こんばんは。華香です。
3連休でしたね。
皆様はいかがお過ごしできたか

私はチャイルドセラピストプロフェッショナルコースの合宿を開催しました
 

 


もちろん、子どもたちも参加
大人と子ども、総勢13名で行いました。

で、
チャイルドセラピストプロフェッショナルとは
深い所から親子を見守り
多くの親子のお役にたつサポートをするプロを育成するクラス

ここにご参加されている方は
しっかりとした心いきと

ビジョンをお持ちです

合宿では
それぞれのビジョンをシェアしたり
二年後の自分達をイメージしたり

と、エキサイティングな時間をすごしました。


大人がコアに話をしている時
子どもたちは…というと

自分達でお布団を引き
自分達で眠りの支度をし
自分達で眠る
起きる
支度をする

など、

いつもはお母さんに甘える所を
自分達の力で
どんどん進めていました

ちなみに上は9歳、下は1歳というメンバー

1歳の赤ちゃんには、6歳のお姉ちゃんが面倒を見る
9歳のお姉ちゃんは
総監督となり
色々と動く



じっと見守る

じっと信じる

かける言葉は
『○○ちゃんが、お布団引ける所が分かって、お母さん、とっても頼もしく感じたよ
もし、お手伝いできる事があったら言ってね』

という程度

けれど放任ではなく
ちょいちょい様子を見ながら

見守る

今、子どもがやっている事に関して
実況中継して

どんな感じなの?
どんな気持ちなの?

と聞く

例えば子どもが
『○○ちゃんが疲れているみたいだから、気がかりなの』
と言えば
親は
『そうなんだね。○○ちゃんは、どうして疲れたのかな?
気がかりなんだね。
どうしてあげたい?
どうすると喜んでもらえるかな?』


など、
どうしたらよいか
聞いてみます



でもね…子どもはね

聞いたりしなくても
自分は
『こうしたい!このようにしたらみんなが喜ぶ』

などを本能的に知っています

どの子にも
どうしたらみんなが仲良くすごせるのか
そして、何をして欲しいのか

ちゃんと優しい気持ちや
強い心を
携えているのです

 

image

 

 

 


それを親が
心配という触覚を伸ばして

あれ、これと言ったり
やってしまったり…

したくなんてしまいますが

少し様子を見守る

大丈夫
彼らのなかには
大いなる強さがある事を

親は思い出す事が大切なんだと

つくづく感じます


子どもは親が思う以上に
しっかりしています
色々と考えています

それを信じて
見守り
そして、必要な時にはしっかり手を差し伸べる

そんな子育てをしていきたいと思います


お読み頂きありがとうございます

 

 

 

 


【11/26 胎内記憶は親子をつなぐマザーワークfrom池川クリニック】
日時:11月26日(木)14:00~16:00《残1》
胎内記憶をや赤ちゃんのメッセージをお伝えし・インナーチャイルドを癒します
詳細はこちらをどうぞ

 

 

 


【11/29金沢区:キラキラ金沢っ子ファミリーフェスタ2015】
日時:11月26日(日)10:00~15:00《募集中》
●兄弟構成でわかる子供のパターン ミニセミナー
●イライラする理由が分かる ミニセミナー
●子どもの行動と親子心理(子育て支援者向け)
詳細はこちら


【12/3障害があると言われる子を持つお母さんが、 魂レベルで幸せに過ごしていけるために】
日時:12月3日(木)10:30~12:30《募集中》
障害があると言われる子を持つお母さんが、幸せに過ごしていけるために・・魔法のお話会
詳細はこちらをどうぞ


【12/13 ピエタセラピーグループセッション】
日時:11月26日(木)14:00~16:00《募集中》
子どもの問題行動や、お母さんのイライラなど、根本を見据えて激変するセラピーです
詳細はこちらをどうぞ


 

 

※11月個人・親子セッションは満席です。
大変申し訳ありませんが12月をご検討ください

 

 


 

またはhana87@pop17.odn.ne.jpまで