感動的な瞬間

テーマ:

小さな両手を天に向けた。


次の瞬間、小さな両足で大地を踏みしめ、小さな一歩を踏み出した。


でも、その一歩は大きな一歩。


なぜなら、人生で生まれて初めて自分の力で歩いた瞬間。


その最初の一歩は、この先、様々な場所へ行き、多くを学び、いろんな人に出会う、無限の可能性へと繋がっている。


その始まりを私達は見ることができました。


姪っ子が初めて歩いた感動的な瞬間を。


たった7歩の小さな歩み。


妹の胸に倒れ込んだ姪っ子は、初めての感覚が嬉しかったのか、これまで見たことのない程の満面の笑顔でした。


人が人になってゆく過程の神秘と素晴らしさに、ただただ興奮するばかりです。。








蝶々笠間千弘 オフシャルサイト蝶々
   http://kasamachihiro.com/


蝶々書作品やロゴデザイン、ワークショップ、個人レッスン等のご依頼・お問い合わせ蝶々
   shirokurohanabi@gmail.com









AD

怒りと不満の裏側にあるもの

テーマ:

不満を言えば、きりが無い。


周りに対する不満、自分に対する不満。


小さなものから大きなものまで。


時には小さなものが、大きなもののように膨らんで、、。


どこかでストップさせて、持ってる幸せに意識をフォーカスさせなければ、不満の波に押し潰されてしまう。


そして幸せを見失い、またあるいは自分で手の中にあるものを壊したり。


不満は、不安からくる場合が多い気がします。


弱さが怒りを生み、不満に繋がる。


怒りの感情というのは複雑で、ただ純粋に怒っている時ばかりではないから厄介。


悲しいから怒る時。


寂しいから怒る時。


怖いから怒る時。


愛してるから怒る時。。


人によっても怒るポイントは様々で、怒りの裏側にある感情を慎重に読み取らなければ、本当の意味で、その人をなだめることも慰めることもできない。


愛する人ができたら、相手が何をしたら喜ぶかってことも大事だけど、大切な人の悲しみや怒りのポイントを知ることの方が、実はもっと大切なのかもしれないと思ったりする。


私も弱い人間だから、今でも不満の大波が心を襲うこともある。


でも自分で、その奥底にある感情を探り、知るだけでも、なんとなく心が落ち着いたりするものです。


何においても、物事の裏側にあるものを深く知ろうとすることは、大切なことですね(^-^)








蝶々笠間千弘 オフシャルサイト蝶々
   http://kasamachihiro.com/


蝶々書作品やロゴデザイン、ワークショップ、個人レッスン等のご依頼・お問い合わせ蝶々
   shirokurohanabi@gmail.com









AD

夏前の憂鬱

テーマ:

もう間もなく梅雨明けなのかな。


明けて欲しいような、欲しくないような。


梅雨が明けたら夏が来る。


来て欲しいような、欲しくないような。。


夏を前に、心境はいろいろと複雑です。







蝶々笠間千弘 オフシャルサイト蝶々
   http://kasamachihiro.com/


蝶々書作品やロゴ、ワークショップ、個人レッスン等のご依頼・お問い合わせ蝶々
   shirokurohanabi@gmail.com









AD