自分らしさ

テーマ:
少し自分らしさというものを取り戻したい。
最初の頃は、気ままに詠んでいるだけだった。
最初とはいつか?
おそらくは神父様にメールを書き始めたばかりの頃のことだと思う。
それが吾に帰ったら、教会で悪魔と言いふらされているらしく、その理由があくこのメールが原因になっていたらしいのである。
今までそういう苦労をしたことがなかったのは、このブログの管理人として、インターネットで匿名で詠んでいたからだと思う。
ところが、だ。
教会ですから。
神父様。
たまに、シスター。

「まあ、神父様に悪魔? 大変だわ、どうしましょう」

おおげさでおおげさで、歌人というか、教会では普通の信者であり、役員も3年目に入り、普通にご奉仕活動をしている普通の信者!
それが、神父様に対して悪魔と言っている?

あのですね・・・私は洗礼を受ける前から、ネット歌人として、少しシニカルな作風を得意としていまして、それで何か言われたことはなかったわけです。それが素晴らしいかどうかは別として、文学というのはそういうものではないですか?
当たり前のことを当たり前に詠む。
それはそれで当たり前なのですが、不意にインスパイアされたことをそのまま詠む。
そこに面白さがあるのではないかと思っていたわけです。

日頃、面と向かっては言えないけれども、何となく思いついたり?
そういうことはキッチン会議として、誰かが面白おかしく話している。
特に本気にしているわけではないけど、その程度の小悪魔(サタン)なら教会にはいくらでもいる。
それが当たり前。それが教会。

だけど、メールの先が神父様ということを忘れていた、というか、次第に忘れていってしまう。
ジャンキーというわけではないけれども、文学というのはそういうものではないか?
役員会のメールを書いているわけではない。
返信を期待しているわけではなくて、むしろ返信は無理だろうなと経験上思いながら、それでも毒づくことというのはありませんか?
むしろ面と向かって教会の悪口を言われるほうが、神父様もシスターも考えながら真面目になるのではないかと思いますが、メールというのは、「これはあの白石さん!が本当に書いているのだろうか?」というところから悩み始められると、私も困るのですね。
私も学生時代を通じて、それなりにあくこだったので、そういうシニカルなところはあっても、若い頃はゆるされるのです。ところが、教会の役員をやる年齢になりまして、いつまでもそういう調子なのは、短歌という特殊な世界に埋没しているからであり、役員会や教会内でやっているわけではない。
だから、教会では意外と平穏に楽しくカトリック生活をしていただけなのに、修道会や他の教会などで話題になっていたそうなのです。ありえない。知らない方たちばかりだったら仕方ないかな・・・と。

楽しいから真似をしている方たちもいた?
よいこは真似しないでください。本気で悪魔に思われますから。
アナはですね、いいのね。あくこだから。よいこではない。そこが大きな違いなのです。

いずれにせよ、真似するからこういう騒動になるわけで・・・とクレームつけたいのですが、私は歌人としてわが道を行くことが使命なのではないかと、不意に思った。
ただし、修道会にまで迷惑をかけたくないので、特に何かを思って詠んでいるわけではないことを申し伝え、ご迷惑をおかけした皆さまには、あくことしてではなく、歌人千秋アナとしてお詫びしたいと思います。

エゼキエル 4.9 -17



罪深き私をゆるしたまえ。
AD

ネット歌人が好き

テーマ:

私は、結社よりもネット歌人のほうが長いし好きだし気楽なので、本当はこのままのほうがいい。

結社の決まりで、インターネットにアップした短歌は結社には出せないことになっているから、本当は出し惜しみしたほうがいい。

だけど、気ままにしているほうが好きだ。


イザヤ 10.24-27

AD

実験的試み

テーマ:

近頃、実験的な試みとして、画像を使って詠んでいます。短歌は写実が基本と言いながら、私は案外忙しいので、そんなことをしたら仕事の話とか、犬のことくらいしか詠めないですね・・・


というわけで、昨年、うちの教会を司牧していただいた神父様のところ から、画像をお借りして、詠むことが増えました。でも、神父様からお借りしているので、毒々しい歌は控えたほうがよいのではないかと思うのですが、根がどくどくしいので、たまにワープしてイメージがふわふわどこかへ飛んで行ってしまいます。普段ならそれでも構わない気がするのですが、写真から、となるとダメかも。


以前は、短歌が先で、後から気ままに好きなイラストなどを貼ることはあったのですが、テレビのバラエティ番組で、俳句の先生が写真を見せて俳句をつくるというのがあって、俳句の場合、練習のためにそういうこともありなのかと思って、参考にさせていただいています。


ただ、弱点があって、画像から詠むと、画像がないと意味不明の歌になってしまうことも多く、短歌としての表現力が弱まる気がします。概念歌みたいなものなら構わないのでしょうけど。


概念歌ということであれば、聖書がベースになってしまうのは、お借りしている先が先なので、仕方がないですよね。


そういった意味で、制約はあるものの、著作権のことやリンクのことやバナーのことなどを考えなくても良いという長所もあるので、ありがたいです。いくら美しい画像でも、そういうことを考えながらではさすがのずうずうしい私でも無理かも、です。


(ヨハネ 5. 13-16)



↑こういうのは本当は書かないほうがよいかも・・・?

お休みがなくなると困りますね。

今、司祭不足で大変な時代なので・・・カトリックは。


優雅に詠んでいるようでいて、あくせくあくせく。平安朝がなつかしい?

どうして時間が経過するに従って、いろいろ制約が出てくるのでせう・・・

いつの時代も変わらないかもしれないですね。


(歴代誌下 31. 1)

AD

自由

テーマ:

21世紀になり、突然、短歌を詠み始め、どれくらいの月日が経過したのだろう。インターネットの気楽さで、ちょっとやってみよっかな~という軽いノリで始めたことだ。



サイトの荒らし事件が発生して以来、当時の仲間たちは消えうせ、神父さまのサイトに貼ってあったコンテンツもいつのまにか見えなくなってしまっていた。



時空短歌の主宰はとうとう謎のまま消えてしまい、わかっているのは短歌はいわばおまけのようなもので、ボランティアでクリック募金を広めるためにやっていたような気がする。インターネットに関する知識は豊富で、右クリックの使い方もわからないわたしに、あれこれ教えてくれた親切な人だったことは間違いない。



荒らし事件は、本当に深刻で、被害者はたくさんいたし、困ったことに誰がやっているのかもわかっていた。わたしはすでに忘れてしまったが、実際に警察に相談に行っていた人もいて、その人からのメールによると、犯人は大手の会社を定年退職し、一日中パソコンをやっているという。トリガーとなったのはお子さんの自殺が原因らしく、家族は皆が迷惑しているのにどうして放っておくのだろうかと批判が書かれていた。



この事件をサイバー上のことで終わらせたい主宰と、弁護士を頼むと相談している人たちとの関係がどういう具合になっていったのかはわたしにはわからないが、そのことが原因で投歌も減り、しばらくはサイトのコンテンツの作り方などを指導してもらっていたが、わたしが結社に誘われたのが気に入らなかったのか、突然サイトは消えていた。



サイトは消えてしまい、結社の水も合わず、しばらくは神父さんのサイトで詠んでいたが、ちょっと不思議なことに気づき、短歌を詠んだあとに聖書を開くというのが日課になっていった。



ちょっと不思議なこと、というのは、その頃、わたしはあまり聖書を読んだことがなく、聖書をそういう使い方をしてよいものかどうか迷ったが、詠じたあとにパッと開いて目に入ったところを読むと、何となく神さまからのメッセージのような気がしてしまうのだ。



最初のうちは、聖書のページをも写していたが、もしかすると著作権の問題があるかもしれないと思い、そのまま文章を写すことはやめている。聖書にも著作権があるのかと思うと憂鬱になるが、ためしに英語の聖書を数冊買ってみたが、まるで言葉が違うことに気づき、同じことを表現しているだけなのに、言い方、あるいは訳し方は自由なのだということを知る。



その頃から、わたしはとりあえず1万首詠もうと考えていた。あえて言うなら、それも神さまとの約束というか・・・(と勝手に思っていただけだが。)



日常を詠い、聖書を開く。

そういうことを続けているうちに、わたしは次第に自由になっていった。

受洗したいのだけど、それを妨げているいろいろなことから、自由になっていったような気がする。



今はすごく自由なのだ。仏教のお葬式にも出るし、筑波山へ行ったりもする。ただし、ロザリオを持ち、十字を切って参拝するだけのこと。変かもしれないけど、特に何も言われないのが逆に不思議だ。クリスチャンなんだけど、知人のお葬儀に参列したり、家族で神社に出かけたりする。ただし、御ミサは一人でたまに通っているだけだが・・・



社会の儀礼的なことをきちんとしていると、しみじみこの国は心の中は自由な国なのだということを学んだ。形だけしていたら、後はその人が無宗教であろうが、仏教徒であろうが、クリスチャンであろうが関係ないと思っている人たちが多い。



短歌も最初の頃には、これは短歌ではないとかいろいろ言われたような気がする。にもかかわらず、お誕生日の記念に短歌を産経新聞に掲載したら、読者の反響がすごいと担当の人から電話がかかってきた。掲載までに時間がなかったので、本当に詠み始めたばかりの頃の歌を掲載していただいた。すると、今年一番の反響と問い合わせがあり、新人賞をくれるらしい。が、しかし、正直に語れば、掲載料は自前。辞退しようかと思っている。



新人賞はほしいし、読者からの反響というのもうれしい。一人で好きに詠んでいただけに、不思議な気分だ。批判されることに慣れていて、褒められると騙されているような気分になってしまう。うちの家族は、新人賞をくれるなら騙されてもいいと思っているらしい。



神さまはこんなわたしのことをどう思うだろうか?

単なるおバカ・・・

もともと歌人でもないし、舞い上がっているわけでもない。

フランチェスコもローマへ行ったし、今回の出来事はまるで予測不能なことに端を発しているため、逆らわないほうがよいのかもしれない。

困った・・・

わたしなんかが歌人と言われて、この国は大丈夫なのだろうか。



(エレミヤ 15. 9 「彼女は・・・」)

ノートの落書き

テーマ:

あれ?

自分のブログを眺めたら、どうも最後にうたを詠んだのは去年の5月になっている。自分的には、19ヶ月ぶりなんだけど・・・

つまりは、自分のうたを保管しておこうという気になっていたのは、どうやら19ヶ月前までで、それからしばらく惰性で詠んでいただけなのかも。詠んでいた、という記憶すら、ない。


下手すると1万首を越えているかも?


1万首までは詠もうと決意していたため、記憶のないままに達成してしまっていた可能性もある。手帳に書いたままで放っているものまで含めると、自分でもすでにカウントできない状態で、放置していたのだろうか。


***


懐かしい・・・

自分の好きなうたばかり集めたノートの落書きを眺めていたら、なんだかジーンときた。