私は、保育士という資格を持ち、仕事をしながら自分の子育てではたくさん悩んできましたあせる
現在も子供は高校生、中学生になりましたがまだまだ悩みは尽きませんあせる
悩みの種類が変わってくるのです。

しかし、小さい時にしっかりと向き合い、一緒に笑い、泣き、ケンカしてきた時間の共有が今になり強い絆になっているなと感じますドキドキ

私が保育士になったのは、小さい子のお世話が好きだったから、
また母親になった時の参考になればという気持ちからでしたニコニコ

まだ保育士になったばかりの頃は、子供と遊んでいるだけでお給料がもらえるなんて、
なんて素敵な仕事だろうと思っていました
ビックリマーク

少し経験を積むと、母親になっても、
きっとうまく育児ができるとまで思っていたほどあせる


今思うと本当に恥ずかしいおはなし…。ガーン

実際に子供を産み、母親になり育児が始まると、
思ったようにならず、

「何で?」「どうして?」「私、保育士なのに!」
という焦る気持ちが膨らんでいきましたあせる


先輩に相談すると、

「保育士は自分の子供を育て上げて一人前」

と教えてもらい、

そうか!!と体中を電流が流れました雷

悩みの根源がわかりました。ビックリマーク


そうです!!保育と育児は別物!!

同じに考えていた自分が浅はかだったのです叫び

それからは、母親として、保育士としての立場を別々に考えながら、
目の前にいる保護者や子供達への最優先を考えていきましたひらめき電球


自分の経験からも、母親は子供を産んだからすぐに子育てができるというわけではなく、
お母さんも一年生。わからなくて当たり前なのです
パー

母性がないからできないのかしら?と悩むお母さんもいらっしゃいますが、

そんなことはありません
!!

子供と関わっていくうちに湧き上がってくるもの、
悩みながら試行錯誤し、少しずつ関わり方を見つけていくものですラブラブ




小さい時の心配事は多岐にわたりますね。しかし、子供としっかり向き合い

何を望んでいるんだろうはてなマーク

「どういう方法がいいのかはてなマーク」一緒に考えていくことが大切なことひらめき電球


分からなければ、周りの人に相談してみましょう。一人で悩まなくていいんですよパー色々な人の意見を聞きながら、その子にあった関わりが見つけられたら一番ですドキドキ

子供はそれぞれ違います。そこが大変でもあり、おもしろいところですビックリマーク



子供の心の育ちは目に見えませんビックリマーク

見えないからこそ、周りの大人の関わり方で育ちが変わってくるのですグッド!

乳幼児期の心の育ちは、根っこの部分。そこをしっかりと受け止め、共感し、関わって育てていくことで、太い幹が育ち、枝が伸び、葉をつけ、花が咲き、大きな実をつけることでしょう!!

今はものすごく大変かもしれません。しかしその大変さの中にも喜びがあり、

そして絶対に裏切りませんパンチ!


必ず子供の心の血や肉になり、成長させてくれますビックリマーク

今の時期は「今」しかありません。今できる最高の関わりをしながら、

楽しんで子育てをしていって欲しいですドキドキ


心の根っこを育てる楽しい子育てを提案します!!

アメクリップ
ブログを紹介し合って人気ブロガーになれる
【アメクリップ】

  • 29 Sep
  • 28 Sep
    • 嚙みついちゃった!!その時大人は…!?

       今日もご訪問ありがとうございます 保育園で1歳児クラスを担任しています日々の生活の中から、大切にしたい事、かわいいつぶやきなどを記事にしています  2歳近くになると、周りの事に興味を持ち始め 関わりを持つようになってきます お友達の持っているものが欲しい、 同じことがしてみたいという気持ちが出てきて、 成長を感じる姿でもあります しかし、まだ言葉がうまく使えずに 欲求のままに行動すると、 奪い取ってしまったり 抵抗されれば、押したり叩いたり また噛みついたり引っ掻いたり という行動につながっていきます 怪我をしたり、傷が残ってしまうことは とても悲しいことです 小さいから言えないのは当たり前、 仕方がないと思うかもしれませんが、 その時々の周りの大人の行動や関わりによって、 子供は学び、学習していきます 行為だけを叱っても、子供は何がいけないのか? どうすればいいのか?ということがわかりません では、どういう関わりを持ってあげたら、子供は言葉を使って気持ちを伝えることが できるようになっていくのか まずは、 「その都度、その子の思いを受け止め 言葉にし、具体的な方法を 知らせてあげること」 例えば、おもちゃが欲しくて取り合いになっている時 「このおもちゃが欲しかったの?  そういう時は『カシテ』って言うの。」 という話しかけ。  そして、もう一つは 「言葉で伝えられた時に 褒めてあげること」 チャンスを逃さずに伝えてあげてくださいね 「今、お口で言えたね!偉かったね~! お口で言ったら貸してもらえたね」 (もちろん貸してもらえない時もありますが、 言えた事を褒めてあげて欲しいです) その繰り返しによって子供は経験を重ね、 少しずつ言葉で伝えられるようになってきます  今日教えて、明日できるようなことではありません 長い時間がかかるかもしれません しかし、子供は必ず成長していきます 愛のある関わりで共に成長していきましょう    今日もお読みいただきありがとうございます子供への関わり方を少しでも知ってただけたら嬉しいです日々の繰り返しが大切です 諦めずに、愛のある関わりを明日もお楽しみに~ <アメクリップ>でブログを紹介し合おう!!!  

      60
      テーマ:
  • 27 Sep
    • 今日は世界観光の日

      今日もご訪問ありがとうございます 保育園で1歳児クラスを担任しています日々の生活の中から、大切にしたい事、かわいいつぶやきなどを記事にしています 今日は世界観光の日!! 子どもたちは、ブロックや連結汽車で遊ぶのが好きブロックでは「車」「電車」「お家」など…作っては見立てて遊びます車や電車を走らせながら、「イッテキマース!」「エキデース!」「先生も乗りたいな〜」と言うと「イイヨー」との返事「どこまで乗せてくれますか?〇〇行きますか?」と言うと「ハーイ!」いつでもどこでも連れて行ってくれる、運転手さん本当にそうなったら嬉しいけれど…願ってみようかな!? 今日もお読みいただきありがとうございました <アメクリップ>でブログを紹介し合おう!!!  あなたもスタンプをGETしよう

      31
      テーマ:
  • 26 Sep
    • お悩み募集中!!

      今日もご訪問ありがとうございます 保育園で1歳児クラスを担任しています日々の生活の中から、大切にしたい事、かわいいつぶやきなどを記事にしています 秋めいてまいりました 食欲の秋!芸術の秋!読書の秋! 秋は色々な事をするのにいい季節 子どもたちも伸び伸び成長していきますね 成長に伴い、お母さん方の悩みもありますか? 乳幼児期のお悩み相談受付中!! いつでもどうぞ〜 <アメクリップ>でブログを紹介し合おう!!! 

      61
      テーマ:
  • 25 Sep
    • 今日は主婦休みの日

      こんにちは東京は久しぶりのお日様嬉しいです 今日もご訪問ありがとうございます 保育園で1歳児クラスを担任しています日々の生活の中から、大切にしたい事、かわいいつぶやきなどを記事にしています 今日は主婦お休みの日! えっ!?休んでいいんだ〜というのが第一声でした。母親になったら、いつでも24時間、365日子育ては続くと思っていましたが、そうですよね〜!たまには休んでいいんですよね 気持ちをリフレッシュさせて切り替えて、また子どもたちと向き合うことで新しい面を発見できるかもしれません 発見できたことが、喜びとなり、さらに子どもへの関わりが楽しくなり、子どももニコニコしているママといることが嬉しくなり…とプラスのスパイラルになりますね〜 休む=サボる ように思われがちですが、子育て真っ最中のママにこそ、リフレッシュの時間は必要だと思います うまく時間を使って、楽しい子育てをしてくださいね今日もお読みいただきありがとうございました次回もお楽しみに〜〜  <アメクリップ>でブログを紹介し合おう!!!  ▼本日限定!ブログスタンプ限定あなたもスタンプをGETしよう

      36
      テーマ:
  • 24 Sep
    • 保育者の役割って?

      今日もご訪問ありがとうございます 保育園で1歳児クラスを担任しています日々の生活の中から、大切にしたい事、かわいいつぶやきなどを記事にしています 保育園では食事の時間に牛乳が出ます。 給食のメニューは毎日変わっても、 飲み物は毎日牛乳と麦茶。 好きな子は何の苦痛もありませんが、 苦手な子にとっては、毎日出てくる牛乳と にらめっこになる日々… Aちゃんは入園当初から全く牛乳が飲めませんでした 転園してくる前の園では飲んでいたということだったので、 今の園の生活に慣れてくれば飲めるようになるのだろうと 思っていました。 しかし、何ヶ月経っても飲めるようにはならず 「イヤ!」の一点張り 夏の暑い頃だったら冷たくて美味しいと飲めるかなと 思っていましたが、夏も終わり…アレ 生活にはとっくに慣れているし、 やっぱり本当に牛乳が嫌いなのかな?と 思うようになりました。 もちろん飲めるようになってもらいたい。 今後、保育園では牛乳が出るし、 学校に行ってもついてくるもの…。 しかし、本当に体が受け付けない子も中にはいて、 少しでも口にすると嘔吐してしまう子もいるのです。 そこまでして飲ませるものなのか 葛藤する日々が続きました。 その子にとっての最善は何なのか? この時に私が取ったことは、 1、みんなと同じように牛乳を提供する  2、「イヤ」と言ったら麦茶に変えてあげる この2点のみ。 Aちゃんの気持ちにずーっと寄り添い続けてきました すると、最近になって自分から指に牛乳をつけてペロンと ひとなめしたのです  決して美味しいという顔ではありませんでした それでも自分から取った行動を褒めるとニヤリ  ここ数日ではコップを持って、 一口飲めるようになりました すごい進歩です  飲めるようになっては欲しいけど、 威圧していないか?脅迫になっていないか? 常に自問自答しています  子供が嫌な物はイヤと言える環境を整えてあげることも 私たちの大切な役割だと思っています すべてが食べられればいい、すべてを理解し、 なんでもできることがいい子ではないと私は思います。 自分の気持ちをしっかり言える子、 どうしたらいいか考えられる子になってほしい。 その手立てを知らせてあげることも、 考える時間を待ってあげることも私たちの役割だと 思います 一緒に壁を乗り越えたり、 子どもが何を感じているのか共感できる この仕事が私は大好きです 今回もお読みいただきありがとうございました子どもの心に寄り添う事が何よりも大切だと感じます次回もお楽しみに〜   <アメクリップ>でブログを紹介し合おう!!!

      77
      1
      テーマ:
  • 23 Sep
    • 今日は秋分の日

      こんにちは❣️ご訪問ありがとうございます保育園で一歳クラスの担任をしています日々の生活の中で、大切にしたいと思う事、子ども達のかわいいつぶやきなどを発信しています‼️ 今日は秋分の日!季節の変わり目ですね。秋らしくなり、子ども達も運動会に向けて頑張る姿がみられます。 一歳は、普段の遊びを見てもらい、その後保護者と一緒に触れ合い遊びをします 雰囲気が違うので、いつもの姿にはならないと思いますが、伸び伸びと遊べたらと思っています。私は晴れ女なので大丈夫だと思いますが、お天気がいいことを祈るのみ!どうか、晴れてね〜*\(^o^)/*▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしよう

      44
      テーマ:
  • 22 Sep
    • 今日は今年残り100日の日

      こんにちは!今日もご訪問ありがとうございます保育園で1歳児の担任をしています日々の生活の中で大切にしたいこと子供のかわいいつぶやきなどを発信しています 今日は「今年は残り100日の日」今年もあと100日しかないのと思うと本当に早いですね 4月から入園した今のクラスの子どもたち。最近では友達との関わりも見られ、同じバックを持って歩きお出かけごっこ「バイバーイ」と手を振って歩いていきます。 一人が人形を寝かせていると、ままごとの布団を持ってきて一緒に寝かせたり自分が寝ちゃったりする子もいます 「お庭に行くから、お友だちと手をつないで」と言うと好きなお友だちを取り合ったりするのです 人気の男の子がいて、女の子から引く手数多なのです!両側から引っ張られても「僕どうしていいかワカンナイ」といった感じ かと言って、その女の子たちにぬいぐるみを持って行ってあげても「イラナイ」とか言われてしまい「チーン……」 子どもは正直だけどね〜1歳クラスとは思えないほどです 男心をもてあそぶかのよう…女子強しです年長組になったらどんな人間関係になっていることやら…楽しみです<アメクリップ>でブログを紹介し合おう!!!  ▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしよう

      56
      テーマ:
  • 21 Sep
    • 今日はファッションショーの日

      ご訪問ありがとうございます!保育園で1歳児クラスを担任しています日々の生活の中で大切にしたいこと、子どものかわいいつぶやきなどを発信しています 今日はファッションショーの日! 子どもたちは、人形をおんぶしたり、スカートをはいたり、エプロンをつけたり、頭には三角巾を巻いたりと身につけることが大好き。 一番身近なお母さんの真似をする子が多いのですが、女の子だけに限らず男の子もやりたがるところがかわいいです。どの子も「ママ命」ですものね でも今のママって、エプロンや三角巾をつけてお料理しているのかな?もしかして、給食の時の私たち? <アメクリップ>でブログを紹介し合おう!!!  ▼本日限定!ブログスタンプ限定あなたもスタンプをGETしよう

      49
      テーマ:
  • 20 Sep
    • まとめ 子どもの心の根っこを育てるために

      子どもの心の根っこを育てるために 1・子どもは意外とわかってる 赤ちゃんは寝ていて、話もしないし、何もわからないと思いますか?いえいえ、そんなことはありません。言葉ではわかりませんが、赤ちゃんは体全体で感じているのです。特に目と耳で情報収集しています。そして、体や行動で語るのです。好きなものはじっと見たり、手を伸ばそうとしたり、口を動かしたりします。お腹の中にいる時からお母さんの声は学習しています。「心の理論」も一歳からわかり、「自分」「あなた」の区別ができるようになるのです。現在、赤ちゃんの能力が科学的にも無能ではなく有能、受動的ではなく能動的、無個性ではなく個性的ということがわかってきています。先日講演会で聞いた話をまとめておきます。 ・「視覚」以外は胎児期からすでに発達 ・赤ちゃんは生まれてすぐにものの世界を理解 (大人と同じように理解しているという事) 物は見えなくなっても無くならない(永続性) 一緒に動くものは一つ、物は溶け合わない、物はひとりでに動かない ・生物と無生物、個体と非個体を識別 ・数の理解、簡単な足し算、引き算が出来る ・初めから見え、音、感触などを互いに対応づける ・子どもは「白紙」ではなく、生まれつき個性的な「気質」を持っているという風に赤ちゃんはある程度分かっているのです!すごい能力ですね! ですから、赤ちゃんは思った以上に発信しているという事。それをいかに受け止め柔軟に関わり応じるかという事が大切なのです。 2・協力を求めてみよう 仕事をしているお母さんは、仕事のほか、育児、家事の何役もこなし、本当に大変です。私もそうやって男の子二人の子育てをしてきました。保育園の送迎は天気に左右され、晴れていれば自転車で行けますが雨が降ると歩きになり、なかなか歩いてくれない子どもにイライラしたものです。また洗濯物も日々たくさん出るので、毎日天気予報とにらめっこしていましたね。そんな育児真っ最中の時主人は、ほとんどあてにできないほど仕事が忙しく、今のイクメンとはほど遠いものでした。しかし私も人間、疲れがたまり倒れることもありました。そういう時は、保育園の送迎や家事もやってくれました。その時ようやく思ったのです「そっか!頼めばいいんだ、一人で頑張らなくていいんだ!」なんでも抱え込む癖のあった私は、一人で頑張り過ぎていたのです。主人が気づかなかったのは、私が伝えてなかったから…。そう!言わないとわからないのです。会話をすることで、お互いにできるところを分担できるといいですね。でもちょっと注意、分担を「絶対」と捉えないこと。できない時も出てくるでしょう。そういう時はコミニュケーションを大切にして、思いやりの気持ちを持って話し合ってみてください。大好きなお子さんの事でケンカになることが一番悲しいです。いくら赤ちゃんでも感じ取りますよ。 人間の子育ては、「集団共同型子育て」と言われています。父、母、祖父、祖母、叔父、叔母などたくさんの人に関わりながらという事が前提でした。しかし、核家族化が進んだ現代ではそれが難しくなり母親にかかる負担が大きく、育児鬱などという言葉もあるほどです。他の動物に比べ、人は未熟なまま生まれてきます。それだけ、人の子育ては大変ということ、長く子どものケアが必要ということです。人には閉経があるのも特徴です。それは、子育てに手が必要になるので、孫の子育てを手伝えるようにという意味があるのです。だから、一人で悩まなくていいんですよ!一人でできなくて当たり前なのです。時々「母性がないから子育てができない」というお悩みを聞くことがあるのですが、母性は子どもを産めば誰でも持っているというものではありません。子育てをしながら、少しずつ湧き上がってくるもの。子どもと一緒に育んでいけばいいのです。 3・先に発達を知っていれば大丈夫 例えば1歳児というと、歩行がほぼ完成し、行きたいところに行く事ができ、大人の話すこともなんとなくわかるようになります。なんでも触ってみたい、やってみたい、行ってみたいと好奇心の塊。月齢が高くなれば、少しずつ自我が出てきて、自分で「こうしたい!」という気持ちが出てきます。俗に言う、イヤイヤ期の始まりですね。お母さんと自分は違うという、自分の気持ちに気付き始めるという事なんです。育児が始まり、平穏だった時から一気に思い通りにならない壁にぶつかる時期だと言われています。しかし、そう思われるのは子供の発達過程や対応の手立てを持ち合わせていないから…子供がどうして反発するのか、どう対応すればいいのかということを先に知っていれば、お母さんの心のゆとりもできるはずですね。そのようにして、準備をして子どもとしっかり向き合っていく事で、自己肯定感が育まれ、意欲が溢れだすでしょう 4・手抜きもアリ! 保育園から帰ったら、ご飯作って、食べさせて、お風呂入れて、洗濯機回して、嫌がる歯磨きをどうにかクリア、絵本読んで寝かせて…ホッとしたのもつかの間、洗い物、洗濯干して、連絡帳書いてと本当にやることはいっぱい!子どものためにやってあげなきゃと思う気持ちは素晴らしいです。しかし、お母さんが倒れてしまっては大変です。ある程度目をつぶることも必要ですね。時には外食、お惣菜を買ってくる。掃除も見えるゴミだけ拾うなど、自分へのハードルを下げてあげてもいいんですよ。そして、時々は自分の時間を作ってあげてください。子どもを寝かせた後、自分のためにコーヒーを入れる。好きな趣味の時間を持つ。などなど、何でも自分の為に時間を使うのです。また、明日からのエネルギーになりますよ。 5・スキンシップを大切に 保育園に預けていると、子どもとの時間が少なく遊べない、愛情が足りなくなるのでは、というお悩みを受けることもあります。では、子どもといる時間が長ければたくさんの愛情を注げるのでしょうか?私は「時間」よりも「質」だと思います。いくら長く一緒にいても、会話もなくテレビを見ていたら一緒にいないのも同然ですよね。保育園から帰ってきて、寝るまでの時間を濃密に過ごす事で、離れていた時の分まで心は埋まるのです。「今日は何して保育園で遊んだの?」という会話や、一緒にご飯を食べて「おいしいね」と気持ちを通わせる。お風呂に入ってスキンシップ。添い寝してもらい、お母さんの匂いを感じながら安心して眠る。特別な事はしなくても、日常の生活の中に安心できる材料はいくらでもあるのです。意識して関わることで、さらに幸せを感じられるでしょう。 6・代弁者になろう 子どもが小さいうちは言葉での表現ができないので、何がしたいのかわからない、何をしてあげたらいいのかわからないという事をよく聞きます。確かに言葉は発しないのですが、赤ちゃんは泣くことで、「お腹すいた」「おむつが濡れた」「さみしいよー」と様々な気持ちを表現します。これってすごいと思いませんか?発信してくれるから、私たちは気づくことができるのです。泣くことさえしなかったら、何もわかってあげられません。もう少し大きくなると、指差しや行動で思いを伝えようとします。「アッ!」という言葉と共に指差して発見を伝えようとしたり、聞かれた事に対して首を振ったりうなずいたりして表現します。この時に「それは〇〇ね」と言葉を伝えていくことで物の名前を覚えていくのです。感情に対しても同じことが言えます。どう表現していいかわからないと子どもは「行動」で伝えようとします。「泣く」「たたく」「噛む」「投げる」「転がる」などなど この時もその感情を代弁してあげることで「あ~これはヤダっていう気持ちなんだ」という事を学びます。2歳近くになると、周りの事に興味を持ち始め関わりを持つようになってきますお友達の持っているものが欲しい、同じことがしてみたいという気持ちが出てきて、成長を感じる姿でもあります。しかし、まだ言葉がうまく使えずに欲求のままに行動すると、奪い取ってしまったり抵抗されれば、押したり叩いたりまた噛みついたり引っ掻いたりという行動につながっていきます怪我をしたり、傷が残ってしまうことはとても悲しいことです。小さいから言えないのは当たり前、仕方がないと思うかもしれませんが、その時々の周りの大人の行動や関わりによって、子供は学び、学習していきます行為だけを叱っても、子供は何がいけないのか?どうすればいいのか?ということがわかりません。では、どういう関わりを持ってあげたら、子供は言葉を使って気持ちを伝えることができるようになっていくのか?まずは、「その都度、その子の思いを受け止め言葉にし、具体的な方法を知らせてあげること」例えば、おもちゃが欲しくて取り合いになっている時「このおもちゃが欲しかったの?そういう時は『カシテ』って言うの。」という話しかけ、そして、もう一つは「言葉で伝えられた時に褒めてあげること」チャンスを逃さずに伝えてあげてくださいね「今、お口で言えたね!偉かったね~!お口で言ったら貸してもらえたね」(もちろん貸してもらえない時もありますが、言えた事を褒めてあげて欲しいです)その繰り返しによって子供は経験を重ね、少しずつ言葉で伝えられるようになってきます。今日教えて、明日できるようなことではありません。長い時間がかかるかもしれません。しかし、子供は必ず成長していきます。愛のある関わりで共に成長していきましょう。 7・子どもの時間と大人の時間 子どもは何回も失敗したり、同じ事を聞いてきたりします。それに対して大人はイライラすることありませんか?私はありました。次男が3歳くらいの頃、保育園の帰りに通りかかると聞く場所がありました「ここなーに?」「教会だよ」大きくて、広い敷地は普通のお家と違い目立ちます前を通るたびに、毎日「ここなーに?」「教会だよ」「ここなーに?」「教会だよ」毎日、毎日…「だから!」という気持ちをおさえ「ここなーに?」「教会だよ」の繰り返しいつまで続くのか…と思っているとある時、「ここ、教会だよね」と言ったのですおぉ~!これが、「学習」頭ではわかっていたつもりだったけど改めて、経験させてもらいました繰り返し、繰り返しが本当に大切もぅ!また?と思うかも知れないけれど、それが子どもにとっての学び なのです!子どもの時間と大人の時間の流れは違うのです子どもはまだ発達途上。繰り返し、繰り返しすることで学び、学習していきます。子どもの時間を大切にしてあげて下さい。  8・お母さんは宇宙船 同じ物を見たり、体験することで共感し、心が通い安心感が湧きますね。何でも「一緒にやって!」だった子どもも、少し大きくなると、一人でやってみたいという気持ちも育ってきます。子どもはお母さんから離れて遊び、遠くから手を振ったりします。子どもからの「見ててね」の合図。その時には必ず応えてあげて下さい。そうすることで安心して遊ぶことができます。見守ってもらえている安心感があることで、挑戦することもできるようになります。お母さんは宇宙船、子どもはロケットです。ロケットは好奇心の塊。あちこちへ飛び出して行き、様々な体験をして、楽しいこと、嬉しいことを持ち帰り認めてもらったり、また怖くなったり、悲しくなったりして燃料がなくなると宇宙船に戻ってきます。飛び出していかれるのは、宇宙船という安心して帰れる場所があるからです。 9・最後に 小さい時の心配事は多岐にわたりますね。しかし、子供としっかり向き合い「何を望んでいるんだろう」「どういう方法がいいのか」一緒に考えていくこと、また「他の子と比べない」「良いところを見つける」ことが大切なこと分からなければ、周りの人に相談してみましょう。一人で悩まなくていいんですよ色々な人の意見を聞きながら、その子にあった関わりが見つけられたら一番です子供はそれぞれ違います。そこが大変でもあり、おもしろいところです子供の心の育ちは目に見えません見えないからこそ、周りの大人の関わり方で育ちが変わってくるのです乳幼児期の心の育ちは、根っこの部分。そこをしっかりと受け止め、共感し、関わって育てていくことで、太い幹が育ち、枝が伸び、葉をつけ、花が咲き、大きな実をつけることでしょう今はものすごく大変かもしれません。しかし、その大変さの中にも喜びがあり、楽しさがあります。そして絶対に裏切りません必ず子供の心の血や肉になり、成長させてくれます。今の時期は「今」しかありません。今できる最高の関わりをしながら、楽しんで子育てをしていって欲しいです。仕事や家事と子育ての両立はホントに大変ですが、少しだけ立ち止まり「何が子どもの為になるのかな?」と一緒に考えてみませんかその少しの気付きが、今後の子ども達の未来を大きく変え、日本の未来が明るく平和になっていきます子ども達の明るい未来のために…未来の日本のために…今、私たちにできること…心の根っこを育てる楽しい子育てを提案します! 最後までお読みいただきありがとうございましたこれからも大切にしたいことを発信していきます次回もお楽しみに〜  

      72
      テーマ:
  • 19 Sep
    • 子どもの心の根っこを育てるために…9

      ご訪問ありがとうございます保育園で1歳児の担任をしています 今回から数回に分けて、私が大切にしていることを記事にしていきたいと思います。 1・子どもは意外とわかってる2・協力を求めてみよう​3・先に発達を知っていれば大丈夫4・手抜きもアリ!5・スキンシップを大切に6・代弁者になろう7・子どもの時間と大人の時間8・お母さんは宇宙船9・最後に〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜今回は…9・最後に 小さい時の心配事は多岐にわたりますね しかし、子供としっかり向き合い 「何を望んでいるんだろう」 「どういう方法がいいのか」一緒に考えていくこと、 また「他の子と比べない」 「良いところを見つける」ことが大切なこと 分からなければ、周りの人に相談してみましょう 一人で悩まなくていいんですよ 色々な人の意見を聞きながら、 その子にあった関わりが見つけられたら一番です 子供はそれぞれ違います。 そこが大変でもあり、おもしろいところです 子供の心の育ちは目に見えません 見えないからこそ、 周りの大人の関わり方で育ちが変わってくるのです 乳幼児期の心の育ちは、根っこの部分 そこをしっかりと受け止め、共感し、 関わって育てていくことで、太い幹が育ち、 枝が伸び、葉をつけ、花が咲き、 大きな実をつけることでしょう 今はものすごく大変かもしれません しかし、その大変さの中にも喜びがあり、 楽しさがあります そして絶対に裏切りません 必ず子供の心の血や肉になり、 成長させてくれます 今の時期は「今」しかありません 今できる最高の関わりをしながら、 楽しんで子育てをしていって欲しいです 仕事や家事と子育ての両立はホントに大変ですが、 少しだけ立ち止まり 「何が子どもの為になるのかな?」と 一緒に考えてみませんか その少しの気付きが、 今後の子ども達の未来を大きく変え、 日本の未来が明るく平和になっていきます 子ども達の明るい未来のために… 未来の日本のために… 今、私たちにできること… 心の根っこを育てる楽しい子育てを提案します! 今回も、最後までお読みいただきありがとうございましたこれからも発信し続けていきますどうぞよろしくお願いします  <アメクリップ>でブログを紹介し合おう!!!  

      70
      2
      テーマ:
  • 18 Sep
    • 子どもの心の根っこを育てるために…8

      ご訪問ありがとうございます保育園で1歳児の担任をしています 今回から数回に分けて、私が大切にしていることを記事にしていきたいと思います。 1・子どもは意外とわかってる2・協力を求めてみよう​3・先に発達を知っていれば大丈夫4・手抜きもアリ!5・スキンシップを大切に6・代弁者になろう7・子どもの時間と大人の時間8・お母さんは宇宙船9・最後に〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜今回は…8・お母さんは宇宙船  同じ物を見たり、体験することで共感し、 心が通い安心感が湧きますね 何でも「一緒にやって!」だった子どもも、 少し大きくなると、一人でやってみたいという 気持ちも育ってきます 子どもはお母さんから離れて遊び、 遠くから手を振ったりします。 子どもからの「見ててね」の合図 その時には必ず応えてあげて下さい。 そうすることで安心して遊ぶことができます。 見守ってもらえている安心感があることで、 挑戦することもできるようになります お母さんは宇宙船、子どもはロケットです。 ロケットは好奇心の塊。 あちこちへ飛び出して行き、様々な体験をして、 楽しいこと、嬉しいことを持ち帰り認めてもらったり、 また怖くなったり、悲しくなったりして燃料がなくなると 宇宙船に戻ってきます 飛び出していかれるのは、 宇宙船という安心して帰れる場所があるからです  今回もお読みいただきありがとうございました次回は最終回、お楽しみに〜〜 <アメクリップ>でブログを紹介し合おう!!!

      49
      テーマ:
  • 17 Sep
    • 子どもの心の根っこを育てるために…7

      ご訪問ありがとうございます保育園で1歳児の担任をしています 今回から数回に分けて、私が大切にしていることを記事にしていきたいと思います。 1・子どもは意外とわかってる2・協力を求めてみよう​3・先に発達を知っていれば大丈夫4・手抜きもアリ!5・スキンシップを大切に6・代弁者になろう7・子どもの時間と大人の時間8・お母さんは宇宙船9・最後に〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜今回は… 7・子どもの時間と大人の時間 子どもは何回も失敗したり、同じ事を聞いてきたりします それに対して大人はイライラすることありませんか 私はありました 次男が3歳くらいの頃、 保育園の帰りに通りかかると聞く場所がありました 「ここなーに?」「教会だよ」 大きくて、広い敷地は普通のお家と違い目立ちます 前を通るたびに、毎日 「ここなーに?」 「教会だよ」 「ここなーに?」 「教会だよ」 毎日、毎日… 「だから!」という気持ちをおさえ 「ここなーに?」 「教会だよ」の繰り返し いつまで続くのか…と思っていると ある時、 「ここ、教会だよね」と言ったのですおぉ~ これが、「学習」頭ではわかっていたつもりだったけど 改めて、経験させてもらいました 繰り返し、繰り返しが本当に大切 もぅまたと思うかも知れないけれど、 それが子どもにとっての学び なのです! 子どもの時間と大人の時間の流れは違うのです子どもはまだ発達途上。 繰り返し、繰り返しすることで学び、 学習していきます 子どもの時間を大切にしてあげて下さい  今回もお読みいただきありがとうございました次回もお楽しみに〜   <アメクリップ>でブログを紹介し合おう!!! 

      49
      テーマ:
    • 今日はモノレール記念日

      保育園で一歳クラスの担任をしています‼️日々の生活のなかで大切にしたいこと、子どものかわいいつぶやきなどを発信しています💖 今日は「モノレールの日」!子どもたちはモノレールに限らず、電車、車、飛行機など乗り物が大好きです❣️ 写真で載っている本はどれもボロボロ💦大好きなので自分でも見るので、どうしても消耗が激しいのです それぞれ大好きなページがあり、みんなで見ていると大変💦「ここ!」「こっちから!」「まだみてるの!」アラアラ💦 それぞれの気持ちを汲みながら、ページをめくっていきます。 それでも納得できない子は、みんなが見終わってから1人で満喫できる時間を取ってあげるようにしています。 時間はかかっても、1人ひとりの気持ちを大切にしたいと思っています💖今日もお読みいただきありがとうございました!次回もお楽しみに〜(^^) あなたもスタンプをGETしよう

      13
      テーマ:
  • 16 Sep
    • 子どもの心の根っこを育てるために…6

      ご訪問ありがとうございます保育園で1歳児の担任をしています 今回から数回に分けて、私が大切にしていることを記事にしていきたいと思います。 1・子どもは意外とわかってる2・協力を求めてみよう​3・先に発達を知っていれば大丈夫4・手抜きもアリ!5・スキンシップを大切に6・代弁者になろう7・子どもの時間と大人の時間8・お母さんは宇宙船9・最後に〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜今回は… 6・代弁者になろう  子どもが小さいうちは言葉での表現ができないので 何がしたいのかわからない 何をしてあげたらいいのかわからないという事を よく聞きます。確かに言葉は発しないのですが、 赤ちゃんは泣くことで、 「お腹すいた」「おむつが濡れた」「さみしいよー」と 様々な気持ちを表現します これってすごいと思いませんか発信してくれるから、 私たちは気づくことができるのです 泣くことさえしなかったら、何もわかってあげられません  もう少し大きくなると、指差しや行動で思いを 伝えようとします。「アッ!」という言葉と共に 指差して発見を伝えようとしたり、聞かれた事に対して 首を振ったりうなずいたりして表現します。 この時に「それは〇〇ね」と言葉を伝えていくことで 物の名前を覚えていくのです 感情に対しても同じことが言えます。 どう表現していいかわからないと子どもは 「行動」で伝えようとします 「泣く」「たたく」「噛む」「投げる」「転がる」 などなど この時もその感情を代弁してあげることで 「あ~これはヤダっていう気持ちなんだ」 という事を学びます。 2歳近くになると、周りの事に興味を持ち始め関わりを 持つようになってきますお友達の持っているものが欲しい、 同じことがしてみたいという気持ちが出てきて、 成長を感じる姿でもあります。 しかし、まだ言葉がうまく使えずに欲求のままに 行動すると、奪い取ってしまったり抵抗されれば、 押したり叩いたりまた噛みついたり引っ掻いたりという 行動につながっていきます  怪我をしたり、傷が残ってしまうことは とても悲しいことです 小さいから言えないのは当たり前、 仕方がないと思うかもしれませんが、 その時々の周りの大人の行動や関わりによって、 子供は学び、学習していきます 行為だけを叱っても、子供は何がいけないのか? どうすればいいのか?ということがわかりません。 では、どういう関わりを持ってあげたら、 子供は言葉を使って気持ちを伝えることが できるようになっていくのか? まずは、「その都度、その子の思いを 受け止め言葉にし、 具体的な方法を知らせてあげること」 例えば、おもちゃが欲しくて取り合いになっている時 「このおもちゃが欲しかったの? そういう時は『カシテ』って言うの。」という 話しかけ、そして、もう一つは 「言葉で伝えられた時に褒めてあげること」 チャンスを逃さずに伝えてあげてくださいね 「今、お口で言えたね!偉かったね~!お口で 言ったら貸してもらえたね」 (もちろん貸してもらえない時もありますが、言えた事を褒 めてあげて欲しいです) その繰り返しによって子供は経験を重ね、 少しずつ言葉で伝えられるようになってきます 今日教えて、明日できるようなことではありません 長い時間がかかるかもしれません。 しかし、子供は必ず成長していきます。 愛のある関わりで共に成長していきましょう  今日もお読みいただきありがとうございました次回は7・子どもの時間と大人の時間 ですお楽しみに〜  <アメクリップ>でブログを紹介し合おう!!!  

      48
      テーマ:
  • 15 Sep
    • 子どもの心の根っこを育てるために…5

      ご訪問ありがとうございます保育園で1歳児の担任をしています 今回から数回に分けて、私が大切にしていることを記事にしていきたいと思います。 1・子どもは意外とわかってる2・協力を求めてみよう​3・先に発達を知っていれば大丈夫4・手抜きもアリ!5・スキンシップを大切に6・代弁者になろう7・子どもの時間と大人の時間8・お母さんは宇宙船9・最後に〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜今回は…5・スキンシップを大切に  保育園に預けていると、 子どもとの時間が少なく遊べない 愛情が足りなくなるのでは というお悩みを受けることもあります。 では、子どもといる時間が長ければ たくさんの愛情を注げるのでしょうか? 私は「時間」よりも「質」だと思います。 いくら長く一緒にいても、 会話もなくテレビを見ていたら 一緒にいないのも同然ですよね 保育園から帰ってきて、寝るまでの時間を 濃密に過ごす事で、 離れていた時の分まで心は埋まるのです 「今日は何して保育園で遊んだの?」という会話や、 一緒にご飯を食べて「おいしいね」と 気持ちを通わせる お風呂に入ってスキンシップ 添い寝してもらい、お母さんの匂いを感じながら 安心して眠る 特別な事はしなくても、 日常の生活の中に安心できる材料はいくらでもあるのです。 意識して関わることで、さらに幸せを感じられるでしょう  今日もお読みいただきありがとうございました次回は6・代弁者になろう ですお楽しみに〜  <アメクリップ>でブログを紹介し合おう!!!

      43
      テーマ:
  • 14 Sep
    • 子どもの心の根っこを育てるために…4

      ご訪問ありがとうございます保育園で1歳児の担任をしています 今回から数回に分けて、私が大切にしていることを記事にしていきたいと思います。 1・子どもは意外とわかってる2・協力を求めてみよう​3・先に発達を知っていれば大丈夫4・手抜きもアリ!5・スキンシップを大切に6・代弁者になろう7・子どもの時間と大人の時間8・お母さんは宇宙船9・最後に〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜今回は…4・手抜きもアリ!  保育園から帰ったら、ご飯作って、食べさせて、 お風呂入れて、洗濯機回して、 嫌がる歯磨きをどうにかクリア 絵本読んで寝かせて… ホッとしたのもつかの間、洗い物、洗濯干して、 連絡帳書いてと本当にやることはいっぱい! 子どものためにやってあげなきゃと思う気持ちは 素晴らしいです しかし、お母さんが倒れてしまっては大変です ある程度目をつぶることも必要ですね 時には外食、お惣菜を買ってくる。 掃除も見えるゴミだけ拾うなど、 自分へのハードルを下げてあげてもいいんですよ そして、時々は自分の時間を作ってあげてください。 子どもを寝かせた後、自分のためにコーヒーを入れる。 好きな趣味の時間を持つ。 などなど、何でも自分の為に時間を使うのです。 また、明日からのエネルギーになりますよ  今日もお読みいただきありがとうございました次回は5・スキンシップを大切に ですお楽しみに〜  <アメクリップ>でブログを紹介し合おう!!!

      43
      テーマ:
    • 鈴虫が鳴く?泣く?

      すっかり秋の気配…朝晩涼しくなり、 蝉の鳴き声が鈴虫に変わりました。 鈴虫の鳴き声を聞くといつも思い出すことがあります 長男が3歳くらいの頃、 保育園から帰ってきて自転車をとめようとすると、 草むらから鈴虫の鳴き声が聞こえてきました。 私が「アッ!鈴虫が鳴いてる、いい声だね~ 聞こえる?」 というと一生懸命聞こうとする長男。 草むらの方に体を傾け、耳のそばに手をかざし、 なんとも可愛い格好  「ホントダ!(しばらく聞き入る…) オカアサンッテ、ナイテルノカナ?」 お母さん????なんで?と思ったら、 「鳴く」ではなく「泣く」と受け取ったようです 子どもにとっては「泣く」の方が身近で、 お母さんと会えない時が一番悲しいと思っているんだな と感じました 可愛いな~と心がほっこり温まった一場面でした そんな長男も、高校生。 私がいなくても泣きませんが、 お小遣いがなくなると泣きついてきます  まあそれも可愛いですけどね  今回もお読みいただきありがとうございました次回もお楽しみに〜〜 <アメクリップ>でブログを紹介し合おう!!!

      27
      テーマ:
  • 13 Sep
    • 子どもの心の根っこを育てるために…3

      ご訪問ありがとうございます保育園で1歳児の担任をしています 今回から数回に分けて、私が大切にしていることを記事にしていきたいと思います。 1・子どもは意外とわかってる2・協力を求めてみよう​3・先に発達を知っていれば大丈夫4・手抜きもアリ!5・スキンシップを大切に6・代弁者になろう7・子どもの時間と大人の時間8・お母さんは宇宙船9・最後に〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜今回は… 3・先に発達を知っていれば大丈夫  例えば1歳児というと、歩行がほぼ完成し、 行きたいところに行く事ができ、 大人の話すこともなんとなくわかるようになります なんでも触ってみたい、やってみたい、行ってみたいと 好奇心の塊。月齢が高くなれば、 少しずつ自我が出てきて、自分で「こうしたい!」という 気持ちが出てきます。 俗に言う、イヤイヤ期の始まりですね。 お母さんと自分は違うという、 自分の気持ちに気付き始めるという事なんです。 育児が始まり、平穏だった時から一気に思い通りにならない 壁にぶつかる時期だと言われています。 しかし、そう思われるのは 子供の発達過程や対応の手立てを持ち合わせていないから… 子供がどうして反発するのか、どう対応すればいいのか ということを先に知っていれば、 お母さんの心のゆとりもできるはずですね。 そのようにして、 準備をして子どもとしっかり向き合っていく事で、 自己肯定感が育まれ、意欲が溢れだすでしょう イヤイヤ期の対応はこちらから…よかったら参考にして下さい「まずは受け入れて」 「まずは受け入れて 2」 「ジブンデ」  今回もお読みいただきありがとうございました次回4・手抜きもアリ!ですお楽しみに〜  <アメクリップ>でブログを紹介し合おう!!!

      47
      テーマ:
  • 12 Sep
    • 子どもの心の根っこを育てるために…2

      ご訪問ありがとうございます保育園で1歳児の担任をしています 今回から数回に分けて、私が大切にしていることを記事にしていきたいと思います。 1・子どもは意外とわかってる2・協力を求めてみよう​3・先に発達を知っていれば大丈夫4・手抜きもアリ!5・スキンシップを大切に6・代弁者になろう7・子どもの時間と大人の時間8・お母さんは宇宙船9・最後に〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜今回は…2・協力を求めてみよう 仕事をしているお母さんは、仕事のほか、育児、家事の 何役もこなし、本当に大変です 私もそうやって男の子二人の子育てをしてきました 保育園の送迎は天気に左右され、 晴れていれば自転車で行けますが雨が降ると 歩きになり、なかなか歩いてくれない子どもに イライラしたものです また洗濯物も日々たくさん出るので、 毎日天気予報とにらめっこしていましたね そんな育児真っ最中の時主人は、 ほとんどあてにできないほど仕事が忙しく、 今のイクメンとはほど遠いものでした しかし私も人間、疲れがたまり倒れることもありましたそういう時は、保育園の送迎や家事もやってくれました。 その時ようやく思ったのです  「そっか!頼めばいいんだ、  一人で頑張らなくていいんだ!」なんでも抱え込む癖のあった私は、 一人で頑張り過ぎていたのです 主人が気づかなかったのは、私が伝えてなかったから…。 そう言わないとわからないのです 会話をすることで、お互いにできるところを 分担できるといいですね でもちょっと注意 分担を「絶対」と捉えないこと できない時も出てくるでしょう。 そういう時はコミニュケーションを大切にして、 思いやりの気持ちを持って話し合ってみてください 大好きなお子さんの事でケンカになることが 一番悲しいです いくら赤ちゃんでも感じ取りますよ  今日もお読みいただきありがとうございました次回は、3・先に発達を知っていれば大丈夫お楽しみに〜  <アメクリップ>でブログを紹介し合おう!!!

      42
      テーマ:

プロフィール

chi-korofactory

性別:
女性
自己紹介:
保育園に勤めて 26年 自分自身も日々悩み、試行錯誤を繰り返し、思い通りにならない子育てを経...

続きを見る >

読者になる

AD
御訪問ありがとうございますドキドキ

子どもとしっかり向き合っていく事で、自己肯定感が育まれ、

日本の未来が明るく平和になっていきますビックリマーク

仕事と子育ての両立はホントに大変ですが、少しだけ立ち止まり

「何が子どもの為になるのかな?」と一緒に考えてみませんかはてなマーク

その少しの気付きが、今後の子ども達の未来を大きく変えるのですビックリマーク

場面ごとの対応を丁寧にお伝えしますラブラブ

子ども達の明るい未来のために…ニコニコ
未来の日本のために…音譜
今、私たちにできること…

愛と感謝をこめて…ラブラブ
お届けします!!

アメクリップ
ブログを紹介し合って人気ブロガーになれる
【アメクリップ】



ランキング

総合ランキング
70889 位
総合月間
74969 位
子育て
3366 位
先生・保育士
510 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。