迷惑な教会

テーマ:

明日から大阪へ行く。

7日(火)にユスト高山右近の列福式がある。

戦国大名で、大名の地位を捨ててマニラへ行ったということくらいしか知らない。それでも日本で列福式があるというので、そこで聖歌隊として歌えることはこれが最後のチャンスかもしれないし、夏にバルセロナに家族と行き、サグラダファミリア教会でパパ様が司式するミサと700人の聖歌隊の姿をうっとりと想像し、私にもそういう機会が与えられますよう神様に願ってしまったのかもしれない。私はサグラダファミリア教会で歌いたかったのだけど・・・

 

結局、教会というのはどういうところかと思ってしまう。

チャリティとかボランティアとか、お金を出すことが嫌なのではなくて、強制的にやらされることに反感を覚えているのかもしれないし、教区のほうで聖歌を歌えば、それこそ自分の教会のバザーをないがしろにすると叱られる。それもこれも役員を3年もやらされたせいだ。

長くやられている方たちにとっては仕事であり、私の場合は、他にも仕事があり、何となく教会のことだけに翻弄されることが迷惑に感じられる。高齢者のほうが暇で元気なのだから、頑張ってくださいとしか語れない。同世代としては、互いに無理をしないことを誓い合う。逆らったら干される世界だからだ。

 

バチカンでは空港なみのセキュリティチェックがあり、暑い中並んでいてもお水すらない。ペットボトルの水が持ち込めないため。バチカンの広場では、水売りが待ち構えている。

バルセロナの教会では、入場料を払うのが当たり前。

ローマの教会ではセキュリティチェックが当たり前。

つくばの教会では働きすぎは悪魔の元。

 

おかげさまで娘が大学院に合格した。

大学も無事に卒業できそうだし、将来のことを考えたら誰でも不安なのだけれども、今は今のことをやるだけだ。

 

 

なんか、この絵が気に入っている。版画。

娘の作品。

グループ展もやっているので、そういうのを書いていいのかな、悩む。

 

詩篇 145. 17-21

 

 

 

 

 

 

 

AD