めずらしくアメブロからまともな記事が・・・(こらっ)

→ 9-11 衆院選挙ブログリサーチ


おおざっぱに内容を整理すると、今後どうやって世論調整にブログを活用するか、ってことなんでしょうか。


政府や政治家、政党に意見を送信するのならダイレクトにやればいいですよね。わたしはこの方法を活用しています。数日後、係の方からご丁寧に返信まであり、案外勢いだけで送信しているのが申し訳ないような気がしました。


リサーチという点では、各政党ごとのマニフェストに対し、TBやコメント等で意見を集めるのも一つだけど、それよりも統計データを活用し、数字を見ながら考える必要性も高い。というのは、意見というのは好き勝手なことが言えるじゃないですか・・・自分の都合だけで。


だけど、年金や少子化対策など、どうして増税が必要になってくるのか、そこのところ資料を見て判断しないとなんとも言えない気がするのです。もし、本当の意味で公平で、かつどこの政党にも加担せず、数字を見ながら匿名で考える、ということであれば、つまり自分の立場を度外視して、あるいは組織を離れて客観的に考えるというか、そういう純粋化された世論は大切。


ほとんどのブロガーは匿名で遊んでいるだけ。その代わり、立場を超えた意見発信も可能。統計的数値というだけなら責任ないし・・・実際の選挙の結果と比較するのもおもしろいかも。データ発信ブログ、つまり国民の本音をリサーチするブログっておもしろそう。ただし、2chは嫌だ。もっとまじめに。

AD

全然待っていなかったけど、アメブロでも自費出版のサービスが始まった。他社ブログのサービスと比較する前に、せっかくだから感想を。


アメブロ運営局 スタッフブログ

アメブロde本


正直に語れば、今はまだ「待ち」をかけたほうがよいのでは・・・

理由はいくつかある。


一番大きな理由は始まったばかりだということ、サンプル数が少ないということ、表紙くらいもっと凝ったものを使ってもよいのではないかと思ったこと。


その次に、期間で記事を絞り込まなければならないということ。

(ちなみにエキサイトの場合は、印刷したい記事だけを抽出することが可能。)


******


どうせやるなら、個人で販売できる程度までバックアップしてほしい。アメブロなんだから、それくらいできるのではないか?・・・なんてね。

AD

そろそろ・・

そろそろヴァカンスのシーズンでもあるし、むすめの受験のことを気にする季節でもあるし、morimさんのこの記事 を読んであっさりわたしはランキングをお休みすることにした。


いつ復活するかって?


さあ・・・・気分屋なので・・・・・まるで検討がつかない。



*********

注)アメブロのランキングに参加していないという意味です。やり方は、 「デザインと機能」→「サイドバーの配置」で”ランキング”を使用しない機能のところへドラッグし、「設定」で”ランキングへ参加”のチェックを外すだけ。
AD

アメブロ・ランキングのリニュ前とリニュ後とを比較。


これってあっさり語ると、リニュ後は自前のアクセス解析と数字がほぼ同じになってきました。カウントが切り替わる時間帯が違うので完全な一致というのはないし、何故かわたしは自前で2つ付けているのだけど、その2つが完璧に一致するということもないことを考えると、ようやく普通に「ユニーク・ユーザ数」だけになったのかと。今さらながら逆に今までは何だったのかな・・と考えてしまう。


■アメブロのメルマガによる説明

⇒ 『また、アメーバブログでは訪問者数に関して独自の基準を定めておりますが、
他社のアクセス解析サービス等と数字が異なる場合がございます。
あらかじめご了承ください。』


最初、アメブロにブログをつくった頃は、それこそ読者登録・記事・コメント・トラックバックまでランキングの対象だったわけで、トラックバックをもらったら返さないとダメかな・・とかいろいろ気を使うこと然り。このため、アクセス数だけでランキングを決めるという具合に変更になったのはよいけど、実際には一部ページ・ビューというのもカウントされていたのではないかという気がします。


というのは、うちのブログだけではなく、リニュ前の訪問者数のほうが多かったという人たちが多いから。


こうなると断然強いのは検索ヒット数の多いブログ。

今までだったら、コメントやトラックバックの「数そのもの」は関係ないと言いながらも、それなりにページ・アクセスということで間接的にボーナス・カウントがあった可能性を考えると、いきなりボーナスがつかなくなったら、そりゃランキングが大きく変動しても無理はないかもしれない。


リニュ直後はURLが二つになり、片方しかカウントされていなかったみたいで、自前のアクセス解析よりも少なかった。ところが、このところほぼ一致するようになり、それも解消された可能性が高い。


■アメブロのメルマガによる説明

⇒ 『訪問者数カウントにつきましては、ブログに表示される「読者一覧」と
「お気に入りブログ」を経由するアクセスについて、正しくカウントされない
障害が起きておりました。これらを全て修正のうえ、7月8日より正しい
カウントを再開致しました。これに伴い、賞金対象は7月8日付以降の
訪問者数とさせて頂いております。どうぞご了承ください。』


普通になったといえば普通になったのかもしれないけど、検索に引っかかりにくい記事をアップし続ける意義について、天邪鬼は考える・・・

格安ホテルの魅力

ブログ・サービスはたくさんあるけど、一番洗練されているのはエキサイトかもしれない。わたしがインスタント・ブログに詳しければ・・・と悔やまれる。ささやかなことだけど、コメントをクリックすると投稿欄だけが静かに出没するというのは小気味よい。あの行き届いたような細やかさをアメブロに求めても無理。その上、エキサイトへのping送信もできなくなってしまったと思っていたら、今度はトラックバックもできなくなった可能性が高い。原因は酷い文字化け。


エキサイトが洗練された大型ホテルだとすると、アメブロは格安ツアーパッカーご用達のホテルかもしれない。まあ、最低限度の備品は揃っているし、誰が騒ごうが子どもが走ろうが裏で工事をやっていようが安いんだから我慢してくれ、みたいな。


一つわかっているのは、アメブロが目指すのは売り上げNO.1であって、顧客満足度NO.1ではなさそう。売り上げを伸ばすためには従業員はこき使われるし、客もそれなりにリーズナブルなラインで我慢しなければならないし、決して自慢できることでもないような気がするけど、とりあえず突然サーバが消えるということもなさそうだし、こんな時代だから諦めるしかないのかもしれない。


エキサイトからアメブロにはトラバれるのだろうか?

なんか好奇心をくすぐられる・・・・うぅ。