林 真理子 『anego』

テーマ:

anego


なぁ~~んか、話が気になっちゃって

ガッツンガッツン読んでしまいましたよ、anego

去年日テレ系列の水10でドラマ化されていた

林真理子の小説。

Domaniという雑誌で連載されていたものだそうです。


32歳になって、結婚していない主人公が

会社の後輩の相談に乗ったり世話を焼いたりする

良い『お姉さん』化してしまい、『anego』と呼ばれる存在に。

そんなanegoが自分の恋に四苦八苦しているところが

描かれている小説です。


林真理子はどーも、『バブル期』を書きたがる傾向があって

「バブルのころはよかったと振り返る女性」が

必ず登場してきたのです。

それでバーキンだの西麻布だのってラグジュアリーなものが

登場してくるパターンが多くて、ちょっと飽きてきていました。


ワタシは日テレのドラマを見ていなかったので

先入観を全く持たずして読むことができたのですが

なかなかおもしろい作品でしたよ。

現代の女性に目を向けて、

恋に不器用な女性を巧く書いたなーって思いました。

非常によくわかるのが、

「世話焼きの人はなかなか幸せになれない」

ってことです。

他人のシアワセの段取りをつけることはできても

自分のシアワセには疎くて、タイミングを逃す傾向があるのです。

「あー、わかるわー、それー。」

と、ワタシはanegoと同じ歳でもないのに妙に納得してしまいました。


ただ、なんだかこの作品は疲れる。

本の帯に『恋愛ホラー』と書かれていますが、

ホラーというほどのものではないと思う。

サスペンス、でもないなぁ。

ちょっと『怖い』話であることは間違いないのですが。

あと、話のストーリーがちょっとありえない。

あ、でも男女の仲は結構意外なことが起こるから

これもまたアリなのかな。


日テレのanegoのHPを見てストーリーを確認しましたが、

全くベツモノだと言っても過言ではないでしょう。

テレビのanegoストーリーを原作にねじ込まないように注意してください。

AD

諦めか、利口か。

テーマ:

最近、思うこと。

「悩んでもしょうがないことに時間をつぎ込むな。」

「死なない限りは、なんとかなる。」


人間、悩むことって大事だと思う。

悩んで、考えた先の答えに基づいて行動をして・・・

って作業を蔑ろにするつもりはない。


だけど、最近

「悩んでどうなることって、あまりないような・・・」

ってことが非常に多い気がした。

どんなに悩んだり気を揉んだりしても

なるようにしかならないんじゃないかと。

すべてが悩んでもしょうがないようなことに見えてきた。

だから、そのときできることをやっておいて

あとは『果報は寝て待て』スタイルでいたほうが

何かといいんじゃないかと思えてならない。


でも、これはただ単に

「なるようになるさ。」という言葉に隠れて

怠けているだけなのかなぁ、なんて思うこともある。

ポジティヴも、行き過ぎると単なるイタイ人にしかならない。

要注意だ。

AD

ひとりずもう


先週の月曜日から古本を買いまくっていて、

今現在3冊くらいの本を同時進行で読んでいます。

「寝る前にanego、風呂場でロストワールドかアニマルロジック。」

これにプラスして、昨日は『ひとりずもう 』も読んでました。


さくらももこのはいろいろ立ち読みはしていたのですが

買って読むのはかなり久しぶり。

一時期はさくらももこの出版する本をすべて買っていたくらい

好きで好きで、読みまくっていました。


今まで彼女の身の回りに起こったことを

彼女独特の言い回しでおもしろおかしく表現していたのですが

今回は彼女の幼い頃を描いたのではなく、

高校生以降を描いています。

彼女が高校生のときにどのような交友関係を持っていて、

どんな人に恋焦がれ、そしてどのような経緯で漫画家を目指すようになったのかが

結構真面目に書かれています。


amazonの書評では「イマイチ!」と言う人も結構いましたが

ワタシはこの『ひとりずもう』、好きですね。

高校3年生になって自分の今後を考えて焦り、

自分の夢というものに向かって、家族の反対を受けながらも

我が道を行ってた姿にとても好感を覚えました。


笑えるけれども、ちょっと真面目。

ちびまる子ちゃんの意外な(?)一面を見ることができる作品です。

AD

今日も行っちゃった。

テーマ:

先週の月曜日に行った古本屋さん。


今日はコミックも半額ということで、

すンごい人が溢れ返ってた。


そんな人たちを掻き分けて、またもや本を購入。

今日は2冊。


コミックコーナーをうろうろしていたら、

小さいとき大好きだった『CAT'S EYE』が全巻売ってて

危うく大人買いをしそうだった。

『エースをねらえ!』があったら、もっと危険だったはず。

上戸彩ちゃんがドラマでやった以来、大好きなマンガ。

いつかは大人買いしてやるぞ。




↓本日買った本↓


林 真理子 『anego

さくら ももこ 『ひとりずもう

納車、そして運転。

テーマ:

今日とうとうMy Carのプレオ、通称カナブン号を引き取ってきました。


お店の人に

「11:30にとりに行きます。」

と言って、父にもそう言っておいたのに

11時ちょっとすぎくらいになったら

「メシ食ってからにしたい。」

と急遽ブヒブヒ言い始めたので、担当のO野さんに頼んで

13時に変更。

アイツめ、昨日の夜にも言っておいたのに!!


保険のことや車検の出来上がりの説明を受け、

いざ、でっぱつ!!!!

最初はとりあえずガソリンを入れて、

あとは人や車があまりこない直線道路でひたすら練習。

1キロくらいをブーンと走ったら、Uターンをして

またブーンと走ってUターン・・・の繰り返しでした。

このUターン(約360°転回とでも言うべきか)ってのを

ワタシは教習所にいたころもやったことがないので

ハンドルの切り具合がまったくわかりませんでしたわ。

左にちょっとハンドルを切って、ふくらませて右に切るとか。

そして、恐れていた事が起こるわけです。


左に切る、という動作が思いつかなかったので

Uターンするのにただ思いっきり右に切ったわけです。

そうしたら、沿道と自分の車がほぼ垂直になりまして。

隣に座っていた父が

「あーっ、止めて止めて!」

と言ったことにワタシはびっくりしてしまって

ブレーキとアクセルを間違えて踏み込んだのです。



父 「あーーーーっ!!」



ガツッ!!!!!



chemi & 父 「!!!Σ( ゜Д゜)



もともとワタシは運転のセンスがある方ではないので

「ま、いつかはバンパーがボロッととれるくらいの

事故か運転ミスはするだろう。」

と思っていたのですが、この日がこんなに早く来るとは。

ワタシと父は軽く前につんのめってバウンドしました。


「ちょっ、ちょっとバックして!!」

と言われて、とりあえずバック。

そして父が車を降りて、バンパーをチェックしに行きました。

ワタシ、ボー然。


「買って1時間も経っていないのに、もうカーコンビニ倶楽部の

お世話とかになっちゃうの???

まだ車のローンもあるし、バンパーの修理っていくらかかるの?」


アワアワしながらハンドルを握り締めていると

父の「あっ、バンパーぶつけてなかったぞ!」という声が。

ワタシも車を降りてみると、沿道との段差がちょっと低かったのか、

バンパーの下の方をぶつけていて、

バンパーそのものにはぶつかっていませんでした。

セーフ!!!


ワタシも父も、バンパーがメチャクチャになってると思ったのに。

父はぶつかる瞬間に、右足でブレーキを踏む動作をしてしまったらしい(爆)

ワタシではなくて父がブレーキを踏もうとしたことに笑いがこみ上げて

笑いをこらえるのがとても大変でした。

ごめん、お父さん。

そんなこんなで、父との自動車教習は終了。

車庫入れは次回に持ち越しにしました。


次回の教習はたぶん来週末。

あー、だれかいっしょにドライブしてくれないかなぁ。

早く運転できるようにナリタイ。

凹んだときの対処法

テーマ:

えーと、昨日は大変凹みました。


「けちょんけちょんに言われる」

「くそみそに言われる」

「鬼の首を取ったように・・・」


そういう気持ちを濃縮されてブッかけられた感じ。

コトが起こっている最中、気を失いそうでした。

すべては自分が悪いので、ますます落ち込む図式。


ヘロンヘロンになって、地元に到着。

でも、まっすぐ家に帰る気持ちにはなれない。

本屋さんで立ち読み、という気にもならない。

「もうそれならば、スタバっきゃないっしょ!」

と、いつものように(?)スタバへ。


だけど、スタバに入ったはいいけれども

飲みたいものとか、気になるものが全くない。

新商品を・・・って気にもならない。

メニューを見て、店員さんに言ってみた。


chemi 「落ち込んでいるときに、効きそうなのありませんか?」


店員さん 「えっ?!」


お店のお姉さん、びっくり。

そりゃそうだろう、そんなオーダーないわ。


店員さんはアタフタして

「じゃっ、じゃぁ、カフェモカとかどうでしょうか・・・?」

と、レギュラー商品をオススメしてくれました。

ここで新商品を勧めてきたらそれはそれで落ち込んだような気もします。

他の店員さんからも

「頑張って!!」

と声をかけられる、おかしな客。


お店の方から、

「ホイップ多めにしましょうか?」

と言われ、

「じゃあそれでお願いします。」

と言ったのですが、ホイップ多めってエクストラで

お金取られるんですよね?

だけどレジのお姉さんが間違えたのか、

もしくは不憫に思ったのかわからないのですが

ホイップ代を請求されなかったんです。

ありがとう、地元のスタバのお姉さん。


しばらくカフェモカをぐるぐるかき回して

「はぁ・・・」

とため息をついていました。

元気マンタンというほどにはなりませんでしたが

「まぁ、しょうがないよね。

身から出たさびってやつよね。」

と思いながら、とりあえず自宅へ帰りました。

あああっ!!ないっ!

テーマ:

ホリタンオンラインがなくなった!!


livedoorの【学習】のカテゴリーにあった

英単語テストがなくなってしもうた・・・。

せっかくいい感じにレベルを上げていたのに!


仕方ないか・・・堀江さん、livedoorのひとじゃなくなったもんなぁ。


堀江さんは日本のナアナアな空気に喝を入れてくれて、

新しい風を起こしてくれるんじゃないかと結構期待していました。

誰もやっていない新しいことに取り組んでいるところは

とても好きでした。

さすがに、「お金ですべて解決できる」というようなことは

ワタシは思っていなかったけれども

お金で解決できることが世の中に多く存在しているとは思うし、

みんな何かしらお金に困ったり悩んだりすることも事実。

「お金がなくても生きていけるという教育はおかしい。」

という彼の意見に、ワタシは賛成できます。


でも、それでもルールは破ってはいけない。

悪い事をしたならば、きっちり明らかにして反省をしなくては。


きっと彼は、これで終わるようなひとじゃない。

いつかまた、ホリタンオンラインできる日がくればいいなぁ。


血が騒ぐ!

テーマ:

ワタシ、これでも読書大好き人間です。

雑誌も立ち読みするし、マンガも読むし、単行本も読む。

本の雑食。


読書大好きな人にとって一番困るのは

書籍費が毎月結構な額になるということ。

何も考えないで買っていると、1万円とかになりそう。

ハードカバーの小説なんて、よほど好きな作家でないと

買いませんし、買えません。


でも本を読みたい。読みたい。読みたい。

ということで、最近足繁く通っているのが古本屋さん。

セカチューが300円で買えてしまいます。

文庫も500円くらいするものが250円くらいで買える。

「読める状態でちょっとキレイなもの」ってことが重要なので

真新しい本である必要が、ワタシにはないのです。


昨日健康診断の帰り道に、普段は家から少し遠くて

あまりこないBOOK OFFに入店。

すると、105円の本とコミックを除くすべての本が

表示価格の半額というセールがやっていたのです!

目をキラキラさせて、採血されて痛い右腕を押さえながら

本をセレクト。

置くスペースも考えてすべて文庫にしましたが

4冊買って、700円ってところでした。

定価800円くらいする文庫もあったので、かなりお得。

小栗左多里の『ダーリンは外国人 』も半額の対象だったので

最後まで迷ったのですが、文庫2冊が分厚かったので

今回は断念してきました。


読書は大掛かりなことがいらないエンターテイメント。

場所を選ばず、どこでも楽しむことができる。

それでいて、創造力を鍛える良いものです。

部屋でひっくりかえって読んだり、

風呂場で読んだり・・・あーシアワセ。


ちなみにワタシが今回買って帰ってきたのは

以下の4冊。

友達から借りて、「いいな」と思った本も買いました。


林 真理子 『美女入門 2

林 真理子 『ロストワールド

梅田 みか 『愛人の掟 1

山田 詠美 『Animal Logic