大迫ちあきのブログ

幼児期のさんすう習得法や、小学校で困らないための指導法、中学受験の算数、日々の事から、幼児さんすうアドバイザー講座のことまでいろいろ書いています。恵比寿・学習塾SPICA運営


テーマ:

あるコラムで、小学校2年生の娘さんをお持ちの有名なコンサルタントの方が、


「娘の小学校のテスト」 について、おおいにご立腹でしたムカムカ


なんでも、


「8人の子供に6本ずつ鉛筆を配ると、鉛筆は全部で何本必要ですか?」


という算数の問題で、娘さんが


「8 × 6 =48   答え 48本」  と書いたら、 先生から 「×」 で戻ってきた。


「どうして、× なんだ~~むっ 」 というわけです。


学校の先生としては、


「8人が6本ずつ持っているので、 6本 × 8人 = 48本 が正解です 」


ということだったようです溜め息


う~~ん、これって難しいんですよねえ・・・涙



6本 × 8人   と、  8本 × 6人 では、答えが 48 になっていても、


中身が違う、といえるでしょうが、 ただ、 数字だけ、 


6 × 8 でも、 8 × 6 でも、そこの中身まではわかりませんよね~~


少なくとも、


6 × 8 = 48 と、 8 × 6 = 48  は、 その式だけを見る限り、


正しいですOK


よって、私は、 それを 「 × 」 としてしまうのには、反対ですビックリマーク2


ただ、やっぱり、 算数の式、には意味があるんだよ、ということは


分かってほしいんですよね~汗


出来れば、 単位を付けさせるとか、 考え方を書かせる、とかすれば、


その子供が、どうしてその式を書いたのか、説明させれば


わかるのでしょうが・・・・・


学校の先生は、40人近いお子さんを見ているわけですから、


そんな時間はないのでしょうかねえ~~あせる


みなさんの、学校の先生は、いかがですか?


こんなことで、お子さんが、算数ってわからない、とか


算数って面白くない、、、って思わないようにしてほしい・・・・


私が願うのはそれだけですニコニコ





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(26)  |  リブログ(0)

理数系に強い子供を育てる学習塾SPICA®代表 大迫ちあき さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります