テーマ:

税理士法人チェスターの代表社員で税理士の福留です。


皆様、住民税は払ってますか??


通常、どこかの企業にお勤めで給料をもらわれている方であれば、給料から天引きという形で支払っていることになっています。

納付は会社が一括で行っています。


ただ、この住民税がかからない場合があります。


住民税は、その年の1月1日に住所がある市区町村から徴収されます。

またその計算は前年の収入に応じて決まります。


たとえば、平成23年1月1日に奈良県奈良市に住んでいたら(住民票があったら)、

平成22年中に稼いだ収入をもとに徴収される金額が計算され、平成23年に払われる

給料から住民税が徴収され奈良市に納税することとなります。


ただ、たとえば、1月1日現在に日本に住所がなかった場合にはどうなるのでしょうか。

(海外転勤などで海外に住所があった場合です)


答えは、


住民税はかからない


です。


少し変な感じもしますが、現状の法律では、そのような規定になっています。。


ですので、極端な話、


毎年冬の時期(12月~2月)は、海外に転勤になるような仕事の場合、日本への住民税の納税は一切しなくてもよくなってしまいます。。




相続はこうしてやりなさい/税理士法人チェスター



¥1,500
Amazon.co.jp


のブログでは、主にプライベートな記事を中心に掲載しております。


税金関係の専門記事は、↓こちらのコラムに別途毎週掲載中です。


http://chester-tax.com/column/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

相続税専門の税理士事務所さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります