1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-09-27 23:55:40

泉岳寺 瀧口

テーマ:お店のこと

 

久々に日本酒以外のお話も・・・ナイフとフォーク

 

先日、泉岳寺駅近くのとてもオシャレな焼き鳥懐石のお店「瀧口」へ。

大きな看板が出ていないので、うっかり通り過ぎてしまいそうな隠れ家的な雰囲気でしたクローバー

 

 

{BEB64FF8-18AE-411B-946E-1ED22CD61862}

 

 

 

大山鶏のささみ 炙り霜のにぎり からスタート

 

 

{DB0B8C64-D730-4A22-92F6-D6C1459FE08A}

 

 

季節の前菜盛り合わせ

左から、鴨のテリーヌ、鶏むね肉のマリネ、焼き茄子、つるむらさきの煮浸し

 

 

{0EB9BDFC-CDD2-47F0-91ED-6B8AD3AE6D14}

 

 

 

自家製つくね

 

 

{DF3DF1A7-F0C4-4795-8F3C-281B7DDD59C3}

 

 

 

鶏のコンソメスープと、レバーパテとブリオッシュはお写真撮り忘れ・・・あせる

 

せせりと、だき身の塩焼き

 

 

{38D1E782-D3E1-43EF-9D86-A56B6F0C99F2}

 

 

 

大根の鬼おろしと、ぼんぢりの塩煮込み 山椒風味

 

 

{79E90D4B-18A5-4C65-9684-373CCEC9FC03}

 

 

 

水郷赤鶏の西京焼き マロンソースと戻りカツオの漬けを添えて

 

 

{88CEE9E8-3868-4890-87A7-66D4968F0A3A}

 

 

 

 

枝豆で小休止をして・・・

 

 

{9E89B79A-0406-4306-B9EA-EEA1BB2B1E78}

 

 

 

鴨のロースト 三種のきのこソース

 

 

{446C26FD-7715-4C5E-BD3E-464EE7FA58D3}

 

 

 

骨抜き手羽先とねぎま

 

 

{E65FA9E7-02BD-44E7-8204-06AB42A05069}

 

 

 

〆の土鍋釜ご飯の前に、ご飯の付け合わせをこの中から3つ選ばせてくれました

 

 

 

{344C4E5D-1400-4F83-9F66-2224168E4BEA}

 

 

 

そして、卵かけご飯用にトリュフと南部鶏卵も

 

 

{52136D0C-0F49-43D4-8CF8-2315C706BD99}

 

 

 

なんと贅沢な〆ご飯

 

 
{95DB25BF-4CD2-48D7-B61F-47E52403DE32}

 

 

 

食べきれなかった土鍋ごはんは、おにぎりにしてお土産に持たせてくれましたキラキラ

 

 

{45E2FEAD-36AA-426D-ACE7-3C5E8678247F}


 

 

お店は入口に個室のお席、奥に長いカウンター。

懐石コースでいただきましたが、焼き鳥はやっぱりカウンターの方が雰囲気が味わえる感じがしますねグッド!

 

 

{C1EB64D2-3A1D-447B-B7AB-DC2F2EB7769C}

 

 

 

すべて鶏のお料理でしたが、一つ一つのお皿に味わいの違いを楽しめて美味しかったです黄色い花

 

 

 

ところで、焼き鳥って、賑やかで大衆的な雰囲気のお店から、

こうした大人っぽい、しっとりとしたお店まで多様に楽しめる良さがありますねぇ・・・

 

なんだかしみじみと感じましたクローバー

 

 

 

学生時代に、友人たちと、一人2000円あればお腹いっぱいになれた串鳥に通っていたのが懐かしいなぁ・・・。

 

 

 

今ではきっと、お酒代だけで2000円・・・??笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-21 23:37:32

名酒フォーラム 2016 秋

テーマ:日本酒のこと

 

先日、大手酒類卸売業者の大星岡村様主催の業界関係者向け試飲展示会「名酒フォーラム」が

有楽町交通会館にて開催され、有難いことにご招待をいただき参加してきました。

 

 

{228DBF3A-E750-4D8D-9B85-7B83E10536DD}

 

 

 

60の蔵元さんが出展されていましたが、ひやおろしや冬に向けてお燗で美味しく飲めるお酒などを中心に

各社様々なラインナップが揃っており、蔵の方たちから商品の詳しい解説などをお聞きしました。

 

 

{66A6929D-4F0B-4C50-ADB6-673EB1CE2FD2}

 

 

 

 

{DF33AE70-2FF1-44D4-AC3D-A7B9842987FD}

 

 

 

 

{EECB5DF5-FB5C-4A9B-A9F3-F1BC27A01F59}

 

 

 

立ち話が長くなってしまい、全部のブースを訪ねきれず、お写真も一部の方だけの撮影となってしまいましたあせる

 

他にも、焼酎やワイン、クラフトビールやリキュールのブースもありましたが、

私は日本酒のブースをまわるのが精一杯・・・の、充実の会場でしたキラキラ

 

 

 

 

玉乃光酒造さんのブースに行くと、東京支店長の日本酒学講師の同期の坂本さんが面白い新商品を紹介してくれました。

 

 

 

{1A29A080-6535-446C-BEDD-F59353FC2F8C}

 

 

 

なんと、焼き鳥と相性の良い純米吟醸酒「94」と、肉に合う米焼酎「29」

 

今月発売になったばかりの「94」は、人間の味覚を再現した味覚センサーによる分析を行い、

焼き鳥などの串料理との相性を追求した濃醇な純米吟醸とのこと。

 

「97.8%」は、科学分析による相性度の数値。

 

 

{4D75740B-27EE-4AFD-B64C-EE8C7358A7AB}

 

 

 

ちなみに「94」は「串(くし)」の意味。笑

一度焼き鳥屋さんで飲んでみたくなりますねお酒

 

 

 

 

他には、富山の三笑楽酒造さんのブースで飲ませていただいた良く冷えていた貴醸酒が

とても澄んでいてきれいな飲み口で感動しました。

 

 

{1AF74C89-1C66-41E0-BA23-A9025F78F943}

 

 

 

 

貴醸酒とは、日本酒を仕込むときに通常はお水を使用するところを、お酒で仕込む造りをしたお酒。

 

独特のとろみがって濃醇な味わいが特徴で、熟成させてさらに味わいに深みを出したものもあるのですが、

三笑楽さんの貴醸酒は甘みがスーッとしていてとても爽やか。

 

よーく冷えた状態で食後にキュッと飲みたくなるお酒でした。

 

ちなみに、山﨑杜氏がいらしていたのでお聞きしたのですが、名前の「あまし」は、「甘いお酒だから」とのことでしたグッド!

 

 

 

 

 

大星岡村さんの試飲展示会は、蔵の方とゆっくりとお話しさせていただくことができてとても勉強になります。

 

お酒の造りのことだけではなく、蔵のある地域の様子など色々とお聞きすることができるのはとても貴重な機会。

 

こうして学びの場をくださることはとても有難いです。

 

今後の活動に生かしていけるよう頑張りますクローバー

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-19 19:15:53

第3回クールジャパン國酒の会

テーマ:日本酒のこと

 

先日名古屋観光ホテルで開催された「クールジャパン國酒の会」に参加させていただきました。

 

主催は昨年酒サムライを叙任されたネッツトヨタ名古屋(株)社長の小栗成男さん。

 

「中部からクールジャパンを発信していこう」と発足された國酒の会です。

 

 

{CF555C06-F74B-4FF0-9629-EDD6162127DB}

 

 

約400人の出席者が集い、19の蔵元の美味しい日本酒と、

 

伊勢志摩サミットで提供された食材を中心としたお料理を楽しみました。

 

小栗さんのとてもパワフルな開会のご挨拶からスタート

 

 

{3860C071-8C70-4C00-9253-0226E3EF570E}
 

 

 

國酒プロジェクトの生みの親とも言える、元国家戦略担当大臣、古川議員のご挨拶

 

 

{3037CE71-1ECF-4365-BB2D-7F997A48EE32}

 

 

 

サミットで振る舞われた乾杯酒「作」の蔵元の清水清三郎商店の清水社長による乾杯

 

 

{5A3E0596-679D-4BBD-AD0E-2288A4916BC7}

 

 

 

酒サムライのコーディネーターをされている平出淑恵さんのご挨拶

 

 

{9E1BED70-15A5-4B5B-8C41-B91FA620608D}
 

 

 

千住明さんはじめ、オペラ歌手の方々によるステージ

 

 

{FB5E9453-5019-4707-927C-9B75F36A727E}

 

 

他にも、ミス日本酒やミスツーリズムインターナショナル日本代表の方たちのご挨拶など

 

とても華やかな会でしたキラキラ

 

 

{09E048C3-CAD4-482B-B8C7-B1DE9A69FD8B}
 
 

 

{539C2806-F321-4AE4-8136-371BBFE3A99B}
 
 
 
{E73348B1-5CAA-4B05-8735-D22FEB6A30DD}

 
 
{F12D14F7-01DF-4DDD-96DC-CCFB9ADA32FF}

 

 

 

{585797BD-7E61-4A38-AD56-FAD2AE1E2586}

 

 

 

{DDAD02D2-244B-404A-81DC-C2ACC7E6C47F}

 

 

 

{5730EBE3-FC9D-47F4-A54F-B7BCAD59D7AE}

 

 

 

{5B15DF30-97CE-4A8A-9939-C09DA0FA7DF3}

 

 

 

終了後は、ご一緒させていただいた田中順子さんと、人気の居酒屋「一位」にて二次会ビール

 

 

{9F4A521B-EB82-4CAE-BBA6-E8576496E962}

 

 

 

名古屋へは毎月行っているのですが、知れば知るほど、愛知だけじゃなく岐阜、三重も含めた東海地区の日本酒に

 

それぞれの風土や蔵の個性があることや、歩んできた歴史の尊さを知り、興味深さがどんどん増しています。

 

 

「東海地区」と、一言では括れない、深みと重みを感じています。

 

 

気候風土や文化、歴史など、今後詳しく掘り下げて勉強していきたいなと思っていますクローバー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-17 19:48:43

日本酒と共に

テーマ:日本酒のこと

 

12日の月曜日がお誕生日だった今週は、連日美味しいお酒をいただく機会に恵まれ、

あっという間に過ぎていきましたケーキお酒

 

誕生日当日の夜は、ちょうど、定期的に開催される豪華な日本酒の会の開催日。

日本酒業界の方々、日本酒ファンの方々と、楽しい夜を過ごしましたキラキラ

 

素敵な雰囲気の恵比寿の隠れ家イタリアン「ikra」を貸切でナイフとフォーク

 

 

{F6AAE985-CDC4-4352-B7F6-A3675E42828B}

 

 

この会はとにかく、出品酒が豪華なのですキラキラ

 

この日の乾杯酒は「DATE SEVEN」

宮城県の7つの酒蔵が集まり結成したユニットが造った貴重な日本酒。

2016年のテーマとなったスパークリング清酒で乾杯です。

 

 

{6F0EEC49-83B0-4134-A42B-C006A2ED69BA}

 

 

続いて「而今」のお米違いを

 

 

{5883DE37-A233-4AA1-8E2B-6EEA958CBDAC}

 

 

銘柄の名付け親となったフルネットの中野社長直々に命名のエピソードをお聞きしながら

人気のお酒、飛露喜、天明、賀茂金秀、山吹極、一白水成を

 

 

{EF94FFB7-F23C-43AC-8DD6-BE24D4BB23B8}
 

 

 

{0A5E308A-0A92-4623-8A2E-6AF2CCE18B25}

 

 

君嶋屋の君嶋さんからは、君嶋屋恵比寿店の限定の「満寿泉」

 

 

{1DC259BD-9A1A-4658-80E8-379F794F39B7}

 

 

 

{62169F4B-EE7A-479B-81EA-665914290324}

 

 

そして、「新政」の2016の頒布会シリーズ

 

 

{895E7858-E07B-478E-87BE-03E3DC2420A8}

 

 

さらに、「鍋島」と、その横にはさりげなく「十四代」

 

 

{5D08B543-E0E2-4ABA-B37B-52B6A9567FB2}

 

 

日本酒が好きな方、詳しい方は、このラインナップにため息が出るかもしれませんね・・・

全部のお酒を味わいたかったですが、さすがに残念ながら難しく・・・あせる

 

 

お料理も豪華・・・キラキラ

ikraの人気メニュー、ウニといくらのタリアテッレはみんな大好きナイフとフォーク

 

 

{84284080-6064-4B20-A75C-7E35F09788B2}

 

 

 

{88D9F3D9-FEED-4BBC-B8A2-083620BC3A21}

 

 

日本酒を愛する方たちと楽しく過ごしたbirthday nightは最高の夜でしたお月様

 

 

{C9EE240E-BF04-4BB0-B24B-F1BE26B1270D}
 

 

 

{08F3D05F-77D6-4680-AB02-31EC8640D487}

 


 

{E52550D6-FCB5-4E30-B852-7855B99EC39C}

 

 

素敵な方からとっても嬉しいプレゼントもいただいてしまいましたプレゼント

ありがとうございます✨

 

 
{7E08ECAF-BAC5-4AA1-9075-A5A3DB697834}

 

 

 

美味しい日本酒と共に迎えた新しい歳は、さらに、日本酒で繋がるご縁に恵まれる1年となりそうな気がします。

 

年齢や性別や職業などみんなそれぞれ違っていても、「日本酒が好き」という気持ちだけで、

どこか深いところで分かり合える安堵感のようなものを感じさせてくれて

そこにいる人たちを「仲間」にしてくれるのが日本酒の素晴らしいところお酒

 

 

お陰様で今週は昼も夜も日本酒に囲まれ、なかなか落ち着いてパソコンに向かえずでしたが、

今月は神戸、岡山に酒米の研修へ行ったり、パーティーや試飲会に参加させていただいたりなどしておりました。

 

少しずつ最近の活動をアップしていきますね。

 

 

新しい歳も、毎日を丁寧に、心豊かに過ごしていけるように・・・頑張ります黄色い花

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-08 13:48:32

Professional Sake College 2016

テーマ:日本酒のこと

先日、東京農大のグリーンアカデミーで開催された、蔵元さんや流通関係、酒販店さんなどの業界関係者向けの
日本酒の勉強会に参加させていただきました。

{ED1DF8B0-EDA8-494B-9D01-C092AD78B0A6}

主催は世田谷区赤堤にある朝日屋酒店さん。

会場には46社の酒蔵から1本ずつ提供されたお酒がずらりと並んでいました。

{8D79FA4A-893F-4003-9AC1-9E6E73E9E0C2}


まずは、ブラインドでテイスティングし、一つずつ評価していきました。

{674D8AB2-6DC6-4C7E-AFDD-D24FD73FE1BB}

黙々と試飲。

制限時間は2時間だったのですがギリギリでした。

{F802E034-7DFE-4084-BA74-BF49C982CFBD}


用意されていたお水は各蔵の仕込み水で、お水のティスティングも面白かったです。


{5FE01B2C-5799-4CF9-A7EA-610C9C208F18}


点数での評価のほか、「色で表現すると?」とのテーマでお酒をイメージで色分けする調査も。

深く考えると悩んでしまうのでインスピレーションで貼っていきましたが、
この調査によって出た結果でお酒のラベルの色合いに生かせるのではとのお話しで、興味深かったです。


{1A4D3EC2-1F3B-4591-876C-E308E182B2E0}


その後、数岡准教授から出品酒の成分値の傾向や、
香気成分や有機酸成分の分析や測定方法についての講義を受け、

{E8B16621-F469-40D3-872E-0664BF18F3BF}


ポイント順のランキングが発表され、公開された分析値を見ながら再試飲


{C2BC8EFC-9EB0-4F9D-BF23-1E31380DA15B}


その後は懇親会へ


{A0EDF6A8-F99A-422C-A2D3-EA3FB9A2D4BB}


この日集まった蔵の皆さん

{7BB4EC4D-4119-4E49-B907-0586AC956195}


一番点数が高かったのは茨城の「武勇 和 純米吟醸」、酒米は雄町でした。


{C6A40AF9-0AD1-4439-A6E1-38CA811EFDA2}


途中、農大アカペラ部の皆さんによるステージがありましたが、とてもレベルが高かったですキラキラ


{0C4B0000-41E9-4ECD-9450-5ABF337D8D19}


しかも、その中心となって挨拶をしていたのは、北海道の栗山町の小林酒造の息子さん米秋くん。
先日札幌での「若手の夜明け」でお会いしたばかりだったので、思いがけない再会に驚きました。

今、醸造科学科に在学中なのですが、醸造の勉強を頑張っているようで、今後の小林酒造のお酒が楽しみですお酒

{20639B35-7924-42FC-847A-F86C36A7AB44}


お昼から夜までずっと日本酒と共に過ごした一日でしたが、とても充実した時間でした。

公開された分析値の中に様々な香気成分や有機酸成分の細かな数値を見ることができ、
さらにその場で試飲もできるのは、なかなか無い機会。

少し専門的な話になりますが、今回、講義のなかでピルビン酸というオフフレーバー
(化学変化や劣化によって現れる変質臭)の元になる成分のレクチャーがあり、
その数値も公開されていたのはとても参考になりましたメモ


ここ数年、日本酒の勉強を深めるにつれ化学の世界へと繋がっていきますが、
学生時代苦手だった分野も、大人になって興味がある世界のこととなると面白く感じ・・・

といっても、奥深~い微生物と化学の世界はかなり難しく、日々勉強ですが・・・あせる


途中、少しだけ構内を散策しましたが、一瞬だけ大学生に戻った・・・・ような気分に・・・??


{BB81130C-B16E-4076-9AF8-42D5696B876A}



朝日屋酒店の皆さん、東京農大の皆さん、蔵元の皆さん、ご一緒させていただいた皆さん、
大変有意義な時間をありがとうございましたキラキラ








いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み