Impressions*CINEMA

ネタバレもあるので要注意!!

それぞれの画像クリックで、アマゾンでのDVD購入もできます。


テーマ:

これはもう、本当に素晴らしい作品です。フランス映画だからこそ、嫌味のない美しさと純粋さを表現できているのでしょうね。もちろん私のような仕事にも通じる部分が多く、心が洗われていきました。


バティニョールおじさん のジェラール・ジュニョが先生役をやってます。

この俳優さんは独特の雰囲気を持ち合わせていて、本当に素敵ですね。


それぞれの事情があり、親元から離れて暮らす子どもたちの寄宿舎生活。そこには体罰が当たり前のように存在し、子どもたちの心もすさんでいました。そこに赴任してきたのが、マチュー先生。この先生が体罰の代わりに子どもたちに与えたのが「音楽」だったのです。


何かしらの大会などを目指して栄光を掴んでいくものかと思っていたのですが、結局そういう動きはなく、静かに静かに幕を閉じます。ここがアメリカ映画などと違うところですよね。ストーリーは何となく『天使にラブソングを』的でもありながら、ああいう派手さはないんです。でも、ものすごく胸を掴まれるんですよ。


才能を見出され音楽家になったモランジュ。その彼が母の死をきっかけに、50年ぶりに寄宿舎の仲間と再会します。当時、土曜日にお迎えを待ち続けた小さなペピノ。彼が、モランジュの記憶の底に眠っていたマチュー先生を、形見の日記で紐解くのです。


マチュー先生が去る日も、子どもたちは暴動など起こしませんでした。音楽によって心を豊かにした子どもたちは、自分たちなりのお別れをします。その紙飛行機のシーンは何ともいえない暖かさが胸を包むんですよ。


音楽が心を豊かにしたというより、音楽を媒介としたマチュー先生の心が、冷え切っていた彼らの心をもう一度暖め直したんだと思います。音楽に「心」がなければ、それはただの「音」になってしまうでしょう。


ジャン=バティスト・モニエはとにかく美しい!!

容姿も歌声も含め、彼抜きであの作品は仕上がりません。


ジャン=バティスト・モニエとジェラール・ジュニョ。

あの二人の配役は最高だったと思います。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

何かの映画を観に行ったときの宣伝で観て、「これは絶対観てみたい!」と思ったのです。でも結局、上映期間中に映画館に足を運ぶことはなかったので、今回レンタルしてきました。


「観たい!」という気になったのは、宣伝で使われていた『踊るの好き!好き!』の部分の、圧巻的な映像と弾むような音楽から。この手の映画特有の、テンポ感に惹かれたんです。


実際観てみると、笑えるシーンは山盛りだし確かに面白い。

でも何か足りないんですよね…。


ストーリーの構成かな?音楽的なものかな?

どことなく「うーん。イマイチだったなぁ」という感じがしました。


映画館に観に行っていれば、また違ったかもしれません。

大きなスクリーンで観ると凄かっただろうな~!!


キャラクターも、ペンギンが一番いい味出してた気がします♪


ともあれ、笑える事には間違いありません。ファミリー向けです。

特にサルの宴会はすごいですよー!!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。