ちばシティ乗馬クラブのブログ

千葉市若葉区にある、都心からも通いやすい乗馬クラブです。馬場の日常やイベントなどをお知らせいたします!


テーマ:
かねてから奥の馬房にて療養中でした
レインボーブラック号が4月13日(木)の夜に
大往生しました。
ここに感謝の意をこめてご冥福をお祈りいたします。

①まだ艶のあった頃
天国では先代の社長、加藤光昭(てるあき  と読みます)が喜んで迎えてくれた事でしょう。
『お、※1 ブラ!やっとこっちに来たか?
どれ、久々に乗ってみるか……』
『誰か昨日勝手に乗っただろ?
隠れて乗っても馬が教えてくれるんだ』
まあ多分こんな感じかと。

※1  テリー(加藤氏のあだ名)は本当に当時ブラックをこの様に呼んでいました。
今ならセクハラかと。
実際に船橋時代には夕方クラブに来て
女子スタッフの島野に『おい!ブラ出せ!』と言っていました。
島野は直後に裏で他のスタッフの前で
下着を外す仕草をして楽しんでいたらしいです。


レインボーブラックは
1989年(平成元年)5月25日に北海道で生まれました。
競走馬時代は23戦して5勝しました。

中央競馬では高橋英夫厩舎に所属し
1992年4月18日の4歳未出馬戦のデビュー戦で3着。
その後も3着-3着-2着-1着-8着-1着-6着-9着-5着-3着-7着-1着-3着と活躍し、1994年11月26日が中央で最後のレースとなり6着でした。

翌年2月24日に左前屈腱炎にて競走馬登録抹消となりましたが、翌日船橋競馬場へ転籍して休養、函館喜弘厩舎に所属し
その年の9月6日に
再デビューし見事に1着!
11月21日の10レースでも1着!
しかし翌年8月29日のメインレースで3着に入るもこれが最後のレースになりました。

その年(1996年=平成8年)の12月に7歳で船橋乗馬クラブにやってきました。

当初はかなり厄介な新馬でした。
恵まれない食生活の中、ナゼか常に危険なハリハリ状態。
馬との対向場面では、必ず暴れていました。
今のブリランテの比ではありません。
レベルが違います。

当時市船(市立船橋高校 馬術部)を卒業して手伝いに来ていた大学生達は(高橋ひ、原嶋等)夕方テリーが来た時に、レインボーブラックに乗せられない様に厩舎の裏に逃げ隠れしていました。

そんな『貧乏クジ』だった馬がいつの間にか
『乗りやすい』と評判になっていきました。
これは先代の調教の賜物です。
テリーはいつも輪乗りにて斜め横歩をブラックに永遠にさせていました。
徹底的に単独脚への受け入れを要求し続けた結果、反応のいいシンプルな馬に育ったのです。
ある時期からかブラックに乗ると上手くなった気分が味わえる様になりました。

新しいスタッフの面接時にも、入社を迷っているなと感じた時にはブラックに乗せてみると
『また乗りたい馬』と感じてもらえた事が
入社への決定打となった事もありました。


②船橋乗馬クラブ時代の部班風景


多くの会員さんや高校生、若いスタッフに
自信を付けさせたブラックでしたが、
私も一時期、2頭いた競技馬が疝痛で死んだり(ラメール号)蹄葉炎で長期休養(エース号)となった時に、急遽お世話になった時期がありました。

2003年12月6日  宝馬  秋季ホースショーの
中障害Dに出て満点で6位

翌年6月6日の県大会も中障害Dに出場しましたが、片方のシリウスで1位になりましたが、
楽に乗りすぎたらナメられて前半でまさかの失権。
続く10㎝高い中障害Cクラスでは気合いを入れ直し無事に止まる事なくゴールして周囲から
『何だ、飛ぶんじゃん』と言われたのを良く
覚えています。

公認競技会以外は記録が残らないため
列挙出来ませんが、本当に多くのライダーを
入賞に導きました。
『私のこの成績を掲載して!』
『この思い出の掲載を是非!』と
思う方がいましたら海宝まで原稿をお持ちください。

2007年3月の競技会は思い出しました。
選手会長、山崎秀弘さんのご子息の拓未(たくみ)君が馬事公苑で開催された
トキノアラシ号記念馬術大会の100㎝クラスで
見事に3位に入賞しています。
インドア競技でした。
当時、会員が100㎝クラスをあの大舞台で上位入賞したのは本当に驚きでした。
拓未君がオヤジを超えた瞬間でした。

③仲良しのミルキーと



④中島さん、最後までありがとう!ときっと
ブラックは言ってます。
※ブラックは一生懸命に飛んでるのに
どこ見とる❗


競走馬を引退してから20年、本当にお疲れ様でした。
ありがとうございました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ちばシティ乗馬クラブさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。