• 09 Sep
    • 遠い星 近い花火の夏空は 見えぬ花火にいらだちもする

      やけっぱち どんぶらこっことうたよめば焼けつく砂も一寸法師妖精か死んだジジイかネット葬 生きちゃいるけど流れる雲母ちっぽけな梨をみつけた庭の隅、嵐みやげの折れた捨て傘葉がふたつ大きくみえるちっぽけなひとつの梨のみずみずしさは信じろと言わんばかりにちっぽけな梨を残しつ、あまた星浮かぶ花火にはなりたくないと夜空には星が浮かんで雲にまぎれる遠い星 近い花火の夏空は 見えぬ花火にいらだちもする

      テーマ:
  • 28 Feb
    • 【トラバ返歌】 雲に訊こう

      知ることは 行の始めの たとえあり 知らんが為に我信ず(とんこつラーメン@爺の時事ブログ)伸縮の時代のなかにぽっかりと雲のゆくえを追い求めたり(しらいし)

      テーマ:
  • 25 Feb
    • 【トラバ返歌】 ややこしいことは忘れる

      ■ラッパをぷぅ~“楽しみに”期待集めた論舌はラッパをぷぅ~と吹いただけ(とんこつラーメン@くまさま)■こいぬはいいなぁ・・・と思って歩こうと頑張っているこいぬには愛らしき目の世界やさしき(しらいし)

      9
      テーマ:
  • 16 Feb
    • 【トラバ短歌】 エデン

      彷徨える心導く魂の漂流先はエデンの園か(くまさま)夕暮れのポプラ並木の向こうにはエデンがありき。今はみちあり。(しらいし)象徴に憧れてみたジェームズ・ディーン。笑むともなき笑み浮べ、死す。(しらいし)

      テーマ:
  • 15 Feb
    • 【トラバ返歌】 オリンピック

      ジャンプする機体は軽く期待落ち、意識の薄さ原田の腹だ。(くまさま)厳密なルールで飛んだ雪の丘そろそろ人も飛行機になり(しらいし)華やかに銀盤の舞目を見張る。トリプルループ投げたらアカン!(くまさま)音楽の途切れた時間ゆくすえのつむぐ糸さえ乙女つなぎし(しらいし)銀盤を制す者らの傷跡のキラキラと舞い聖火ともりぬ(しらいし)

      テーマ:
  • 13 Feb
    • 【トラバ短歌】 チョコみかん

      >>>>☆ 風と水、日の光さえさらさらと資源とかわる。風の吹く日は>>>○ 陽の光風のざわめきそよぐ水 食べずに捨ててた野菜の皮よ>>☆ 葦舟にアスファルト塗る死海にはヘドロはなきか今も昔も>○ 地の底の眠りを覚まし遠つ国でゴミに変わりて海底(うなぞこ)へ眠らん ☆ その昔海はナチュラル汚水処理ゴミはまぼろしかたちある謎>○ 捨てていた野菜の皮をTVみて 食べてみたもの3日で飽きた☆ TVみてみかんの皮で風船を割れるものかな汁のなき冬○ masaping  ☆ Rin***待ち惚け、風の香りに振り向けば、はにかみながらチョコを差し出す。(くまさま)スーパーを楽しみ歩くバレンタイン遠慮しふたつ。ひとつ吾がため。(しらいし)今日ちょっと更新の数が多いので、まとめさせていただきます。--

      テーマ:
  • 12 Feb
    • 【トラバ短歌】 水こそが資源

      ☆ 風と水、日の光さえさらさらと資源とかわる。風の吹く日は○ 陽の光風のざわめきそよぐ水 食べずに捨ててた野菜の皮よ ☆ 葦舟にアスファルト塗る死海にはヘドロはなきか今も昔も○masapingさん  ☆Rinガソリンより水のほうが高い国もあるのだから・・・それに火力発電なんて昭和に入ってからでしょ?(違う?)

      12
      テーマ:
    • 【トラバ返歌】 幻の牛乳瓶

      湯上がりに牛乳瓶を頬に付け冬の夕べにふぅっと息を吐く (くまさま )軽やかなペットボトルの容器には冷たい息が吹き込んでゆく (しらいし)牛乳瓶というのをほとんど見かけなくなりました。湯上りの牛乳というのもノスタルジック。

      テーマ:
  • 08 Feb
    • 【トラバ短歌】 ちどりあし

      >>○ にっこりと丼ほどの大きさの コーヒーカップを小粋に掲げ>☆ けだるくもジョッキ小の大きさの重いカップは冷えたるままに○ アンニュイな眠気を覚ます珈琲丼 たった一杯で夜まで眠れず☆ スーパーのプラスティックのカツ丼がなつかしくなるうすぺらなグアム(あんなまずいカツ丼が世の中にあるとはゆるせない・・・・まあ、いっか)>>○ いっぱいの珈琲飲んで腹膨れ 千鳥足とる眠気は覚めたが >☆ 氷など要らない冬の珈琲をプルメリア咲く器に半分○ 半分に割ったスイカを食べようと やってみたらお腹壊した☆ つる割れたりんごを一つ置きざりにぽつりぽつりと茶がまじりゆく○ まさぴんさん  ☆ Rin --

      テーマ:
  • 27 Jan
    • 【トラバ返歌】 小春日和

      ○彼方から響く根雪の鳴き声か されどパースに花火は上がる☆結晶の空の想いの消えゆかばまことしやかに塊となる○はらはらと肩に降りたるひとひらよ 雪のはかなさ花火のかけら☆氷張りうつろう雪は地のうえに姿かえゆく小春日和に○まさぴんさん☆Rin

      テーマ:
    • 【トラバ返歌】 残雪

      ○ はかなくも雪のごとく降り消ゆる未来(あす)への希望木枯らしの中 ☆ 残雪を蹴り上げてなお残雪は闇路の柘植の根元のオブジェ○ 降り落ちて積もり積もるは雪なのか人の想いか累積赤字か☆ 一片は儚い雪の戯言も屋根すら潰す深雪の里は○・・・まさぴんさん ☆・・・Rinハンドル名を復活させるか・・・

      テーマ:
  • 15 Jan
    • 字足らずをごまかされても貴女ならゆるしてしまう初バトン。ぽとっ

      去年も一つ落としてしまったし、忘れた頃にやってくるバトン・・・このところTBといえば連日のエロTBばかりで、メールとTBの削除を日課としてしまっている。にもかかわらず、がんばってるなーと少し感心。ルールは、『イメージでつながっている言葉(キーワード)の最後に自分のイメージを1つ新しく付け加えそれを新たに「3名様を指名」した上でお渡しする』だそうです。海>ブルー>サッカー日本代表チーム>ドイツ>ソーセージ>バーベキュー>かに>白砂>砂丘>海>太陽>ひまわりたね>すいか>うめぼし>和歌山>みかん>あたしンち>猿山>赤ちゃん>フレンチドッグ>おばあちゃん>ボーリング>ハイタッチ>アメリカ>カジノ>ドラクエ!!!>スライム>キング>トランプ>マギー審司>ジュエリーマキ>後藤真希ちゃん>モーニング娘。>テレビ東京>旅>駅弁>牛タン>カルビ>脂肪>カプサイシン>ナルリョライスンヨプ>金山知憲>ミラクルホームラン>逆転>旗>体育祭>うちあげ>飲ま飲まイエイ>一気飲み>ウコン>インド人>ガンジー>ゼンジー北京>バンジージャンプ>SHONENJUMP>ナルト>博多弁>和田勉>天然ボケ>浅田美代子>女系家族>婿養子>カカア天下>カイヤ>巨乳>叶姉妹>美香>サルサ>情熱>赤い薔薇>おちょう婦人 (←お蝶夫人、だと思うぞ!)>縦ロール>名古屋嬢>しゃちほこ>グランパス>リゾートホテル>無縁>ルーズソックス>なが~~~い>しっぽ>ポニーテール>少女>ロングヘアー>貞子>暗黒舞踏>デスマスク>ナポレオン>痛風>飽食>グルメ>TOKIOの城島茂>茂子>あひる隊長>村長>ヒゲ>サンタクロース>プレゼント>アクセサリー>キラキラ>雪(の結晶)>北海道>実習(先)>調理>パスタ>カルボナーラ>フォーク>食器>レストランバー>お酒>シャンパーニュ>付き合った記念日>パーティ>クリスマス>キリスト教>芥川龍之介>鼻鼻・・・鼻についてのうんちくは、ぐたさん 。鼻っていうと、天狗や団子のような造型しか浮ばない。鼻より団子とは言わないが、だんごっぱな、とかさ。どちらにしよう・・・「初バトン 貴女以外に いないでしょ だから お願いいたします^^♪」(ぐたさま)字足らずをごまかされても貴女ならゆるしてしまう初バトン。ぽとっ というわけで、バトン落としちゃった。(笑)

      4
      テーマ:
  • 20 Jun
    • 【トラバ短歌】 地球と月と北の星空

      地響きにさすようにテラ揺すられてわすれがたみの夕まぐれいづ時止まり時計の針は動きつつ静止する時とどまりし刻夢が跡くりかえしつつ咲く花のあおあおひかる葉陰れの刻まわりゆく北の空には星めぐり左左と笑っておりしくるくると眩暈のやうな北の星ひだりひだりとまわっておりし地球にはぐるりんと右まわる夢浮んでおりし右ききのわれ北の空狭饗として笑みうかべおそらの星はくるくるまわる赤い道黄色い道の交差点くるくるまわる地球の月はひねもすのかわりゆくまま月めぐる黄色いみちは今いづこかなこの大地この狭きみち歩んではくるくる回る北の星空画像: 梓のホームページ

      テーマ:
  • 01 Jun
    • 【トラバ短歌】 空蝉

      以下の短歌は創作である。ネタ元⇒ 「よろめきません勝つまでは」/ 読書感情ふん! 夏の声聴いて楽しき空蝉の夜迷いのごとひと夏の恋揺らめいて夏の風には吹かれまじ君知るよしや満月の夜君ごころ月は知るらん蝉の声鳴くや鳴くやと夜の空の夢いたずらに身をこごめては立ち止まる傷はもろ刃の光みる夢深深と夜はしづもり夜の夢はこわごわと泣く別れせし君追いかけて追われて知るや初恋も遠の世の君わかつ空蝉画像: 梓のホームページ

      4
      テーマ:
  • 12 May
    • 【トラバ返歌】 季節はめぐる

      ★麗。さま へのトラバ返歌夏日和 「終わったのね・・」 と、君が泣く 不倫オトコの 気持ちになれた(麗。)冬靴と夏のサンダル・・・履き替えるのは当たり前なんだけど、そんなことを感じるあなたって。冷たくもなれない人なんだ。ゆるせるかゆるせないかとまどろんでめぐりゆく傷うめる間もなく(しらいし)夏来れば冬はめぐりぬ春の陽に紫陽花めでる五月の風に(しらいし)家のなか昼寝しおれば春風も流るる雲に陽をしのびおり(しらいし)画像: NOION

      2
      テーマ:
  • 07 May
    • 【トラバ返歌】 春なのに

      ■きのこさま へご返歌てふてふの呼び名変わりて蝶と成り飛び回るかなビルの谷間に(きのこ)時代ってコンナモンカと不精にもタバコふかすも蝶はいずこ(きのこ)ビル風の吹きすさぶみちさわさわと街路樹の葉と埃舞ふ丘(しらいし)紋黄蝶紋白蝶の飛ぶみちを網もちあゆむ夕暮るるまで(しらいし)画像: Four seasons

      テーマ:
  • 03 May
    • 【トラバ返歌】 すぐに夏になりそうな日

      ■ きのこさま へご返歌たてよこに並んで暮らす人波もまるい天にはくずさるる砂 (しらいし)北風のふきやみ間もなく燦々と照り衣脱ぐ砂沙の影(きのこ)木陰にぞ涼むあらくさふつふつと細波よするわかくさの春(しらいし)ひねもすのわかれゆく葉の舞いたれば紅きカナメの東陽のごと (しらいし)若草の凪ぐ音香り夢にぞか凸うつつの多事流るる窓辺(きのこ)窓辺よする陽射しまばゆく暗がりもまばゆさのゆえしばしとどまり(しらいし)リコメンド比べてみれば幽かなるアブかハチかと瞬時影みし(しらいし)画像: 梓のホームページ

      テーマ:
  • 02 May
    • 【トラバ短歌】 うつるんです、こういうのは・・・

      くるくるとからまわりするすいしゃごやくるくるまわりいやまわらないながれればながれるやうにながれだすほしだっていまながれていくよひらがなはかんじをきらっているやうであたまをよぎるられつのあらしきーぼーどあらわるるもじながむればおっひらがなだへたくそなうた⇒うめぞうさんの頭の中 をのぞいているうちにふいに。画像: 梓のホームページ

      2
      テーマ:
  • 16 Apr
    • 【トラバ短歌】 時代は官能小説?

      麗。さまが作家デビューということで、お祝いにトラバりませう。小説は読んだことはないんですけど、このところ時代は女流官能小説作家へと傾きつつあるのかも。男が書く女ではなく、女が女を書く。自分的にはそのほうがナチュラルな気がするし、斬新かもしれないな。官能に花は散るらむさくら葉もくれなひかをる落つる秋にぞけものみち君の呼びたるふくろうのたたずむ夜は白白と月太陽はまっぴらだよとけものみち夜をみまもりぬ白糸の雨けものみち吐く息熱くしづもれる夜空に浮ぶおぼろ月数寄紅に染まりゆく葉の萌えいづる春のはな散るみじかき縁花影に葉の伸びゆかば透かし陽のゆびさき透ける血いろくれなふ画像: Four seasons

      10
      テーマ:
  • 14 Apr
    • 【トラバ短歌】 それぞれのひかり

      mihoさまへ、久しぶりのトラバ短歌去年(こぞ)の夏失せてしまつた腐り木の欠片もつちに春はもどり来朽ちる板朽ちる荒れ庭咲く花の色さえ朧止まり木も消ゆ薔薇・ざくろ・梨の白花・ミモザ生(あ)れ芝のりこえて水仙の葉だに光刺す鋭さ暮るる庭先の尖った枝にあつまる茜ボサノバを聴いていた日はつかのまの雪を見ていた記憶うすらひ芝草をかすることなく逝きすぎた窓辺に立ちつ凍へるマリア媒体を君によするかわれの色萌ゆるみどり葉ひかり芽のうへとおる色ふかぶかとしてひかりひかるとらへる時はいつがまぶしき君がうへ想ひよするが波の音われ聴きたしもかげろふ紫苑馬のあし細々としてどつしりと砂を蹴る蹴る朝の砂浜タイの海かげろふばかり津波すらのみこむばかりあしもとの道あまりにも難しい質問なので・・・考えているうちに、それも歌にしてしまいました。茫洋とことのはの海ながむればつづりもむなしくりかへす波画像: NOION

      6
      テーマ:

プロフィール

りん

性別:
女性
お住まいの地域:
茨城県
自己紹介:
Copyright@Masako Shiraishi /Tanka ほとんど自分では撮影しません。...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

月別

一覧を見る

わたしの短歌は
ジョアン・ジルベルトがボサノバを歌うように
シャンソン歌手が詩の朗読をするように
淡々とつぶやくように読んでほしいのです
ロックのリズムでもかまわない
ハウス・ミュージックでもかまわない
アコースティックなギターの調べでも
つまびらやかな流れるようなピアノの調べでもかまわない
潮風に吹かれながらでも
5月の風に窓を開け放したクルマの中でもかまわない

サウンドの中に詩が響きますように
歌だから・・・


************************



************************



************************
アクセス解析CGI




************************

ほっとけない 世界のまずしさ



ハンガー・サイト

Protect Endangered Species at EcologyFund.com

************************




AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。