ちぃのブログ〜幸せパワーは『意識の流れ』から♡

幸せは『今』いつもここにある♡

人は意味あるものに、心動かされる。
意識することでたくさんのパワーを幸せに変える♡

愛和、感謝、優美〜
未来を『今』つくる。


2013年 4月 東久邇宮記念賞受賞
2013年 11月 東久邇宮文化褒章受賞


テーマ:
{AB3B693B-B250-45CA-BC07-03B88E9DEB51}

秩父神社へも、行きました照れ{13D1285C-3191-432A-B4B9-3C3DA9274D36}
秩父神社は、夜祭が有名で由来がありますあせる

現行十二月三日の夜祭をめぐっては、今でも地元に語り伝えられる微笑ましい神話がある。それが語るには、神社にまつる妙見菩薩は女神さま、武甲山に棲む神は男神さまで、互いに相思相愛の仲である。ところが残念なことに、実は武甲山さまの正妻が近くの町内に鎮まるお諏訪さまなので、お二方も毎晩逢瀬を重ねるわけにもゆかず、かろうじて夜祭の晩だけはお諏訪さまの許しを得て、年に一度の逢引きをされるというのである。
なるほどこの祭には、まず二日の晩に「お諏訪渡り」と言って、神幸路の途中にある諏訪社に予め神幸祭執行を報告する神事があり、翌三日の晩には、神幸行列を先導する六台の笠鉾と屋台も、この諏訪社に近い地点を通過するときには勇壮な屋台囃子の鳴りをひそめて静かにする例が守られている。
たしかに武甲山は、その山麓に対面して鎮座する秩父神社の、いわば神体山に当たる。盆地の南面を遮って一千米ほどそそり立つ山容は、山麓に拡がる秩父市街を見守る巨大な屏風をなすが如くである。そしてこの夜祭には、市街中央の本社から祭神が武甲山に向けて出立され、この山を正面に望んで「お花畑」という名をもつ高台の「お山」神事によって、神体山に還り鎮まるという古代祭祀の様式が、今に潜んでいるのだ。
秩父地方開闢の頃に秩父国造が本社祭神を八意思兼神に定め、やがて中世に妙見菩薩がそれに習合する。そのように本社に常在する祭神が出来、いつしか本社の女神とお山の男神が別の神格とに分かれたことで、夜祭も男女二神逢瀬
ドキドキの神事となった。しかし、それでもなお、古代祭祀の原型をとどめる徴があって、それが唯一、神幸行列の先頭を行く大榊に巻きつけられた藁造りの龍神に求められる。

龍の意味がアップ
分かり!
またフクロウも!!!
{E022118F-A99E-450C-A2D9-D50371B67E20}

{19A91497-EAD6-4A3B-97D3-542A640CCD9B}
虎も!!
{91489532-AD9B-40A2-ACEA-783CD80B0FCB}
夜祭、観てみたいなぁ!チューDASH!DASH!
って思いました。。
この日は、
七五三御参りが、たくさん居ましたビックリマーク


最後に、長瀞寄りの聖神社へ行きましたニコニコダウン
{053AF403-F7CA-4431-B8B0-39949C8D88EC}
獅子舞踊りが、やっていたみたいですチュー
お金、、
洗浄出来ずに、、、えーん
{1BF3694D-887C-4EFA-947C-02205D2CE865}

{5FE5254D-BA90-4947-A27E-48A2572724AA}
栗助へ行きました爆笑


次回は。。
ダウンダウンダウンダウン
四ツ谷にある、君の名は。
映画の舞台となった、神社へ行きますっラブラブラブ
お楽しみウインク

{6C2ED211-BEB1-407A-8440-0600A0F1FC90}

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。