こんばんは、華香です

親は子どもを無条件で愛する存在だと、
お母さん達は思ってませんか?

チャイルドセラピストプロコースで
「無条件と言われると、ちょっとわかりません‥」
とおっしゃられた方がいました。



私ね、その方
本当に、素晴らしい!!って思ったんです

自分の中で、子どもに対して少しでも「うっ」と感じて、
無条件に抱きしめられない。
特に上の子には。と言う方は、とても多いのも知っています。

でもね、これだけ細かく
無条件の愛について

考える、感じる事が出来てるのは
並々ではない
子どもへの愛だなぁって。思うんです



私たちは
愛はわかりません

愛とは
認識出来るレベルではないからです

愛は知る事が出来ません

理解を超えたものだからです

…ちょっと難しいかな?ごめんね

ただ、
「愛」というのは
私たちの考えを、軽く超えたものなので

愛は
教えることすら出来ないんじゃないかな…と思います



親への愛に気づいたり
子どもがくれる愛に気づいたり
自分を支えてくれるたくさんの人の愛に気づいたり

もう、それらの愛を本当に
受け止めた!!
分かってる!!

そう、感じても

更にその経験を重ねると

あぁ、あの時感じた愛は
まだ奥があって
それに気づけてなかったんだな

と毎回思うんです。



毎回、愛が、深まります

どこまでいっても

私たちは、愛が深まり続け
「ここまで」は無いんですね


だから、何を言いたいかというと

子どもを無条件に愛せてない
そう思っているお母さん
それは、愛の一部の形しか見ていないのかもしれません

形のない愛は、日々の細々していること

例えば、御飯を作ってあげる
お風呂にいれる
眠る支度をする

なども、全て愛なんです

けれど私たちは

愛がわからないので
愛してるかどうかわからないのです



そしてね
もし、それでも
「私は子どもを愛せてない気がする!」
と思ってるお母さん。

そのお母さん自身、本当は

子どもが嫌いなのではなく
自分が、嫌い
なのかもしれませんね。


自分が嫌い
を子どもに写し出して見てしまってるのかもしれません

そんな時は
まず
「あぁ、私は私が嫌いなんだね」

「嫌っちゃうよね」

「自分を嫌っちゃうほど上手くいかない事が多ものね」

「しょうがないよね。」

「‥いいんだよ」

と、自分に優しくする事から
スタートしてみてくださいね。

繰り返し、繰り返し

自分に愛を注いでいきます。


すると、
不思議なのですが

少しラクになったりするのです

ぜひやってみてくださいね


お読み頂きありがとうございます