曇り空窓の外には雨と枝隣家の雨戸閉められたまま




けだるくもジョアン・ジルベルト主日かな昨日のミサの見知らぬ隣人




教会のひとらのかわる十字架も2階の丸椅子答唱詩編




玄関のすりっぱの数新しき机の数に椅子を畳みて




平穏な聖堂にはパイプ椅子殉教者の絵を背にして座る




淡々と火の上にいる母の顔ありふれた日の買い物帰り




長崎の家族の来たり新助祭長崎の坂ベールに映る




詩編22







AD