの代議士は信用に値しない。

残念なことに、日本の代議士は個々人としていくら信用したい人物であっても、党議拘束というかたちで所属する政党の方針から逃れられない。その人が何を言っていても、最終的には政党の決定どおりに一票を投じることになる。だから「人柄が」ってのが一番、代議士を選ぶ際には役に立たないんですよ。無所属の場合は、将来的にどこかの政党に入ることを考えて是々非々にバイアスを掛けて行動しているので、結果的にどこかの党に票を投じることになる場合が多いですよ。ご注意ください。例外は「生活の党と山本太郎と仲間たち」、あそこは党議拘束しませんね。人本位で見ても問題ない、数少ない政党です。

話を戻します。その「嘘」が、「選挙中は言わなかったことをメインにした」ようなものか、「力足らずでできなかった」ようなものか、そのあたりも見極めるとよりいいでしょう。失敗の原因はいろいろだけど、故意でやってるものは嘘と同じ。故意でない場合はそこから見えてくる問題が、おそらくは今後に問題として立ち現れる、はず。たとえば鳩山政権の失敗からは、官僚制が政府に負けない力を持っていて、しかもその力は必ずしも国のために機能するわけではない、という事実が現れました。時間は相当かかりましたけどね(その間に相当多くのものが不可逆に変わってしまった)。現在起きたことから何も学ばないのでは、いくらなんでも惨めじゃないですか私たち。

*************

個人的な争点は、最初から最後まで「憲法」でした。国を規定する最高法規に対して礼のない現政府の動向はとても許容できるものではない。というか、「改憲は党是」という政党は、そもそも日本国に対して敵対的な存在だ。その政党のどこが”保守”なのか、ご存知のかた教えてくれませんかね。
もちろんこれは修辞的疑問で、彼らが保守したいのは明治維新以降の70数年のものだけです。その時代が戦争の敗北で終わったことを認めないほどの頑なさは以前から不信感しかありませんでしたが、この数年でより明確になりました。だって、現政権が提示する「改憲案」、実際には日本国憲法に置き換えられる別物の憲法案には基本的人権すらまともに尊重されないのですから。
その姿勢は今日話題になった密告フォームにも現れているとおりでしょう。彼らは不思議なことに自由と民主を名乗りながらいつも全体主義を志向する。悪趣味な冗談はあの政策で保守を自称することだけにして欲しいのだけれど。

そんな彼らがこの先示すのは、復古的な「帝國」の夢でしょう。その帝國を想定して、自分起点で物を考えるならば自ずと出る結論はひとつです。自分がまともな人間として扱われる可能性は、ない。身分とコネがなければ人間扱いが期待できない世界を望むか、せめていま程度のいきもの扱いを堅持するか。極端に聞こえるでしょうけれど、そういう選挙になることでしょう。で、予想はしていますが期待せず結果を待ちましょう、というのが今の心境です。剣ヶ峰、土俵際、分水嶺、そんな変化を目の前に個人でできることなんてあまりありませんしね。

個人にできるのは結果を予想してあきらめることではないし、結果を先取りしたつもりで勝ち馬に乗ろうとすることでもない。ふつうに自分起点で考えて、自分の一票を行使しましょうね、という素朴な結論にしか、どう考えてみてもならないのです。別に諦めなくていいし、わからないと投げなくてもいい。ここで自分は与党(と、閣外協力する一部の野党)に否定的ですが、政府与党を支持する人はその思うとおりに投票されればいい。繰返しますが、個々人にできることはそれだけです。

ああ、久しぶりに当たり前のことを書いたな、という無意味な充実感を感じながらこれでおしまい。では。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。