Impressions*CINEMA

ネタバレもあるので要注意!!

それぞれの画像クリックで、アマゾンでのDVD購入もできます。


テーマ:

実際に子供を亡くして命の問題に取り付かれた経験のある私には非常に重いテーマだったかもしれません。

前に進みたい気持ち。前に進めない気持ち。新しい気持ちで空を見たいのに、明日が怖くて。


だけど、最後は心がふわっとあたたかくなりました。

悲しみの中でも自分なりに泳げるようになれば、少しずつ何かが変わっていけるんだと。


私はもう子供が生めない身体なので、これまでもこの先もこのお母さんみたいな問題には遭遇できませんが、たぶん同じ立場であれば、同じように選択したと思います。

子供の命を守るために生きたいと願うのが母親です。
だけどその命を守れなかった自分。生き残ってしまった自分。

毎日を笑って過ごしていても、私はいつも思うんです。
「あの子が生きていれば、もっと楽しかっただろうな」
「なんで神様は私の命だけを救ったのだろう」
「私の生き残った意味はどこにあるのだろう」と。

三つの願いごとが叶うとしたら、あなたは何を望みますか?

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

精神科病院に入院してきたのは、罪から逃れるために精神病を装った男。その男は病気や生活環境により無為自閉になった患者たちを触発し、病院側にとっての癌となる。


数々の問題を起こし、患者たちに人間としての尊厳を思い起こさせた男は、脱走未遂をきっかけにロボトミー手術を施行され、結局は仲間の手により帰らぬ人となってしまう。


体罰が横行し、精神障害者への無理解と差別が当たり前のように存在していた時代。だけど患者にとっての居場所はそこしかなかった。これは事実だろう。今でさえ差別や偏見の目は多い。今も昔も社会への理解はなかなか広まらず、退院して暮らしていくにはあまりにも弊害が多い。


すごく切なくて、腹立たしかった。


少し前まで、ロボトミーは日本でも行われていたそうだ。

調べてみると、桜庭事件としても有名になっている。


外国の魔女狩りと同じ印象を抱いてしまうのは私だけだろうか。


最後、友が彼を人間らしくあれと願い、柵を破って歩いていく後ろ姿が印象的だった。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

以前、亡くなった娘がお腹にいたときに観にいったという経緯から、なんとなく毎年映画館まで足を運んでしまう劇場版のポケモン。アニメはあまり得意ではない私だけど、ポケモンのストーリーの組み立て方って結構うまくて泣けるんですよ。


でも今回は、わたし的には期待ハズレだったかなぁ。全然泣けなかったし。私のツボに入る部分はなかったです。


命や自然をテーマにした内容が多いのですが、今回のテーマも然りでした。

ただ、いつものごとく伝統や文化を重んじながら自然という壮大なテーマを持ち出していたのですが、「いのち」という部分への直接的な描写が少なかった気がします。


でも、実際のところ、どうなんでしょう?

私に響かなかった…というより、私の心が以前とは変わってしまったのかも?純粋にものを見、感じることができなくなっているのかもしれませんね。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

後半出てくる、この親子の関係性が意外でした。


田舎に住む普通のマジメな父。そして天才バイオリニストの息子。父は息子の才能のために、慣れない都会で彼を売り込み、異常なまでに人生をかける。でも結局その異常なまでの情熱のワケは、映画の流れの中で息子の生い立ちを知ると、少しずつ紐解かれていく。


北京での出会い。この親子に関わることでの人の心の変化。これがまたうまく親子の関係に絡んでいて、胸を打つんです。


激しい情熱を秘めたバイオリンの音色でありながら、淡々としていて、またそれが登場人物の心をうまく映し出しています。映像は全体的に暗めだし、主役の男の子もあまり表情がないんだけど、だからこそこの映画の良さを引き出しているのかな。


人のつながりって、一番大切なのはやっぱり心。

そして、音楽に一番必要なものも心なんだなって思い起こさせてくれる作品です。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

仕事の映画鑑賞会で観たんですが…。


タイのバレーボールチームのお話。

でも、選手はみんなオカマちゃん。コーチはオナベ。


…という、なんとも言えない題材。。。


と思っていたら、なんとこれ、実話なんだそうです!!

実話ってのに驚いちゃいますよ。クネクネしながら優勝しちゃうし(笑)


仕事じゃなかったら観なかったんだろうケド、笑えました。

だからって、性同一障害について深く考えさせられるわけでもなく。。。


一応、随所で問題提起はしてあるだけど、なんか笑いが軽いんだよねぇ。

素敵な題材なのに、軽いだけで終わっちゃってて残念。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。