私は、保育士という資格を持ち、仕事をしながら自分の子育てではたくさん悩んできましたあせる
現在も子供は高校生、中学生になりましたがまだまだ悩みは尽きませんあせる
悩みの種類が変わってくるのです。

しかし、小さい時にしっかりと向き合い、一緒に笑い、泣き、ケンカしてきた時間の共有が今になり強い絆になっているなと感じますドキドキ

私が保育士になったのは、小さい子のお世話が好きだったから、
また母親になった時の参考になればという気持ちからでしたニコニコ

まだ保育士になったばかりの頃は、子供と遊んでいるだけでお給料がもらえるなんて、
なんて素敵な仕事だろうと思っていました
ビックリマーク

少し経験を積むと、母親になっても、
きっとうまく育児ができるとまで思っていたほどあせる


今思うと本当に恥ずかしいおはなし…。ガーン

実際に子供を産み、母親になり育児が始まると、
思ったようにならず、

「何で?」「どうして?」「私、保育士なのに!」
という焦る気持ちが膨らんでいきましたあせる


先輩に相談すると、

「保育士は自分の子供を育て上げて一人前」

と教えてもらい、

そうか!!と体中を電流が流れました雷

悩みの根源がわかりました。ビックリマーク


そうです!!保育と育児は別物!!

同じに考えていた自分が浅はかだったのです叫び

それからは、母親として、保育士としての立場を別々に考えながら、
目の前にいる保護者や子供達への最優先を考えていきましたひらめき電球


自分の経験からも、母親は子供を産んだからすぐに子育てができるというわけではなく、
お母さんも一年生。わからなくて当たり前なのです
パー

母性がないからできないのかしら?と悩むお母さんもいらっしゃいますが、

そんなことはありません
!!

子供と関わっていくうちに湧き上がってくるもの、
悩みながら試行錯誤し、少しずつ関わり方を見つけていくものですラブラブ




小さい時の心配事は多岐にわたりますね。しかし、子供としっかり向き合い

何を望んでいるんだろうはてなマーク

「どういう方法がいいのかはてなマーク」一緒に考えていくことが大切なことひらめき電球


分からなければ、周りの人に相談してみましょう。一人で悩まなくていいんですよパー色々な人の意見を聞きながら、その子にあった関わりが見つけられたら一番ですドキドキ

子供はそれぞれ違います。そこが大変でもあり、おもしろいところですビックリマーク



子供の心の育ちは目に見えませんビックリマーク

見えないからこそ、周りの大人の関わり方で育ちが変わってくるのですグッド!

乳幼児期の心の育ちは、根っこの部分。そこをしっかりと受け止め、共感し、関わって育てていくことで、太い幹が育ち、枝が伸び、葉をつけ、花が咲き、大きな実をつけることでしょう!!

今はものすごく大変かもしれません。しかしその大変さの中にも喜びがあり、

そして絶対に裏切りませんパンチ!


必ず子供の心の血や肉になり、成長させてくれますビックリマーク

今の時期は「今」しかありません。今できる最高の関わりをしながら、

楽しんで子育てをしていって欲しいですドキドキ


心の根っこを育てる楽しい子育てを提案します!!
  • 26 Jul
    • 苦手な食べ物

      食べたことがない物を食べるって 子供にとってどんな感じなのでしょうか うちにクラスにも、 牛乳が苦手な子、 野菜が全くダメな子、 色々です。 牛乳が苦手な子は、4月から一口も口をつけません 入園当初は、まだ園に慣れたないから仕方ない。 園に慣れてくれば、牛乳も飲めるだろうと思い、 早4カ月… 毎回提供はするものの、なかなか飲む気持ちになれません。   野菜が苦手な子は、 今は、「嫌」という物は全て取り除いてあげています。 しかし、最近「少し食べてみようかな?」 という様子が伺われるようになりました 本当に些細な、毎日付き合っていなければ わからないくらいの変化 まさに受け入れて、受け入れて、受け入れて…  信頼関係が築けてきた証 とても嬉しくて、さあ食べて!と 言いたい気持ちをぐっッッッッとこらえて見守ります。 結局口にはしませんでしたが、 心が動いたのを感じました 毎日のこの積み重ねが大事なのです まさに忍耐力食事だけでなく、 遊びや生活の他の部分でも関わりを深め、 信頼関係を築いていくことで 食べられるようになってくるのです 明日もがんばろ  今日もお読み頂きありがとうございました食べられるものが多いのは一生の宝親に感謝です明日もお楽しみに〜   

      NEW!

      13
      テーマ:
  • 25 Jul
    • 手をつなぐ

      今日は曇り空久しぶりに園庭で遊びました 水分補給をして、「お庭に行くよ」と声をかけると進んで帽子を取りに行く子供たち 外に行く=帽子をかぶる と繋がっているのです すごいです 積み重ねですね~ 最近、友達の事も気になり、同じおもちゃで遊びたがったり、真似して同じ行動をしてみたりしています。 そこで、「お友達と手をつないで行こうかな」というと、 それぞれが誰と繋ごうかキョロキョロし始めたのです。 意味がわかるんですね 12月、1月生まれの月齢の小さな子も一生懸命です たまたま月齢の小さな子同士が手を繋ごうとしているのですが、どうつないだらいいのかがわからない。 大人が相手だと、すぐにつないでもらえるのですが、 子供同士だと難しいですよね。 二人で手をグルグルしていました。 それでも、やろうとするところが健気ですよねー  可愛いです 「こうやって…ここ持って」と具体的に知らせてあげることでしっかりつなぐことができて、嬉しそうでした。 しかし、しばらくすると「うえ~ん!」と泣き声が! 見ると、力いっぱい握りしめたようで痛かったみたいです。 力加減は難しいことですね。「そっと握ってね」と言っても自分が体感しなければできることではありません だから、行動と言葉を一緒に伝えることが大事なのですね 子供と手をつなぐ時、 どんな風につないでいますか? どんな言葉がけをしていますか? 改めて感じてみましょう 今日もお読みいただきありがとうございました手をつなぐことは、心をつなぐこと明日もお楽しみに〜  

      18
      テーマ:
  • 24 Jul
    • 片クリーム

      先日、片クリームをして遊びました 初めは粉を触り、サラサラした感触 手が真っ白になり子供たちは大はしゃぎ 次に水を少しずつ足していき、ドロドロした感触 不思議そうに見たり、触ったり、 手を引っ込める子もいました 初めての感触にびっくりしますよね そういう反応も大切ですね 「びっくりしたね」とありのままを受け止めます 大人が触ってみることで、 「大丈夫なんだ」と思い、手を出す子もいます 少し多めに水を足すことで、クリームのようになります。 あまり硬いと掴めないので、 今回はゆるめにしてトロトロ感を楽しみました 反応は様々 嫌がって逃げて他の遊びに行ってしまう子、 触って感触を味わっている子、 楽しいという気持ちを表現しながら「うわ~」と言う子、 無言でじっと手を見つめている子、 入れた手を動かせず固まっている子、 「見て」と共感を求める子、 本当に色々…。 しかし共通して言えることは、 どの子も心が動いているということ まさに、感じて心が動き、感動しているのです。 この、感じるということが大切 さらに周りの大人に共感してもらうことで 感受性が磨かれていくのです 感じる心を大事にしていきましょう   今日もお読みいただきありがとうございました感触遊びは他にもたくさんあります五感を使い感受性を磨きましょう明日もお楽しみに〜  

      19
      テーマ:
  • 23 Jul
    • 感情を意識する

      いつもお読みいただきありがとうございます いつまでも涼しい東京です 毎年このくらいの時期なら、暑くて暑くて、 いかに水分補給をし、紫外線対策をしようかと 考えますが、着る洋服を悩む日々ですね 上手に体温調節をしたいものです。 それにはまず、「感じる」こと そして、大人が感じたことを子供に伝えてあげることで、 「寒いな」「暑いな」という意味がわかるようになります。 感じたことを言葉にしてあげることが大人の役割です 何事もそうですが、 そうやって対話を増やしていくことで、 自分で感じ言葉にすることを覚えていきます 何気なくやっていることと思いますが、 意識することでさらに思考がスピードアップします 意識して、感情を言葉にしてみましょう  いつもありがとうございますたくさん対話をすることで、感受性が養われます明日もお楽しみに〜  

      18
      2
      テーマ:
  • 22 Jul
    • 洋服の調節

      今日も雨が降り、なかなか夏らしいお天気になりません 気温も低めなので、鼻水や咳が出ているお子さんが増えてきています。気温差に体がついていきません 大人も気をつけたいものですね 気温に合わせ、長袖や半袖に着替えさせることになりますが、少し大きくなれば、自分で感じることが大事ですね。 暑いから、脱ぐ寒いから、着る 子どもは、遊びに夢中になると汗びっしょりでもたくさん着たまま遊んでいたりしますね。 大人の言葉がけも大事です。 ただ「脱いで!」 だけではわかりません。 「汗かいてるね。暑いね、暑い時は洋服を脱ぐと涼しくなるよ」 と、今の状況と方法をセットにして知らせてあげることが大切です。 自分で感じられる言葉がけをしていきましょう 今日もお読みいただきありがとうございます❣️感じることができるようになると、人の気持ちも感じることができるようになります根気よく続けましょう

      17
      テーマ:
  • 21 Jul
    • 家の中でも体を動かす遊び

      雨ですね室内にいることが多いとどうしても静かな遊びになりがち。 意図して体を動かす遊びに誘わないと、 子供達も発散できずイライラ 制止する言葉がけになりがちなので、気をつけたいものです「お部屋の中は走らない!」「大きな声出さない!」 保育園では、音楽に合わせて体操したり、 遊具を出して登ったりジャンプしたり、トンネルをくぐったり色々な動作ができるように組み合わせ、工夫しています ご家庭では、今はネットという便利なものがあるので、 保育園でやっているダンスをYouTubeで検索し 一緒に踊ってみるのも一案 遊具はなかなかないので、活躍するのは布団やダンボール。 丸めて乗れるようにしたり、 ジャンプする時に下に敷いて、クッションにしたり…。 階段にダンボールを置いて、 滑り台のようにしたこともあります 家の中も工夫次第で色々な遊び場になりますね。 しかし、危険はあちこちに潜んでおりますので 気を付けましょう テーブルの角、タンスの角、ドアの隙間など 予想もしていなかったところにぶつけたり、 挟んだりします。 大人が必ず見守るようにしましょう  今日もお読みいただきありがとうございましたもちろん、雨の中をお散歩するのもいい気分転換ですね明日もお楽しみに〜  

      17
      テーマ:
  • 20 Jul
    • 褒めて育てる

      叱らずに、褒めて育てたい という話を良く聞きます 子どもは、褒められる事が好き 褒められ、自信がつくと伸びていきますね 大人でもそうですよね~ すごくいいな~と思いますが 時々、はき違えている人がいます 褒める=叱らない これは=ではありませんね 褒めると叱るは別々の次元の話で いけない事、間違っている事はきちんと知らせる事が大事です では、褒めるとはどういう事でしょうか 褒めるとは、頑張った事に対して認めてあげる事 けして、おだてる事ではありません ここも、よく取り違える人がいますが 「かわいいね~」「カッコイイ~」 「お兄ちゃんだから出来るよね~」などなど かわいい、カッコイイは見た目の話 おにいちゃんだって好きでなったわけではありませんね その子の行動がどうだったのか その子の心がどう動いたのか そこが大事だと思います 日常の会話ではたくさん 「かわいい」「カッコイイ」といってあげて下さい それが褒めるしつけではないという事を わかっている事が大事なのです 今回もお読み頂きありがとうございます 子ども達の未来のために今出来る事

      19
      1
      テーマ:
  • 19 Jul
    • 水遊びの「水」は、何度くらい?

      今日も暑くなりましたね ベランダでのプールの設定が始まると、 おもちゃを片付け始める子、 ズボンを脱ぎ出す子、 一生懸命窓に張り付いて見ている子と、 受け止め方は様々 小さくても先の見通しを持っているようです プールの前は、水分補給と準備体操 それが終わってようやくプールの支度に入ります。 「水遊び」と言いますが、 水温は28度~32度くらい お風呂よりはぬるいけど、 水よりは暖かいという感じ 家のベランダで水遊びをしたら、お腹が冷えたのか下痢をしました という話があります 水道から直接の水では、 冷たすぎるのでご注意くださいね そして、あまり熱すぎるのものぼせたり、疲れます。 濡れた水着を着ていて、風に当たると体が冷えます 風が強い日は、体温を奪われますのであがったらすぐに タオルで水分を拭くなど、素早い対応が大切です 子供は体が小さい分、周りの環境ですぐに 体調が変化します 唇が紫色になったり、ガタガタ震えだす事もあるのでよく観察することが大切ですね これから夏本番 楽しい水遊びをして開放感を 味わわせてあげてください  今日もお読みいただきありがとうございました約束や決まりを守って、楽しい水遊びを明日もお楽しみに〜  

      22
      テーマ:
  • 18 Jul
    • 次のお楽しみ!?

      今日は3連休の最終日 せっかくなので、映画でも観に行こうか と主人が次男を誘うも(長男は受験勉強中) 「友達と出かけるから」 と振られていました 以前だったらすぐに飛びついてきた子も、 中2ともなるとそうもいきませんね  めっきり子供と出かける回数は減ってきました 寂しくもあり、嬉しくもあり…複雑な心境です 次男は男5人で映画を観て、ボーリングをして、デニーズでご飯を食べて楽しんできたようです そろそろ女子がメンバーに加わってもいい頃だと思うのですが、まだその話はないようです 次はそういう心配かな~ いや、楽しみでしょうか   今日もお読みいただきありがとうございましたリアルな友達関係の構築を、今の年齢で体験して欲しいです明日もお楽しみに〜   

      22
      テーマ:
  • 17 Jul
    • プライスレス!

      明日は海の日ですね 子供が小学生の頃、学童保育に行っていた時は 必ずこの連休でキャンプに行っていました 学童の先生方と相談しながら、 場所の設定から、 遊びの内容、 買い出しに至るまで親が協力して行い 子供たちと共に2日間を過ごしました その時は仕事もあり大変でしたが、 今思うと親同士の結びつきも深くなり、 楽しい時間を過ごさせてもらっていたのだな~ と思いました 子供がいなければ経験できないことは、 たくさんありますね 親として、経験させてもらっていると思うとどれも貴重な時間 振り返ってみると楽しい思い出がたくさんです その時は大変かもしれませんが、 後では取り戻せない時間 まさにプライスレス 「今」をめいいっぱい体験して 我が子との思い出作りをしてくださいね   今日もお読みいただきありがとうございましたこれから夏休みですね 夏ならではの遊びを堪能してください明日もお楽しみに〜     

      18
      テーマ:
  • 16 Jul
    • くりかえし楽しむという事

      子ども達と遊んでいると、好きな事は必ず 「モッカイ!」と言う 手遊びでもエンドレスになる事もしばしば…(^_^;) 先日も「ハンカチ」の手遊びで ♪はんかち はんかちパーラーパラ、はんかち はんかちパーラーパラこーして こーして こーして こーしててーじな じなじなじな てーじな じなじなじな ○○ちゃんのおかお ばあ~! 「○○ちゃんのおかお」 の所でハンカチをかぶり、「ばあー」のところで顔を出し、いないいないばあーとなる 一人がやっていると他の子も寄ってきて4、5人並ぶ時も「○○ちゃんのおかお」を繰り返し全員かぶった所でばあー 一人の時は保育者と気持ちを共有していたのが、人数が増えると友達とも共有する事ができてさらにヒートアップ!!! 「モッカイ!」o(^▽^)o 繰り返しは、「たのしい!」という気持ちを確認、反芻したいという事大好きな人と気持ちを共有できる事の幸せ、その瞬間を楽しむ 大人の満足の度合いと、子どもの満足の度合いが違うのです 満足するまでやる事で、気持ちが満たされ次に進む事が出来ます だから、毎日「ハンカチヤッテ!」と言われても「やろっか!」とその瞬間を一緒に楽しむのです それでも飽きてきたな~と感じたら、私なりにアレンジを効かせます この手遊びの時は、ばあー!のところでとっても上手にハンカチを取っていたので「ベリーグー!!」と親指を立ててリアクションすると、 子ども達もたどたどしい言葉で「ベーグッ!!」とまねっこ(笑) その「ベリーグー!!」がおもしろくてまたまたエンドレスになったのですが…(;^_^A こちらの投げかけにしっかり反応してくれる子ども達だから楽しくてやめられない  今日もお読みいただきありがとうございましたリズムが良かったり、擬音は大好きな子供達です一緒に楽しみながら遊んでください時間を共有していることが大事ですね明日もお楽しみに〜   

      36
      テーマ:
  • 15 Jul
    • 本当に言いたい事を感じとる

      子供達が遊んでいる様子の一枚の写真を見て、その子が何を思っているのか、何をしようとしているのか、周りの子とどのように絡んでいるのかを読み取ってみましょうというワークをしました グループに分かれて自分の意見をどんどん出して、共有していくというもの 自分が感じた事と同じ事もあれば、全く違う受け止め方をしている人もいて、 「そういう見方もあるのね」「なるほど」と色々な気づきをもらう事ができました 柔軟に受け止める事で、子供の理解につながっていきます。 保育をしながら、私たちは一瞬一瞬このような事をしています しかし、常に時間は流れ、子供達は動いていきます。それに合わせながら対応しているため深く理解するまでは行く事が出来ません このようなワークをすることで一瞬の動作、表情、仕草、言葉、などからその子を理解しようとするこちらの受け止め方を鍛えていくのです 同じ「いや」でも色々な感情が込められていますね その言葉や行動の裏を汲み取ることが 私たちの仕事でもあると思います その子が本当に言いたい、訴えたいことは何なのか、 わかろうとする周りの大人の理解が必要です。 我が子は何を言いたいのか、感じる努力をしてみてください。もしかしたら、こちらの受け止め方とは違うかもしれません 感じる心を磨いてくださいきっとあなたの心にも映るようになりますよ  今日もお読みいただきありがとうございました頭を柔軟にしておくことが大切ですね明日もお楽しみに〜  

      38
      テーマ:
  • 14 Jul
    • 大好きな瞬間

      去年担任した子達は2歳児クラス 遅番で合流すると、その子達の成長が見られ 本当に嬉しくなります  連結汽車が好きなBくんは長くつなげて楽しんでいました。 しかし、1歳児クラスの子が 後ろの方の汽車を持っていってしまうと 「ツカッテルヨ~、モッテカナイデ」 ときちんと言葉で訴えているではありませんか 去年はこのような時は、 強引に取り返し叩いたり噛んだりという姿もあり、 目が離せないお子さんでした   Cちゃんは、自分のテリトリーが広く そこに入ってこようものなら 「ダメ!」「コナイデ!」 と威嚇していました しかし、今日は私の膝で絵本を読んでいると、 私の膝に座りたいと 1歳児クラスの子が絵本を持ってそばに来ました するとCちゃんは膝から降りて、 「スワリタイノ?イイヨ」 と譲ってくれたのです これは、ほんの一例であちこちで見られました。 1歳児クラスの時のあの対応を、 保護者にも投げかけ一緒にしてきたから、 この子供達の姿があるのではないかと感じました その成長を保護者と共に喜び合えることが、 私がこの仕事をしていて一番大好きな瞬間です 明日もたくさんの成長が見られますように   今日もお読みいただきありがとうございました今は大変でも、その対応は今後きっと生きてきます子供達と共に成長しましょう明日もお楽しみに〜   

      40
      テーマ:
  • 13 Jul
    • 認めたり、褒めたりすること、スルーしていませんか?

      今日は雨が降ったり止んだりの天気でした子供たちも水遊びを待ちわびているのに、なかなかできません そんな雨の日も、お部屋の中でも体を動かして遊べるよう、様々な工夫をしています 今日はビニールプールならぬ、ボールプールで遊びました。囲いの中にたくさんのプラスチックの柔らかいボールをたくさん入れ、その中に入って腹ばいになったり、足をバタバタさせてみたりとまるで水の中で遊んでいるのと同じよう。子供たちも大はしゃぎで開放感を楽しみました 人数が増えるとぶつかったり、手や足が当たったりしますが楽しい気持ちの方が大きくて、多少のことでは泣きもせず楽しんでいます もちろん、大きなケガにつながらないよう、いけない事は止めたり、一度プールの外に出て話をするなど対応をしました そんな中、Aくんは月齢も高く、体も大きく、活動的な男の子。感情の赴くままに動くこともあり、今日も中に入ると大興奮でした 時々「ゆっくりね」「お友達ここにいるよ」「走らない!」と声をかけていました。 少しすると、ダイブすることを発見しAくんの目がキラキラ  楽しいけど、お友達の上に乗っかってしまったら 大ケガです  「お友達のいないところにね」「そこダメ!〇〇ちゃんいるでしょ!」などと言いながら、 一緒に確認してからやるようにしていました   そのうちに 自分で見極め、お友達のいないところに ダイブしていました。 ダイブした後、私の顔を見てニヤリと笑顔  そうです! この笑顔は  見てた?僕一人でちゃんとお友達のいないところにダイブできたよ  という認めて!褒めて!というサインです  危ない時、いけないことをした時にばかり声を かけていましたが、こういう時に認めてあげることがとても大事です 「できたね、すごい まるだよ!」 と私も笑顔で返しました それからはぶつかることもなく、ダイブを楽しみ汗びっしょりのAくんでした いけないことを知らせることも大事です。 しかし、できた時大人は 「当たり前」と思って スルーしていませんか? 子供は認められたり、褒められる中で自信をつけていきます こちらの話をわかってくれた時、約束を守れた時、 どんな小さなことでもしっかり認めて、 こちらの気持ちも伝えてあげましょう。 お母さん嬉しいよ  その一言で子供は自信をつけていきます   今日もお読みいただきありがとうございましたこの小さな積み重ねが信頼関係につながっていきますねぜひすぐに実践してみてください明日もお楽しみに〜お悩みもいつでも受付中でーす  

      50
      テーマ:
  • 12 Jul
    • 水の怖さ

      暑くなってきました。そろそろ水が恋しくなるころ…。 水遊びやプール遊びも始まっていますか? うちの園でも乳児はベランダでビニールプール、幼児は庭にあるプールで水遊びを楽しむ声が聞こえてきます。 毎年必ず悲しい事故のニュースが聞かれます本当に水の怖さを感じ、安全を優先して保育を行っています ご家庭でも、公園やプールで水遊びを楽しむこともあるかと思います。どんなことに気をつけていますか?水の深さ? 清潔感? 子供用プールであること? 監視員がいるか?などなど 色々ありますが、一番大切なことは 「自分の子供は自分で守る」 ということではないかと思います。  周りに人がいるから大丈夫。  子供用のプールで水が浅いから大丈夫。  監視員がいるから大丈夫。ではありません 公共の施設のプールは人が多く、みんなが動いている中で一人だけ動かなくても全く目立たず、溺れていてもわかりません。溺れている時には音がしないのです そして、いくら浅くても、口と鼻が塞がれば息ができないのです。口から鼻の高さの水深があればうつ伏せになった時には息ができないのです。 監視員は全体を見ているので、あまり頼りになりません。 実際我が子は、監視員の目のまえで溺れ、少し離れていた私が助け難を逃れました。その時に我が子は自分で守るしかないなと思ったのです。人を頼ってはダメです 一緒に水に入って目を離さないということが前提です。 しっかり、ポイントを押さえながら、楽しい夏の思い出を作ってくださいね  今日もお読みいただきありがとうございました水と上手に付き合い思いっきり遊ばせてあげてください夏ならではの心が解放される遊び!味わってくださいね明日もお楽しみに〜

      44
      テーマ:
  • 11 Jul
    • 絵本の役割!?

      「絵本」と聞くと皆さんはどんなイメージをお持ちですか? 子供が見るもの、  大人が読んであげるもの、  字が少ない、など色々ありますね 絵本の役割として、見て楽しむ、 読んでもらいお話の世界を楽しむ というのももちろんですが、 私は、小さいうちは心の栄養だと思っています。 膝に座り、大好きな人のぬくもりを感じながら、大好きな人の声を通して新しい世界を知る そういう時間を共有する事が子ども達にとって大切な時間になり、心の栄養になっていくんですね よく、絵本を通して「字」を教えようと「毎日3冊よんでいますが、なかなか覚えないんです」という話や「もう読めるようになったので、一人で読ませています」という話を聞きます 絵本は「字」を教えるものでしょうか? 「字」が読めるようになったら 一人で読ませればいいのでしょうか?私はどちらも違うと思います 絵本は、大好きな人のぬくもりを感じ、大好きな人の声で読んでもらう事で、 絵本に対する興味、お話のおもしろさ楽しさを感じその上で「字」にも興味が出て来るのです ストーリーを覚えながら、「字」とリンクさせていくんですね。 「字」よりも「絵」を子ども達は読んでいるんですよ「絵」を見て想像しているんです 「字」が読めるようになると、読める!という自信がつき楽しくなってきます しかし、「字」を追っているだけで内容は理解していない事が多いです また、スラスラ読めるようになっても「ヨンデ」と持って来る事もあるかと思います その時はどうぞ「もう一人で読めるでしょ!」とは言わず読んであげて欲しいと思います。 甘えたいのかもしれません心が疲れて抱っこして欲しいのかもしれません兄弟の手前素直には言い出せない…なんて事も  色々な事に共通して言える事ですが、長い人生のうちで絵本を読んであげられるのは、保育園時代まで、長くても小学校低学年までですね この時代にたくさん関わって絵本を読んであげた事が、のちの勉強に取り組む姿に関わってきます 愛情たっぷり受けながら絵本に親しみ、興味を持つ事が意欲につながり、学ぼうとする欲求になり自ら学習しようとするのですね 勉強につながるからいいという訳ではありませんが、何事に対しても意欲的にやろうとする事は人間生涯に渡って大切な事ですね その根っこの所を育てていると思うと、乳児保育の大切さを痛感します  家庭でできる事、保育園でできる事、それぞれ違います。違うからこそいいなと思います   今日も読んで下さり、ありがとうございますたかが絵本、されど絵本、大人も読んでみると楽しいです。意外と奥が深いのですよ明日もお楽しみに〜   

      34
      テーマ:
  • 10 Jul
    • 家族の家事分担

      我が家は高校生3年生の長男、中学2年生の次男の4人暮らし。 長男は大学受験に向けて、塾や自宅で勉強に励んでおります。(と私は思ってる) 最近、次男の方が話さなくなってきて 聞き直したりすると「さっき言った」 頼みごとをすると「わかってる」 思い通りにいかないと、「うぜー」と物にあたったり…  そういうお年頃と思っているので、成長を見守っております ある程度の距離を置きながらも、 すぐに話を聞いてあげられる体制を心がけています。 いつもは要らないけど、必要な時はそばにいて欲しいのが このくらいの年齢の特徴ですね    それでも、家の中の役割分担は しっかりこなしてくれるのが助かるところ 長男は食洗機回し、次男は洗濯物たたみでしたが、 長男から、 「俺、受験だから食洗機回しも頼むな、来年お前受験だから、来年になったら食洗機回しも洗濯たたみもやってやるから」とうまく言われ(笑) 時々滞ることはあるものの、 やらなきゃと思っているようで、 塾で遅くなってもやってくれるのです 本当に大助かり!ありがとう! お家は狭いけど、 これからも、すくすくまっすぐに大きくなってね~  今日もお読みいただきありがとうございましたいくつになっても子供の悩みは尽きないものですその日、その時を楽しんでいきましょう明日もお楽しみに〜   

      42
      テーマ:
  • 09 Jul
    • 子供の偏食

      食べる事は生きて行く上で大切な事 小さな赤ちゃんでさえ、母乳やミルクを自力で取り込む本能を持っています 人間、本来は食べる事が好き なくてはならない本能の一つです しかし、「最近、白いご飯しか食べなくて…」「見ただけで嫌がります」 という偏食に関する悩みを聞きます 離乳食の時は何でも食べていたのに、 ほぼ大人と同じ物を食べるようになると食べたり、 食べなかったりとムラが出てくるようです 原因はその子、ご家庭によってあるようですが、 大きく分けて2つ。  一つは成長と共に味覚も発達し、 「味」が分かるようになってきたり、 舌触りの感触を細部まで感じ取れるようになってきたから そして、自我の発達もあり、「これは食べたくない」と自分で意思表示ができるようになります。   もう一つは、母乳やミルクでお腹がいっぱい、卒乳すると、とたんにご飯をしっかり食べられるようになってきます 他に、お菓子やジュースのおいしい味を覚え、 ご飯よりもそちらを欲しがってご飯を食べない 小さい頃汚されるのが嫌で、 手づかみ食べ等をやらせてあげなかったお子さんは、 自分から「食べる」という意欲がなく食が細い 等の原因が考えられるようです。 少しでも食べて欲しい、色々な食材を食べて健康に大きくなって欲しいというのが親としての願いですね。 嫌いな食材がわかった時、 どうしていますか? 「どうせ食べてくれないから使わないでおこう」 と思いますか? キライでも毎回変わらず、食卓に並べて欲しいと思います。 初めは手も付けないかもしれませんが、 大好きなお父さんやお母さん、 兄弟達が美味しそうに食べているのを見て 「これっておいしいの?」「ちょっと食べてみようかな?」 という風に少しづつ変化が見られるようになって来ると思います。 子どもは「見て学ぶ」事が得意です。 真似をしながら自分の物にしていく 少しでも口に入れたら 「すごい!食べてみたの?どんな味だった?」 「おいしかった?もうおにいちゃん(おねえちゃん)みたいだね」と褒め 気持ちよく食べてもらいたいですね。 無理に食べさせても、「嫌だった」という気持ちばかりで ますますキライになり、栄養にはなりません 根気よくやってみて欲しいと思います  今日もお読みいただきありがとうございました楽しいお食事タイムにしながら、少しずつ働きかける事が大切ですね明日もお楽しみに〜  

      31
      テーマ:
  • 08 Jul
    • 睡眠時間について

      まだ2歳前後の小さいうちは、 一定時間眠れるようになるものの、 夜中に起きてぐずったり 朝早くに目が覚めてしまったりします お母さんは、もっとぐっすり長く寝て欲しい と思うようですが、なかなか思い通りにいかないのが 子育てです そこで今回は、少しでもお母さんの心配を減らす 手立てを3つお知らせしたいと思います   まず1つ目は、 「お風呂に入れる時間を考慮する」 人は体温が下がっていく時に眠くなるので、 布団に入る1時間くらい前にお風呂に入るのがベスト! 夏でもしっかり湯船に浸かること 自然の力を借りない手はないですね    2つ目は 「穏やかな気持ちで布団に入る」 大人でもそうですが、イライラしていてはなかなか 寝付けないもの… 寝る直前は大きな声で叱ったりすることがないよう、 毎日のやることを決めて見通しが持てると さらにいいですね 照明を落としたり、 お母さんの優しい声で絵本を読んでもらうなど、 心を鎮めていきましょう テレビやスマホはもってのほかです! 明るすぎる光に脳が覚醒してしまいます。    3つ目は「できてもできなくても、その子を 丸ごと受け止め、自分を責めない」 昨日は早く寝られた今日は遅くなっちゃった 昨日はぐっすり朝まで寝られたのに今日は夜中に何回も起きた  生活リズムを整えてあげることは大切です しかし、昨日と今日を比べ一喜一憂していては、 神経がすり減りお母さんも疲れてしまいます。 子供はロボットではありません 機械のように、出した命令をすぐには処理できず、 また同じ働きかけでも日々反応は違ったりします。 大事なのは、日中元気に保育園で過ごしているかということですね 長い目で見ていきましょう   今日もお読みいただきありがとうございました穏やかな睡眠に導いてあげてくださいね睡眠の質にも左右されますよ明日もお楽しみに〜   

      33
      テーマ:
  • 07 Jul
    • 保育園にお迎えに来たら…

      保育園にお迎えに行き、 先生にさようならを言ったら、 まっすぐに帰って、夕飯、洗濯…と早くやりたい  と思う、母の心とは裏腹に 子どもは、安心し逆に遊びだしたり、 なかなか仕度ができなかったりと、 のんびりムード   なぜ   それは、 大人と子どもの時間の流れ方がちがうから  子どもにとっては  「今」 しか見えないので  まだ遊びたい、ママにも見せてあげたい など子どもの理由、子どものつもりがあるのです そこをまったく聞かず、 ただ 「早く」とか 「帰るよ、ご飯作らなきゃならないんだから」等と 大人の事情ばかりを押しつけ、 せかしていませんか すると子どもはひっくり返り、泣いて、怒って ますます時間がかかり、イライラもつのり、 負のスパイラルに… どうしたらスムーズに帰れるのでしょう    色々な姿があると思いますが、 急ぎたいという気持ちをぐっとこらえ、 まずは、  子どもの気持ちを聞いてあげましょう 1日大好きなお母さんと離れ、 頑張っていたのです 遊んでいた物を見せたい、 やって見せたい、 話したい…色々あると思います できる範囲で気持ちを受け止め (全てやっていたらただ振り回されているだけです) その上でこちらの事情を話し、 お願いするのです 強制されると、子どもは反発したくなるもの 上から目線ではなく、 同じ目線になって話す事で スムーズに行きますね    今日もお読みいただきありがとうございました日々子供の姿は変わります。その時々に合わせた対応ができるといいですね焦らず子供の様子を観察してみましょう明日もお楽しみに〜  

      32
      テーマ:

プロフィール

chi-korofactory

性別:
女性
自己紹介:
保育園に勤めて 26年 自分自身も日々悩み、試行錯誤を繰り返し、思い通りにならない子育てを経...

続きを見る >

読者になる

AD
訪問ありがとうございますドキドキ

子どもとしっかり向き合っていく事で、自己肯定感が育まれ、

日本の未来が明るく平和になると思っていますビックリマーク

仕事と子育ての両立はホントに大変ですが、少しだけ立ち止まり

「何が子どもの為になるのかな?」と一緒に考えてみませんかはてなマーク

その少しの気付きが、今後の子ども達の未来を大きく変えると思いますビックリマーク

場面ごとの対応を丁寧にお伝えしたいと思っていますラブラブ

子ども達の明るい未来のために…ニコニコ
未来の日本のために…音譜
愛と感謝をこめて…ラブラブ

ランキング

総合ランキング
116568 位
総合月間
184057 位
子育て
5416 位
先生・保育士
763 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。