自分らしさ

テーマ:
少し自分らしさというものを取り戻したい。
最初の頃は、気ままに詠んでいるだけだった。
最初とはいつか?
おそらくは神父様にメールを書き始めたばかりの頃のことだと思う。
それが吾に帰ったら、教会で悪魔と言いふらされているらしく、その理由があくこのメールが原因になっていたらしいのである。
今までそういう苦労をしたことがなかったのは、このブログの管理人として、インターネットで匿名で詠んでいたからだと思う。
ところが、だ。
教会ですから。
神父様。
たまに、シスター。

「まあ、神父様に悪魔? 大変だわ、どうしましょう」

おおげさでおおげさで、歌人というか、教会では普通の信者であり、役員も3年目に入り、普通にご奉仕活動をしている普通の信者!
それが、神父様に対して悪魔と言っている?

あのですね・・・私は洗礼を受ける前から、ネット歌人として、少しシニカルな作風を得意としていまして、それで何か言われたことはなかったわけです。それが素晴らしいかどうかは別として、文学というのはそういうものではないですか?
当たり前のことを当たり前に詠む。
それはそれで当たり前なのですが、不意にインスパイアされたことをそのまま詠む。
そこに面白さがあるのではないかと思っていたわけです。

日頃、面と向かっては言えないけれども、何となく思いついたり?
そういうことはキッチン会議として、誰かが面白おかしく話している。
特に本気にしているわけではないけど、その程度の小悪魔(サタン)なら教会にはいくらでもいる。
それが当たり前。それが教会。

だけど、メールの先が神父様ということを忘れていた、というか、次第に忘れていってしまう。
ジャンキーというわけではないけれども、文学というのはそういうものではないか?
役員会のメールを書いているわけではない。
返信を期待しているわけではなくて、むしろ返信は無理だろうなと経験上思いながら、それでも毒づくことというのはありませんか?
むしろ面と向かって教会の悪口を言われるほうが、神父様もシスターも考えながら真面目になるのではないかと思いますが、メールというのは、「これはあの白石さん!が本当に書いているのだろうか?」というところから悩み始められると、私も困るのですね。
私も学生時代を通じて、それなりにあくこだったので、そういうシニカルなところはあっても、若い頃はゆるされるのです。ところが、教会の役員をやる年齢になりまして、いつまでもそういう調子なのは、短歌という特殊な世界に埋没しているからであり、役員会や教会内でやっているわけではない。
だから、教会では意外と平穏に楽しくカトリック生活をしていただけなのに、修道会や他の教会などで話題になっていたそうなのです。ありえない。知らない方たちばかりだったら仕方ないかな・・・と。

楽しいから真似をしている方たちもいた?
よいこは真似しないでください。本気で悪魔に思われますから。
アナはですね、いいのね。あくこだから。よいこではない。そこが大きな違いなのです。

いずれにせよ、真似するからこういう騒動になるわけで・・・とクレームつけたいのですが、私は歌人としてわが道を行くことが使命なのではないかと、不意に思った。
ただし、修道会にまで迷惑をかけたくないので、特に何かを思って詠んでいるわけではないことを申し伝え、ご迷惑をおかけした皆さまには、あくことしてではなく、歌人千秋アナとしてお詫びしたいと思います。

エゼキエル 4.9 -17



罪深き私をゆるしたまえ。
AD

コメント(4)