カサカサカユカユにのたうち回ってます。
最近冬に近付いて乾燥してきたせいか、
はたまた寒くなってきて水分摂取が少ないのか、
体がかゆくてしょうがないです。
ちゃんとクリームを塗らないと、
次の日は粉吹き芋が完成です。
腰回り、背中、足、頭皮、すべてかゆい。


あまりにもこれはヤバいと思って
職場のパートさんに聞いて
総合的に診てもらえる病院へ。
やはり乾燥肌らしく、ハトムギの漢方薬を
もらって帰ってきました。


病院でカサカサ具合を見てもらうために
今日はクリームを一切塗っていなかったんだけど、
今モーレツにかゆいです。
かゆいっていうか、ヒリヒリする感じ?
ピラッと洋服めくってお腹あたりを見てみたら
ひび割れてますけど。
いや、マッスルじゃなくって、皮膚がさ。
どんだけ乾燥してんだよ!
女子度あげあげキャンペーン中の私にしてみれば
あってはならない状態だわ!


今から24時間営業のドラッグストアに行って
エモリカ買ってきます。

AD

モデルチェンジ★

テーマ:


face


昨日の夜実家に帰り、

念願の美容院@表参道に行ってきました!

髪の毛がハリガネみたいになってたんだけど

その部分をすべてカット!

15センチくらい切ったかな。


しばらくぶりの短い私です。

髪の毛切ると、スッキリするよね。

AD


clinique


黒のアイライナーは、今まで何本買ったでしょうか。

期待を寄せて買ったものの、ほとんどがお蔵入りいています。

なぜならば、ワタシのお眼鏡に適わないからです。


ワタシは目が奥に入っている奥二重なので

すぐにこすれてしまって、パンダになってしまうんです。

「これはいい!」

と雑誌で紹介されていたものも試しましたが

うーん・・・な結果がほとんどでした。


2か月くらい前、母と千葉そごうをうろうろしていたときに

そこのクリニークで働いている友人C子を思い出し、

カウンターへ遊びに行った時、

「黒のアイライナーはすぐ落ちちゃうんだよね。

皮脂に弱いみたいで・・・」

とボヤいたところ、

「はい、きました!皮脂でラインが落ちる人!

これ、すごくいいよ!」

と勧めてもらったのが、このアイライナー。


芯はとてもやわらかいのに、なぜか落ちない。

落ちないというのは若干語弊がある。

でも、確かに落ちにくい!!

結構感動!!

ここで初めて、運命の黒アイライナーと出会ったわけです。


そんなわけで、今回のグアム旅行で買ってきてもらったわけです。

うん、やっぱりいいよ、このライナー。

皮脂でラインが落ちてしまう方、ぜひカウンターでお試しを。

黒のライナーが生み出す目ヂカラ、イイ!!

AD

helena



マスカラネタ、二連発!!

今日はヘレナのマスカラです。

ヴィルトゥースとはまた違った感じのもので、

「ボリュームと長さ」というものを意識した感じです。


ボリュームと言っても、メイベリンのボリュームEXのような

ボテボテしたひじきちゃんになるのではなくて、

やはりそのへんは

「大人が節度をもって見せるべきボリューム」

というのを演出できるマスカラじゃないでしょうか。


ブラシはよくある中央がちょっと盛り上がった直線型。

一番オーソドックスで塗りやすいと思います。

塗るとやはり、目もとがパッと力強くなる感じがします。


ボリュームがほしい、目ヂカラよこせ!

というときには、このマスカラでchemiは勝負にでます!!


LANCOME VIRTUOSE

テーマ:


lancome


これはchemi姉 に頼んでJDFで買ってきてもらった

ランコムの新しいマスカラ。

『ヴィルトゥース』と読むみたいです。


これは日本で発売されてまだそこまで経ってないんじゃないかな。

「マスカラといえばランコム」と女性を賑わせたくらいだけあって、

ワタシとしても、ランコムのマスカラには

いつも期待を寄せています。


あまりにも気になっていて、実はJDFで買う前に

ワタシは先月、有楽町阪急で買ってしまいました。

もちろん、色は黒★


ブラシは直線型ではなくて、アーチ型。

もともとアーチ型ってあまり好きではないんだけど

これは結構塗りやすかった。

ワタシはマスカラを塗る前にエレガンスの下地マスカラを

絶対につける人間なので

カールステイ度はよくわからないのですが

ほどよいボリュームと長さが出てくれて、

ボテボテ感がなく、大人なまなざしを作り上げます。


コスメカウンターで試しにつけたときは

マスカラもビューラーもやってない状態でつけたのですが

それでも結構上にあがりましたよ。

カール力があることを売りにしているマスカラなので

そのへんは○じゃないかな。


そして、これはウォータープルーフではなくて

ウォーターレジスタントというタイプ。

「落ちないとは言い切らないけれども、

目薬くらいは大丈夫です。」

というタイプのマスカラなんだそうです。

でも感想としては、WPよりも落ちないような気がしましたよ。


というわけで、リピート。

今のが使い終わったら、こちらの出番です。

body cream

テーマ:


body cream


chemi姉セレクトのボディクリーム。

右がロクシタンのもので、

左が下着で有名なVictoria Seacretのもの。

両方とも、甘いいい香りがします。


最近足のマッサージに目覚めまして、

お風呂上りに高橋ミカmethodでリンパを流しています。

これをやるのとやらないとでは足の軽さが違うと

わかるようになってきましたね。


なんで実家にいるときにやらなかったんだろ~と思いますが

ひとりになったとたん、『自己管理』というものに目覚めてしまって

なんだかやってしまうのです。

もちろん、根が面倒くさがりなので

サボるときもたくさんありますが。


マッサージの影響は、絶対chemi姉。

どんなに疲れて帰ってきても、

あの方は必ず足をこねくりまわしてから寝ます。

だから美しいのか・・・と何度も思いましたね。


同じDNAを受け継ぐ姉妹として、妹も頑張らねば!!

おねえちゃん、クリームありがとう。


今のが使い終わったら、どちらかを使いますわよ。

ていうか、もったいなくて開けられなのよね・・・(苦笑)



美しいchemi姉のブログはこちらです。

↓ ↓ ↓


きまぐれbeauty blog

女子度あげあげに一役買っていると思うのが

見えないオシャレでもある、『下着』だと思う。


土浦に異動する前に、

ワタシはどうしても会っておきたい人がいた。

その人の気迫や勢いに負けないように、

ワタシは気合を入れるために新しい下着を身に着けて

その人に会いに行った。


初めてSTUDIO FIVEで買った、黒くてキュートな下着。

もちろん、上下ペアで買った。


ワタシはいつにもなく、堂々としてその人に会った。

そしてその人からワタシは

「キレイになったな。」

という言葉を引き出した。


2000年に桃井かおりがミレニアムベストランジェリストという

「ランジェリ-(下着)が最も似合い、

ライフスタイルに多方面のシーンを持ち21世紀を素敵に生きる”いい女”」

を象徴する賞を受賞したときに、

「パンツのきれいな女だと思ってもらいたいし、

いつ交通事故にあっても見られていい下着を着けているのが私のコンセプト」

とコメントしていましたが、とてもわかるような気がします。


ワタシはその人に会うときに脱ぐわけじゃないんだけど

「いつ脱いだって構わないわよ!」

と言い切れるくらいの気合いと自信がほしかった。

見えないところへの気遣いが、結果として

ワタシを強くしてくれたと思う。


それからというもの、下着には気をつけるようになった。

もちろんローテーションの関係もあるので(笑)

仕事の時には気の抜けたような下着を着ていることもあるけど

気合を入れたいときには、リッチな下着を。

自分がキリッとします。


今三連休で千葉に帰省しているのですが

昨日千葉そごうへ行って、またSTUDIO FIVEで

セットの下着を買いました。

濃いピンクのような、赤い下着。

この赤い下着をきて、今度はどんな場面を迎えるのかな。

ハンドケアー

テーマ:


handcare

さてさて、女子度あげあげキャンペーン中のワタシ。

「まだやってるのか?」

など思わないで!!

これは一生のテーマかもしれません。


上の銀色のがロクシタンのハンドクリーム。

下がEzFlowのキューティクルラブという

甘皮をやわらくして、健康な爪の育成をはかるものです。

EzFlowを爪の甘皮の部分にちょんちょんと乗っけて

くるくるとマッサージ。

そのあとにロクシタンのハンドクリーム。

これは寝る前にやってます。

仕事は水仕事が中心ですし、

しょっちゅう手を洗っているので仕事中にはやりません。


手に塗るもんを塗ったら、これをはめます。



tebukuro

エリコネイルの手袋です。

朝起きると、しっとりと潤った手になってます。


水仕事ばかりなので、働く前に比べて爪がバキバキ。

右の親指なんて、常に二枚爪です。

『幸せは指先から』なんて言葉もあるらしいので

ケアくらいはしっかりとやろうかと。

luna


ということで、女子度あげあげキャンペーン開始後

すぐに購入したルナソルのアイシャドー。

普通のベージュのパレットです。


ベージュのパレットをずーっとほしいと思っていたのですが

なかなか買わずにおりました。

パレットって、すごい便利。

どう使っても、絶対におかしくならないもん。

しかも誰にでも似合う色だと思うから

あたりはずれが少ない。

もちろん、赤みが強めとか黄味がかってるとか

いろいろあるとは思うんだけど。


なぜルナソルにしたのか、理由は不明。

「ルナソルのパレットが買ってみたかった」

というのが理由かもしれません。

渋谷の西武のカウンターでお姉さんに塗ってもらって、

ふたつのパレットで迷ったうえでこちらを購入。


割と赤みがあるベージュでしょうか。

けど、まぶたが厚めのワタシでもボヤボヤしません。

左下がベースとなるゴールドパールのパウダーなのですが

これがまぁ~~キレイにつくこと!

目をパッと明るくしてくれます。


ゴールド調なので、肌にもしっくりくるし

自然な陰影を作れるので、大変気に入っています。

他にもほしいなぁ~、ルナソル。