ぐったり

テーマ:

なんだか、いろんな意味で疲れました。

カゼでダウンした自分に自己嫌悪。

カゼで予定を取り消すことが重いことをわかっていたのに

穴をあけたアフォらしさ。

怒られてもしょうがないです。

とりあえず寝ます。

おやすみなさい。

AD

なんとか

テーマ:

熱は下がりましたぁ。36度8分くらいまで。
平熱よりは少々高いですが
7度までなければ、心境的にも楽です。

今日は面接1件、筆記1件。
がんばってきまーす。

あ、昨日お風呂入れなかったから
髪の毛だけでも洗わなければ・・・。

AD

節々痛い

テーマ:

今日は最悪です。
起きたら、節々が痛い。
頭が痛い。
でもって、暑い。
起き上がれない。
熱を測ったら38度。


午前に1件面接があったのだけど
とてもじゃないけど起きられない。
面接の日を変えてもらえないかなぁ・・・
とか思いつつ、とりあえず先方に電話。
あっさりと
「ではご縁がなかったってことで。
わざわざすいませんね。ガチャリ。」
でした。
・・・まぁ、しょうがないのかな。


でもこのことでちょっとやる気がでるのと同時に
身体が楽になったので、病院へ。
「カゼですね。」
ということで、薬を山ほどもらって、筆記試験@東京へ。
郵政民営化に関する問題を間違えた。


次に表参道で説明会。
なかなか良い会社でしたが、GWがイマイチ。
ステキな会社だったから、次のステップへ行けたらいいんだけど。


朝はとんでもなく頭が痛かったりだるかったりしたけど
ずっと縦になっていると、割と楽になるんですよね。
でも節々が痛いなぁ。
明日も面接&筆記試験。
早く寝なくちゃ。

なんでだろうか。

どぉーして、注意をして生きていてもカゼ引くんだろうか。


 郵便局から帰ってきてから、なんとなくノドが痛い。

手洗い・うがいもしたけれど、なんだかノドがイガイガする。

「最近カゼ流行ってるから、chemiも注意しなさいよ。」

と警告をしてくれたT子はその後すぐにカゼをひいた。

「なんだよ、注意したアンタがカゼ引いてどうすんのよ。」

と笑っていたのもつかの間。

どうやらワタシもカゼをひいたらしい。


 今カゼをひいている場合ではない。

明日は、なんとか筆記をパスできた大手PR会社の面接。

そのあとまた大手PR会社の筆記試験。

夕方から夜にかけて、自力で探し出した会社の説明会&選考会。

明日は就活開始以来一番忙しい日。

絶対にダメになれない。

謎の料金

テーマ:
先ほど、郵便局へ行ってきました。

定形外のを3通ほど持っていったのですが。
料金が400円

そのときは気づかなかったのですが
自転車をこぎながら帰ってきたときに思った。

「400って、3で割り切れなくない・・・?」

果たして、ワタシは1通いくらでお願いしたのだろうか。

飽きる。

テーマ:

31日必着2通。
ASAP1通。

そう、履歴書のことですわ。

企業に送る履歴書。
1枚書くのにおよそ30分かかります。
昨日の夜から書き始めて、夜中の2時半くらいに終了。
途中、いろんな作業をしながらでしたが。
もうねぇ、手がしびれます。

文具屋さんに売ってる履歴書ならば
こんな手間もいらないのですが、
就活用の学校指定の履歴書だと書くところが多い。
でもって、基本的に修正液不可。
最後の最後で書き間違えたりすると、アッタマにきて


履歴書引きちぎります。


昨日も、書き終わってから間違いを発見してしまって
泣きたいやら手がしびれるやら。
一体何に当たればいいのやら。
書き直しをがんばりました。

で、さっき送付状を作って、ファイルにはさんで、
送付内容を確認して。


身支度して、となり駅にある休日オープンの郵便局へ行きます。

ノリ

いろんな会社説明会に行っていますが、
やはり会社によってカラーというかノリというか
独自の雰囲気ってありますよね。

今日は説明会@永田町だったのですが
今まで行ったどの会社よりも体育会系のノリでした。
ワタシ、熱血ってあまり得意じゃないんですよね。
嫌いじゃないんですけど。
疲れちゃうんですよ(笑)

説明会を始めるにあたり、年齢不詳のおじさんが登場。
スピーチをするわけですが。
もうねぇ、アントニオ猪木ばりの挨拶でしたよ。
ぉはようございますっっ
って感じの挨拶でしたよ。
マイクを通じて唾液がフッ飛んできそうな。
いい話をしていたとは思うんですけど。

その後、仕事の説明や若手社員の話も
終始こんな感じだったので、
説明会と筆記試験が終わった時点で

_| ̄|○ <I'm tired... 

って思いました。
入社してもこういう感じなのかなぁ。

落ち着く時間

テーマ:

もういっちょ、ニュースネタ。
興味深いのを発見しました。

最も心地よい時間

この調査結果、今の日本を映していると思いますね。
うちの両親を見ているようでしたから(爆)

夫が「土曜午後9時」に対して
妻が「月曜午前10時」でしょう?
明らかに、気持ち食い違ってますよね。

夫が土曜の夜に
「あ~、これでゆっくりできる~」
と感じている。
心境としては、平日めいいっぱい働いているけれども
土日は家でゆっくりしていられる・・・ってところでしょうか。

妻は月曜の朝に、
「あ~やっっっとゆっくりできる。」
と思っている。
つまり、妻は土日こそ妻を頑張らなければならないので
心地よい時間だなんて、思えないってことですよね。
「月曜午前10時」という調査結果を見て、
「亭主元気で留守がいい」という言葉を思い出しました。

みなさんにとって、心地よい時間は何時でしょうか。
ワタシは・・・土曜の夜中でしょうか。
「明日は寝坊してもいい、両親も眠った、
ハーゆっくりできる。」
って気持ちになりますね。

なかなかおもしろい記事を発見。
もう見た方はいらっしゃいますか?

駆け落ちして中学校教諭2名欠勤
↑記事はこちら。

お互い32歳。
男性は妻子アリ。
女性は独身。
・・・相当盛り上がっちゃったんですねぇ。

なんか、こういう行動が
「やっぱ教員かねぇ。」
とワタシに思わせますね。

教員になろうと思っていた時期がありましたが
ワタシはそれを辞めて、今就活をしているわけです。
なぜか。
それは教員は見ている世界が企業勤めしている人よりも
明らかに狭いからです。
学校という狭い空間しかみていなければ、
必然的に視野が狭くなり、考えも狭くなるもんです。
そして、俗に言う『変わった人』になるわけです。
ワタシはそうなりたくなかった。

それはさておき。
駆け落ちですが、どうなんでしょうか。
昔から『恋は盲目』とは言いますが、
今回の先生方は途中で目が見えるようになった。
「教師を続けたいという気持ちが募った」
ので、また戻ってきたようですが。
今更、教師に戻れるのかなぁ。
かなりスキャンダラスな目で見られますよ。
生徒の父兄からも、
「そんな教員から教わりたくない!」
と言うでしょう。

なーんか、いっそのこと愛を貫いちゃえばよかったのに・・・
とも思っちゃうんだけどなぁ。
駆け落ちという大掛かりなことまでしたのだから。