ユナイテッド93

昨夜、レイトショーで観て来た映画です。

もう結果は分かっているのに助かって欲しいと思い、椅子のアームレストを必死で握り締めていました。


管制官は、当日実際に管制室にいた本人が数名出ています。

そして、リアリティの緊迫感を出すために乗客の演技に台本はなかったと聞きました。


最後まで諦めず闘った勇士たち。

緊迫感の最高潮に達した後、映画館は静か過ぎる程の「静」に包まれました。


動と静のメリハリが強く、自分の心拍数だけが取り残されたような感じ。

あんな風に立ち上がれず、身動きが取れなくなった映画は初めてです。


私もあの日、2機目の飛行機がツインタワーに突っ込む瞬間をテレビで観ていました。

私たちはあの日の出来事を決して忘れてはいけません。


犠牲者の多くは愛する人たちに最期のお別れをしていました。

多くの犠牲者のご冥福をお祈りします。

AD