こんばんは。華香です。

最近は
様々なタイプの子どもたちがいます

俗に言う

発達しょうがい
自閉症
言葉が遅い
ADHDの疑いの子だったり
○○症候群
などなど

また名前がついていなくとも

集中力が続かない
お友達との関係に時間がかかる
自分を責めやすい子
優しすぎる子
マイペースな子

など

あらゆる子どもたちがたくさんいます

そのような子どもが
集団生活をする時

お母さんや周りの人たちは

大丈夫かな?
まわりとどのように歩幅を合わせていったら良いかな?

など、悩みも様々かと思います


私はこのような子どもたちの事を

宇宙が送ってくれた
地球へのギフト

新しいタイプの子どもたち

と、捉えています


先日、とある子どもの能力開発の塾長さんとお話をさせて頂いた時にも
その方の生徒さん達
(0歳~6歳,7歳~15歳)は

明らかに昔とは子どもの感性やタイプが変化している

昔のような
「右むけ右」では

彼らの感性や、持って産まれた素質を
削いでしまう…

個性と感性を重視して
彼らの精神性を伸ばしていきたい

という理念の元

そこでは瞑想やイメージワークなども取り込んで
カリキュラム化しているそうです

すると、そのような
感性豊かな子たちは

記憶力も潜在能力も使いこなせるので

胎内記憶や
過去生の話なども
通ううちに
たくさん話てくれるようになったそうです

また、なぜ、地球に来たのかという
「産まれた目的」
を覚えている子どもたちも大勢います

私の娘もそんな一人ですが
彼女も個性的なので
普通の大人には
なかなか理解されない感性を持ってます


一部では
このような宇宙的な発想や
感性豊な子、
多次元的なものの見方をする子を

クリスタルチルドレン

と呼んでいます
(呼び名の親はドリーンバーチュさん、と聴いた事もあります)
詳しくはこちらのドリーンさんのサイトをどうぞ

彼らクリスタルチルドレンは

オーラや、目の奥に持っている何かが
多色を放っているように感じます

私の所には
このような子どもや、
その親御さんがたくさんみえますが

彼らの特徴としては
○感性が豊か
○食べる量が少ない
○落ち着きがない
○自分の世界を大事にする
○言葉が遅い、またはおしゃべり
○親が彼らを通じて学ぶ事を受け取る
など
様々ですが

彼らは感性が豊すぎるので

逆に甘えベタだったり
世間の事が見通せてしまうので
疲れやすい
学校や集団が苦手
もしくは、とても優しいので集団に馴染むが
ちょっと気をつかう

などです

このような新しいタイプ
クリスタルチルドレンは
現在、たくさんいますし

まだまだ理解されていない所もたくさんあります

彼らにとっての集団生活のあり方はとても大切なポイントです
そんな彼らの理解と
集団生活時に起こりえる事を知っていると

とてもスムーズにお友達関係が築けたり
スタートを切る事ができます

そして、親がちょっとした工夫や言葉かけをするだけで
エネルギーが上手く回転し始める
コツもあるんです

彼ら
クリスタルチルドレンの特徴や
接し方
集団で想定できる事

さらには
先生や社会とのつきあい方のコツ

彼らの個性の伸ばし方のポイントなどを
こちらで
じっくりお話させて頂きますので

ご興味のある方は
ぜひ、遊びに来てくださいね

以下詳細です

~~~進級・入学・入園に向けた親子のココロの準備のお話し会~~~

日時 ‥2016年  1月14日(木)10時から11時45分

場所 ‥神奈川県横浜市港南区
京急上大岡駅周辺
(お申し込み時にお伝えします)

参加費 ‥¥3000円 
(なるべく釣り銭のないようにお願いいたします)

定員 ‥10名様(残3)

お問い合わせ・お申し込み‥
チャイルドセラピスト、保育士・中村さやか

メールアドレス
sweet.lullaby@gmail.com

☆メールにお名前、連絡先、お子様とご一緒にいらっしゃるかなどを明記して下さいね。

または、こちら私の方からも、お申し込み頂けます


    皆さまとお会いするのを楽しみにしております。



    コメント(1)