Impressions*CINEMA

ネタバレもあるので要注意!!

それぞれの画像クリックで、アマゾンでのDVD購入もできます。


テーマ:

ゲイの老人ホームでアルバイトすることになった、地味で無愛想でブスな事務員、柴咲コウ。実はこの老人ホームには、自分と母親を捨てた、みんなに「卑弥呼」と呼ばれる父親がいて、すでに終末期を迎えていた。


父親に会わせるためにこの手はずを取ったのが、父の若い恋人、オダギリジョー。


とにかくオダギリジョーが美しい。その佇まい。鍛えた身体に華奢な輪郭の整った顔。オダギリジョーって仮面ライダーのときから見てるけど…こんな感じだったっけ!?って目を疑うようなオーラを放ってる。白いスーツ姿なんて、もう。甘い溜息ばかりで、言葉が出ませんデス。


ゲイっぽい喋り方なんて全然してないのに、その美しい物腰だけで、じゅうぶんな程雰囲気をかもし出してる。


ストーリーも考えさせられました。

老いって寂しいです。老いって怖いです。生きてれば回避できない問題。


…でもそれがもし、同性愛者だったら?

そこに生じてくる偏見や差別。恐怖。そして孤独。


抱えきれないほどの問題が山積みなんですね。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

まずはやっぱり、蒼井優ちゃんの可愛さがイイ!

そして、頑張る姿に涙なみだ。


炭鉱の町にハワイアンセンターを造る。だからフラガールを募集。ところが町の人たちは「あんな裸踊りなんて!」とか言って猛反対。


そんな中でも、女の子たちはダンスがしたかったり、家族を助けるためだったりと、いろんな理由でプロのダンサーになるべく一生懸命がんばって練習を続けるのです。その姿に涙が出るんですよ。


先生も少しずつ心を開いて、人を信頼する気持ちを取り戻しながら、厳しくも優しく愛情のこもったレッスンをしていくんだけど、その姿にまたまた涙。


人が頑張ってる姿って美しいです。

一生懸命な姿に心を打たれます。


しずちゃんの演技も味があって良かったです。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

仕事で観ました。患者さんたちもいつになく集中してて、拍手が起こったり笑ったりで、なんだか心があったかくなる優しい映画でした。


それにしても、吉行和子は上品すぎるわ。綺麗だし女優オーラだもん。 苦労してきたって顔になってないの。 吉行さんは好きなんだけどね。

その点、泉ピン子の方が似合ってるかもだね。
ピン子バージョンは観たことないけど。

でもピン子はプライベートじゃシャネラーだしね(笑)

ストーリーは良かったよ。みんな観てみんしゃい!

この原作本が出るずっと前に、洋七さんがお昼の番組で 、ばあちゃんの話をしてるのを見たことあったんだよね。

「お腹すいた~」って言ったら 「気のせいやろ」って言われてたって(笑)

素敵なばあちゃんだよね。愛情に溢れてる。細々とした手は焼かないけど、すごく愛が感じられるんだよね。


特に「歴史のテストではこう書いたらえぇ。過去は振り返りません!」ってな(笑)

このシーン笑っちゃった~♪あとは、スパイクを買いに行くシーン大好き。

うちのばあちゃんも素敵だよ。

父方のおばあちゃんは、いつも黙って見守ってくれてた。
口うるさいことは何も言わなかった。でも愛情に溢れてた。
毎年必ず、お誕生日には心のこもったお手紙を送ってくれた。

母方のばあちゃんは、いつも天真爛漫。
かわいくて天然で、小さいことは気にしない。
大きいことも気にしない(笑)

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

1988年に発生した巣鴨子供置き去り事件が元になっているという映画。

後味が悪く、なんとも重かった…。


元になった事件の長男は私と同級生のようで、なんだか言葉が見つからない。


14歳。私は何をしていただろう。

自分が置かれている幸せに気付けず、不平不満を抱えていた年頃だったんじゃないだろうか。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

これって、『グランドホテル』に構想を得ているんでしょうか?


年末近い時期に仕事で観たので、なんとなく忙しくしながらの鑑賞でした。なので、あまり真剣に観れず、そういう点で集中できなかったのが残念です。


集中して観なければ、客同士のつながりや微妙な関わりなどがあまりつかめず、なんとなく忙しい感じのする映画だという印象だけが残ってしまいました。


アイ・ヴィー・シー
グランド・ホテル
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

もうずいぶん前に観たのですが、まだ感想書いてませんでしたね。


なんとなく全体的なストーリーとしてはまとまりがない気が…。昭和33年のさまざまなヒューマンドラマのオムニバスを一気にまとめてしまったような印象を受けたのは私だけだったのでしょうか?


私の育ってきた昭和はこれより20年近く後なので、これは両親の子供の頃が背景になっているんですよね。両親から聞いていた「三種の神器」の話が見れて楽しかったです。白黒テレビを購入したときに近所の人たちが集まって上映会をやった…なんてのもね(^^)


この中に出てくる「アクマ先生」こと「たくま先生」のストーリーが切なかったです。

娘の好物だからと、酔ったたくま先生は焼き鳥を買って帰り、平凡な家庭の中、幸せで大切な時間を過ごす。でもフッと気づくと、そこには現実が…。


先生は警官に起こされ、自分は酔って道端に寝ていただけだと気づくのです。

焼き鳥はたぬきに食べられてしまっている。それを見た警官は言います。

「先生、たぬきにでも化かされたんじゃないですか?」


…昔は言ってましたよね。たぬきやきつねに化かされるって。今は言わないなぁ。


で、切ないのはそこじゃなくて、実はたくま先生の奥さんと娘さんは空襲で亡くなっているのです。もちろん先生もそれは理解しているのですが、酔って自分の望んでいた現代へと入り込んだのでしょうね。


みんなは「戦争は終わった!新しい時代だ!」と言っているのですが、実際のところ、先生のような人たちにとって、本当の戦争は終わっちゃいないんですよ。物資が豊かになり、人々は血気盛んに復興を遂げる日本に勢いづいている。でも、ヒロミにしたってたくま先生にしたって、いろんな意味での戦争は尾を引いているんです。


なんだか切なくて、職場の上映会だったのに涙してしまいました。


そうそう。キャスティングがなかなか素敵です。

ピエール瀧やキム兄なんかも出てるし、脇役の面子が良かった!

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

淡々と回想されていくマルセル少年の思い出。

その思い出の中でも特に印象深い、プロヴァンスでの夏休み。


本当に淡々と進んでいくので、まったりしたい人向け。

プロヴァンスの風景と音楽が融合して美しく

フランス独特の、気品に溢れる作品となっています。


その土地に生きる少年リリと、都会からやってきたマルセルの友情も

熱く燃えるものではなく、少年らしく清々しく交わされるもの。


そして、父への尊敬の念や誇り、威厳を守ろうと頑張る中から

父の人間らしさに気づき、益々マルセルは父を好きになります。


置手紙を読みながらも、特に騒ぎ立てずにそのままにして

朝食時にちょっぴり皮肉るお父さんがまたステキ(笑)


お父さんと叔父さんの中に通う、友情のようなものもいいですね♪

あんなに会うたびに嫌味を言い合ってた仲なのに(笑)


マルセル少年は天才的な才能を持っているというのに

「頭が爆発する!!」「子供は子供らしくして欲しいのよ!」と

その芽を摘んでしまう勢いの母と叔母も微笑ましいです♪

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

昔「ふたごのロッテ」ってアニメを観ていた記憶があります。

もしかしたらタイトルが違ったかもしれないんだけど…。


本物の双子ちゃんが演じているこの作品。

お互いに双子の姉妹がいるなんて知らずに育った二人が

偶然サマースクールで再会し、意気投合しちゃうのです。


そしてお互いの境遇に気付き、入れ替わって大奮闘!!

あっという間に観終わってしまう面白さです。


考え出せば矛盾もあるし、原作の独特のカラーは出てないけど

これはこれで好きな作品なワケですよ。だってカワイイ♪


「人生には急停車が必要なときがある」

これで始まり、そしてこれで終わるハッピーエンド☆


運命に立ち向かい、ひたむきにお互いを信じあい

両親を愛し、幸せを自分で掴もうと知恵を絞る。

そして、なんて素敵な行動力!!


あー。なんかコレ観てまた元気になりましたっ♪

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

青春!青春!!青春!!!ヽ(゜∀゜)メ(゜∀゜)メ(゜∀゜)ノ
この一言に尽きる、楽しく笑って観れる映画でした。

今まで、妻夫木聡くんに対して別に何の感情もなかったけど
これ観てカッコイイ!って思ったよ。しかも良い体っ(☆∀☆)

エンドロール観るまで、杉浦太陽くんが出てるのに気づかなかったよ。

青春時代は、恋も友情も手を抜かずにやるのだっ!!
いいねぇ~。私にはもう戻れない、青春時代(笑)

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

この迫力は、映画館で観ることをオススメします!!
CG力が素晴らしい。ハラハラシーンでは体がビクビクしてしまいました。

地球の温暖化という環境問題を扱ったストーリーなのですが
今すぐに起こる現実ではないにしても、いずれは抱える問題。
私たちの子孫がこのような状況にさらされる事も、なきにしもあらず。

それでも私は、どこか遠い出来事のように感じてしまいました。
あまりのCG力の凄さに圧倒されてしまったからでしょうか。

映画の中に日本も出てくるのですが、これが笑える!
オイオイ。そりゃないよ。しかもイントネーション変だし。
これって日本じゃなくて中国なんじゃないの?
会場からもクスクスと笑い声が出ていました。

アメリカの映画だから仕方ないのですが、全体的な印象が
やっぱりどうしても、アメリカ人だけがヒーロー的な扱いになっています。
イアン・ホルム演じるラプソン博士ももう少し活躍すれば良かったのに。

守りたいもの。それはいろんな愛の形であり、未来である。
人はみんな、それらを守るために強くなれるんですね。

ジェイク・ギレンホールの、はにかんだ顔が印象的です。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。